• ベストアンサー
  • 困ってます

抵抗と電流と電圧と電力にこんがらがってしまいました。

理科の問題集を解いていて、こんがらがってしまいました。 「電熱線は、抵抗の値が大きくなるほど熱くなる」 授業で先生がそのようなことを言っていたのですが、それを前提とすると???となります。 電熱線がより熱いというのは、より電力が大きいということですよね。 しかも、抵抗も大きい、ということなのでしょうか? しかし、抵抗が大きいということは、その分電流が小さくなるので、 電流×電圧で表される電力は小さくなってしまう気がします。 冬休みに入ってしまい、学校の先生に会えないまま、 新学期にはすぐに実力テストもあるので、困っています。 説明がへたくそで伝わりにくいかもしれませんが、 分かったら教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1318
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

えっとですね、 前提条件が不明なので、先生の間違いも有るかもしれないですが、説明してみます。 消費電力と熱量が比例関係なのは御存じの様なので、消費電力について お話しします。 消費電力の式は色々有りますがここではI×I×Rで説明します。 I=電流 R=抵抗 恐らく先生の前提条件と、質問者さんの前提条件の違いで混乱したんだと思います。 先生の説明では定電流回路での説明です。 質問者さんの解釈では定電圧回路での解釈です。 定電流回路においては電流が一緒なので、抵抗値が高い方が使用電力が大きいと言えます。  I×I×Rの部分のIが一定でRだけが大きくなるのですから。 逆に定電圧回路においてはオームの法則により、抵抗値が上がればそれに反比例して電流値が減少し、結果電力量も減少します。 I×I×Rの部分のRは増えるがそれに反比例してIの部分が減少するので最初の抵抗値から増加した抵抗値に反比例して電力量が低くなります。 だから抵抗が10倍になれば使用電力は10分の1になります。 先生の説明が正しければ、この様な前提条件の違いです。 実際本当の所は先生に確認するしかないですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

単純に、前提が違っていたみたいです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 電圧、電流、電力と発電について教えて下さい。

    中学校の理科の教科書で、資源やエネルギーの章に、 問い「電気抵抗の小さい送電線を用いると、どうしてエネルギーの損失が小さくなるのだろう」 というものがありました。 送電線というのは、電柱についている銅線のことなのですが、 考えているうちに自分がそもそもの部分が分かっていないと分かりました。 ・交流と直流では、オームの法則などは同様に考えていいのか。 ・発電所で発電する電気というのは、電流、電圧、電力の何のことか。 ・ついでに電源装置では、大本として電流、電圧、電力の何を変化させているのか。 ・送電線は、電圧、電流、電力の何が一定なのか。ぜんぶ一定じゃないのか。 ・電流によって電圧が生まれるのか、電圧によって電流が生まれるのか。 など、次々と分からないことが浮かんできます。 根本的なところが分からないので、質問がバラバラですが、 上の疑問や、教科書の問いに対して何と答えればいいのか、 ひとつでもいいから教えてもらえたら嬉しいです。

  • 「電力」はなぜ電圧×電流?

    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4793592.html こちらの質問の少し角度を変えたような質問なのですが、電力はなぜ電圧と電流の積なのでしょうか? 電圧が大きければ電流もたくさん流れると思うのですが、それならどちらか一方でいい気がするのですが、なぜそれらをかけた電力という値があるのでしょう?

  • 電流と抵抗(小学生)

    小学5年生の父親です。 子供に「電流と抵抗」を教えていたら、(電圧が同じとき)「並列につないだ2個の豆電球の明るさは、直列につないだ2個の豆電球の明るさの倍である」のはなぜか?と問われました。 小学校の参考書では、(実験をしてみたことにして)上記のことを前提として「オームの法則」(I=V/R)をオームという値を使わずに説明しているのですが、子供の求めているのは、どうもその前提についての説明のようです。 水の流れ、道路を走る車の流れなどのたとえばなしをしても、「どうして電流は水の流れにたとえられるのか」と問われて、私はうまく答えられませんでした。 きっと電子が抵抗に遭うと、ぶつかりあって熱を出すとかなんとかいう説明を求めているのだと思いますが、小学校の参考書やwebには子供に分かるような説明はのっていません。 どなたか、理科の先生や理科系の学生さんなどで子供に分かる説明を教えていただけないでしょうか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

>「電熱線は、抵抗の値が大きくなるほど熱くなる」 「電流が同じなら・・・」という条件が抜けていますね。 「電圧が同じなら・・・」質問者さんの考えが正しいです。 >しかし、抵抗が大きいということは、その分電流が小さくなるので、 電流×電圧で表される電力は小さくなってしまう気がします。 オームの法則をしっかり理解していらっしゃるようです。 安心してテストに臨んでください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

電流と電圧のどちらを一定にするか、 と言う根本的なところが違ったのですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.6
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

例えば 100ボルトの電源に1オームと100オームの抵抗を直列につなぎます ここに流れる電流は I=100/101→約0.99アンペアです 1オームの抵抗の両端の電圧は E=0.99*1→約0.99ボルト 100オームの抵抗の両端の電圧は E=0.99*100→約99ボルト 0.01ボルトの誤差は端数を切り捨てたため 次に二つの抵抗を並列に繋ぎます 100オームの抵抗の電流I=100/100→1アンペア 1オームの抵抗の電流I=100/1→100アンペア これでそれぞれの抵抗が消費する電力を計算してみてください あなたは並列に繋いだときと直列に繋いだときを同じ考えで計算していますね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的によく分かりました。 よく覚えていませんが、確かに先生は直列での話をしていた気がします。 ありがとうございます。

  • 回答No.5
noname#111804
noname#111804

200Wの電熱器は、100Wの電熱器の抵抗が2Rの ニクロム線でできています。 これを、コンセントに差し込みます。 この場合は、定電圧回路になります。 定電圧回路では、抵抗が2Rになると電流は1/2になり 熱量は二倍になりません。 結局、一般家庭のコンセントは、定電圧回路と同時に 定電流回路であるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり、定電流と定電圧が違ったんですね。 定電流で定電圧のコンセントの仕組みがよく分かりませんが、 調べてみたいと思います。 ありがとうございました

  • 回答No.3
noname#111804
noname#111804

たしかに、その先生の説明では不十分で、混乱します。 電熱線のかわりに、電熱器をかんがえたらよいと思います。 100Wの電熱器は50Wの電熱器の2倍の抵抗値のニクロム線で 作ってあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.2

≫電熱線は、抵抗の値が大きくなるほど熱くなる  基本的には逆です。 ・同じ電圧をかけた場合は、電流は抵抗に反比例して小さくなりますから、発熱量は小さくなります。 ただし、  同じ電流を流した場合は、抵抗の大きいほうが両端の電圧が高くなるので発熱量は大きくなりのます。  これは、先生でもよく間違う、生徒ならもっとよく間違う部分です。確かにニクロム線など抵抗の大きなものでヒーターを作るのでね。でも、代わりに銅線をつないだら、ヒューズが切れなかったとしたら大変なことになるでしょう。  君が計算したように、「同じ電圧なら、抵抗が小さいほうが発熱量が大きくなる」が正しいです。 【問題】  2本のニクロム線を使って100Vで使うヒーターを作ります。両方使っても良いし、一方だけ使っても良いです。  つなぎ方によって、200W,400W,800Wの切り替えができます。それぞれどのようにつなぐと良いでしょう。そしてそのときの回路両端の抵抗は何オームでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 質問した部分は良くわかりましたが、問題がいまいち分かりませんでした。 ニクロム線の抵抗が分からなくても問題が解けるのでしょうか? じっくり考えたいと思います。

  • 回答No.1
noname#152073
noname#152073

「電熱線は、抵抗の値が大きくなるほど熱くなる」と先生が言ったのは 抵抗の少ない銅線より 抵抗の大きいニクロム線のほうが熱を出す という 意味で言ったのだと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 同じ電力を送るのなら電圧を大きくした方が有利な理由

     よろしくお願いします。同じ電力を送るのなら電圧を大きくした方が電流を大きくするよりも有利であることは常識的によく知られています。  この点について,ある中学生向け参考書が次のように説明しています。 電力=電圧×電流,発熱量=抵抗×電流の2乗より送電中に逃げる熱を小さくできる。  このうち,同じ電力を送るのなら電圧・電流どちらを大きくし,どちらを小さくしてもよいことは説明として正しいと思うのですが,発熱量についての説明が納得できません。なぜならば,発熱量=電圧の2乗/抵抗と書くこともできるからです。  そこで質問です。 1 この参考書の説明はそもそも正しいのでしょうか。 2 同じ抵抗の導線(同じ太さの導線)であれば,電流よりも電圧を大きくした方が電力輸送に有利である理由は何でしょうか。(イメージとしては理解していますが,計算によって説明できるでしょうか。)  よろしく御回答ください。

  • 【中学理科】電流、電圧の問題を解くときのコツ

    私は現在中3で、もうすぐテストがあります。 理科の勉強をしているのですが、2年の理科で「電流・電圧の求め方」 がよくわかりません。 いつもテスト前勉強して、先生にみてもらったりして「解けるようになった!?」と思うのですが、テストになるといつもミスをしてしまします(理解していないからかもしれませんが) そこで質問です。 私は特に電流電圧の問題が苦手なのですが、どういうふうに解けばミスを減らす事ができますか? 電流と電圧、並立回路と直列回路で、テストになるとごっちゃごちゃになってしまい、発展問題だと全くダメです。 「こういう風に覚えたら解きやすい」「こんな練習をすればいい」教えてくださると嬉しいです。 どなたか回答よろしくお願いします。

  • 回路の電力と抵抗を求めたいのですが・・・

    問題 図は電圧・電流計法を用いて抵抗Rで消費する直流電力を測定する回路である。この回路で測定した電圧と電流は、それぞれ100Vおよび5.1Aであった。ただし、電圧計の内部抵抗rvは1000Ωである。このとき次の問に答えよ。 (1)Rで消費する直流電力Pはいくらか (2)Rの値はいくらか

  • 電圧と電流と抵抗の関係がいまいち・・・

    こんばんは。 今日学校の理科の授業で出された宿題なんですが、 「5Ωの抵抗と30Ωの抵抗を並列に接続し、電源の電圧を3Vにすると、a点を流れる電流は何Aか。」という問題です。 (a点は、二つに分かれた線が、一つにもどったところにあります) まずこの回路の全体の抵抗を出してa点の電流を求めますよね(A=V/Ω) で、全体の抵抗は5*30/5+30=4.285714・・・になるんでしょうか? なるとしたら、3/4.285714・・・ がa点を流れる電流? でもこれではおかしいんですよ。問題には四捨五入という言葉もかいてないし、だいいち、並列回路の全体の抵抗の求め方(二つとも抵抗の大きさが違う時)を習ってません! ただ、5Ω以下の抵抗になるんですよね。 図が無く、文も下手で申し訳ありませんが、説明をしていただけませんか? それとこの質問を削除しないでくださいね、運営様。

  • 発電機の電力と回転数、 起電力と電圧と電流、 について

    1 発電機の回転数と電力の関係を知りたいと思います。  調べて考えたところ、回転数に比例して電圧が上がり、結果電流も上がって、一回転の電力は回転速度の二乗に比例する、、ようですが、だとしたら時間当たり出力は3乗に比例する、ということでいいのでしょうか。 2 じつは、今だに起電力と電力と電圧と電流の統合的関係がわかっていません。  (d磁束/時間)×巻き線=(比例)=電圧と思いますが、(d磁束/時間)が本来の概念として相当するのは電流なのか電圧なのか。  起電力とは電圧だとしたら、負荷を並列に数を増やすと抵抗が減って、それに応じていくらでも電流を流せるはずという原理になってしまいそうです。  発電機は他の仕事を電力に変換するはずなのに、電圧か電流の一方の式しか見付けられませんでした。  仕事=抵抗×ストローク、に相当するものはどうなっているのでしょう。実際の事情でなく原理として知りたいです。 2 の方は暇なときでいいです。1の方は困るというより、わからないと危ういというか。

  • 電力(VA)と電流の関係について

    ・オームの法則では、I=V/Rという関係から抵抗値が一定の場合、電圧が高ければ電流も高くなります。  しかしW=V*I(VA)という式からは(力率を考えないと)、電圧が高ければ電流が小さくなるというオームの法則とは違ったような感じになってしまい理解できないです。 例1)電圧フリーの照明器具があると思います?が、 その100Wの照明器具に100V加えると電流は1Aとなります。200V加えると0.5Aとなり、電流を小さくすることができます。オームの法則を考えると何か理解できません。VAの式はR=V^2/Wとなりますので、100V、200V時では抵抗(インピーダンス)が変わり、100Vのほうが電流が大きくなってしまうのでしょうか? 例2)消費電力2000Wの電熱ヒーター(単純な抵抗負荷のもの)に、100V加えれば、20A流れます。しかし何らかの原因の電圧変化で、130Vとなると、電流は26A流れる?ことになると思います。 W=V×I×cosθ(1)を考えると、130Vの時には15.4Aとなってしまい、 恐らく誤った電流値になってしまいます。 電圧を高くして電流値を抑えるという考えは、周囲の高圧配電線路をみればわかりますが(低圧ではめちゃくちゃケーブル太くなりますし)、 オームの法則等を考えるといまいち理解できなくなってしまいます。 レベルの低い質問で申し訳ございませんが、どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。

  • 電力について

    電圧が100Vの時、600Wの電熱器がある 電圧が80Vになった時、電熱器の実際の電力はいくらになるか。 抵抗は温度によってかわらないものとする。 この問題がわかる方、教えてください。 よろしくお願い致します。

  • 中学の電流の問題。

    以下、一つの問題です。抜粋してますが。 1.電熱線Pの抵抗は何Ωか。 →グラフから3Vのとき0.4Aの電流が流れてる 3V÷0.4A=7.5Ω 2.電熱線Pの両端に加わる電圧が1.5Vのとき、電熱線に流れる電流は何Aか。 →1.5V÷7.5Ω=0.2A 3.電熱線Pに別の電熱線Qを並列につないだ。電源の電圧を3Vにしたとき、回路全体の電流を計ると430mA。電熱線Qの抵抗は何Ωか。 →3V÷7.5Ω=0.4A 0.43A-0.4A=0.03A 3V÷0.03A=100Ω 電熱線Qは100Ω これで合ってるのでしょうか??

  • 送電線の電圧と電流について

    送電線では損失を少なくするために電圧を高くするとあり、疑問に思ってネットでいろいろ調べてみました。 すると、「損失は電流の2乗に比例するから電流を少なくする必要があり、(電力は一定なので)電圧を高くすることで電流が少なくなり、損失も低減できる」という趣旨の説明がたくさん見つかりました。 そこで疑問が2つあります。 (1)まず「電力が一定」という状態がいまいち分かりません。 電力というのは、○○ボルトの電圧をかけた結果、△△アンペアの電流が流れた時に、その2つの数値から結果的に算出される値だと思っているので(←この時点で間違いなのかもしれません)、最初から一定に決められるというイメージがどうも理解できません。 (2)2つ目には、電圧が高いと、オームの法則から言って、それに伴って電流も増えてしまうのではないか、という疑問です。(もしかすると私は「電圧」という概念について根本的な誤解をしているのかもしれません) 分かりやすく説明できる方、お暇な時で構いませんので、ご回答よろしくお願いします。

  • 電力の問題なんですが

    定格100V、40Wの電球、及び、定格100V、60Vの白熱電球に流れる電流と発光時の抵抗を求めよ 40W電球 0.4A、250Ω 60W電球 0.6Ω、167Ω 許容電力1/4W、抵抗値1kΩの抵抗器、及び許容電力2W、抵抗値680Ωの抵抗器の許容電流をそれぞれ求めよ 1kΩの抵抗器 15.8mA 680Ωの抵抗器 54.2mA 容量50A・hの蓄電池を10時間放電率で使用するとき、放電電流を何アンペアにすればよいか 5A 40Ωのヒータ3本を組み合わせて、4段階の異なった電力を消費する電熱器を作りたい。今、100Vの電圧を加えた時、各電熱器の消費電力P1、P2、P3及びP4を求めよ P1=83.3W、P2=167W、P3=375W、P4=752W 誰かこの4題解説してくれませんか?

専門家に質問してみよう