• 締切済み
  • すぐに回答を!

上場企業が2期連続赤字決算は、問題あるのですか?

初歩的な質問ですいません。 赤字決算というのは、経常利益が2期連続赤字と言うことですよね。 そもそも企業が、2期連続赤字決算と言うのは、どのくらい大きな問題なのでしょうか?2期連続赤字となった場合は、社長は退任するとか、会社がつぶれる一歩手前とか。ボーナスがなくなるとか。また何期連続赤字となった場合、企業としての存続が危ぶまれるものなのでしょうか。 赤字決算が、どのくらい深刻なものなのか教えていただけますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数4812
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.1
  • mat983
  • ベストアンサー率39% (10265/25670)

http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001511.htm 当期利益が赤字という事もあります。 2期連続という事は成長性が止まった見られますが、 理由は何か次第です。 例えば取引先が倒産し売り上げが回収できず赤字になる事もあります。 また、どれだけ会社にキャッシュがあるかがポイントです。 それまでに蓄えた内部留保が会社にあれば、 赤字幅が小さければ潰れる可能性は少ないでしょう。 年商10億円の企業が2億円の赤字を2年続けて出せば 危なく、2000万円の赤字が2期連続なら持ちこたえられるでしょう。 この質問だけでは分かりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 上場企業の赤字について

    就職活動をしながら企業研究の一環として、ふと自分の受けている東証一部上場企業(大手HC)の株価等のデータを見ていたら、経常利益が2期連続で大幅な赤字を計上していました。 それなのにもかかわらず、経営陣が辞任したという話はありませんでした。 このような会社は信頼するに値するのでしょうか?

  • 未上場の企業の決算での持分法の適用について教えて下さい。

    前にもこのコーナーで似たような質問をさせて戴いたのですが素人の為良く理解できませんでした。 未上場の株式会社AとB(共に年商100億 経常利益10億)があったとして、AがBの株を40%持っています。 その場合持分法を適用してAは決算する時、Bの会社の持分40%を決算に繰り入れる事ができますか?(持分法の適用) それはしてもしなくても良いのでしょうか?もしくはしなくてはならないのでしょうか?どのような手続きが必要なのか概略だけ教えて下さい。 その場合、Aの決算は年商140億、利益14億で、Bの決算は年商60億、利益6億と考えるのでしょうか? ご教授の程よろしくお願い致します。

  • 赤字企業の法人税について

    先日、「日本企業の7割は赤字で、法人税を納めていない」という記事を新聞でみました。 これは、本当でしょうか? 赤字だから、納めなくていいということでしょうか? その場合、損益計算書のどの段階(経常利益とか)での、赤字のことなのでしょうか? それとも、納めなければならないのでしょうか? 財務に詳しい方、お願いします。

  • 上場企業で当期純利益が赤字というのは就職先として

    上場企業で当期純利益が赤字というのは就職先として大丈夫でしょうか? 14年卒の大学生です。 先日内定頂いたのですが、少し心配な点があり質問します。以下その企業についての詳細です。 ・IT企業、ソフト受託会社 ・従業員1000人以上 ・上場企業 ・長年続いている会社(昭和からあります。具体的な年数は省略させて頂きます。) ・売上高80億 しかし、当期純利益が10億近く赤字の年がある。(震災、リーマンショックの影響もあるが) 他にも過去3年赤字を出している。(10億ほどではないが・・・) 売上も過去5年間見る限りでは右肩下がりで心配です。 とはいえ新卒採用をしているということもあり心配はないのかなとも思えます。 ここで質問ですが、ITに限らず、上場企業でも赤字を出してる会社ってたくさんあると思いますが、企業の存続という点で大丈夫なのでしょうか? とくに私が頂いた内定先の会社についてもわかる範囲で教えて頂けると幸いです(倒産する可能性が高いか否か) ※もちろんすべての情報をのせているわけでもありませんし、会社名もわからないのでどのような経営をされているのかわからないと思いますが、一般的にでいいので教えて頂けないでしょうか?

  • 零細企業の赤字決算

    社員20名年商約9億 実質役員社長一族3名程の零細企業勤務です。 P/Lをみる機会があったのですが、ここ7年ほど赤字決算(営業利益段階で)になっていました。 B/Sはみたこともありません。零細企業が節税のため赤字で決算をする、という傾向は一応 理解できますが、これだけ累積年度赤字になれば銀行関係とのおつきあいもいい感じになら ないですよね。 それがウチの場合はそうではないんです。零細企業の割に大手銀行も支店長クラスまでちょい ちょい来社。買掛の支払いもキレイなので、取引先の信用度も高い。実際仕事は多忙で給料 遅配なんてものもなし。 販管費が高いと感じましたが、上場企業とちがって費目内容別に把握はできません。 情報開示なんてものはありません。 単年度赤字額は売上対比で考えれば、決して小さくはないのです。 上場企業であれば剰余金取り崩し、債務超過も考えられるケースですよね。 零細赤字企業にしてこの余裕、どうゆうことなんでしょう? 零細企業の独特な決算方式ゆえなのか、よほどうまく資金をまわしているのか? 社長の個人資産はそれなりとは思います。 社員としてなんとなくの不信感と経営面からの興味、両面があります。 どなたか、スッキリさせてください。よろしくお願いします。

  • 連続赤字での配当

    ある東証1部上場企業の財務についての質問です。 その企業は過去2期と今期予想の3期連続赤字が予想されています(同社予想)。 しかし、過去からずっと配当を続けていて、今期も赤字での配当を継続する姿勢を崩していません。  こうしたいわゆるタコ配は違法、とかどこかで読んだような気がするのですが、商法については疎いもので自分で調べることができません。  連続赤字会社の配当は許されるのか、あるいはどういった条件下なら許されるのかについてご教示ください。

  • 経営審査の利益判断について

    皆様宜しくお願いします。 建設業の経理に携わっております。決算が近づいている状況で、経常利益は黒字計上できておりますが特別損失があるため税引き前利益では赤字になってしまいます。 経営審査では経常利益と税引き前利益どちらを重点に判断されるのでしょうか?経常利益が黒字なら税引き前利益が赤字でも問題ないものでしょうか? 些細な情報でも構いません。宜しくお願いします。

  • 東京電力の赤字決算

     東京電力の決算が発表され、特別損失 1兆776億円、当期純損益 1兆2473億円の赤字ということです。  経常利益は、3177億円、ですから特別損失以外に4000億円レベルの営業外赤字があるはずです。  調べたところ、法人税等調整額が、前年度の666億円から4600億円に跳ね上がっています。  関西電力の場合、前年度の△183億円が△22億円と大きな差はなく、税金等の調整で収入となっています。  平成21年度から4000億円近くも跳ね上がった、東京電力の巨額の法人税等というのは、何が原因なのでしょうか。  決算書によれば、赤字要因として、繰り延べ税金資産取崩しなどに伴う法人税等の増、4040億円となっています。  東京電力2011年3月期決算説明会資料5ページ目です。 http://www.tepco.co.jp/ir/tool/setumei/pdf/110520setsu-j.pdf

  • 特別損失の連結決算償却はいつまで経常利益を圧迫するか?

    ある銘柄があったとします。仮にA商事としましょう。 経常利益が大幅上昇の黒字だったとします。、純利益が特別損失の「連結決算償却」が大きいために赤字になりました。 この「連結決算償却」は長期にわたって経常利益の黒字を減らし続けるものなのでしょうか?

  • 赤字決算にすべきか悩んでいます。

    起業4年目の超零細企業を主人が経営しております。 1年目、2年目も赤字決算で3年目にしてやっと若干ながら利益が出ました。まだ繰越赤字があるのですが、今年度もこの調子で利益が上がれば、赤字決算から脱出できるものの、そうなると今までみたいに7万円の税金ではなく、まともに法人税を払わなくてはならないということで今年度の給与設定を非常に迷っています。 今会社から個人として100万円を借りているので、その返済があるため、主人は下手に利益を出して半分は法人税に持っていかれるよりも、自分の給与を増やしてその中から会社へ10万ずつ返済し、役員報酬額を昨年度よりも増やして、今年度も赤字決算にしたほうがいいと言っています。 確かに会社への借金は減り、会社の資本金は毎月10万つづ戻ってくるのでいいですが、給料を増やすと、税金や保険料、厚生年金、子供の保育園料が膨大に増えるのが非常に不安です。それらが増えても生活していけるようにするには、月収70~80万にしないとならないそうで、かなりの税金等の増になるかと思います。役員給与は一度上げたら下げることは出来ないと聞いていますので、このままの給与額でずっと行かなければならないかと思うと、先行き会社がもし不調になったら非常に不安です。 もう少し会社の経営が安定してからの返済でもいいかと思うのですが、主人がどんどん進めてしまっています。 大手の企業も倒産、人員削減、賃下げしている世の中で、今年度も確実に利益が上がるとは限らないのに、役員報酬額を240~300万くらい増やすのは無謀に思います。 主人は最悪、給与以外に毎月かかっている仕事の営業経費(営業交通費、交際費、発送代等)を自腹にして給与以外の経費がかからないように調整することもできると言っていますが、どちらがいいのか判断に困っています。 ちなみに昨年までは主人の仕事を手伝っていましたが、今年度からは主人一人で仕事をします。必然的に一人でできる時間や能力は限られますので、利益は減るものと私は思っています。 ご経験者の方、法人税に詳しい方などぜひアドバイスを頂ければ助かります。よろしくお願いします。