• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

複層ガラスの選択と木建具への留め方

小住宅の開口部に木建具をはめる予定です。 東京よりやや寒い所なので、---特別な寒冷地ではありませんが、複層ガラスを使いたいと思っています。組み合わせの数が多くて、選択に迷います。無制限に金を掛けられないので。 1、防犯と防火は考えないとして、どんな組み合わせを選んだらいいですか。 2、厚さはどのくらいが適当ですか。 3、枠への「かかり代」とその後ろの隙間について、ガラス厚+5MM位でいいですか。 4、複層ガラスは寸法を指定してメーカーに注文するのですか。 以上、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1510
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

<12MM厚の帯状のゴムに両面テープを貼って、それにガラス圧着> という方法は 結構難しいと思います。もしやられるならゴムの外側周囲にコーキングをする で密封されますのでシリカゲルも数年もつと思います。 もっと簡単にするには建具のほうで段をつける(ガラスとガラスの間に)その段にシリカゲルを入れておく、で後は あなたのお考えどうりで いいんではないでしょうか。 ガラスのバックがなくなるという意味がちょっと分かりませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もありがとうございました。 バックというのは、エッジクリアランス、という箇所のことでした。 ここをシールで充填しても問題なさそうですね。セッティングブロックというのを入れるくらいなので。 シールで密閉、それを長持ちさせる断面を考えたいと思います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

空気層は通常6ミリと12ミリがあります。カタログ値では結露が始まる温度は6ミリで約0度 12ミリでは約ー4度(室温20度 湿度60%)となっております。  できれば空気層は12ミリのほうが良いと思います。 安く上げるひとつの案ですが 建具の内外にガラスをはめ込むように製作してもらいガラスとガラスの間を12ミリ位にし、 間にシリカゲル(乾燥剤)を入れ乾燥空気層を作る というのは如何でしょうか?(複層ガラスの現物を 見られたこと あります? ガラス間に入っている銀色のシールは 乾燥剤です。) もちろん隙間を、なくするため周囲はコーキングをして下さい。 ガラス2枚分の価格で出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご親切にありがとうございました。そんな方法があるのですか。それでやりたいです。 シリカゲルのメーカーに聞いたら、900角くらいのガラスなら10g、15ccくらいを入れる、ただし、補充ができるようにしておいたほうがいいとのことでした。 作り方ですが、12MM厚の帯状のゴムに両面テープを貼って、それにガラス圧着、さらに枠にはめてから小口周囲をシール充填、押しブチ、でどんなものでしょうか。そうすると、ガラスのバックがなくなるから、ダメでしょうか。 何度もすみませんが、ご親切ついでに教えてください。

  • 回答No.3

建具店で製作する建具では 気密性 水密性は期待できません。召し合せ部分から 風が入ってきますよ。また経年変化で 同じ状態を維持するのも難しいと思います。しかもアルミサッシより高価です。 どうしてもとおっしゃるなら ガラスメーカーから出しています一度検索を。外国産木製サッシもありますが 近くのサッシ屋さんではメンテナンスはまず不可能です。輸入代理店がメンテしているとこもありますが、その代理店がなくなることも・・・ ガラス厚は 小さな窓であれば3+A6+3(透明ガラスの場合)高さが180センチ位なら5ミリ厚を使うのが一般的です。ただ厚さが厚くなればなるほど重量が増します。それに応じた戸車も必要となってきます。 かかり代は ユーザーの方がお考えにならなくても本職にお任せすればいかがでしょうか。 注文は ガラス店へ。メーカーに言っても応じてくれません。 サイズ(幅X高さ)ガラスの種類 空気層の厚みを指定すればOKです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

資金不足、家を精緻に作っていくことへの反感少し、バラックへの憧れがなお少し、ゴム等の利用で安くてそこそこの木建具ができるのではないかと素人が考えている、という状態です。 木工をやっている友人が、保障できないけど作るといってくれています。 東京より少し寒いくらいの、朝夕氷点下前後、位の気候ですが、空気層はなんMM必要ですか。きりがないでしょうが。 教えてくだされば幸甚です。

  • 回答No.2
  • fujillin
  • ベストアンサー率61% (1594/2576)

1.ガラスの種類はいろいろあります。透明系で考えるとフロート(ごく一般的なもの)、Low-E、熱線吸収、熱線反射(高性能熱線反射)などがありますが、後の2種は夜になると鏡のようになりやすいので、住宅ではフロート、Low-Eの使用が多いと思われます。 どれを選定するかは、建物としての省エネルギー性能をどのようにしたいかで組合せは変わりますので、一概には言えません。他の部分とのバランスもあり、単板ガラスでも、まったくダメとは言い切れないのですから。(最近はあまりないでしょうけれど) 複層ガラスは、中間層にガスを封入したものや真空にしたものなどもあり、それぞれに性能が少し変わります。 高断熱の場合は、サッシュ自体の断熱性能も含めて考える必要があります。 ガラスメーカーのHPに大抵解説がありますがその例を・・・  http://glass-catalog.jp/pdf/g06-010.pdf  http://glass-catalog.jp/pdf/g22-010.pdf なお、防火に関しては個人の希望だけでなく、法的な要求もありますので、ご注意を。 2.使用するガラスの大きさによります。大きくなると厚くなる傾向にあります。 選定シミュレーションができるサイトもあります。(プロ用のサイトらしいですけど)  https://architectural-glass.jp/simulation/ 3.ガラスの種類、厚さ、固定方法などによって各種の標準寸法が決められていますので、その寸法にあわせておいた方が良いです。  http://glass-catalog.jp/pdf/s13-130.pdf 4.個人で施工するにしても、ご質問の状況から察するに、多分難しそうです。 ガラスの施工業者に相談なさるのが一番かと思われます。そうすれば1~3に関しても助言してくれるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 それぞれのページが参考になりそうです。 もちろんガラス屋さんには相談しますが。 キリのないところがあり、明瞭な線引きができないので迷っているのですが。

  • 回答No.1

なぜ、サッシを使用されないのでしょうか? サッシでないと、防水、気密などの性能の確保が出来ないのではないでしょうか? 例えば、比較的安価な、室内側木製ですと、アンダーセンのサッシ http://www.tostem.co.jp/lineup/sash/dannetu/andersen/andersen_top.html や ペラのサッシ http://www.wintec-house.com/specification/exp_d1.html http://www.002.co.jp/t/kenzai/p_index/pell_ind.htm などがあります。 窓のように開かなくて良い場合は、FIX形状がありますから、それを選べば良いのではありませんか。 どちらも、Low-Eでアルゴンガス入りの複層ガラス仕様があり、断熱性能である熱貫流率は、2W/m2Kを下回りますから、国産の主流の断熱サッシより性能は上です(北欧などの優れたものよりは下)。 とはいえ、壁の断熱性能より一桁劣りますから、東京の気候でも、十分過ぎるわけではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実は、株が下がって、資金不足で、サッシをやめて、友人の木工屋に頼んで、木の枠を作って、そこにガラスをとめて、丁番でつろうということなのです。 現在すんでいる家は、おそらくガラス3MMの木建具です。 これに比べれば複層ガラスなら万々歳、あと、ゴムなどで適当に隙間をふさげばいいと考えたのですが、甘いですかね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 軟質ブロー成形の寸法測定

    軟質塩ビのブロー成形品(膜厚t=0.40ネライ)の寸法測定をどのように行ったらいいのか悩んでいます。このブロー成形品には開口部があるのですが、成形品が薄すぎる為開口部の寸法が本当に出ているのか分かりません。測定するのに何かいい方法はないでしょうか?

  • 準防火地域 延焼線内の建具

    質問させていただきます。 既設建物が準防火地域内の建物なのですが 耐火建築物で外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に防火設備が必要とあるのですが、 (1)建具の一部が延焼線内で連窓の場合は建具全体を防火設備に改修が必要になるのでしょうか? (引き違い窓が方立を共有して10個連なっている) 考えでは全部に防火設備が必要となると思うのですがあまりに量が多いので・・・ 延焼部分と連窓を切って分ける等しか方法はないのでしょうか?

  • 鋼板貫通部で溶接する場合の鋼板貫通部の開口寸法

     施工計画書を作成中ですが板厚38mmの鋼板に25Aの配管(鋼管)外径34mmを 貫通させて溶接するように計画しています。開口寸法(鋼板開口部と配管の隙間) をどれだけにすればいいのか わかりません。どなたか教えて下さい。

  • マンションの特定防火扉の仕様

    マンションの一部の扉を交換します。 その扉は、特定防火扉となっています。 扉に取り付けるオプションについて法律との関係で問題ないでしょうか。  ※工事は、大手業者が実施します。 ●外に取り付ける扉に大型の取っ手(レバーハンドル) 一部に樹脂製品を適用しています。 下記の条文から樹脂でなく、不燃物の 仕様しないといけないと思っていますがいかがでしょうか。 ●扉のドアクローザー これもよく防火ドアクローザーとありますがこれは、一定の温度でしまる 商品だと思いますが特定防火扉は、必ずしもこの仕様でなくても 大丈夫でしょうか? この条文との関係です。 ⇒周囲の部分(防火戸から内側に十五センチメートル以内の間に設けららた建具がある場合においては、その建具を含む。)が不燃材料で造られた開口部に取り付けなければならない。 アドバイスをいただけますようお願いします。 (参考) 法律 平成12年建設省告示1369号   特定防火設備の構造方法を定める件       建築基準法施行令(昭和二十五年政令第三百三十八号)第百十二条第一項の規定に基づき、特定防火設備の構造方法を次のように定める。       第一 通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後一時間加熱面以外の面に火炎を出さない防火設備の構造方法は、次に定めるものとする。   一 骨組を鉄製とし、両面にそれぞれ厚さが〇・五ミリメートル以上の鉄板を張った防火戸とすること。   二 鉄製で鉄板の厚さが一・五ミリメートル以上の防火戸又は防火ダンパーとすること。   三 前二号に該当する防火設備は、周囲の部分(防火戸から内側に十五センチメートル以内の間に設けららた建具がある場合においては、その建具を含む。)が不燃材料で造られた開口部に取り付けなければならない。

  • 防火設備

    ご教授お願いします。 既設の建物の建具にガラリが付いているのですが、このガラリが防火設備なのか知りたくてご質問しております。 縦軸回転窓の下部にありスチール製の可動式です、上部には網入ガラスが入っています。 元々、この建物は耐火建築(のはず)で、開口部が「延焼の恐れのある部分」にはいっていますので、防火設備と思い込み増築工事をしていました。ですが、施主の方に「このガラリは防火設備か?」と聞かれて、法的根拠を調べたのですが、令第136条の2の3『準遮炎性能に~』で行き詰まってしまいました。 スチール製可動式のガラリは、防火設備になるのでしょうか?その法的根拠も知りたいのですが、何方か教えて下さい。よろしくお願いします。

  • ビニール袋破れ

    ビニール袋にて破れの不良が出ているのですが、 原因がわからないので、教えて頂きたいです。 ・寸法 180mm*100mm ・板厚 0.03mm ・材質 LDPE ビニール袋に製品をいれて梱包する前に 破れています。 因みに製品のサイズは下記に載せました。 ・寸法 40*20*70 ・重さ 70g 破れの箇所として、一番はビニール袋開口部の端が 裂けて破れてしまいます。 他にも箇所はランダムですがビニールが裂けて 破れしまう現象が起きております。 割合として10k袋中30~50袋出ております。 不具合傾向として冬の時期に破れが発生します。 逆に夏の時期は発生しませんでした。 寒くなると破れやすいのでしょうか。 対策としてビニール袋製造時にエアーで膨らませる際に 開口部の3倍程膨らませないと強度が出ないと聞いたことがあります。 しかし、ビニール業者の金型だと開口部の2倍程の大きさとの情報があります。 他に考えられる原因や破れ対策はあるのでしょうか。 不具合対策をしていきたいのですが、知識が不足して困っております。 どなたかご教授宜しくお願いします。

  • 鋼製石油貯槽(屋外貯槽タンク)の側ノズル構造につ…

    鋼製石油貯槽(屋外貯槽タンク)の側ノズル構造について 『JIS B8501-1995 鋼製石油貯槽の構造』の中で『3.10.3 側ノズル』において『(2)側ノズルを水平面で斜めに取り付ける場合、このために側板に開けられた長円形の開口部の長径と表14のDRとの差だけ、強め材の横幅Wの寸法を大きくしなければならない。』とありますが、この場合、強め材形状は、標準型を適用しなければならないのか?丸型を適用しても問題ないのか? 丸型が適用できるならばどのような点に注意が必要なのか? また、ノズルを斜めに取り付ける場合、側ノズル外形と強め材長径寸法との隙間値、およびノズル外形と側板開口部長径寸法の間隙値はどのようになるのか? 『表14 側ノズル』内の値がそのまま適用できるのか?

  • 防火設備の製作

    準防火地域内で木造平屋30m2程度の店舗を計画中です。 延焼ライン内に鉄製の製作FIX窓を使用したいのですが、 平成12年建設省告示第1360号の意味が全くわかりません。 単純に鉄製で鉄板の厚さが0.8mm以上1.5mm未満のものに 網入ガラスを嵌め込んだものでは駄目なんでしょうか? >三 前号イ又はこに該当するものは、周囲の部分(防火戸 から内側に15cm以内の間に設けられた建具がある場合に おいては、その建具を含む。)が不燃材料で造られた開口部に 取り付けなければならない。 というのは木造不可ということ? など経験が未熟なせいで文意を全く汲み取れません。 どなたか木造で鉄製製作サッシを使用する場合どうすればよいのか ご教授いただけませんでしょうか。

  • オーバーフロー時の液面上昇について

    PVC t10 の 500×500×500H(全て内寸)の普通のタンクがあります。 その側面の1面に、槽上端から50mm~100mmの開口 (高さ:50mm、幅:500mmの開口)があります。 今、そのタンクに80L/minで水を入れて行ったときに、 やがて50×500の開口部からオーバーフローしますが、 そのときのオーバーフローしている水の、開口部での高さ (400mmHよりも、10mmとかそれくらいは上がると思うのですが・・・) を計算して教えていただければと思います。 また、そのあとに、開口部の水が出て行くところの板を斜め45度に 削り取り、400mmHのところが頂点になるような構造になった時、 (水が流れやすくなると思うのですが・・・)、液面上昇寸法が 削らなかった時と異なるならば、その時の値も教えていただければ と思います。 お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。 ちなみに合っているかどうかわかりませんが、自分で計算した 結果は以下の通りです。 80L/min=0.03m3/min=0.0005m3/sec  Q=Av 、および v=√(2gh) より 0.0005(m3/sec) = 0.05×h(m2) × √(2×9.8(m/sec2)×h(m)) 両辺を2乗してまとめると 0.049h3 = 0.00000025 ∴ h = 0.0172(m) よって、オーバーフロー部から流出するときの抵抗が無い時 (斜め45度に削られているような時)の液面上昇高さは「約17mm」 上記のような計算であっていますでしょうか? 間違っていましたら、訂正お願いします。 また、10mm板厚がある場合などは、抵抗があってさらに液面上昇 するでしょうか? するとしたら、何mm上昇するでしょうか? 大変お手数ですが、計算式で提示いただけますと助かります。

  • セルロースファイバー断熱で冷暖房機器はなにが必要でしょうか?

    現在東京23区内城南地区に一戸建を建築中です。在来工法木造2階建、2階LDK18畳程度、+ロフト(吹抜け有)、シーリングファン有、リビング階段、最大開口部ほぼ真南に2560×2000Low-E複層ガラス遮熱タイプ、屋根塗装ガルバ鋼板0.6mm厚、断熱材300mm、外壁防火ガルバ鋼板断熱サイディング25mm厚、下地断熱材100mm厚、1階床断熱材60mm厚。断熱材セルロースファイバー、フローリング桐材、内壁・天井珪藻土塗りです(すみません、なにが必要な情報かわからないので羅列してしまいました)。このような仕様で、空調は2階壁掛エアコン1機、1階2部屋それぞれ1機ずつを予定しているのですが、2階はまだしも、1階はこれだけでは絶対に足元が寒いのではないかと床暖房を入れたいと言ったら、設計士の方にはこの仕様ならば必要ないと言われました。1階はデッキを作るため、南側の部屋もほとんど日射は期待できず、結局ファンヒーターやホットカーペーットを使わなければ寒いのでは?とどうしても思ってしまいます。なるべく電気コードなどの配線を出したくないのと夏場は暖房機器を収納したりしなければならないことを考えると床暖房を入れたいのですが本当に必要ないのでしょうか?他にPSヒーターなども検討しています。もう決定期限ギリギリで決断がつかず困っています。よろしくお願いいたします。