• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

撮像素子と焦点距離の表現について

初心者です。 デジタル一眼レフの焦点距離について検索していたら、「焦点距離は変わる。」と言う表現には、必ず、「焦点距離は変わらない。」と言うチェックが入りますね。 販売店や、メーカーに問い合わの際に、普通に会話のやりとりに使われていて、意思伝達できる言葉なのに、また、初心者向けのマニュアル書籍にも、撮像素子と焦点距離の解説に太字でしっかり、同じ言葉で記されてる物が有ります。 では、撮像素子のサイズに応じて焦点距離が違ってくる事を、どういう言葉の表現を使えば正しいのですか? 撮像素子のサイズによって画角は違いますとか、画角によって、焦点距離は違いますとか、長い短いなら良いのでしょうか? 色々見てる内に逆に混乱してきました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数565
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#72861
noname#72861

>撮像素子のサイズに応じて焦点距離が違ってくる  焦点距離とはそのレンズに固有の数値であって、 撮像素子の有無や大きさには関係ありません。 >撮像素子のサイズによって画角は違います  はい、その通りです。  同じ焦点距離のレンズであっても、大きな撮像素子に対する画角は大きくなります。  言い換えれば、レンズの画角は焦点距離だけで決まるものではなく 像を受け取る撮像素子の大きさとの関係で決まるものです。  具体的には、撮像素子をレンズから焦点距離だけ離し、 レンズの中心と撮像素子の対角線の両端とを結んでできる角度が画角です。  では、撮像素子さえ大きくすれば画角はいくらでも大きくなるかというと、 それぞれのレンズには、イメージサークルと言って、 その範囲にしか像を結べないという円形の限界があるので それを越えた大きさの撮像素子は使えません。 >撮像素子と焦点距離の解説に太字でしっかり、同じ言葉で記されてる物が有ります  その同じ言葉で記されている物とはどのような表現なのか具体的に補足していただけませんか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい解説を有難うございました。 この質問で、初めて「質問箱」を利用したのですが、回答者の皆様が、予想外に親切で詳しく教えてくれて有難かったです。 自分では、独学成りに、メーカーや撮影経験者の人に、色々教えて貰いながら、知識を深めて来たつもりでいましたが、単に、カタログの用語を何となく理解出来る程度で、こんな基礎的で簡単な言葉の表現で、戸惑う位、真髄は理解できていない。 上辺だけの薄っぺらい知識なんだなと、反省されました。 今迄、得た知識の、確認と補強は大切な事だし、誤りを指摘頂けるのは有りがたい事です。 人の思い込みを正すのは、労力と手間の要る事ですね。 感謝します。

質問者からの補足

書いていいのかな? 「撮像素子のサイズによって焦点距離が変わってしまう。」です。 他にも同書籍では、「撮像素子のサイズが小さくなれば、焦点距離も小さく済みます。」と言う表現です。 検索中、この表現に似た解説のHPも見ました。 どちらも、図解で解説してます。 内容は初心者でも、大変分かり易くデジタルカメラについて解説しているので、愛読してました。 分かりやすい解説を頂きイメージサークルとの関わりも教えて貰えたので、だんだん納得できるように成りました。 デジカメの方で関連質問を、もう、一件、投稿してるのですが、差支え無ければ、そちらにも回答頂けると助かります。 フルサイズ、APS-C、フォーサーズの撮像素子サイズに応じた画角の広角レンズの収差影響の質問です。

関連するQ&A

  • 撮像素子のサイズに応じた画角について

    デジタル一眼レフは、メーカーや機種によって撮像素子サイズが違います。 同じ焦点距離でも、撮像素子のサイズに応じて、画角サイズが変わりますね。 標準から望遠に関しては、問題無いと思います。 広角から超広角撮影に関してはどうでしょう。 撮像素子のサイズが小さくなるにつれ、画角も応じて小さく成ります。 レンズの焦点距離は変わらないので、撮像素子が小さく成っても、写るのは真中の部分ですが、小さくなるほど、周辺に生じる収差の影響も、トリミングの様に、画角が小さくなる事で、影響を、あまり受けなく成るのかも知れませんが、この質問では、フォーサーズ(14mm→28mm 2倍)、APS-C(18mm→28mm 1.5倍)、フルサイズ(28mm)を比較して、レンズの性能条件を、レンズキットレベルとし、撮影者は初心者、被写体に向かい正面からの撮影だとして、広角から超広角に生じる歪みの影響は、同じ画角でも、それぞれ結果は、違うと思うのですが? 愚問かも知れませんが、広角撮影を楽しむに辺り、28mmが撮れたら十分なのかも知れないですが、同じ14mmを楽しむなら、少しでも画角は広い方が良いと考えたので質問しました。 撮影初心者です。 実際に撮影した経験では17mm F2.8で景色を撮ると左右の端部分に傾斜が見られたのと、フォーサーズ14mmサンプル写真の建物の傾斜が強く感じたので、14mmとも成ると、やはり中心部分まで、影響有るのかなと考えました。 広角20mm以下から超広角に向かい傾斜や歪みは増して行くと聞きます。 販売店のサンプル写真でも、その経過を順に示した物を見ます。 画角の小さなフォーサーズは、歪みの酷い部分は、殆ど、写らないから、大差無い事なのでしょうか? 歪曲収差等、収差についての用語の意味を知ってるだけで、撮影体験としては実感出来てません。 (経験値乏しいです。) 性能(収差補正)の優秀なレンズで撮影したら、この結果も、違ってくるのですか?

  • デジタルカメラと撮像素子の大きさついて

    フィルムの時代、35mm一眼レフも、コンパクトカメラ、はては、「写るんです」も、フォーマットは36×24でした。 デジタル時代になって、一眼レフの主流はAPS-C(フィルムのハーフサイズ)、コンパクトカメラにいたっては、5mm四方ともいえる小さい撮像素子になってしまいました。 写真表現が絵画と違うところのひとつにボケがあると考えていますが、5mm四方にも満たない撮像素子では、ボケ表現もかないません。また、焦点距離の短いレンズを使うため、パースペクティブ(遠近感)が異様に強調され、被写体のプロポーションが崩れます。 撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか?

  • カメラの焦点距離

    凸レンズの焦点距離はレンズ(主点)から焦点 (光軸に平行な入射光が集まる点) までの距離fと覚えているのですが、最近のカメラ関係の説明ではピントが合った時のレンズから撮像素子までの距離と書かれています。 近くの被写体を写す場合、焦点と撮像素子位置とは別の位置になると思うのですが、これはどう考えたらいいのでしょう? 私は何か勘違いをしているのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#72861
noname#72861

>書いていいのかな? >「撮像素子のサイズによって焦点距離が変わってしまう。」です。 >他にも同書籍では、「撮像素子のサイズが小さくなれば、焦点距離も>小さく済みます。」と言う表現です。  気遣いなどせずに初めからそれを出して質問してもらったほうが 回答するほうも戸惑わなくてすんだと思いますよ。  そういった前提なしでいきなり 撮像素子のサイズに応じて焦点距離が変わる変わらないについて質問されると 私がそそっかしいのでしょうが、 同じレンズでも撮像素子の大きさによって焦点距離が変わるのかどうかを聞いているのかと受け取ってしまいました。  まあその本の著者の文章表現が下手だったために生じた混乱だったようですね。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。

質問者からの補足

すいません。 日本人ですが、日本語は難しいです。 うっかりなのかもしれないけれど、「焦点距離は変わる。」と表現してる人は、実際にいるし、本筋が正しければ、意図が通じてしまう事が多いのですが、文章にすると、何となくニュアンスでは、許されない表現も有ったりして、難しいですね。 ちなみに、「撮像素子のサイズによって焦点距離が変わってしまう。」は間違いだけれど、「撮像素子の大きさが変われば、同じ画角を得るために必要な焦点距離も違ってきます。こうなってくると同じ画角が写るにもかかわらず、撮像素子の大きさにより焦点距離の表記が変わってくる・・・・」は、同じ意味に思えたんですが、こちらは、許容される表現だそうです。 レンズメーカーや、カメラメーカーが、用語の表現に、とても、気を使っているのが、今回、良く分かりました。 ユーザーの知識レベルに幅広く応対する一方、分かりやすさを優先して、あまりに短絡に表現し過ぎると、今回の私の様に、混乱する初心者がいたりするので、流石、言葉の選び方が慎重だなと、今さら感心しました。 「撮像素子のサイズによって焦点距離が変わってしまう。」は今後、会話上でも使わないように気をつけます。 意味が通じたら良いのでは無くて、間違っている言葉は、使わない方が良いと分かりました。

  • 回答No.4
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

焦点距離に関しては、#3さん等の回答にあるように、レンズ固有の数値なので撮像素子の寸法では変わりません。 #3さん回答への補足に関して 「撮像素子のサイズによって焦点距離が変わってしまう。」 「撮像素子のサイズが小さくなれば、焦点距離も小さく済みます。」 は 「撮像素子のサイズによって(同じ画角にするための)焦点距離が変わってしまう。」 「撮像素子のサイズが小さくなれば、(同じ画角を得るための)焦点距離も小さく済みます。」 という意味で記述されているのではないかと思います。 (あるレンズを別のボディにつけたら焦点距離が変わる、という意味ではなくて、同じ風に写そうとしたら、選ぶべきレンズの焦点距離が変わる、という意味合いかと思います。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。

質問者からの補足

意味は同じじゃ無いの?とか短絡に考えていたんですが、皆さんの丁寧な分かり易い解説で、言葉を安易に簡略化し過ぎて使うと、誤解を誘発するだけで、逆に、ややこしい遠回りな結果に成ると、気づきました。 ほんの数文字加えるだけで、また、問題の有る表現、数文字を削除する事で、すんなり会話が通じるなら、何となくニュアンスで放置せず、正しい専門用語の使い方を理解できてよかったです。 以前、親切な先輩から、沢山書籍を読んでいても、その書籍は、カメラ撮影の専門家が書いている物ですか?と言われたのを思い出して、自分にとって分かりやすい書籍が、最良では無いんだな・・・・と身に沁みました。

  • 回答No.2
  • wbhunt
  • ベストアンサー率35% (287/802)

えっと・・・ 質問の内容がよく理解できないのですが、 もしかして、イメージセンサー大きさによって (例えばAPS-Cサイズのセンサーと、俗に言うフルサイズのセンサーで) 「焦点距離が変わっている」とお思いなのでしょうか? どのボディに付けても、イメージサークルの大きさ=焦点距離は 変わりません。 変わるのは、素子の大きさで、「切り取る大きさ」だけです。 (要は、丸い円の中に大きな四角を置くか、小さな四角を置くか・・・ 四角は素子のことです。) 画角に関しては、「切り取れる横幅」になりますので、当然センサーの 大きい方が「画角が大きく(広く)」なります。 って、余計こんがらがったでしょうか?(^_^;)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。

質問者からの補足

分かりにくくて済みません。 イメージセンサーと画角の関係は理解出来ていたんですが、フルサイズ、APS-C、フォーサーズ、それぞれのイメージセンサーの大きさに応じて、同じ画角を得たい場合は、35mm換算で、レンズの選択が変わりますよね。 フルサイズ(28mm)、APS-C(1.5倍 18mm→28mm)、 フォーサーズ(2倍 14mm→28mm) イメージサークル概念では、イメージセンサーが小さくなるほど、焦点距離は、短くなる事は、分かるんですが、大きさの異なるイメージセンサーに対し、それぞれ、同じ画角を得るためには、上記の様に、選択レンズが変わるけど、レンズの特性は変わらない事を、なんて言えば通じるのかが分からなかったんです。 上記の14mmと18mmと28mmは、同じ、28mmの画角でも、撮影した写真は、同じ結果じゃ無いと考えたんですが、 その事を、どう表現したら正しい表現なのかが分からなかったんです。 もう一つの質問の方はデジカメのカテなんですけれど、 この事について質問してるので、暇な時に、良ければ見て下さい。 表現に間違いが有ったら、教えて下さい。 書籍とか、かなり読んでるのに、自分の言葉で表すのは難しいです。 お店や電話の応対なら、専門用語の使い方が多少間違っていても、何となく本筋は伝わって、話が通じるんですが、ネット上では、難しいです。 でも、この際、後ずさりせず、正しい知識を身につけたいので質問してみました。 突っ込まれると凹みますが、そこから、また、勉強して、独りよがりじゃ無い知識に辿りつければ良いと考えてます。 御面倒かけますが、気づいたことが有れば、教えて下さい。

  • 回答No.1
  • tomban
  • ベストアンサー率26% (2616/9772)

「焦点距離」というのは、理科の実験でもしましたよね…あの凸レンズで紙を焦がすとかそう言うヤツです。 写真レンズもたくさんのレンズを使ってはいますが、基本はあれと同じです。 凸レンズを透過した光が収束し、紙に円を写しますね?。 紙とレンズの「距離」を固定すると、当然円の面積も固定されます。 この円に仮に「APS」とでも書き、光があたっているところをトレースしましょう。 そしてその周囲に新たに円を書きます。 直径が1.5倍大きな円です。 そして横に「フルサイズ」と書きます。 それでレンズの固定をはずして、今度はもっと「遠ざけて」みます。 すると、新たに描いた「円」とピッタリはまる距離があるはずです。 円の面積はそれぞれ違いますが、それを「撮像素子」と見たててください。 紙とレンズとの距離はどうなりましたか?。 フルサイズのほうが「遠く離れた」はずです。 つまり「同じ倍率の画像」を得るのに「焦点距離が変わる」わけです。 APSなら焦点距離は短くて済み、フルサイズなら長くなります。 画角も、倍率も同一ですが「焦点距離」は変わります。 つまり 「同倍率ならば、撮像素子の面積が大きいほど、焦点距離の長いレンズが必要」 ということですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どの解説書籍よりも、分かりやすく思えました。 凹んでた気持ちが、別の意味で、癒されて、楽しかったです。 「焦点距離は変わる。」は間違い。のたった一行に躍起に成っていた気持ちが、ぽっと明るくなって、カメラ好きな事を思い出しました。 言葉は難しくて大切に扱わないといけないんですが、振り回されるのも、滑稽ですね。 こんな風に、優しく手間をかけて、分からせようとしてくれる思いやりに感じ入りました。 いつか、人に、何かを教えられる程に成れたら、こんな風に、相手の身に成って教えてあげれる人に成りたいです。

質問者からの補足

有難うございます。 とても明かりやすい解説でした。 貴方は、きっと、面倒見の良い優しい人ですね。 何でこんな質問をしたかと言うと、「焦点距離は変わる。」と言う書籍の解説をそのまま引用したら、間違いと指摘されて、イメージセンサーと画角とレンズの関係をどう、言葉で表現したら、通じるのかなと知りたかったんです。

関連するQ&A

  • 撮像素子が大きくなるとレンズも大きくなるのに?

    撮像素子サイズはフルサイズが正しくて、それ以外はダメな子って カメラ界の流れができているようですね。 ただ、フルサイズにするとそれと組み合わせるレンズも大きくならざるを 得ないわけですから、ミラーレスにフルサイズなんてのは、間違ってる ように思えます。 現役プロさんでもフォーサーズやAPS-Cサイズのカメラを使ってらっしゃい ますので、フルサイズじゃなきゃ困る写真の時以外は、1/1.7程度の小さい 撮像素子でもいいんじゃないとの思います。 実際、一般の人は、パンフォーカス写真が好きなのですが、 狭い画角でパンフォーカスしようと思っても、フルサイズじゃ無理です。 ちょっと前までは画素数を競ってましたが、さすがに意味がないことが 一般人にもばれたので、今度は撮像素子サイズで差別化しようという のでしょうが、かえってカメラ業界の首を絞めているように思います。 本当にフルサイズへの流れは正しいのでしょうか?

  • 撮像素子サイズについて

    最近ミラーレスでも撮像素子サイズが大きくなっていってます。 撮像素子が大きくなると、ボケを生かした撮影では有利になりますが、 被写界深度を深く撮りたい撮影では不利になります。 何よりも問題は、撮像素子を大きくするとレンズを含めたシステムの サイズ・重量が大きくなるということです。 フィルムカメラであれば、ハーフサイズや110サイズでは35mmに較べて、 同サイズまで伸ばした場合、明らかに画質低下がわかるのですが、 最新の撮像素子では、A1程度ではマイクロフォーサーズとフルサイズの 差は区別できないとも言われます。 そうした現状を踏まえて、なぜコンパクト・軽量・携帯性を重視すべき ミラーレス一眼の撮像素子を大きくする必要があるのかわかりません。 ニコン1やマイクロフォーサーズのサイズでレンズを充実させる方が ミラーレスの良さが活きると思います。 ミラーレス購入者の多くを占める「初めて一眼を買うジーサン」に対して 30万円の機種と同じ大きさの撮像素子だからよく写りますといって 買わすことができるからなのでしょうか? ミラーレスの撮像素子サイズの在り方についてお教えください。

  • 撮像素子のサイズについて

    ハンディカムでの動画撮影時の撮像素子のサイズ (縦と横がそれぞれ何mmか or 縦横比率)が知りたいです。 説明書等の使用には下記のように書いてありました。 撮像素子:3.6mm(1/5型)CMOSセンサー この3.6mmは撮像素子のどこのサイズでしょうか?(横幅??) また、動画の縦横比は16:9ですが、撮像素子の比率もそうなのでしょうか? 仕事でこの情報がどうしても必要です。 ご解答どうぞよろしくお願いいたします。

  • 実際の焦点距離

    wikipediaによると >焦点距離(しょうてんきょり)は、光学系の主点から焦点までの距離である。 とあります。 しかし、レンズ全長が焦点距離よりも短く、フランジバッグを足すと主点の位置がレンズ先端を超えてしまうレンズがあります。 例えば、焦点距離300mmのレンズは撮像素子から30cm先に主点があるはずですが、キヤノンを例にとるとカタログに掲載されている300mmのレンズは全て全長が30cmよりも短く、主点の位置がレンズを超えた先にある事になります。 焦点距離とは実際にはどのような計算に基づいてなされているのでしょうか? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E7%82%B9 http://www.isoji.jp/documents/niceshot_03_02.html

  • デジタル一眼レフカメラの撮像素子が小さいと被写界深度は深くなる?

    キーマンズネットの「被写界深度」の記事で下記の表記を見つけました。 > デジタルカメラでは撮像素子(CCDなど)のサイズが大きいほど、被写界深度は浅くなる。 http://www.keyman.or.jp/search/tango/4566.html?vos=nkeyadww20004566 ここで疑問なのですが、Nikon FマウントやCanon EFマウントなどのレンズは35mmフィルムカメラとデジタル一眼レフで共用できます(デジタル専用のレンズもありますが)。 そこで同じレンズ(例として、50mm/f1.4を挙げます)を35mmフィルムとAPS-Cサイズのデジタル一眼で使用して撮影した、とします。 撮像素子が135のサイズより小さいのですから、焦点距離が75mm相当に長くなる(≒トリミングされる)というのは分かるですが、被写界深度についてはどうなるのでしょうか? 同じF値(ここでは開放のF=1.4としましょう)で撮影した場合、冒頭の記述のとおりだと、デジタル一眼で撮影したものの方が被写界深度が深くなる(F1.4よりも暗くなる)ということなのでしょうか? またOlympusのフォーサーズ用ズームレンズにf/2.0通しのものがあり、その明るさから魅力を感じていたのですが、35mmフィルム換算だと実質はf/4.0(焦点距離が2倍になるため)という話も聞きました。 ここで質問です。 Q1. フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で、同じ焦点距離(35mm相当換算後)で同じF値で撮影した場合、ボケはデジタル一眼の方が少なくなるのでしょうか? Q2. 上記のフォーサーズ用レンズの様に、フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で使用する場合、開放F値も焦点距離同様換算する必要があるのでしょうか?あるのならその計算方法は? 以上、疑問に思っています。 お知恵を拝借できると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • どうして焦点距離が変わると大きく映るのでしょうか

    どうして焦点距離が変わると被写体が大きく映る、つまりズームする、画角が変わる、のでしょうか。たとえば、同じ条件で焦点距離だけを変更して何回か撮影して、比較します。すると、写真に写る被写体の大きさは同じままで、被写体がハッキリと映る距離だけが変わる、ということにはならないのでしょうか。初心者の素朴な質問です。。。自分で調べても納得がいかなかったので質問しました。お願いします。

  • 撮像素子のクリーニングは?

    画像に小さいごみがついたので、ミラーアップして撮像素子を無水エタノールがあったので拭いたらなんだかもっとおかしくなってしまいました、使用書によるとローパスフイルターは絶対に布でふき取ったりしないよう書いてありますが見ないでやってしまったあとのこと、これ水で拭いても大丈夫でしょうか? ほんとはニコンに送れば良いですがどうしたらよいですか?日曜だったら時々東京に行きますが日曜ニコン開いていますか? カメラはニコンD70Sのデジタル一眼レフです。

  • ボケ味、明るさ出すには撮像素子とF値どっちが重要?

    カメラのボケ味、明るさを出すための性能面の要素として、撮像素子と絞り値があることを学んだのですが、この二つの要素ではどちらが重要なのでしょう。 例えば、ソニーのミラーレス「NEX-5」(標準ズームレンズキット)とデジタルスチル「DSC-QX100」とを比較すると、ボケ味、明るさを出すという点で、NEX-5は撮像素子が有利、QX100は絞り値が有利という互い違いの性能となっています。 【NEX-5】撮像素子:APS-Cサイズ、絞り値:F3.5-5.6 【QX100】撮像素子:1.0型、絞り値:F1.8 この場合、どちらのカメラがボケ味、明るさを出せるのでしょうか? ※NEX-5はレンズが交換できるので、拡張的要素を含めると断然有利なのですが、今回はあくまで上記スペックでの比較をお願い致します。

  • 撮像素子は撮影サイズの事ですか?

    カメラの性能を見るとき、撮像素子の大きさを調べたいけどその項目は見当たりません。撮影サイズのことですか?

  • Cマウントでの焦点距離について

    Cマウントとレンズの焦点距離の関係について教えてください。 Cマウントのフランジバックは17.526mmとありますが、これに 焦点距離がより短いレンズ(例えばf:8mm)を搭載すると、撮像 面までの距離が合わない(レンズの焦点が撮像面まで届かない) ように思えます。 レンズのカタログにはCマウント用との記載があるので実際は 問題ないのでしょうが、フランジバックとレンズの焦点距離と の関係が良くわかりません。 そこでCマウントでの焦点距離の考え方についてご教授いただ けないでしょうか?