• ベストアンサー
  • 困ってます

導関数って?

問題に導関数を求めよという問題があります。 仮に f(x)=3x^2-2x-1 とします。 この際,微分してしまえば簡単にf(x)'=6x-2となりますよね。 でも,問題は導関数となっていますので,途中式を書くとなるとf(x)'=lim(h→0)=f(x+h)-f(x)/hの公式を用いた計算をしなければならないのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数386
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • R_Earl
  • ベストアンサー率55% (473/849)

> それでは,log[cosx]([cosx]は絶対値cosxのことになります)の導関数を求めよは, > y=log[cosx]とおいて, > y'=(log[cosx])' > =1/[cosx]' > =1/[-sinx] > =1/sinx > といっても良いんですよね? 3つ違うところがあります。 (1) [-sinx] = sinxと変形できません。 絶対値記号のはずし方は、[a] = a(aが0以上)または[a] = -a(aが負の数)です。 -sinxは負の数になるとは限りません。 マイナスがついてても、負の数にならないことだってあります(例えば-(-3)等)。 -sinxも、x = π/2の時正の数になります。この場合、[-sinx] = -sinxです。 (2) log[x]を微分すると、1/xです。 絶対値記号はなくなります。 (3) 合成関数の求め方が違います。 もう一度、教科書や参考書でやり方を確認してください。 二種類やり方を載せておきます。 < 1 > y = f(x), cosx = uと置きます。 f(x) = log[cosx] ↓ y = log[u] f'(x) = dy/dx = (dy/du)(du/dx)です。 dy/du = 1 / u du/dx = -sinxなので、 dy/dx = (1 / u)(-sinx) u = cosxを代入すると dy/dx = (1 / cosx)(-sinx) = (-sinx) / (cosx) = -tanx よってf'(x) = -tanxです。 < 2 > 合成関数g(h(x))を微分すると { g(h(x)) }' = { g'(h(x)) }{ h'(x) } …… (*) f(x) = log[cosx]の場合、g(x) = log[x], h(x) = cosxの合成関数と見なせます。 g(x)とh(x)を微分すると、それぞれ g'(x) = 1/x h'(x) = -sinx となります。 ここから、合成関数の微分の式((*)式のことです)の g'(h(x))に当てはまるものは、1 / cosxであることが分かります。 よって f'(x) = { g(h(x)) }' = { g'(h(x)) }{ h'(x) } = (1 / cosx)(-sinx) = (-sinx) / (cosx) = -tanx

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な解説ありがうございます。 参考にして頑張ってみます。

関連するQ&A

  • 数学 導関数 問題

    次の関数の導関数を定義から求めよ。 (1)f(x)=1/x f(x)=lim {f(x+h)ーf(x)}/h     h→0 よりf(x)=lim {(1/x+h)ー(1/x)}までは分かるのですが       h→0 その次に画像のような式になっているのですが、これは何をしたんでしょうか?

  • 導関数

    導関数の勉強をしていますが、解け方が分からなくて、 分かりやすい説明を教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。 導関数をまとめよ (1)f(x)=e^3x+e^-3x+e^x+e^√3x+e^2x+1 (2)f(x)=e^x2+1 (3)f(x)=(e^x+2)^3 (4)f(x)=x^2log(x+2)

  • n次導関数

    f(x)=x^3*e^3x のn次導関数を求めよ。と言う問題です。 f'(x)=3x^3*e^3x+3x^2*e^3x f''(x)=9x^3*e^3x+18x^2*e^3x+6x*e^3x f'''(x)=27x^3*e^3x+71x^2*e^3x+54x*e^3x+6e^3x と、ここまでは計算したのですが・・・。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • R_Earl
  • ベストアンサー率55% (473/849)

ANo.3ですが、1箇所追記、1箇所訂正です。 > -sinxも、x = π/2の時正の数になります。この場合、[-sinx] = -sinxです。 誤解を招きそうなので、追記します。 x = π/2の時は[-sinx] = -sinxですが、[-sinx] = sinxとなる場合もあります。 ちゃんと書くと [-sinx] = -sinx(-sinxが0以上の場合) または、 [-sinx] = sinx(-sinxが負の数の場合) となります。 > (3) 合成関数の求め方が違います。 ここは訂正です。 正しくは、『(3) 合成関数の導関数の求め方が違います。』でした。 失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • BookerL
  • ベストアンサー率52% (599/1132)

>問題に導関数を求めよという問題があります。 (中略) >この際,微分してしまえば簡単にf(x)'=6x-2となりますよね。  何をききたいのかよくわかりませんが、「微分する」と「導関数を求める」とは同じことです。  途中経過をどう書くかは、問題によります。「導関数の定義に従って」というようなことが書いてあれば極限計算を書かねばなりませんし、特に限定がなければ微分の公式を使えばいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1

微分を最初に習ったときは、limを使って計算することも問題には出ますが、xの累乗の微分、その他の微分は公式として証明されていますので、そのまま使ってf(x)'=6x-2で構いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

それでは,log[cosx]([cosx]は絶対値cosxのことになります)の導関数を求めよは, y=log[cosx]とおいて, y'=(log[cosx])' =1/[cosx]' =1/[-sinx] =1/sinx といっても良いんですよね? 重ね重ねですいません。

関連するQ&A

  • 公式より導関数を求める

    lim h→0 f(a+h)-f(a)/h の公式より導関数を求めたいと思いますが 計算手順がわからないので、教えてください。宜しくお願いします。 普通に微分したほうが早いのですけど、式を定義にして解こうとすると分かりません。宜しくお願いします。 【問題】 y=1/ x^2 の導関数を求めよ。 

  • 数学 導関数 問題

    次の関数の導関数を定義から求めよ。 (1)f(x)=1/x^2 という問題で、f'(x)=lim[h->0]{f(x+h)-f(x)}/hを使って計算すると 分子=1/(x+h)^2-1/x^2 ={x^2-(x+h)^2}/(x+h)^2x^2 ={x-(x+h)}{x+(x+h)}/(x+h)^2x^2 =-h(2x+h)/(x+h)^2x^2 で分子が-h(2x+h)になってますが、{x-(x+h)}{x+(x+h)}からどう計算して -h(2x+h)になったのか教えてください。

  • f:R^n→R^mの導関数の定義式は?

    n=m=1の時なら lim[h→0]|f(x+h)-f(x)|/|h| が導関数の定義ですがf:R^n→R^mの場合には導関数の定義式はどのように書けるのでしょうか? n Σ(lim[hi→0]|f(x1,x2,…,xi+hi,…,xn)-f(x1,x2,…,xn)|/|hi|) i=1 では間違いでしょうか?

  • 定義から導関数を求める

    定義1 I=(a,b) a<b f;I→R(実数),x0∈I に対してfはx0で微分可能 ⇔ ∃α∈R(実数):f(x)=f(x0)+α(x-x0)+o(x-x0) (x→x0) 定義2 fはI上で微分可能 ⇔ f'はIの任意の点で微分可能。このときf';I∈x0→f'(x)∈R(実数)なる函数が定まる。これを導関数と言う。 微分の定義に基づいて、次の導関数を求めよ。 f(x)=exp(ax) (a∈R\{0}) o(g(x))=f(x)⇔lim[x→x0]f(x)/g(x)を用いるのでしょうか?どんな風に解答すればいいのか分かりません。よろしくお願いします。

  • 次の関数の導関数を定義から求めよ、という問題です

    次の関数の導関数を定義から求めよ、という問題がわかりません 問題(1)y=px+q(p、qは定数) y’=lim h→0  f(x+h)-f(x)/h で、fにpをいれてp(x+h)+q・・・・ 問題(2)y=3x^2-7  y’=lim h→0   どう代入していったらいいかわかりません。

  • n次導関数

    f(x)=1/(1+x)のn次導関数をもとめたいんですが f^(n)(x)=(-1)(-1-1)・・・(-1-n+1)(1+x)^(-1-n) になるのがわかりません。 f(x)を1回微分したら(-1)*1^(-2)で n回微分したら^(-2-n)だと思うのですが。 あと最後の項にxが残るのはなぜですか?

  • 微分係数、導関数(数学II)

    f(x)=2の導関数は0です。 f(x)=yとすると、y=2はx軸に平行な直線となるので、傾きを表す導関数が0になるというのは肯けます。 しかし納得できない点があります、 f(x)=2の導関数を導関数の定義に従って求めると f´(x)=lim[h→0]2-2/h=0―(1) となります。 また、f(x)=x^3の導関数は f´(x)=lim[h→0](3x^2+3xh+h^2)―(2) =3x^2 となります。 (2)はhが0の時に3x^2になるということを示していますよね? じゃあ(1)はどうなるのでしょう。分母がhになっていますが・・・。 もしや私の考えていることは前提が間違っていて、(2)の場合、hが0に近づけば、f´(x)が3x^2に近づくといった方が正しいのでしょうか? でもそれならイコールで結ぶことはできないはずですよね。 「3x^2であること」(3x^2)と「3x^2に限りなく近いということ」(lim[h→0](3x^2+3xh+h^2))は別だと思うのです。 そして仮にそうだとしても(1)に納得する理由にはならない気もします。 hが0に近づくといいますが、0になってしまったら式が成り立たなくなってしまいますよね。 2-2/hという式は、hが0以外のときに成り立つと思うんです。 質問をまとめると、 その1 f(x)=2の導関数、つまり f´(x)=lim[h→0]2-2/h=0 ←この場合、hが0に近づくというのはどういうことなのでしょう? その2 f(x)=x^3の導関数、つまり lim[h→0](3x^2+3xh+h^2)=3x^2←この両辺は等しいと言えるのでしょうか? 定義の理解も曖昧ですみません・・・。 よろしくお願いします!

  • 導関数の問題です

    解析学を習い始めたばかりの初心者です。 以下の問題の答え(できれば途中の計算も)を教えていただけないでしょうか? 次の導関数を求めよ。 (1) f(x)=(2x+1)^3 (2) g(x)=1/(x^2+x+1) わかる方教えてください。m(_ _)m

  • n次導関数

    前回でまだわからないとこがあったのでもう一度。 f(x)=1/(1+x)のn次導関数をもとめたいんですが f^(n)(x)=(-1)(-1-1)・・・(-1-n+1)(1+x)^(-1-n) 最後の項にxが残るのはなぜですか? 微分したら(1+x)は1になると思うのですが。

  • 導関数

    教科書では、f(x) の導関数は  f'(x) = lim{f(x+h) - f(x)} / h のように書いてあり、 添付画像の A をどんどん P に近づけていくというような説明がありました。 そこで思ったのですが、A が左から P に近づいていくとして  f'(x) = lim{f(x) - f(x-h)} / h としても同じでしょうか? たとえば f(x) = x^2 のときは  lim{f(x+h)-f(x)}/h = lim{(x+h)^2 - x^2}/h = lim{2x + h} = 2x  lim{f(x)-f(x-h)}/h = lim{x^2 - (x-h)^2}/h = lim{2x - h} = 2x で一緒になると考えたのですが、 どんな関数でも右から近づいた場合と 左から近づいた場合は一緒になりますか?