• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

急ぎです!哲学の授業の課題「真理とは何か?」について煮詰まってしまいました…!(>□<)ご意見ください!!

よろしくお願いします、哲学の授業の課題でかなり困っているのでご意見を頂けないでしょうか?(><) 授業で「真理とは何か?自分は真理をどう考えるか?」を考えて(哲学して)レポートにまとめよう!という課題です。レポートは2500字以上で、先生が求めているのは授業の確認(授業で習った真理説について改めてまとめるとか)ではなく私たちに「真理」について自分なりに考える事で「哲学」をして欲しいって事らしいです…(それが難しい!!)課題自体は私は結構面白そうだと思うし、2500字なのでなんとか書けるかな~と思ってたんですが・・・いざ書き始めるとどう展開して書いていけばいいのか全然分からなくて、まったく進められなくなってしまいました!!(>□<)もともと文章書くのは苦手ですし・・・ 一応私が考えている「真理」は ・「真理」はあると思う、でも言葉で表すのは少し難しい ・真(本当の事、整合説とか)と「真理」は違うと思う ・存在の真理(ありのまま)説が一番近い気がする という感じなのですが(大雑把でスイマセン・・・)、これをつまりどういうことか、とまとめていくのが難しくて…しかも「真理」の意味(?)について「でもこうとらえる事も出来るかなぁ・・・またこうも・・・」と考えてくとなんかキリがなくなっていっててなかなか結論を書けません! どういう展開で書いていけば2500字分くらい論じられるのか・・・自分でもすごく考えたんですがなんか煮詰まってしまって質問させて頂きました・・・。どんな事でも良いので沢山ご意見頂ければ嬉しいです!よろしくお願いします!(><)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数290
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

2500字も必要でしょうか? 私なら簡潔に一言書いて提出します。 「真理とは自然であると私は感じます。」 自然って?て聞かれたら口頭で説明しますがそれを書けといわれると、2500字じゃたりないかもw じゃあもとい! もう少し補足しましょう。 「人間がそれを(真理)理解しようとしまいと、発見しようがしまいが ずっとそこに在るもの。 つまり真理とは自然の法則がそれで、私たち個人のあり方によって形をその都度変えるようなものではなく、さりとて人間的な感情を持ち合わせるような類のものでもない。 人によっては真理という人もあれば、神と呼ぶ人もあり、その呼称は 信じる表現(宗教)によって様々である。 我こそ真理を見たり!!と叫ぶものあれば、あれは邪教だと誹る声もあり。しかしながら、真理とは異端の能力を持った人間のみに理解できるものではなく、また、それを信じる者と信じないものとを分け隔てるものでもない。 生きとし生けるもの、存在する全ての物に至るまで完全なる平等によって包むもの。 つまり真理である自然がそれである。 何人たりとも、またどんな僻地の些細な出来事においても自然の法則を逸脱して活動することはなく、完全なる数学的な正確さでもって絶え間なく営まれているのである。 完璧とはわれわれ人間が永久に到達し得ない概念としてある地点であるが、自然は完璧を備えている。 不完全である我々が、はたして完全を理解できるのであろうか? 自然が未だ神秘に包まれているのは、その所以だと私は思う。」 こんな感じ? 短いか^^;;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! >「人間がそれを(真理)理解しようとしまいと、発見しようがしまいが ずっとそこに在るもの…。」 私もすごくそう思います!!真理=自然ってわけではないかもしれませんが、「真理」に対する考え方はほとんど同じ考えです!(^^)参考にさせて頂きます!☆

関連するQ&A

  • 真理概念について整合説と合意説と存在の真理と…あと一つは?皆さんにとって真理とは?(>0<)

    初めまして(^^)最近哲学について勉強する機械があって、「真理概念」というものを知りました(考えすぎるとキリがないけど面白いなぁと思いました☆)。そこで、 整合説(命題と命題の整合・不整合について)と 合意説(合意できるものを真理とする)と 存在の真理(ありのまま) この3つとあと一つ何かあったき気がするんですが思い出せません…検索しても上手く見つけられなくて…(><)他に何か有名な真理概念があれば教えて頂けないでしょうか?(>0<) あと、これをふまえて自分にとって「真理って何かな…?」て考えた時、私はこの中では「存在の真理(ありのまま)」が自分の考え方に近いかな~と思うのですが、皆さんは「真理」とは何だと思いますか?(^^)(上記以外の考え方でも良いです!) 好奇心というか参考にしたいなぁと思ってるので、もしよろしければ教えて頂けないでしょうか?たくさんご意見頂けると嬉しいです!(>∀<)

  • 哲学の授業

    私は今、とても悩んでいる課題があります。 それは哲学の授業のレポートです。 課題内容、自由。 課題枚数、自由。 こうなると逆に何を書いていいのか全く思いつきません。でもやはり哲学について触れた内容を書きたいと思っているのですが、どなたかいいアドバイスをください。

  • 学校の課題で哲学のレポートを書かなければなりません。課題は、「哲学に関

    学校の課題で哲学のレポートを書かなければなりません。課題は、「哲学に関係する本を一冊読んで、自分で問題を立て、4000字程度のレポートにしなさい」 というものです。 問題を立てるとはどういうことなのでしょうか? あと、そういうものが書きやすい本も教えて下さい。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

 まづこのレポートを書くには真理がどういうものかを整理する必要がありますね。真理とは色々な意味で使われますが一般的にそれを聞く(読む)時期、場所、人種、老若男女を問わず、だれがいかなる場所で聞いても確かだと納得しうる事だと思います。  しかし、このような例を出すことは非常に難しい事です。例えば現在では地球は丸いと言う事は普遍の真理として知られていますが古代ではそうではありませんでした。ラクダの上に亀が乗っており、その甲羅が地球だなどと本気で信じられた時代もありました。また宗教によっては私たちが本物の真理を教えていますと言っている宗教がありますが、宗教を一歩はなれた人から見ると荒唐無稽な事を言っている場合もしばしばです。  この意味で真理とは、限りなく個人的な主観に由来するもので。客観的、普遍的真理の例を挙げることは私には出来ません。よくよく考えて書いたほうがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! >真理を整この意味で真理とは、限りなく個人的な主観に由来するもので 確かにそう言われればそんな考え方もありますね!(゜0゜)真理する…難しいけど頑張ってみます!(^^)ありがとうございました!

  • 回答No.6
  • yayuh
  • ベストアンサー率16% (7/42)

いわゆる真理は物理学で言う大統一理論と同じもののはずですし、全てはひとつというせかいとも同じはずです。 それを追求した世界として、物理論や認識論、存在論、唯心論、唯物論、色即是空、神仏、神道などが参考となると思います。 これらは、この世(自分や心、考えなども全て含め)は何で出来ているのかを追求している世界といえます。 それらを歴史的は背景も含めて紹介するだけで、次数は稼げるかもしれませんね。 もうひとつポイントとしてあげるとすれば、真理は相対世界ではなく絶対世界です。絶対世界といえる条件とは何か?そして、その絶対世界からどうやって相対世界が生まれているのか?これを説明できれば、真理とは何かを論じることができるのではないでしょうか。 より明確に分かれば、あなたは教祖か仙人になれますよ。なんてね♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます!なるほど、そういう順序だてが出来れば書いていけるかもしれないですね(^^) 仙人に近づけるように(←笑)頑張ります!(>∀<)

  • 回答No.5
noname#70248

「でもこうとらえる事も出来るかなぁ・・・またこうも・・・」 これが真理なのではないでしょうか。 しん‐り【真理】 yahoo 辞典より ★思惟と存在あるいは認識と対象との一致。この一致については、いくつかの説がある。 ★プラグマティズムでは、人間生活において有用な結果をもたらす観念をいう。 わたしが考えるに、真理というものはつかみとれない空気のように 状態、状況に応じて目には見えずして形を変化させるもの。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます!お礼が遅くなってすいません(><) なるほど、つかみとれない空気のように変化していくもの…そういう考え方もありますね!(゜▽゜)参考になりました☆ありがとうございました!(^^)

  • 回答No.4
noname#117439

このカテに訪れる質問で哲学の授業の無理難題というのは一貫していまして、答えの無い又は現時点の人間には持ち合わせていないそんな課題を先生方は好んで出しているようです。 この問題は何かを信仰して、それが真理であると強く思い込んでいない限り自分自身の理解力では答えが出せません。 提出するレポートは支離滅裂なマジ切れレポートが一番喜ばれます。 とにかく自分で考えを進めて果敢に知性の根源を探ることが重要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます!お礼が遅くなってすいません(><) そうなんですよね~強く思い込んでる人なら「私はこう思う!」って色々書けると思うんですが私はなかなかまとまらなくて…(×△×)でもとにかく書けるだけ書いてみようと思います、ありがとうございました!(^^)

  • 回答No.2

あの、「煮詰まった」って言葉は、本来は 物事が進んで完成に近くなってきた状態のことを言いますが、 (煮物を炊き始めて出汁や煮汁の水分が少なくなってくると  煮物が炊き上がりに近づいてきたことを比喩してこういう言い方をする) もしかして、そういう意味ですか? そうでなければ「行き詰る」ですよね? もしも、行き詰っているのであれば、まずは自分があげた項目に対する 自分の考えを、それぞれ大雑把に書き上げていくべきでしょうね それを書上げたら、一度自分で通して読んでみる。 必要のない言葉や文章を削除していく そうして話の論点を絞り込んでいくことです。 また、「真理」というものが世間一般では、もしくはネット上の 情報では、どういう論じ方をされているかを、自分で確認しておくべきでは? これらを総合して、 「自分のいいたいこと」を 「客観的に、論理的に」 「自分なりの論点」 をまとめるべきではとおもいますよ。 具体的なお役に立てなくてすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます(^^)そうですね「行き詰る」のが正しいですね!なんか頭がいっぱいいっぱいになっててそんなニュアンスになってしまいました・・・(××)ご指摘ありがとうございます(^^) 自分のあげた項目に対して書き上げていく・・・まずはそれですよね!取り合えず落ち着いて取り組んでいこうと思います!回答ありがとうございました☆

  • 回答No.1
noname#140971

論文は足で書くものでOKWaveで聞いて行数を水増しするもんじゃーありませんよ。 物質とは何か? 宇宙とは何か? 生命とは何か? こういう疑問に応えるために人類は自然科学と哲学を発展させてきました。 そういう中で、絶対的真理と相対的真理との問題も重要なテーマとして取り扱われてきました。 とこでで、「物質とは何か?」と絶対的真理と相対的真理との関連では、今、話題沸騰でしょう。 ですから、その手の材料収集には絶好の環境かと思いますよ。 ご承知のように、かっては、原子が分割できない究極の物質と考えられていました。 が素粒子理論とその検証で究極の物質論はより正確で完全な方向で修正されました。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/08/news012.html >物質は原子が集まってできている。 >原子は中心部に原子核、 >その周囲に電子がある。 >原子核は陽子と中性子に分けられ、 >これらはさらに小さい「クオーク」という複数の粒子でできている。 私が思うに、この素粒子論も終局の理論ではないでしょうね。 正に、某哲学者が次のように言い放ったように相対的でしょうね。 >科学の発展におけるおのおのの段階は、 >絶対的真理というこの総和に、 >新しい粒をつけくわえる。 >しかし、おのおのの科学的命題の真理の限界は、相対的である。 ともかく、この引用が誰の文献からのものであるかを含めて足で調査されるべきですよ。 PCの前に座って回答を待つ暇があれば図書館に出向いて文献を片っ端から読破。 で、「取材ノート」をしこたまと書き溜めることですよ。 絶対的真理と相対的真理との問題は、頭で考えるとドツボに嵌ります。 が、具体的に湯川理論から小林・益川理論への発展を辿れば生き生きと語ることも可能。 水増ししたければギリシャ時代の物質論も紐解けば良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます!(^^)論文は足で書くもの・・・そうですよね~(><)「哲学」ていざ自分で考え出すとなんか考えすぎて頭がシューってなってしまって・・・ほんとにドツボって感じです(><) でも哲学の授業自体は結構好きなので頑張ってみます!(^^)回答ありがとうございました☆

関連するQ&A

  • 「~を哲学せよ」というレポート課題

    大学で、「~を哲学せよ」というの課題が出たのですが、これはどのように考えたらいいのでしょうか? 授業は、歴史上の有名な哲学者の考えを紹介する、という形だったのですが、それを踏まえて自由に思ったことを書きなさい、ということでいいのでしょうか? ~の部分には、意味の分からない文や単語が入ります。(レポートの課題文を全部書くのは差し障りがあるので、「~」とさせてください。) 問題の考え方というか指針を教えていただけないでしょうか?

  • 期末が近づいてまいりました。今回哲学の授業でレポート提出の課題が出たの

    期末が近づいてまいりました。今回哲学の授業でレポート提出の課題が出たのですが、論理的に考えるのは大変ですね(疲´`) そこで質問です。 ウナギを見た時の視覚、触ったときの触覚、食べた時の味覚…つまり人間の五感はその瞬間、脳へいくのですか? だから触れてる、と感じる事ができるのですか? じゃぁ脳が無かったら? もし脳を持たない人間がいたとしたら、 五感は感じる事ができないですかね? あり得ない話です。 だから自分の意見で構いません。 どなたか回答していただけませんか?

  • 大学の授業では課題として、どんな内容の論文を書くことになるのでしょうか

    私は独学で哲学・宗教系の勉強をしているものです。大学に通ったことがないので、自力でレポートや論文を書こうと思っています。 論文の書き方については、ネットや書物などで調べることができます。しかし、具体的にどんな内容の論文を練習として書けばいいのか分かりません。 大学では、授業の課題として、どんな内容の論文を何枚ほど課題として科せられるものなのでしょうか。自分で論文を書く上で、参考にしてみたいです。よろしくお願いします。

  • 【哲学を知った所で人間は何を得たのでしょう?】

    【哲学を知った所で人間は何を得たのでしょう?】 フランシスコ・ベーコンはこう言った。 「 海のほか何も見えない時に陸地がないと考えるのは決してすぐれた探検家ではない 」 と。 要するに人間の真理は観察ではなく自分の経験でしか得られないと。 で、自分の経験は他人の経験ではないのであなたの経験が全ての真理ではないと。 歴代の哲学者は人生の真理を追いかけたが矛盾というか誰にも否定されない真理を解き明かすことが出来ないまま月日が過ぎた。 ソクラテスは「汝、自身を知れ」と言った。 ソクラテス以前の哲学者は1つの答えを出そうと必死に答えを探していたが、 ソクラテスはその人生の真理を見つけたという人物にその答えに対する疑問を投げかけて、ついに真理を見つけたという人物は言葉に詰まって自分が自分のことを良く分かっていなかったと悟り 「無知の知」 自分のことを自分が1番分かっているようで実際は自分自身の問題についての結論を自分で出した回答も答えが間違っていることは多く 自分のことが分かっていないことを知っている人の方が人生の真理に近いと説いた。 で、また月日が過ぎて、 デカルトが現れた。 デカルトは「我思う故に我あり」という矛盾がない答えを出した。 人生の真理の答えは我思う故に我ありという結論で決着が着いた。 けど、 人生の真理の答えが我思う故に我ありという矛盾がない答えだったと答えが出て納得がいかない人が 人生の真理は分かったがなぜ生きているのだと生きている意味を知りたがるようになった。 人生の幸福である。 人生の目的を人生の真理から人生の幸福へと興味が移っていった。 アランは「幸せになろうとしない限り、絶対に幸せにはなれない」と言った。 幸福だから笑うのではなく、笑うから幸せなのだと。 ショーペンハウアーは「富は海水に似ている。飲めば飲むほど喉が乾く」と。 要するに人生の真理はデカルトの結果で結論が既にもう出ていたってこと。 あとの時代の哲学者は人生の真理の追加要素に過ぎない。 で、人生の真理はデカルトの我思う故に我ありで決着が着いたがその人生の真理を知ったところで何を得たのでしょう?って話です。 人生の答えが哲学で分かったが分かったところで何も人生は変わらない。 人間は得たのに変わらなかった。 哲学で何を得たのでしょう?

  • ヨーロッパ人の真理論は成っていない

     ヨーロッパ人の真理論は成っていない。という見解を示して問います。  ▲ (ヰキぺ:真理) ~~~~~~~~~~~~~   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%90%86  § 1 西洋哲学における真理論  真理とは何か、についての研究を真理論という。以下に代表的な説を挙げる。  (1) 真理の対応説(correspondent theory of truth):「思惟」と「事物」(羅:res、レス)が一致ないし対応していることが真理であるとする。     アリストテレス、トマス・アクィナス、イマヌエル・カント、カール・マルクス、バートランド・ラッセル、前期ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、アルフレッド・タルスキ、カール・ポパー  (2) 真理の整合説:他の命題と整合的な認識が真理であるとする。公理的で演繹的な真理観。     中期プラトン、ライプニッツ、スピノザ、ヘーゲル  (3) 真理の明証説:意識に対して明証的に現れるものを真理とみる。     ルネ・デカルト、エトムント・フッサール  (4) 真理の実用説(有用説):生にとって有効・実用的な認識を真理であるとする。     フリードリヒ・ニーチェ、ウィリアム・ジェイムズ  (5) 真理の合意説:合意された認識を真理であるとする。     チャールズ・サンダース・パース、ユルゲン・ハーバーマス  (6) 真理の定義不可能説:命題Pは命題「命題Pは真である」と同値であるから、真理の概念は定義不可能であるという立場。     フレーゲ  (7) 真理の余剰説(redundancy theory of truth):命題Pは命題「命題Pは真である」と同値であるから、真理の概念は無用な余剰であるとする。     フランク・ラムゼイ  (8) 規約主義:真理はその言語体系における規約に依存するという立場。     アンリ・ポアンカレ、デュエム、オットー・ノイラート  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~  (あ) ▲ (2) 真理の整合説:他の命題と整合的な認識が真理であるとする。公理的で演繹的な真理観。  ☆ にちなんで言うとすれば 大前提を《公理》ではなく 《想定》とするとよいのだ。経験合理性を超えた絶対的な整合性の世界――それは 人間には分かるか分からないかが分からない――を 真理として想定しますよと。  (い) 《イデア》では ダメである。いや 真理と想定したものを《イデア》と名づけただけなら よいのである。つまり イデアなる絶対真理の世界からこの仮象の経験世界のものごとを《演繹》して来ては ダメである。絶対と相対とが――人間の思考において/によって――つながったことに成ってしまう。  (う) 経験合理性による《整合性》だけでは ダメなのである。なぜなら想定によれば 真理は そのような・人間に理解しうる整合性から自由であるのだから。善悪の彼岸であり 或る意味で人間の判定する真偽をも超えている。  (え) ▲ (2) 真理の整合説:他の命題と整合的な認識が真理であるとする。  ☆ だから これはマチガイである。《いくつかの命題》を 経験世界において並列させても それらから真理は自由であるのだから。  (お) 言いかえると 経験事象にかんしてさまざまな認識をおこない命題として提出する。その命題の真偽がどうかという問題は 相対的な真実を問うている。絶対としての真理ではない。  (か) まづ 《事実》について人は認識する。これを自己表現する。その命題について まづその当人については 《明証性》があるなら 主観真実であると見なされる。――これが  ▲ (3) 真理の明証説: 意識に対して明証的に現れるものを真理とみる。  ☆ であり これは 厳密な定義としては 真理ではなく 相対的な真実のことである。  (き) すなわち ここから《明証性に立つ主観真実》が その認識内容として《事実》と合っているなら それは一般に《事実認識》として認め合われる。(ただし 真理ではなく 真実である):  ▲ (1) 真理の対応説(correspondent theory of truth):「思惟」と「事物」(羅:res、レス)が一致ないし対応していることが真理であるとする。  (く) そのことをもう少し具体的に細かく見てみよう。この一人のひとの主観真実が 当の事実と照らし合わせてほかの人たちによって検証される。やはり同じく自己の主観において真実として見解を同じくするなら そこでは 主観の共同化が成る。  (け) この主観共同化が 地域を超えて歴史を超えて共有されるなら――たとえば民主制なる理念など―― これは 共同主観(コモンセンス)と呼ばれる。これは 或る程度普遍的な真実であると見なされる。すなわち 次の説に相当する。(ただし 真理ではなく 真実である):  ▲ (5) 真理の合意説:合意された認識を真理であるとする。  (こ) 地域や民族の文化などによってその普遍性が狭まれたなら 共同主観は 部分的な真実となる。(ただし 真理ではなく 真実である):  ▲ (4) 真理の実用説(有用説):生にとって有効・実用的な認識を真理であるとする。    (さ) 民族(≒言語)文化をさらにその独自性において重く見る立ち場では この《部分真実》をさらに限定するようである。(ただし 真理ではなく 真実である):  ▲ (8) 規約主義:真理はその言語体系における規約に依存するという立場。  (し) この部分真実を けっきょく一人の個人(つまりその人の主観)にまでもう一度収縮させたものが 次の見解である。われが思えば・言葉で語るならば それが《真実》である。のだから それの共同化などは 問う必要はないと。(ただし 真理ではなく 真実である):  ▲ (7) 真理の余剰説(redundancy theory of truth):命題Pは命題「命題Pは真である」と同値であるから、真理の概念は無用な余剰であるとする。  (す) それではあまりにも独りよがりではないかと批判されたときには ふたたびのようにこの相対世界を超えて 絶対の真理の桃源郷にのがれる。:  ▲ (6) 真理の定義不可能説:命題Pは命題「命題Pは真である」と同値であるから、真理の概念は定義不可能であるという立場。  ☆ これは《真理》を言おうとはしているのである。 つまり (あ)に戻って 真理を《非知――知り得るか知り得ないかが人間には知り得ないナゾ――》として想定すればよい地点に戻っている。  (せ)  ご批判をどうぞ。賛成票をもどうぞ。

  • 法哲学のレポートのテーマについて

    こんにちは。 大学の法哲学の授業でレポート課題を出されたのですが、テーマが思いつかなくて困っています。というか、どうも興味のあるテーマが見つかりません。 それくらい自分で考えろ!っていう感じなのですが、ぜひ誰かの意見を聞きたいです。 過去にはアファーマティブアクションと、ロールズの正義の二元論について書いたことがあります。 これ以外に法哲学に関するテーマで「これ面白いよ!」っていうのはありますか?ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

  • 詰る所哲学って・・・

    半年くらい前に哲学に興味を持ち、入門書といわれている池田晶子さんの「14歳からの哲学」を読みました 「考えつめるとこんな事実に気づくのか!」 などとちょっと分かったようなつもりで読んだのですが、その後哲学の素養がある(と自称する)人々と哲学の話をしたところ、 「あれ(14歳からの哲学)はああゆう主義の人が書いた本だから」 という旨の注意を何度も受けました あの本を読んで「考えれば普遍の真理が分かるものだ」とか思っていたのですが、 結局哲学にも様々な説や主義があってそれぞれの間で相互批判がなされるだけで、 詰る所、「自己流で考えて真実と思えばそれが真実!」 みたいなノリでやるものなのでしょうか・・・ 哲学って数学みたいに答えが一つ、ってものではないのでしょうか? みんな違ってそれでいい、というようなものなのでしょうか? ど素人です 多くのご意見お待ちしています

  • 哲学的思考力は数学と国語どちらの方が鍛えられますか

    受験勉強で哲学的思考力を鍛えるなら数学と国語(現代文,論文作成)どちらのほうがより鍛えられると思いますか? ここで言う哲学的思考力とは、哲学的課題(存在,認識)の真理を追求する為に数ある情報から発想的な批判と展開を駆使して正確な情報だけを抽出、その素材を元に真理である理論を構築していく過程のことです。

  • 法政哲学科:課題ゴルギアスについて。

     こんにちは。私は法政大学の哲学をB方式(国語と小論入試)で受験しようと思います。私にはソコしかなくて、何が何でも受かりたいと思っています。  と、いうわけで、課題のゴルギアスを必死に読んでいるわけですが・・・本番でどのように問題がでるかとか分からないし、大学側がどうして「ゴルギアス」を課題にしたのか(何を私たちに理解してもらいたいのか)がわからないので、見えない相手に四苦八苦しています。  受験経験がある方、詳しい方、おなじ立場の方の意見おなちしています。  ・・・という文を大学のカテゴリに載せたところこちらの方が良い回答がでるのでは・・という意見を頂いたのでこちらにのせることにしました。  過去の質問をみると「正しいってどういうこと?」「どういう風に生きたらいい?」というのが議論と書いてありました。・・つまりそういうことなのでしょうか?  大学は私たちにゴルギアスを読むことで、上の二点について考えさせたのでしょうか。やっぱりまだ理解できません。経験者の方やゴルギアスを読まれた方意見お願いします。  ・・なんだか哲学や倫理を読むようになってから、自分の行動一つ一つを疑問に思うようになりました。何も考えなかった時の方が楽でしたが、今の方が私にとって善いことをしているような気がします。  でも考えても考えても答えって出ないんですね。

  • 哲学できるようになるには?

    私は現在ある大学の哲学科に在籍しています。 入学してから今まで受けてきた大学の哲学の授業は、主に教授の話すことを聞いているだけの、講義形式のものがほとんどでした。 しかし、これから進級するにつれて、哲学書などを読んで、自分の考えを発表したり、他の学生たちと議論したりする、学生主体の演習が増えてきます。 そして私は、これから受けることになるであろう、この演習形式の授業に不安を覚えています。 なぜかというと、私は自分の考えを言うことが苦手だからです。 自分の考えを言うことが苦手だというのは、自分の考えに自信がなかったり、恥ずかしかったりするからではなく、そもそも自分の考えというのが頭に思い浮かばないからだと思うのです。 不安を覚え始めたのは、以前、授業のときに教授に「価値って何だと思う?」とか、「理性って何だと思う?」とか、「自分って何だと思う?」ということを聞かれたときからです。 私はこのとき、質問に対して自分の考えが全く思い浮かばず、何も答えることができませんでした。 哲学のなかでは初歩的な質問なのかもしれませんが、私には十分難しく感じました。 他の学生たちも私と同じように答えることはできないだろうと思っていたのですが、予想に反して、しっかり自分の意見を言っていました。 また、「ニヒリズムを克服するためにはどうすればよいか、自分の意見を述べよ」という授業がありました。 このときも私は、「私たちの行いが無意味だと言われれば確かにそうかもしれないし、克服なんてできるのだろうか」と思うだけで、何の考えも思い浮かびませんでした。 なんとなく面白そうだなという安易な考えで、大学の哲学科を専攻してしまったのですが、哲学という学問の難しさに非常に戸惑っています。 哲学は自分には合わないのかなと不安になってしまいます。 こんな私でも、哲学を学び、過去の哲学者たちの様々な思想に触れていくうちに、哲学的な問題に対して自分の考えを持てるようになるのでしょうか? それとも哲学ができるかどうかは生まれ持ったセンスの問題なのでしょうか? 何かアドバイス等ございましたら、よろしくお願いします。