• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

株価が上がると企業はうれしいの?

どうして1企業にとって、その自社株価価格が上がるといいのでしょうか? 企業はもともと資金調達のために株式をいくらかで発行するのですよね??? いっぱい資金がほしければ、株式をいっぱい発行すればいいというわけではないのですか? ライブドアのニュースで株式の値段を上げるための風説の流布という話を聞いて疑問に思いました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数85
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

いっぱい発行したら、あっという間に価値が下がってしまいます。お金をたくさん刷ればインフレが起きるのと同じですね。 企業の株価が上がる→時価総額が増えることです。 時価総額=株価×発行済み株式数 で表わします。 一般に、時価総額というのは企業の価値の大きさを比べるのに使われます。 たとえば、JALとANAですが業績好調のANAの時価総額は7870億円の反面で、業績低迷のJALは6340億円です。 http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9205%2C9202&d=c&k=c3&h=on&z=m 株価が上がればあがるほど、増資などで効率的に資金を調達しやすく、他の巨大資本から買収されにくくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 企業の資金調達における株価上昇のメリット

    資金を調達する上で、企業が株式公開をするメリットは何でしょうか。新規上場時は、企業は株式の発行によって資金を得ることができますが、その後株価が上昇しても (1)自社株式を保有しており、それを売却することで資金調達ができる (2)企業の信用度が増し、金融機関からの資金調達がしやすくなる 上記以外、株価が上昇しても資金を調達する面でのメリットはないのではないでしょうか。つまり、喜ぶのは株主だけのような気がします。

  • ある企業の株価が下がった場合、企業の資金繰りにどんな影響がでますか?

    ある企業の株価が例えば、100円を切った場合、 企業の資金繰りにどんな影響がでますか? 勘違いかもしれませんが、すでに発行済みの株式は 市場に出回り、資金調達はできているので、株価が 下がっても、その時点では影響はないと思っています。 しかし、市場の評価が厳しい為、今後の増資による 資金調達や借り入れをおこなう場合は、より厳しい と考えればいいでしょうか? 素人なので、丁寧に教えて頂ければ幸いです。

  • 株価が下がると、なぜ企業が危険な状態になるといわれるのでしょうか?

    株価が下落すると、その会社の価値が下がることと同じ意味であり正常な運営がなされない危険な状態に陥りやすいというのは理解できます。 しかし、それがなぜなのかわかりません。 例えば株価が、企業が銀行等より資金を調達する際の信頼の指標として使われている場合、株価が下がり資金を借り入れにくくなるというなら理解できます。 しかし企業が株を発行する場合、資金を調達する目的で行われるため、その発行された株券が投資家に買われ企業が自由に使用できるお金が手に入った段階で、その「株券を発行した」という役割を全うするのではないでしょうか。 つまり、企業が手にするお金はその株券をいくらで発行したかという過去の時点での価値に基づき、現在その価値が下がったとしても企業が株券発行により手にできる金額は過去に発行したときの金額であるため、現在の株券の価値が下がったとしてもすでにお金を手にしてしまっている以上あまり影響を受けないような気がします。 今後、発行する株券があるとすれば、それは下落した価格での発行となり受け取れる金額が株価が高かったときよりも少なくなり、資金調達が苦しくなることは想像できます。 どなたか、このあたりの事情に詳しい方がおられましたら、「なぜ株価が下がると企業の正常な運営に支障をきたすのか」、教えていただきたくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

株価が高ければ少ない株式で多くの資金を調達できますし、株価が上がる期待がなければ株式を発行しても誰も買いませんので思うように資金調達ができません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 株価上昇

    自社の株式価格が上昇すると企業側にはどんなメリットがあるのでしょうか。 株式を発行した時点で企業は資金を調達しているわけで株価が上がってもあまりメリットがないように感じるのですが。 買収防衛、株主対策などしか思いうかばないのですが株式を発行した企業の直接のメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 株価が上がる企業のメリット

    株は企業が資金調達の為に発行されてますよね。 最初に発行して売れた時の価格が100円だとしたら、例え200円になろうと300円になろうと、その企業には最初の100円しか入らない訳ですから、あまり株価の推移は関係ない気がするのですが。 強いて言うのであれば、企業の信頼感があがり、銀行から融資されやすくなることや、次に株を発行するときに価格が上がるくらいでしょうか。(あくまでも素人考えですが) 他にどんなメリットがあるのか教えてください。

  • 株価と企業価値

    ある企業が株式を発行するとします。 そのあと株価が上がるというのは何か意味のあることなの でしょうか? 確かに株価が上がるということはその企業が経済的に評価 されているということなのでしょうが、株式で資金調達し た額というのは変わりありません。 結局、評価が上がったことを喜んでいるだけなのでしょう か?

  • 株価が下がると企業は資金調達がしにくくなる理由は

    今朝のテレビで、株価が下がると企業は資金調達がむずかしくなるので 株価維持のために、派遣切りなどを行うという説明がありました。 株は上場するときなど、自社株を売るときに企業はお金を手に入れるものだと 思っていました。 市場にでてしまった株の価値の上下によって資金が調達できるという メカニズムがわかりません。 わかりやすく教えていただけないでしょうか。

  • 株価が上がると企業にとってはどのような恩恵があるの

    株価が上がると企業にとってはどのような恩恵があるのでしょうか。 株価が変わっても、株式発行の際に調達した資金は変わりませんし、うちの会社は公募増資をなん年も行なってません。 どうして会社の経営人は、株価について一喜一憂するのでしょうか。

  • 上場企業と株価について教えて下さい。

    上場企業は常に株価を気にして経営しているものなのですか? 自社の株価が下がるとどういった悪影響が出るのでしょうか? また、反対に株価が上がるとどうなるのでしょうか?次回、資金調達しやすくなるのでしょうか? となると実際の利潤を上げるのも大変ですが、それ以外に株価を気にしなければならず非常に大変だと思いますが・・・

  • 株価が下がるとどういう影響がありますか?

    株価が下がるとどういう影響がありますか? 株を新規で発行する場合は、資金調達に影響すると思いますが すでに出回っている株の上下は企業にはどういう影響があるのですか? (新規と既存の区別はつくものかどうかわかりませんが)

  • 株価と企業

    すごく初歩的な質問で申し訳ないのですが教えて下さい。 質問1 企業が株式場上で資金調達する場合、上場時の「初値」が50円だとするとその企業に入ってくる資金は「50円×発行株数」ですよね? 質問2 その後市場で 投資家Aは5000円(100株*50円)で購入した株を投資家Bに10000円(100株*100円)で売りました。このときの差額5000円は投資家Aに入ったのであって企業には入っていないですよね。 つまり上場したら株は市場間での取引になり企業にお金が入ってくるのは「初値」の分だけ。 だとすれば株価が下がっても企業は損をしないように思うのですがどうなのでしょうか? 質問3 また株価が上がっても企業にお金が入って来るわけではないのにどうして、企業が大きくなるのでしょうか?

  • 株の発行数

    企業が資金調達で発行する株式の発行数って多くて何株?少なくて何株?

  • 株式会社にとっての自社の株価について

    質問させて頂きます。 株式会社は株式を発行し、それを投資家に購入してもらうことで資金を手に入れていると思います。 そういう意味では、売り出しの価格だけに意味があり、一旦株式市場に出てしまえば、自社の株価が上がろうと下がろうと、(新たに株式を発行する場合以外には、)株式会社にはあまり問題が無いように思います。 しかし、実際には、株式会社は自社の株価を気にしているように思いますが、それはどういう理由からなのでしょうか?