• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

whichでどのようにつながっているのかわかりません

スペースアルクでwhichを含む例文を色々見ていたところ、文の構造がよく分からないのがありました。 The movie gives people a new perspective from which to look at the world. 「名詞+前置詞+関係代名詞+S+V」と同じようになるのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数252
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

duosonic です。 補足拝読いたしました。 1. >>日本語訳に従うと、to不定詞の形容詞的用法ならばfrom whichが省略できるのかなぁと思ったのですが、ご説明の通りに段階を踏んで文を組立てていくと、from whichは省略できないのですね。 >前回答にもチラッと書きましたが、目的語が二つあるんですよね(この場合 perspective と which)。なので、この英文を書いた人は: (1)その映画が観客に新しい視点を与えること。 (2)そしてその新しい視点から観客が世界を眺めること。 、、、という「二つの意図」を読者に汲み取って欲しいんだと思います。 2. つまりご指摘の通り、これの from which を省略して: ・The movie gives people a new perspective to look at the world. (その映画は観客に世界を眺めるための新しい視点を与える) 、、、とすることは文法的に可能です。100%意味の通じる英文です。 3. しかし、こうしてしまうと、前述 1の筆者によって託された「二つの意図」が飛んでしまい、単に「世界を眺めるための新しい視点」だけになってしまうんです。なので、邦訳はあくまでも: 「その映画は観客に(そこから)世界を眺めるための新しい視点を与える」 、、、という風になるべきだと僕は考えます。ただし、英文の二つの目的語を日本語にすると(そこから)の部分がダブってしまい、ちょっと無理があるので、参考書?などでも大抵の場合 from which は無視して「その映画は観客に世界を眺めるための新しい視点を与える」としているということなんでしょうね。是非 love_vbさんが from whichを含む上手い邦訳を考えて下さい。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びありがとうございます!! たったひとつの文にも作者の意図が含まれていたのですね。 上手い邦訳は難しいですが、今後は作者の意図まで意識しながら英文にあたっていきたいです。 わかり易い解説、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 英文解釈

    英文解釈がわかりません。 Each generation has access to a heritage from which to derive perspective. この訳がわかりません。 特にこの部分の構造がわからないんです。 access to a heritage from which to derive perspective. 教えていただけませんか。 よろしくお願いします。

  • whichの用法について

    前置詞+which+to do の用法について教えてください。このwhichは関係代名詞ですか?

  • which 関係代名詞?疑問詞?

    whichが関係代名詞なのか疑問詞なのかは文脈判断なのでしょうか? 関係代名詞のwhichは名詞の欠落のある文を導きますよね。 疑問詞のwhichも名詞の欠落のある文を導くのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • greeen
  • ベストアンサー率56% (154/272)

こんにちは。 まず、次の文を基本文と思って下さい。 People look at the world from a new perspective.「人々は新しい観点で世界を見る」 この文の a new perspective を先行させて、残りの部分を関係詞を使って後置修飾させるには、以下の2つの方法がありますね。 1. a new perspective which people look at the world from 2. a new perspective from which people look at the world 意味は「人々が世界を見る新しい観点」になりますね。いずれも、a new perspective 以下が主語+動詞を伴う形容詞節になっていますが、この部分を to 不定詞を使って形容詞句に書き換えると、以下のようになります。 1'. a new perspective to look at the world from 2'. a new perspective from which to look at the world ( from to と言うことは出来ませんので) ネットで他の例を探しましょう。たとえば、with which to write という表現があります。 http://72.14.235.104/search?q=cache:_1gulgTKUecJ:www.polishwriting.net/index.php%3Fid%3D39+%22with+which+to+write%22&hl=en&ct=clnk&cd=5 http://72.14.235.104/search?q=cache:kb875h0tu_UJ:www.amazon.com/Write-Where-You-Are-Writing/dp/1575420600+%22with+which+to+write%22&hl=en&ct=clnk&cd=10 something to write with はよくある表現ですよね。 http://72.14.235.104/search?q=cache:MGAcPC4kFd8J:www.answerbag.com/q_view/907773+%22something+to+write+with%22&hl=en&ct=clnk&cd=5 http://72.14.235.104/search?q=cache:gvmmuNT15v8J:articles.latimes.com/2005/jan/29/entertainment/et-bookfill29+%22something+to+write+with%22&hl=en&ct=clnk&cd=10 お尋ねの全体の意味はお分かりだとは思いますが、 The movie gives people a new perspective from which to look at the world. 「その映画は人々に世界を見る新しい視点を与えている。」 となりますね。 以上ですが、お役に立てば幸いです。何かありましたら、追加補足して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の御回答ありがとうございます。 基本文から考えると非常に分かりやすいのですね。 ネットの他の例についても理解できました! 大変勉強になりました。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

私見ですが、お力になれば。 文全体はgiveのSVOOですよね。 問題のwhichは、which to で「どれを(どちらを)~すべきか」で訳すのではないでしょうか。 文法的には前置詞fromの目的語にあたるのがwhich以下。 which以下が名詞句を作り出しているということですね。 「その映画は、世界のどこに目を向けるべきか、という新たな見地を人々に与える」 参考までに、訂正ございましたらお願いいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の御回答ありがとうございます。 私も最初はwhich toで「どれを~すべきか」と思ったのですが、 その場合fromをどう考えたらいいのかなぁと悩んでしまいました。 今回は、No.1、3の方の意見「前置詞+関係代名詞+to不定詞(形容詞的用法)」を参考にさせて頂きたいと思います。 今後もよろしくお願い致します。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

こんにちは。 The movie gives people a new perspective from which to look at the world. 「その映画は観客に(そこから)世界を眺めるための新しい視点を与える」 (1) 「関係代名詞+To不定詞」というのは、なかなか稀な使い方ですが、ないこともないですね。元を正せば、お察しの通り「名詞+前置詞+関係代名詞+S+V」と同じになるのかと考えます。 (2) 誰が to look at the world するのかというと、people です。 すなわちこの文は: ・The movie gives people a new perspective. ・People look at the world from the new persective. 、、、の二つの文が合わさっています。 これらをつなげると: ・The movie gives people a new perspective, and people look at the world from the new perspective. 、、、ですね。 (3) 関係代名詞を使って共通項 perspective を一つにまとめると: ・The movie gives people {a new perspective from which people (they) look at} the world. 、、、ここで「名詞+前置詞+関係代名詞+S+V」が現れます。 (4) 原文では「~のための ⇒ To不定詞の形容詞的用法」を用い、先行詞名詞 perspective を修飾しています。「(そこから)世界を眺めるための新しい視点 ⇒ a new perspective (from which) to look at the world」という構造になっています。 もう一つ例文を作ってみると: ・I have a software by which I eliminate any types of virus.               ↓ ・I have a software (by which) to eliminate any types the virus. 、、、目的語がダブるのでちょっと?かなり?邦訳がし難いですが、「(それをもって)いかなるウィルスをも駆除するためのソフトウェア ⇒ (それをもって)どんなウィルスでも駆除できるソフトウェアを持っている」となりますね。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の御回答ありがとうございます。 「前置詞+関係代名詞」の後にto不定詞が来ることもあるのですね。 ようやく「前置詞+関係代名詞+S+V」に慣れてきたばかりでしたので、二つの文への分解もうまく考えられず困っていました。 日本語訳に従うと、to不定詞の形容詞的用法ならばfrom whichが省略できるのかなぁと思ったのですが、 ご説明の通りに段階を踏んで文を組立てていくと、from whichは省略できないのですね。 わかりやすい説明ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 名詞が欠けていない関係代名詞節

    おはようございます、こんにちは、こんばんは。一つ質問をさせて下さい。  今使っている問題集の中で、関係代名詞の後で名詞が一つも欠けていないセンテンスにぶつかりました。  ちなみに前置詞+関係代名詞の場合、名詞が欠けている(ように見える)ことはありませんが、その文章は非制限用法の"which"というだけで、前置詞+関係代名詞ではありません。  問題文を引用できればよいのですが著作権の問題があるのでできません。そのため質問が相当わかりづらくなってしまいましたが、こういうこと(関係代名詞の後ろで名詞が欠けていない)は起こりうるのでしょうか?おわかりになる方よろしくお願いします。長い文章ですいません。

  • 関係代名詞の whose

    関係代名詞の whose はその後の名詞と一緒になって、関係代名詞節の中で主語、動詞の目的語、または前置詞の目的語になりますが、whose 名詞が、補語になることはありますか? あれば、例文を教えてください。

  • 関係代名詞whichはSかOにあたるもののどちらかが欠けているのでしょうか?

    こんにちは。 関係代名詞のwhichは 名詞+which S V O 名詞+which S V C など (1)どの文型の場合であっても、主格とか目的格とか言われるので、SあるいはOのどちらかの普通名詞が先行詞として前に出ていると考えるのは良くないのでしょうか? (2)名詞+which S V O Cとかの文型の場合、Cに名詞が来ていたとしてもそれは前に出てこないのでしょうか?Cというのは目的格なのでしょうか? 分かる方、どうぞご教授ください。

  • 副詞句

    1 I was born in the city. を関係代名詞を使った文にすると The city in which I was born. となります。(in which=where) 2 I look for the book. を関係代名詞を使った文にすると The book for which I look. となります。 1 in the city は副詞句ですが、 2 for the bookはどうなるのでしょうか。 前置詞+関係代名詞は、関係副詞になる場合とならない場合があるのでしょうか。

  • 関係代名詞whichについて

    関係代名詞whichの理解 He has given us a user-friendly space in which to feature our science exibits. 関係代名詞は「接続詞+代名詞で節と節をつなぐ働きを持っている」と理解しているのですが、この例文の場合、to不定詞以下はspaceを修飾する形容詞句になっているように見えます。 このような場合のwhichは文法的にどのように説明されるのでしょうか。

  • for which

    payload 名詞 the passengers and goods on a ship or aircraft for which payment is received. and はpassengers とgoodsを並べており、or は a ship とaircraftを並べており、payment is receivedは paymentはpayment "for" 名詞.と辞書で使うので、 元の英文は payment for something (本来はpayment for のforのあとに名詞が来ますが=いわゆる、名詞+前置詞+関係代名詞というものだと思います) is received だったと考えられます。質問ですが、whichは前の名詞で「何を」指しているのでしょうか? payment for "a ship" is received でしょうか?それとも、 payment for "aircraft"でしょうか?またそのように結論づける根拠はなんでしょうか?

  • 関係代名詞 which と that の違い

    物に対応する関係代名詞にwhich と that がありますが、この場合は which、またはこの場合は that という使い分けはあるのでしょうか。(序数や最上級がある場合にthatのみを使用する場合や、前置詞が前に置かれる時のwhichの使用などの場合を除きます)宜しくご教示の程お願い致します。

  • whichの継続用法

    関係代名詞のwhichが継続用法で使われたとき、前置詞句や動詞句を先行詞にとることがあるそうなのですが、これについて、 (1)動詞句が先行詞になる、というのは本当でしょうか?もしそうなら、どのように使うのでしょうか? (2)前置詞句は副詞用法でも形容詞用法でも先行詞にとれるのでしょうか?また、どのように使うのでしょうか? どなたか、以上について教えてください。

  • in which と where の意味的な違いは何でしょうか?

    in which と where の意味的な違いは何でしょうか?前置詞+関係代名詞と関係副詞だということはわかるのですが、使い方のちがいはありますか?形が違えば意味も違うと思うのですが調べようがありません。お願いいたします。

  • 英文法関係代名詞についての疑問です。

     お手伝い願いします。  There is scarcely any building in the world which was not erected for a particular purpose. この文における、関係代名詞whichの先行詞がわかりません。 まず、パッと見では、the world が先行詞なのではないかと思います。 が、関係代名詞節中の was not erected を考えると、 文脈上主節の主語である、any building が先行詞のように思えます。 文法書forestや英和辞書crown、oxfordを参考にしておりますが、どこの例文を読んでも、 前置詞句を伴う名詞(any building in the world)が先行詞である例がありません。 どちらが先行詞なのでしょうか? あと、なぜ any building が単数扱いなのか、これもよろしければ解説お願いします。 長文失礼いたしました。よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう