• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

複数の連帯保証人の間での金銭のやり取りについて

債務者に2人の連帯保証人が付いて、債務者に支払能力がない為、その連帯保証人の内の一人だけが全額を支払いました。 支払った方の連帯保証人は、支払わなかった連帯保証人に対して半額を請求できるのでしょうか。ちなみに、その支払いから現時点では1ヵ月程度経っています。 請求できる場合には、その法的な手続きも教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数502
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

連帯保証人に支払を請求できるのは債権者だけなので、上記のように連帯保証人が他の連来保証人に請求できるという法的な根拠はないと思います。一言で言うと、複数の連帯保証人がいる場合、連帯保証人の間では債権債務の関係はないので、法に基づいて請求することは出来ないと思います。 ちなみに、債権者が連帯保証人に請求できるかどうかは、債権債務の種類が民法によるものか商法によるものかで変わってきます。個人間の貸借(債権者、債務者、連帯保証人全てが個人)の場合には民法が適用され、この場合で債務者が支払を怠った場合、債務者に支払能力があると認められるときには、債権者はまず、債務者に支払を請求しなければなりません。 一方、債権者、債務者、連帯保証人に法人が含まれる場合には商法が適用されますが、この場合で債務者が支払を怠った場合、債権者は無条件で連帯保証人に支払を請求できます。また、複数の連帯保証人がいる場合には、誰に請求しても良いことになっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 連帯債務者と連帯保証人について

     債権者にとって債権保全の面から「連帯債務者」と「連帯保証人」とでは違いがあるのですか?  主債務者に支払い能力がなければ債権者は「連帯債務者」でも「連帯保証人」でもどちらにでも全額請求できると思うのですが  もしそうなら両者に違いはないのではないかと思いまして...  どうか教えてください。

  • 連帯保証人の主たる債務者に対しての返還請求

    親が連帯保証人になってしまったことで質問があります。(返済は終わりました) 1.連帯保証人が主たる債務者に対して支払った分の返還請求の裁判を起こした場合、債務者に支払能力があれば支払う気がなくとも必ず戻ってくるでしょうか。 2.その債務者の支払能力の有無はどうやって調べたらいいのでしょうか。

  • これは有効でしょうか(連帯保証人)

    私とAさんが、連帯保証人です。 毎月の支払金額が大変になった10年前に債務者さんが支払金額の減額と延長を申し出された模様です。 その時に新たにBさんを連帯保証人に加わりました。そして延長。その時に、Aさんには連絡があり、再度捺印と署名をした模様ですが私にはなんの連絡もなかったです。 債務者は、私が連帯保証人であることを忘れていました。銀行からも連絡はなしです。AさんとBさんは 延長の時捺印と署名をしたので認識がありますが、私は知りませんでした(延長) 去年、債務者さんが破産その時銀行から内容証明郵便が届きました。 銀行に向かいましたところ、Bさんは、その3年前に破産免責確定されていたので、実質連帯保証人ではないです。Aさんは死亡されているので、相続人が対応するでしょうとのこと。 そこで疑問です。 私は延長の時署名捺印をしていませんが、それを主張できないのでしょうか? 債務者は免責を受けたので、私達には求償権はありません。 もし、Aさんの相続人が支払い能力がない場合私ひとりが支払い義務となるのでしょうか? 何らか主張できればいいのですが・・・・・

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#864
noname#864

民法465条1項に基づいて求償できます(通説・判例)。このことは債権総論の教科書には必ず出てます。例えば最高裁判事の奥田氏の債権総論(下)の414頁です。 どうやって請求するかですが、任意の履行を求めて、応じてもらえなければ、調停か裁判ということになります。ただ、債権者が払わせられなかった人からとるということですから、現実的にはものすごく困難なことでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • aibaba
  • ベストアンサー率16% (15/91)

はっきりした条文の根拠はすぐに提示できませんが、連帯債務者ではないので、請求することは出来ないと思います。 連帯債務者であれば、それぞれの持分の割合に従って請求できるのですが。 もともとの債務者に求償することは出来ますが、連帯保証人には出来ないはずです。 民法を勉強したのはずいぶん前の話なので、根拠条文など分かる方があれば、さらに詳しい解説をお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 連帯保証人に対する強制執行

    100万円超の債権について、債務名義を保有しています。 連帯保証人もついておりますが、主債務者の支払が滞りました。 もうこの主債務者に資産はないと思います。 しかし、連帯保証人は支払能力があります。 すぐに債権執行を行いたいのですが、資産があるであろう連帯保証人1人を債務者として申立てることは可能でしょうか。もしくはあくまでも主債務者と連名で債務者2名として申立てないといけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 連帯保証人が逃げられることありますか?

    連帯保証人が2人いた場合 債務者があと、700万を払えない場合 連帯保証人が、お金ないの理由とか もう一人に催促すればいいとかの 理由で、残債務から逃げるということは出来ますか?

  • 連帯保証人と主債務者との間の証文

    連帯保証人の責任範囲については確認しています。 連帯保証人が債権者への支払いを行った場合には、民法で定める求償権の行使で主債務者に請求できることになっていますが、これに加えて、連帯保証人と主債務者の間で一筆を交わし、 例えば、 連帯保証人が弁済した場合には、主債務者は遅滞なく連帯保証人に対して支払う という様な一筆を交わしておくことでより確実に弁償を促す効果があるでしょうか? それとも、求償権がある以上、個別に取り交わした証文は意味がない(必要ない)でしょうか?

  • 連帯保証人と主債務者

    友人Bが主債務者のA、B二人で連帯保証人になりました。  その後返済不能となり、本人は自己破産し、連帯保証人に債務の支払請求が来ましたが、Aは支払いを拒絶したらしく、連帯保証人Bに請求が来ました。  それから1年後、主債務者はBの所に挨拶に来て「自分は自己破産し免責されたのだから返済義務は無い」とヘラヘラして、迷惑をかけたという意識はなかったと話していたとの事。 その主債務者はカード(たぶん銀行)も作り、普通の生活も出来ているとの事です。 普通の生活が出来ているなら、債務を支払うべきと思いますが、免責されたらそんなものですか。 同義的に許せないので、何か打つ手は無いのでしょうか。 どなたか、よろしくお願いいたします。

  • 連帯保証人の義務

    前略 知人の会社の銀行融資の連帯保証人になっている のですが、借り主及び、もう一人の連帯保証人で あるその会社社長が破産の手続きをしております。 その場合、私が保証人になっている債務は完全に なくなり、私に支払義務は生じないのでしょうか? それともやはり、私が破産申請でもしない限り、 連帯保証人は債務者に代わり、支払い義務が生じる のでしょうか? また、私に支払義務が生じた場合、私が弁護士さん などに相談したとしても、債務がなくなることは ないでしょうか? もう一つ、債権者である銀行側は、債務者である 会社社長と連絡を取るには、間に立っている弁護士 を通さないといけないと言ってましたが、 連帯保証人である私がその弁護士さんと連絡を 取っても、守秘義務(?)とか何とかで、 連帯保証に関することには答えてくれないもので しょうか? ※ちなみに、契約内容の控え等持っておりません ので、諸条件については、現在わからない状態です。 その会社社長とも連絡がつきません。 色々と質問ばかり書きましたが、 どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 連帯保証人は債権者になる?

     私は今破産の手続きを自分でしています。 私と一緒になった連帯保証人(A)が主債務者も私も借金を支払えないのでかわりに支払をしています。 かわりにAが支払をしているので、Aは私に請求権が発生するとゆうことを聞きました。 なので裁判所に提出する「債権者一覧」にAも載せるべきなのでしょうか? 仮に、主債務者でもなく私でもなく、Aでもない第三者が支払をしたら私はその第三者に請求されることがあるのでしょうか?

  • 連帯保証人になってしまいました。

    連帯保証人になってしまいました。 ある不動産の売買契約の連帯保証人になってしまいました。 裁判では和解で終わりましたが、本来の債務者が資産を隠すなどして逃げてしまったので、連帯保証人の私が和解金の支払いをする事になりました。 当然そのような資金はないので、母から相続した土地を売却して和解金を作り支払いました。 これから本来の債務者に求償請求します。 ただ、求償も弁護士を頼んで色々やっていくのですが、弁護士費用、調査費用、その他色々な経費を考えるだけでもかなりの出費になります。 財産を隠して逃げている債務者から取り返すのは大変な事でしょうか? そのための出費は現在の私には厳しい状況ですが、泣き寝入りもあまりにも悔しいです。 連帯保証人になってしまったことは非常に後悔しています、「絶対に迷惑かけない」の友人の言葉を信じてしまった自分の愚かさを悔やんでいます。 財産を隠して逃げている債務者の具体的な(どのように隠しているのか)状況はわかりません。債務者は3人います。 私が請求できる人は3人です。 噂では、不動産の名義を変えてしまっている、経営権を子供にしてしまった、などを聞いています。 高額なお金を払ってでも弁護士を立てて求償したほうがいいか?無駄か?教えてください。

  • 連帯保証人

    債務者の連帯保証人になりましたが、債務者は私に説明した目的とは違うことにお金を使っています。 連帯保証人になったことを取り消したいのですが、何か良い法律はあるのでしょうか。 債務者を訴えない方向で進めたいのですが。

  • 連帯保証人について

    消費者金融からの借金を連帯保証人が一括返済した場合 連帯保証人は債務者(借入人)に対して返済の請求は できるのでしょうか?請求できるとして、いつから起算し ていつまでに請求を申し立てればいいのでしょうか? (すでに4年ほど経っています) また、弁護士に相談するとして、どのような書類がいるのでしょうか? 借入明細書や返済明細書は処分してしまっていて、 手元には何も無い状態です。 こういうケースの場合、債務者には返済能力が無い、 もしくは連絡がつかない場合が多いと思いますが、 その場合はやはり泣き寝入りになるのでしょうか。

  • 連帯保証人と債務者について

    連帯保証人には、催告の抗弁権や検索の抗弁権がないというのは知っています。では実際のところ、借金を連帯保証人に押し付けて逃げた債務者に対し (1)借金取りは、債務者本人を追い込みにかける努力は、全くしないのでしょうか?連帯保証人がいると分かれば、債務者が逃げたが最後、連帯保証人だけを追い込みにかけるものでしょうか? (2)連帯保証人に借金を押し付けて逃げた債務者が、後でひどい目に遭ったとかいう話を、聞いたことがありません。連帯保証人というのは、債務者が借金の返済を放棄したが最後、貧乏くじを徹頭徹尾100%押し付けられ、債務者にも何一つ追求できず、食い物にされて終わるのが確定しているものなのでしょうか?