• ベストアンサー
  • 困ってます

株価が下がると、なぜ企業が危険な状態になるといわれるのでしょうか?

株価が下落すると、その会社の価値が下がることと同じ意味であり正常な運営がなされない危険な状態に陥りやすいというのは理解できます。 しかし、それがなぜなのかわかりません。 例えば株価が、企業が銀行等より資金を調達する際の信頼の指標として使われている場合、株価が下がり資金を借り入れにくくなるというなら理解できます。 しかし企業が株を発行する場合、資金を調達する目的で行われるため、その発行された株券が投資家に買われ企業が自由に使用できるお金が手に入った段階で、その「株券を発行した」という役割を全うするのではないでしょうか。 つまり、企業が手にするお金はその株券をいくらで発行したかという過去の時点での価値に基づき、現在その価値が下がったとしても企業が株券発行により手にできる金額は過去に発行したときの金額であるため、現在の株券の価値が下がったとしてもすでにお金を手にしてしまっている以上あまり影響を受けないような気がします。 今後、発行する株券があるとすれば、それは下落した価格での発行となり受け取れる金額が株価が高かったときよりも少なくなり、資金調達が苦しくなることは想像できます。 どなたか、このあたりの事情に詳しい方がおられましたら、「なぜ株価が下がると企業の正常な運営に支障をきたすのか」、教えていただきたくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数768
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • come2
  • ベストアンサー率32% (594/1810)

こんにちは すべての疑問に答えられないですが 例えば、株価下がる、もしくは下がりそうということになると 企業は転換社債の発行が難しくなり、もしくは株へ転換する可能性が低くなり 結果として、社債として返還しなといけないとなると 企業は本来開発などに使うキャッシュを返金にせざるを得なくなってきます またご指摘の株券発行による資金調達ですが、ご指摘の通り 今後の発行に支障が出てきます 将来下落しそうな株券発行やIPO株を買う人はいないですよね ということで株価が下落すると少なくとも資金調達という側面から 企業にお金が入ってこなくなります なので企業経営に支障をきたすということになります そういう資金調達を行っていない場合は 「直接的には」株価下落は影響ありません ただしその会社の株を購入している株主にとっては 企業の成長を見込んで株を買っているので下落した場合は 株主総会が荒れる可能性はあります あと他の会社の株を購入している、いわゆる持合みたいな場合等は 当然決算に影響があります。決算処理で評価損みたいな形で 会社経営に支障が出てきます ご参考になれば幸いです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、転換社債では確かに株価が下がっていては単なる社債ですから利子や返金義務が生じてきますね。 それであれば、企業が株価暴落で悩む理由もわかります。 ご回答いただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • 株価が下がると企業は資金調達がしにくくなる理由は

    今朝のテレビで、株価が下がると企業は資金調達がむずかしくなるので 株価維持のために、派遣切りなどを行うという説明がありました。 株は上場するときなど、自社株を売るときに企業はお金を手に入れるものだと 思っていました。 市場にでてしまった株の価値の上下によって資金が調達できるという メカニズムがわかりません。 わかりやすく教えていただけないでしょうか。

  • ある企業の株価が下がった場合、企業の資金繰りにどんな影響がでますか?

    ある企業の株価が例えば、100円を切った場合、 企業の資金繰りにどんな影響がでますか? 勘違いかもしれませんが、すでに発行済みの株式は 市場に出回り、資金調達はできているので、株価が 下がっても、その時点では影響はないと思っています。 しかし、市場の評価が厳しい為、今後の増資による 資金調達や借り入れをおこなう場合は、より厳しい と考えればいいでしょうか? 素人なので、丁寧に教えて頂ければ幸いです。

  • 株価が上がると企業はうれしいの?

    どうして1企業にとって、その自社株価価格が上がるといいのでしょうか? 企業はもともと資金調達のために株式をいくらかで発行するのですよね??? いっぱい資金がほしければ、株式をいっぱい発行すればいいというわけではないのですか? ライブドアのニュースで株式の値段を上げるための風説の流布という話を聞いて疑問に思いました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

こんばんは。 まず、企業が資金調達するにあたって大まかに2通りあります。 (1)投資家から投資してもらう代わりに株券を発行する。 (2)投資家から資金を調達する為に社債を発行する。 2点の違いは(1)の場合は会社が倒産してもお金を返さないで良い方法で(2)は必ず投資家にお金を返さなければならない方法です。いわゆる(2)は借金ですね。 では、本題の(1)で株価が下落すると企業が倒産しやすいと言う説明に入ります。 株券と言うものはそもそも、企業を経営するにあたってお金を寄付してください。その代わりにお金や借用書ではなく、株券を発行するのです。その株券を元に資本化して、金融機関から融資を受け、新商品の開発や業績上昇に努めるわけです。また、外資系証券会社(合衆国では当たり前ですが)では株券を担保にお金を借りることが出来るわけです。 株価が上昇し続けると融資枠が緩和されますが、株価が下がり続けると金融機関は貸し渋ります。これは金融機関のリスク回避のためです。 分かりやすく簡単にしますと 時価総額1000億 現在株価2000円 融資枠500億 時価総額 500億 現在株価1000円 融資枠250億 と極端な例ですがこのようになります。例えば株を担保に入れて融資を受けた場合では、 借り入れ時 株価2000円 担保数10万株 融資金額10億 現在時   株価1000円 担保数10万株 融資金額10億 というわけで株の追加担保もしくは融資の半分の返金を迫られる訳です。 まっ実際にはシビアな数字になるでしょうが、ご愛嬌と言う事で(笑) 結論から言いますと、株価が下がれば資本が下がり資金を調達しにくくなるので正常な運営に支障をきたすのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、確かに解散してしまったリーマンブラザーズもライブドアがフジテレビ株を買い進めるために株を担保にして資金を融資していましたね。 あの時も、リーマンはライブドア株は上昇すると踏んでいたため資金融資をしたのでしょうし。 資本低下が資金調達を難しくさせるのですね。 わかりやすい説明を頂きありがとうございました。

  • 回答No.3

会社のオーナーが誰かと考えると分かりやすいかと思います。 会社のオーナーは株主です。彼らは会社の所有権の一部をある金額を出して買っています。なぜお金を出しているかというと、その会社が利益を出して自分にリターンをもたらすことを要求しているからです。そのために株主は社長や経営陣を雇っています。極端に言うと「株価を上げてくれること」その1点のみが株主の望みです。 自分の資産を資産運用のプロに預けているのと同じ構図です。 そして、株価が下がるとオーナーである株主は損を抱えます。オーナーからすればたまったものではありません。自分のお金を増やすために社長などを雇っているのに、どんどん資産が減っていきます。そうしたら、何が起こるかというと、まず考えられるのは無能な経営陣のやり方が否定されます。場合によっては株主が指定する取締役を送り込んできたりします。それが進むと経営陣の交換になります。または、「もういい、やめた。資産運用終了。会社解散でおしまい。」という指示が出るか知れません。 資産運用のプロを報酬を払って雇って、資産を減らされたら同じようなことを要求しますよね。 このように【株価が下がると企業の正常な運営に支障をきたす】と言えるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほどですね。 資産とはお金のみでなく、お金と同じ価値を持ったものであるわけで その価値が下がると単純に投資家の資産価値が下がると言うわけですね。 新たに、資産とはなんだろうかという疑問がわいてきました。 ご回答有難うございました。

  • 回答No.2

・株価が下がったら株主から文句が出ます。経営陣の解任要求がしょっちゅう出るかもしれません。株主総会で議案が通らないような状況に陥ると安定した企業運営どころではなくなります。 ・会社の持っている資産価値に比べて株価が安い状況だと、絶好の乗っ取りチャンスですね。過半数を握れなくても多くの株式を抑えれば議決権も手に入りますし、役員も送り込めますし、外部の立場の人間が経営をコントロールできるようになります。株を買い占めるのに大量の資金を使っても、乗っ取った会社の資産を全部売り払うと差し引きで大もうけなんてことも… とても危険だと思いませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございます。 正に村上ファンドがやっていた手口ですね。 Tobin's qを使い、市場価値より資産の売却の方が上回っていると、その会社は買いとられて売り飛ばされると。 確かに恐ろしい話です・・・。

関連するQ&A

  • 企業の資金調達における株価上昇のメリット

    資金を調達する上で、企業が株式公開をするメリットは何でしょうか。新規上場時は、企業は株式の発行によって資金を得ることができますが、その後株価が上昇しても (1)自社株式を保有しており、それを売却することで資金調達ができる (2)企業の信用度が増し、金融機関からの資金調達がしやすくなる 上記以外、株価が上昇しても資金を調達する面でのメリットはないのではないでしょうか。つまり、喜ぶのは株主だけのような気がします。

  • 株価が上がる企業のメリット

    株は企業が資金調達の為に発行されてますよね。 最初に発行して売れた時の価格が100円だとしたら、例え200円になろうと300円になろうと、その企業には最初の100円しか入らない訳ですから、あまり株価の推移は関係ない気がするのですが。 強いて言うのであれば、企業の信頼感があがり、銀行から融資されやすくなることや、次に株を発行するときに価格が上がるくらいでしょうか。(あくまでも素人考えですが) 他にどんなメリットがあるのか教えてください。

  • 株価が下がるとどういう影響がありますか?

    株価が下がるとどういう影響がありますか? 株を新規で発行する場合は、資金調達に影響すると思いますが すでに出回っている株の上下は企業にはどういう影響があるのですか? (新規と既存の区別はつくものかどうかわかりませんが)

  • 株価と企業価値

    ある企業が株式を発行するとします。 そのあと株価が上がるというのは何か意味のあることなの でしょうか? 確かに株価が上がるということはその企業が経済的に評価 されているということなのでしょうが、株式で資金調達し た額というのは変わりありません。 結局、評価が上がったことを喜んでいるだけなのでしょう か?

  • 株価と企業

    すごく初歩的な質問で申し訳ないのですが教えて下さい。 質問1 企業が株式場上で資金調達する場合、上場時の「初値」が50円だとするとその企業に入ってくる資金は「50円×発行株数」ですよね? 質問2 その後市場で 投資家Aは5000円(100株*50円)で購入した株を投資家Bに10000円(100株*100円)で売りました。このときの差額5000円は投資家Aに入ったのであって企業には入っていないですよね。 つまり上場したら株は市場間での取引になり企業にお金が入ってくるのは「初値」の分だけ。 だとすれば株価が下がっても企業は損をしないように思うのですがどうなのでしょうか? 質問3 また株価が上がっても企業にお金が入って来るわけではないのにどうして、企業が大きくなるのでしょうか?

  • 株価が上がると企業にとってはどのような恩恵があるの

    株価が上がると企業にとってはどのような恩恵があるのでしょうか。 株価が変わっても、株式発行の際に調達した資金は変わりませんし、うちの会社は公募増資をなん年も行なってません。 どうして会社の経営人は、株価について一喜一憂するのでしょうか。

  • 企業は株が下がると何が困る?

    ライブドアのように株価向上のためなら法を犯すような企業がありますが、株価が上がると企業にとって何が嬉しいのかがよく分かりません。逆に、株価下落によって企業が被るダメージってなんでしょうか? 一度発行した株券の値段がいくらになろうがあまり影響無いと思うのですが。。。これから株を追加で発行しようとする場合に、高く売れないから困るとか?あとは企業イメージの低下くらいしか思いつきません。 他に株価下落によって企業が被るダメージがありましたら教えてください。

  • ドルの増刷について

    オバマ大統領が、数々の経済刺激施策を打ち出しており、この状況に対して、  「米国は経済施策資金調達ためドルを多量に刷ってるためドルの価値は下がっていく」 などの文句を良く目にします。 しかし、経済施策資金調達ため、本当にドル札を刷っているのでしょうか? それとも、国債等を発行して資金調達しているのでしょうか? 後者であれば、前者に対してドル価値の下落は少ないのではと思います。

  • 株のしくみを教えてください。

    株価やその時価総額で企業が一喜一憂しているのを見て疑問に思っている事を質問させてください。 株とは、企業がお金を集める為の手段である事は分かります。 ただ、最初に企業が株を発行して、投資家に買ってもらってお金を集めた後は、株価が上がろうが下がろうが 後は投資家が損した得したの問題で、企業の懐には基本的に影響しないと思うのですが、間違っていますか。 もちろん企業がある程度自社株を保有していた場合は、さらにそれを売って資金調達する際、株価が低ければそれだけ 集める事が出来る金額が少なくなりますので、大量に自社株を持っている会社は株価が気になるのは理解できます。 また、株価が低ければ、それだけ買収される危険が大きくなるのも理解できています。 株価が下がったら困る、というのはそれだけの理由なんでしょうか。

  • 株式上場

    上場は企業がマーケットから資金調達する為に行いますよね。 上場時にオーナーがキャピタルゲインを得るのは 理解出来ます。 質問はその後なんですが、初値がついて、株価が高くなりますよね。 (1)その後、高値で買われた株券からどのようにして当該企業に資金が調達されるのか?  (主幹証券会社があらかじめ決められた割合か何かに従って配分するのか?) (2)その後も継続して、様々な要因が重なり株価が上下する訳ですが、その間も定期的に当該企業に資金は調達されるのでしょうか? 銀行では借入金という形で資金調達しますが、マーケットからの場合がイメージできません。 宜しくお願いします。