• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

薬剤師の方に質問です。調剤薬の”仕入れ”に消費税は掛かるのでしょうか?

薬には素人なんですが、消費税について勉強しているので、薬剤師の方あるいは薬局の経営者に質問です。 調剤薬局は、処方箋により薬を”販売”していると思いますが、その”販売価格”には消費税は掛かりませんよね。(多分処方箋薬は薬価が決まっていて、”売価”は決まっていると思いますが、それに消費税を掛ける/掛けないは”薬価”とは別物と思いますが・・・・) ここからが本題ですが、薬局で薬を”販売”するには製薬会社から”仕入れ”ると思うのですが、その仕入れには消費税は掛かっているのでしょうか? もし、仕入れに消費税が掛かっていると、販売で消費税は転嫁/回収はできませんから、仮受消費税-仮払消費税の逆転が置き、結果として”(本来薬の消費者である患者が負担すべき消費税を)薬局が負担している”ことになります。 もし、この理解が正しいとすると、薬局業界/団体ではこのことは問題になっていないのでしょうか?問題となっている場合にはそれは平成元年の消費税導入当初からですか、ごく最近のことですか? 全く同じことが医師会で起こっておりますが、それは消費税導入当初ではなく、ごく最近の2-3年で”政府に対する意見書”という形で行動が起こっているようです。 ↓ 医師会の問題提起 http://hodanren.doc-net.or.jp/news/unndou-news/040607nitii.html http://www.med.or.jp/shirokuma/no833.html http://www.hiroshima.med.or.jp/kenisikai/sokuhou/2008/0915/2023_001.pdf http://www.izai.net/isikai.html http://hodanren.doc-net.or.jp/news/unndou-news/050516nissi.html

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数11975
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

No2です。 ご解釈の通りと思います。 ただ、薬局が問屋から買った薬は処方箋で患者に渡るだけではありません。 薬局の許可には医薬品小売業も含まれており、ある問屋からすごく安く買った薬を他の問屋(俗に現金問屋と言います)や薬局に売って差益を稼いでいるところも結構あります。 薬剤師会も反対はしていると思いますが、医師会などより国に対しての影響力も少なく、薬局は完全な医療機関でもありません。 また、近年薬剤師会も大手の脱退が多くて弱体化していることと、元々薬剤師会は地域の薬局、いわゆるリポビタンとかユンケルなどの一般医薬品で生計を立てている薬剤師の集まりであり、保険調剤はここ10年ちょっとに増えてきただけです。 今は問屋が最低5%は値引きしてくれるので実害はありませんが、10%以上の時代になれば薬局も負担をすることになるかも知れないと 思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 しかし、利益率で5%(実際は仕入れ課税額だから、もう少し少ない)弱持っていかれたら、経営としては大変な問題ですよね。それが今後アップされていく・・・・・・ 一緒に声上げませんか!!!行政訴訟・違憲審査請求で!!!!!(半分本気です)

関連するQ&A

  • 輸入品の仕入消費税について教えてください。

    物品を輸入し国内で販売する場合の消費税について質問します。国内の販売については物品価格に消費税を加算して売上(代金回収)します。この時、仕入については日本国内で仕入れるわけではないので消費税は仕入価格に加算されないわけです。たしか、消費税は回収した消費税(売上に対する消費税)から支払った消費税(仕入れ対にする消費税)の差額を納税することになっていたようなおぼろげな記憶があります。とすれば、申告時にその旨を通知して支払えばよいのでしょうか? あるいは、輸入に関わる消費税を、何時か、誰かが(所轄税務署でしょうか)徴収に来るのでしょうか? 後日(決算期後)、輸入に関わる消費税を徴収されたような話を聞いたような気もするのですが・・・ 初歩的な質問で恐縮ですが、どなたかご教示お願いします。

  • 【日本の薬局は消費税を取っていないのはなぜですか?

    【日本の薬局は消費税を取っていないのはなぜですか?】日本のドラッグストアは消費税を取るのにドラッグストア内にある医薬品は消費税が取られない。 なぜ? 薬局は製薬会社から消費税を払って薬を買って、消費者に消費税を取らずに売ってるの? 病院の診察代ももしかして消費税は取ってない? 何で病院と薬局は薬を買うのに消費税を払って患者から消費税分の負担を要求しないの? なんで消費税分を肩代わりしてくれるの? 調剤費の基本料に薬の消費税分が含まれてるってこと?

  • 消費税は課税仕入れ?

    昨年、消費税申告で支払った消費税と延滞税は課税仕入れ対象になるのでしょうか? ご回答宜しくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

問屋からの仕入れには消費税が掛かっているのは本当です。 健康保険法にかかわる薬は非課税と税務署から回答をもらってるようですが、それはおかしな話です。 薬に保険を使うかは患者の自由であり、保険処方箋でなくとも医師の処方箋があれば同じ薬が自費で手に入ります。 ほとんどの人が国民皆保険制度で保険を使っているだけの話で、薬を仕入れた時は100%保険で使われるかはわかりません。 消費税は最後に消費した者が払う税金と解釈してますが、薬価には消費税が含まれているとどこかで私も言われました。 薬局としては理解に苦しみますが、完成度の悪い税法だと諦めています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 やはり仕入れに課税されているのですね。その後、ネットで調べました。 消費税基本通達6-6-2 医療品又は医療用具の給付で、健康保険法、国民健康保険法等の規定に基づく療養、医療若しくは施設療養又はこれらに類するものとしての資産の譲渡等は非課税となるが、これらの療養等に該当しない医薬品の販売又は医療用具の販売等(法別表第一第10号《身体障害者用物品の譲渡等》に規定する身体障害者用物品に係る資産の譲渡等に該当するものを除く。)は課税資産の譲渡等に該当する。 解釈1: これを実情(薬卸からの仕入れには課税されている)から”課税されている”根拠を読み取ると、医者が保険による医療行為による資産の譲渡(=診療というサービス)は非課税だが、薬卸→病院/薬局への譲渡は”保険による医療行為に当たらない”との解釈なのですかね? 解釈2: あるいは、同じ薬を処方箋があれば”自由価格”で購入できるのであれば、それには当然消費税がかかりますね。課税当局・業界とすれば、最終的に”課税”で売られる可能性がある”資産の譲渡”を非課税とすると、そこに”益税”の可能性が残る為、その排除のために”課税する”との解釈も成り立ちますね。 もう少し補足いただけると助かります。 上記解釈1も2も無理やり”実情=課税している事実”にあわせる為に解釈したわけで、保険で指定されている薬を、保険適応外の自由価格で購入するケースがどれくらいあるのでしょうか?素人の想像ですが、1%以下ですよね(保険料を払っていない方=資格取得等確認通知書も、まだ保険適応の可能性がある訳ですよね)。その1%以下のために医者/薬局が消費税の負担をさせられている状態ですね。 医師会はごく最近立ち上がったようですが、薬局はなぜ立ち上がらないのですか?業界全体で、政府に意見書を”出せない事情”とかあるのですか? ******** 実は、私は大家なんですが、医師/薬局と100%同じ問題を抱えております。大家について言えば、この問題について”行政訴訟・違憲審査”事例がなく、立法の不備がまかり通っています。それで、来年春ごろ”行政訴訟”を起こそうと考え、勉強しております。 保険薬に課税されていること、大変勉強になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • meitoku
  • ベストアンサー率22% (2149/9502)

医薬品卸からの購入には消費税が掛かっています。 調剤医薬品は薬価基準で診療報酬価格が決まっています。 薬価は税込みです。 故に購入価格が5%引きなら医薬品での儲けは無くなります。 調剤報酬で回収するしかありません。 但し、大手医薬品なら10%引きは当然でしょう。 薬価も高額なら差額も大きくなります。 ゾロ品(ジェネリック)なら薬価も安いので差額も少なくなります。 医療機関が処方箋を使用する理由の一つかも知れません。 医薬品のロスが無くなり処方箋発行手数料が確実に入る事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 薬局は仕入れの際に消費税を払っているのですね。 そうなると、医者と同じ問題を抱えていることになる。 薬業界でも、上記URLの医師会のように”問題提起”しているんですかね?していないなら、何でしないのか、本当に不思議ですが・・・・

質問者からの補足

>医薬品卸からの購入には消費税が掛かっています。 ただ今、税務署に確認したところ”消費税基本通達6-6-2”にて、”健康保険法(?)に関わる薬は非課税、自由診療に使う薬(健保が使えない)は課税”と説明されました。消費税法の趣旨としては、こちらの方が理解しやすいのですが、本当に”保険対象薬”の仕入れには消費税が掛かっているのでしょうか? >薬価は税込みです。 ”薬価”とは、健康保険法(?)で規定されている患者が負担する点数=金額ですよね。現在消費税は”総額表示”なので、その薬価も”税込み”に見えますが、上記税務署の説明を是とすれば、この薬価には消費税は入っていないことになりますね。 更に質問なのですが、薬卸→薬局/医師の薬の価格は”薬価”に左右されることなく”自由”ですよね。だとすると、”>故に購入価格が5%引きなら医薬品での儲けは無くなります。調剤報酬で回収するしかありません。”の意味が分からないのですが・・・・(ここでいう”儲け”は薬卸の儲けですよね。 理解が悪くて申し訳ない) 折角のご回答を否定しているのではありません、事実を知りたいので、どなたか専門知識のある方、再度ご確認いただけないでしょうか?

関連するQ&A

  • お医者さん(開業医)の消費税の扱いについて・・・・・

    医者とは何のかかわりもない素人です。 ただ今消費税の事を勉強しており、こんなURL(http://www.zsk.ne.jp/zeikei538/ronbun.html)を見つけました。 これによると、お医者さんは病院を維持・診察するための建物・光熱費・管理費等(課税仕入)の消費税を支払っております。本来これらの”課税仕入”は患者さんに”税額転嫁”しますが、消費税はそれを禁じております(消費税非課税)。結果として、これらの課税仕入れ分の消費税はお医者さんが負担しています。それが年間16万円・・・・・・・ この問題は、お医者さん以外の他の”非課税事業者”も抱えておりますが、医師会以外では、政府に対して意見書等を提出してる動きはありません。また、この問題は平成元年の消費税導入当初より発生していますが、医師会が問題にしたのもほんの2-3年のことのようです。 そこで質問なのですが、課税仕入れについて、以下の理解は正しいか何方か税法に詳しい方あるいは、お医者さん・病院経営者の方のご意見を頂きたく、お願いします。 (課税仕入) 建物・光熱費・病院家賃(賃貸の場合)・通信費・事務用品費等、一般の会社でも課税となっているもの。自由診療用薬/医療機器 (非課税仕入) 土地(これはお医者に限らず)、健康保険法(?:薬価)で定められた薬・医療機器 もう一つ教えて下さい。 お医者さん(開業医)は、殆ど健康保険による診療(診療報酬がきまっており、非課税)と思いますが、自由診療(診察料自由)は消費税を付加しているのでしょうか?お医者さん・科目にも寄ると思いますが、その自由診療の収入は、大体どれくらいなのでしょうか?(1%? 5%? 20%? それ以上???)

  • 消費税の扱いについて

    個人でネット販売しております。 売上は月10万から20数万くらいです。ちなみに粗利はこの15%くらいです。 年間売り上げはせいぜい200万くらいかと予想しています。 仕入れ時は必ず消費税がかかっております。 また本人は消費税をいただいているつもりがなくても税法上は預かっている形かとおもっています。 ここで利益計算としては仕入れの消費税と売上時の消費税の差額計算は どのような考えでいるのがベストなのかアドバイスいただけると幸いです。 宜しくお願い申し上げます。

  • 消費税について教えてください

    日商簿記2級の勉強をしていますが、消費税の仕組みが良く分らないので、内容を理解することが出来ません。 以下の点について教えてください。 1. 売上/仕入れ時の仕訳   ・売上時    売掛金 1,050円/ 売上 1,000円   / 仮受消費税  50円   ・仕入時    仕入 1,000円/買掛金 1,050円 仮払消費税 50円/  (1)上記の仕訳は正しいでしょうか     外税/内税、伝票方式/帳簿方式のどちらでも同じですか  (2)上記の仕訳が正しいとして、仮受消費税と仮払消費税の意味は何でしょうか。(仮受消費税は税務署に納めるために仮に預かっているお金という風に想像しているのですが) 2. 決算時の仕訳  (1)仮払消費税の合計額が2,000円、仮受消費税の合計額が2,500円の場合、問題によって次の2通り仕訳があるようですが、その違いは何でしょうか。  (ア)仮受消費税 2,500円/仮払消費税 2,000円 /未払消費税 500円  (イ)租税公課 500円/未払消費税 500円  (2)上記で仮払分を差し引く意味は何でしょうか  (3)上記で、仮払分が仮受分を上回った場合はどうなるのですか。 以上、稚拙な文章で申しわけありませんが、宜しくお願いいたします。

  • 今後の消費税の疑問ー仕入れの「消費税別途」表示

    現在、個人商店を営んでいます。 販売価格は当然、内税表示です。 小売業はなぜか国内に置いて98の数字が多いかとおもいます。 これは、私だけでなく国民全員が慣れしたんでいるプライスなんだとおもいます。 消費税が導入されてから販売価格に消費税を上乗せしたとん売上はいきなり下降します。 こんな状態ですから98円、980円などと今だ変えられず妙案もありません。 こんな状態ですから頭の中では「お客様から消費税を預かっている」という理屈はわかっているのですが実際 預かっている感覚はありません。 ここで問題なのが仕入れ価格です。 どこから仕入れても(ほとんど)必ず、見積もり、納品書は「消費税別途」となっています。 今後、消費税が8%に上がったら お店は続けられません。 なぜ、小売は内税表示で仕入れは外税表示が認められているのか、とても疑問です。 どなた様かご意見ございましたら宜しくお願い申し上げます。

  • 輸出品の消費税について。

    輸出品の消費税について。 輸出品の請求を相手国にする場合、消費税の請求は不要なのでしょうか。 国内にてものを仕入れて輸出販売する場合、5%の消費税を仕入れ金額に換算するべきでしょうか。 教えてください。 宜しくお願いします。

  • 消費税について

    不動産屋の経理をしています。消費税について解らないことがありますので、皆さんのご意見をお聞かせください。 内容は・・・ 固定資産として計上していたアパート(約3年所有/全室住居用)を今回売却することになったのですが、このアパートを購入した時は、全室住居用の為、非課税売上に対する課税仕入とのことで支払消費税は控除対象外として処理されていました。ですが、売却する時の建物に係る消費税は全額支払(納付)わなくてはならないと聞きました。販売用の不動産なら支払消費税(仕入)と受取消費税(売却)を相殺できて納付が減ると思うのですが、資産として計上してたものは、売却時にその時の簿価を仕入に振替えたりして、受取消費税と相殺してはダメなのでしょうか?また、他に納付額を減らすような手段はあるのでしょうか? 上手く皆さんに伝わる文章か不安ですが、何卒ご教示ください。

  • 消費税について

    いま次の参院選に向けて消費税の値上げの論議がされていますが、確か消費税は年間3000万円(?)未満の販売店などは、消費者から預かった消費税をお国へ払わなくてもよかったんじゃなかったですか?違いましたかね。 もしそうならば、その消費税を全部吸い上げるということはしないのでしょうか?

  • 消費税について

    今期の決算は簡易課税、来期は本則で消費税を計算します。 今期は赤字決算の為、仕入として計上する金額を翌期にまわすことを 考えていたのです。 すると、翌期計上分の仕入対応する売上げは今期計上されている為、5種のみなし仕入率で消費税が計算されます。 原価部分は翌期計上される為、課税仕入として消費税が計算されます。 この場合、消費税の税額控除を2回受けることになってしまうと思うのですが、税務調査の時に問題となってしまいますでしょうか?

  • アフィリエイトの収入 消費税のみなし仕入率について

    消費税のみなし仕入率についてお聞きしたいです。 ネットのアフィリエイトの収入などは簡易課税では第五種事業の運輸通信業に当たりますか?去年はそれで申告しました。これで合っていますか? アフィリエイトなどは特になにも仕入れていないので消費税を払う必要があるのか疑問ですが、1000万以上の収入があるとやはり払わないといけませんか? それと簡易課税のみなし仕入れ率を利用した場合、所得が0円の場合でも消費税は払わないといけないのでしょうか?

  • 消費税について

    企業は年に一度または2度に分けて毎年売り上げに対しての消費税の支払いがありますよね? この消費税の額がそれほど売り上げが上がってないのに多額な年もあります。 この計算方法を教えていただきたいのですが 毎年くる消費税は総売上高に対しての金額なのでしょうか? それと仕入れで支払った金額、光熱費、給料等すべてひいた額の純売上高に対しての消費税なんでしょうか? 例えば10月1日から31日までの売り上げが一千万、 仕入れ先に支払った金額、水道光熱費、従業員の給料、等支払った額が300万。 上記を計算すると700万の利益が出ますが この700万に対する5パーセントの消費税の請求が来るのでしょうか?