• 締切済み
  • 困ってます

第一生命「コーラス」生存給付金定期付保険の解約について

はじめまして、35歳・独身女性です。 若い時に言われるがまま入った第一生命の保険を、この歳になってようやく見直すことにしました。 結婚予定もないため死亡保障は必要ないし入院等の保障を手厚くしたいと思い、他社の終身医療保険とガン保険を現在申し込み中です。 審査が通り次第、以下の保険を解約する方向で考えています。 ■保険名 第一生命「コーラス」生存給付金定期付保険 ■保険の内容(カッコ内は保険料) (1)主契約(終身) 1,000,000円(840円) (2)特約(定期保険特約) 18,000,000円(4,230円) (3)特約(生存給付金特約) 1,000,000円(3,159円) (4)特約(疾病特約) 5,000円(1,000円) (5)特約(傷害特約) 1,000,000円(44円) (6)特約(災害入院特約) 5,000円(345円) (7)特約(女性特定疾病入院特約) 5,000円(490円) (8)特約(通院特約) 3,000円(405円) ■保険金額 月払い 10,513円 ■契約期間等 (1)保険契約日 平成7年 (2)主契約:終身、特約:保険期間15年、平成22年更新 (3)契約年齢 22歳 そこで質問なのですが、 (1)色々検索していたら「この時代に入った終身保険はお得だから残した方が良い」という話も聞いたのですが、どうなのでしょうか。 100万あれば葬儀代程度になるかなと思うのですが、個人年金に入っているので、その死亡給付金が出れば残す必要もないでしょうか? (2)生存給付金付定期保険特約に入っていて、保険料が3,159円/月かかっています。次の給付まで1年半ほどあるのですが、今解約すると殆ど返還金はないのでしょうか?次のを貰ってから解約した方が良いでしょうか? (3)そもそも主契約だけ残して後は全て解約できるのでしょうか? 第一生命の窓口にも行くつもりですが、圧倒されてしまうんじゃないかと心配で・・・(担当の方は苦手なので、出来れば会わずに解約したいんですが) その前にこちらでアドバイスを頂いて、ある程度意志を固めたいと思っています。 長くなりましたが、どうぞ宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2870
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

終身保険は、払込が終了すると、解約払戻金が貯蓄のように機能します。 予定利率は、その時に効いて来ます。 保険会社の手数料があるので、そのままの利率とはいきませんが、それでも、3.75%の予定利率ならば、実質3%以上の貯蓄と同じことになります。 たとえ100万でも、残した方が良いというのは、このためです。 その時点での解約払戻金が60万だとすると、60万円の貯蓄をしているのと同じような効果を期待できるからです。 特定疾病保障定期保険は、保険料が安いので、22年までは継続して良いと思いますが、一方では、このような疾患に若いうちになる確率は、とても低いのではありませんか? だから、保険料が安い。(それでも、年に1万を超えます) 確率から考えて、解約しても良いと思います。 特定疾病とは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中だと思います。 がんは、がん保険でカバーされます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

ご質問にお答えします。 (1)平成7年の3月以降ならば、予定利率3.75%だと思います。お宝(予定利率5%前後以上)……とまでは言えませんが、貴重品レベルであることは間違いありません。 それにしても、保険料が840円と言うのは安い。 ひょっとして、ステップ払い(保険料が上がる)になっていませんか? 終身払い? 金額的には大したことないですが、それでも、残す価値はありますよ。 (2)生存給付金付特約の解約払戻金は、会社にお訊ねください。一般的には、そこそこ戻ってくるはずです。 (3)第一生命が公表している基準によれば、コーラスの最低保障金額は50万円なので、可能です。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくご回答いただき、ありがとうございます。 終身保険(840円)は「ステップ払込方式適用契約」となっていました。 ステップ期間が22年5月までになっているので、それ以降は上がるということですよね。 倍とかになっちゃうのでしょうか? これ以外にも以下の2つの保険に入っています。 ・個人保険 年額861,300円(10,000円) ・特定疾病保障定期保険 3,000,000円(972円)※22年更新 見直し後は、 上記2つ、終身保険(主契約のみ残し)、新たに入る医療保険・ガン保険 となると5つにもなってしまい、支払いが毎月21,166円。 22年に2つの保険が更新で上がると、毎月の支払いが厳しくなります。 それでもやはり、終身保険の主契約の価値は大きいんですかね? 22年の更新間近になるまで置いておいて、その時また考えた方が良いのでしょうか。 あまり知識がないので、早まって後悔するようなことも避けたいのですが・・・ お時間あればアドバイス頂けると嬉しいです。 宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険の契約更新について

    1.現在、加入している保険内容 1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険 (1)主契約 2,000,000円 (2)特約(定期保険特約) 16,000,000円 (3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円 (4)特約(傷害特約)  5,000,000円 (5)災害入院特約   5000円 (6)疾病特約 5,000円 (7)女性特定疾病入院特約 5,000円 2)契約期間等 (1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年) (2)保険種目   30年払済み (3)主契約  終身 (4)契約年齢  23歳 3)保険金額 (1)団体払い保険料 月額13,602円 (2)年払い保険料  年額159,032円(現在はこちらを選択している。) (3)解約返還金額 166,800円(15年)365,600円(25年) また、現在の保険料159,032円×3年-200,000円(生存給付金)-33,360円(3年分の解約返還金)=243,736円(3年分)=81,245(1年分)=6,770円 と考えておりますが、仮に更新したとするとかなり保険料が上がるのではないかと推測しおります。25000円前後でしょうか?もしかすると予定利率も違うのでもっとでしょうか? 今後、月々の支払いを1万円前後の負担に抑えたいと考えています。特約等の変更をして保険金額を下げるべきなのか、それとも主契約の終身保険のみをのこして、職場の会社割安?の保険に入るのがいいのか考えているところであります。 現在のまま、契約内容を変更せずに更新した方が得なのか判断付きかねるところであり、先日、現在の第一生命の担当者は、現在の保険を下取りにして新しい契約を勧めてきました。内容についてはよく覚えていませんが、こちらの希望する趣旨に反しており、とにかく契約をお願いしますというような、イメージしか残りませんでした。保険外交員は自分の利益にならないことは勧めないのはわかります。それではこちらにとってメリットもありません。ご教授下さい。

  • 第一生命コーラス・契約者貸付金に関して

    はじめまして。現在、第一生命の)第一生命(コーラス)生存給付金付・終身保険に加入しています。 ・主契約 2,000,000円 ・特約(生存給付金特約) 2,000,000円 ・特約(傷害特約)  5,000,000円 ・災害入院特約   5000円 ・疾病特約 5,000円 ・女性特定疾病入院特約 5,000円 2)契約期間等 保険種目   30年払済み 上記の保険を19年間支払ってますが、次回の5年生存給付金は2年後です。そこでお聞きしたいのは契約者貸付金とは、もし貸付金を利用した場合に返済しなくても、2年後(5年生存給付金)の際に貸付額を引いて清算して頂けるのでしょうか? また、万が一入院などした場合、貸付金は反映されますか?詳しい方、宜しくお願いします。

  • 生存給付金付定期保険

    10年前に親が加入させてくれた明治安田の生存給付金付定期保険の見直しを考えています。 年払い89008円で保険期間20年です。ちなみに独身女性30歳。 契約内容は、 <保険金の内容> 主契約 死亡保険金    250万円 定期保険特約I 死亡保険金 750万円 傷害特約 災害死亡保険金  200万円 災害割増特約 災害死亡保険金 300万円 <給付金の内容> 主契約 生存給付金 今までで50万円、残りは満期時に60万円(全て預けたまま) 傷害特約・・・ 入院保障特約・・・ 手術保障特約・・・ 簡単に書くと入院5日目から日額3000円等です。 終身の医療保険に別途加入を考えており、この保険は如何したものかと考えております。 今日、コミュニケーションセンターに問い合わせし、特約を全部解約した場合の保険料を聞いた所、57,148円/年との事でした。 単純に計算すると、残り10年で571,480円払うと60万円もらえ、その間の死亡保障が250万円ある、という事になるので、全て解約せずに特約のみ解約しようかと考えているのですが、この計算は間違っているのでしょうか? ちなみに、これ以外に年金保険に加入しており、10年後以降に万が一の事があった場合、200万円以上の返戻金があるので、この定期保険を続けるなら、終身死亡保険は加入しないでもいいかなぁと考えています。  

  • 定期保険(特約)の解約について

    第一生命(コーラス)生存給付金定期付終身保険 契約日:H5/6/1 払込期間満了日:H35/5/31 更新日:H20/6/1                   保険料 更新後保険料 ------------------------------------------- 終身保険     200万円 1,664円 1,664円 ------------------------------------------- 定期保険    1,600万円 3,936円 4,912円 ↓以下特約 生存給付金付~ 200万円 3,798円 4,128円   傷害         100万円   44円   44円 災害入院    日額5千円  345円  250円  疾病       日額5千円 1,020円 1,200円 女性特定疾病 日額5千円  520円  475円 通院       日額3千円  273円  648円(通院特約H6に変更後更新) ------------------------------------------- 合計          月額11,600円 13,321円(毎月26日口座振替) <質問> 1)定期保険特約は今すぐにでも解約した方がよいでしょうか? 2)生存給付金付定期保険特約も今すぐ解約した方がよいでしょうか?   それとも、来年の更新前まで保険料を払い、生存給付金をもらってから解約した方が良いでしょうか?  ※生存給付金付定期保険特約には、15/6/1及びその後5年ごとの契約応当日に20万円とあります。  また、後者の場合、解約のタイミングはどうすべきでしょうか? 3)ゆくゆくは傷害・入院の特約も解約しようと思うのですが、いかがなものでしょうか?  (去年・今年と日帰り手術をしたため、しばらく他社の医療保険に入れませんので、   その間のつなぎとして今は残しておこうと思うのですが…) 両親が同社に勤めていたこともあり、 この歳になるまで無頓着にこの保険を続けていました。 ただ今、無職中で金欠の上、来年には特約更新日があり、 この際、保険料のムダを省きたいと思います。 お粗末な質問ですが、お知恵を拝借できましたらありがたいです。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 生命保険の変更(見直し)出来ますか?

    第一生命 コーラス H4年契約 30年まで契約継続で16年目です。 終身保険200万円 定期保険1600万円 生存給付金付定期保険特約200万円 生涯特約 500万円 災害入院、疾病特約、女性疾病ともに、5千円日です。 現在年払いで173000円支払っています。 よく見ると、こんなに必要なのか? 特に死亡保障。 というほどの保障がありますし、退職して主婦にはキツイのです。 これを、保障のみ減額できないのでしょうか? 減額すると、不利な点はありますか?

  • 終身保険+生存給付金付定期の更新、解約について

    こんにちは。母の保険の更新について質問させてください。 母は45歳のときに加入、60歳で更新、70歳までが払込期間です。終身保険(500万)に定期保険特約(2000万)、生存給付金(5年ごとに20万ずつ)、医療特約等が付いたものです。来年60歳で更新となるのですが、保険料が一気に2万円から3万円へ上がります。定期保険料のUPがほとんどです。迷っているのは解約するか保障を減らすかです。 まず、生存給付金つき定期保険特約のことですが、『5年ごとに20万円ずつ受け取れ、据え置くと(今の所据え置いています)、払込満了時には200万が受け取れる』と書いてあります。これも配当金のように情勢により左右するものなのか、それとも確実に受け取れるものなのでしょうか? 私としては、全て更新時に解約して、医療保障の充実した新しい保険に入ろうかと考えました。配当金も、加入時の案内書を見ると予想額は、『70歳の時点で約300万』となっていますが、平成16年時点ではたったの9万円、この年の配当金は0円でした。 でも、よく『バブル時に入った貯蓄型の保険の解約は損になることが多い』と言われるので迷っています。でも、この時点で予定利率の高いことのメリットが良く分かりません。返戻金が高いということでしょうか?それとも保険料が安いということでしょうか。 入り続けるのであれば、終身保険だけ残して70歳の時点で据え置いた200万と配当金を受け取ろうかなと思っています。払込満了時返戻金については配当金などの報告書に書いていなかったのですが、これは問い合わせないと分からないでしょうか? どちらにしても単体の医療保険には入り、終身保険にくっついている医療特約は取ってしまうつもりです。子供2人とも独立していますので、定期特約も外そうと思います。 長くなってしまいましたが、解約はしない方がよいでしょうか?他に良い案がありましたらアドバイスをお願いします。

  • 第一生命の保険料支払いをストップする方法

    現在契約中の第一生命の保険料を以後支払わない方法についてお伺いします。 その方法として、当たり前ですが、 1.契約を解約し、解約返戻金を受け取る。 があるとおもいますが、この方法については、具体的方法や注意点は理解しております。 ここで、伺います。 上記以外の方法で、例えば、若干の保障は残った状態で、以降保険料は払わずに期間満了まで解約をせずに契約を残す。期間満了時の返戻金(生存給付金)を受け取り更新せずに終了。 などの方法は有りますか? 現在、保険を見直し中で、 次の保険を契約したら第一生命は解約しようと思っていますが、 そんなうまい話は無いとは思いつつも、一応質問しました。 ■5年ごと利差配当付 更新型終身移行保険(堂々人生・らぶ) □主契約  終期 2011/6/30  保険金額 1800万  基本年金額 520万×5回   生存給付金額 15万 □5年ごと利差配当付き特約  終期 2011/6/30  特定疾病保障定期保険特約 300万  障害保障特約 300万 □無配当特約  終期 2011/6/30  傷害特約 100万  災害入院特約 8千  疾病入院特約 8千  成人病特約 5千  特定損傷特約 5万  入院時保険料相当額給付特約 1.7万  現在解約した場合の返戻金 7.5万 コールセンターに電話したところ、休業。 また、実際そんな方法があったとしても、 コールセンターでは答えることが出来ない可能性も あるのではないかと思ってます。 ※ちなみに上の契約、58歳~67歳まで更新した場合、 月の保険料は、64,700円だそうです。 さすが「堂々人生」です。

  • 生存給付金定期付終身保険。53歳満期で54歳で死亡したら?

    生存給付金定期付終身保険に主人が入っております。 利率は3.75です ○終身保険         100万 ○定期保険特約      2300万 ○生存給付金付定期保険特約 100万 ●傷害特約         500万 ●災害入院特約       5000円 ●疾病特約         5000円 ●成人病特約        5000円 ●通院特約         3000円 子どもが生まれたのですが、主人の53歳の払い込み満了時にはまだ、子どもは学生です。 もし、54歳で夫に死なれた場合、2500万は、もらえないということになりますよね。 一番お金が必要な時なのに・・。 この、定期保険特約を延長する事はできるものなのでしょうか? 保険会社は本人でないと教えられないという話ですし、主人は海外に単身赴任していて、 なかなか聞くことができません。 医療の特約の方は、80歳までは継続できるようなのですが、 昔入った保険なので、いったい現在の医療にどこまで通用するものなのか?? 言われてままにはいってしまって放っておいてしまって後悔してます。 5年ごと利差配当付き更新型終身移行保険 というものに転換しろ、と山の様に見積もりを、貰います。 これにした所で、さっぱりこちらのメリットがわからないのです。 今転換すれば、死亡高度障害の時の保障が長くなるのでいいのかな? とも思うのですが・・。 今、本を読んで勉強中なのですが、なかなか、思った事が書いてなくて、 是非教えていただきたいです。

  • 生命保険会社を変えたほうがいい?

    現在入っている生命保険は月に26000円払い、更に年金保険13000円を払っているので家計を圧迫しています。保険の人に解約したいと言ったら何回も家に来て「辞めないで下さい。」と言われました。うちは小さい子供が居るのに21時頃に来てたり「子供が保険に入ると保険料が安くなる。」と言ってパンフレットを置いて行ったりしました。去年は3ヶ月払えないときがありましたが解約させてもらえませんでした。もっと安い保険に変えたいのですがなにかお勧めはありませんか?保険の人は近所に住んでいるのでまた解約したいといったらしつこく来そうです。 終身保険(主契約) 一時金 500万円 終身 生活保障特約(10年確定年金) 年額240万円 定期保険特約 一時金 2,000万円 新生存給付金付定期保険特約(2年給付金型) 一時金 200万円 新傷害特約(本人型) 一時金最高 500万円 3大疾病保障定期保険特約 一時金 500万円 疾病障害保障定期保険特約 一時金 500万円 介護保障定期保険特約 一時金 200万円 リビング・ニーズ特約 最高 3,000万円

  • 第一生命の逓減定期保険について教えてください。

    第一生命の逓減定期保険について教えてください。 今入っているのは5年ごと利差配当付き更新型終身移行保険(堂々人生)というもので、これを順風人生(5年ごと配当付き終身保険)に変更を勧められています。現在37歳で3年目の見直しが一番下取りが高いらしく、更新を薦められています。(死亡保障2300万円)。今回の見直しで三大疾病の特約とかを含めると今のほ5000円ほど上がってしまうので、特約はできるだけ削除したいと思っています。10年ごと更新なので10年後に金額が倍くらいになるため、いろいろネットで調べて逓減定期保険のことを知りました。ただ第一生命のネットを見ると 逓減定期保険は40歳以上からとなっており特約となっています。 たとえば子供が成人する20年後くらいには保障が0近くになるように設定する場合、40歳まで待ってから逓減定期保険に入ったほうがいいのか、それとも今の保障を今のタイミングで見直して順風人生(5年ごと配当付き終身保険)に入りなおしたほうがいいのか、どうでしょうか?