• 締切済み
  • すぐに回答を!

連帯保証人の主たる債務者に対しての返還請求

親が連帯保証人になってしまったことで質問があります。(返済は終わりました) 1.連帯保証人が主たる債務者に対して支払った分の返還請求の裁判を起こした場合、債務者に支払能力があれば支払う気がなくとも必ず戻ってくるでしょうか。 2.その債務者の支払能力の有無はどうやって調べたらいいのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3

1.支払督促をするか、債権返還の裁判をして、相手が自主的に返さなかったら、強制執行出来ます。(多少法律用語が間違っているから注意) 2,強制執行は、相手の給料、土地家屋、貯金などに出来ます。それらがあれば出来ます。貯金口座が不明でも強制執行の中で住所地の付近などの銀行に問い合わせる方法があります。そしてそれを差押えします。 それ以上に知りたければ具体的にまた質問してください。市町村の法律相談に行けばその方法を教えてくれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>強制執行は、相手の給料、土地家屋、貯金などに出来ます。それらがあれば出来ます。 それらがあるかどうか調べる方法を知りたいです。弁護士さんには「調査費用に2、30万かかるかも」と言われて、結果債務者に資産がなければムダ金になることを考えると踏み切れません。お金をかけずに調べる方法があればベストなのですが。

  • 回答No.2
  • o24hi
  • ベストアンサー率36% (2961/8168)

 こんにちは。 1.連帯保証人が主たる債務者に対して支払った分の返還請求の裁判を起こした場合、債務者に支払能力があれば支払う気がなくとも必ず戻ってくるでしょうか。  債務が消滅した場合には、保証人は主債務者に対してその支払った額について求償権を行使することができます(民法459条)。ですから、連帯保証人であるあなたの親は主たる債務者に対し、債権者に支払った金員を返還するよう請求することができます。  払う気がなかったら戻ってきませんから、土地や財産に余剰がある様子であれば、保全(仮差押、仮処分)をすることや執行をしてください。 2.その債務者の支払能力の有無はどうやって調べたらいいのでしょうか。  これは難しい問題ですね。暮らしぶりから推測するしかないのではないですか。  裁判の前に、簡易裁判所で「支払督促」の申し立てをされてもいいかもしれませんね。 http://courtdomino2.courts.go.jp/K_kani.nsf/ea145664a647510e492564680058cccc/c8e6f677e5b218ce49256b65003bfbc1?OpenDocument

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>これは難しい問題ですね。暮らしぶりから推測するしかないのではないですか これがよく分からなくて困っています。ただ住所が息子さん名義の家になっていることだけわかっています。近隣の人に債務者の生活ぶりなどを聞くしかないでしょうか。

  • 回答No.1

返還請求することは可能ですが、 そもそも債権者が借主からの返済を諦めて、 貴方の親御さんに請求したわけですから、 現実的に考えて、 返還してもらえる確率は、極めて低いでしょうね。          

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 連帯保証人と主債務者

    友人Bが主債務者のA、B二人で連帯保証人になりました。  その後返済不能となり、本人は自己破産し、連帯保証人に債務の支払請求が来ましたが、Aは支払いを拒絶したらしく、連帯保証人Bに請求が来ました。  それから1年後、主債務者はBの所に挨拶に来て「自分は自己破産し免責されたのだから返済義務は無い」とヘラヘラして、迷惑をかけたという意識はなかったと話していたとの事。 その主債務者はカード(たぶん銀行)も作り、普通の生活も出来ているとの事です。 普通の生活が出来ているなら、債務を支払うべきと思いますが、免責されたらそんなものですか。 同義的に許せないので、何か打つ手は無いのでしょうか。 どなたか、よろしくお願いいたします。

  • 連帯債務者と連帯保証人について

     債権者にとって債権保全の面から「連帯債務者」と「連帯保証人」とでは違いがあるのですか?  主債務者に支払い能力がなければ債権者は「連帯債務者」でも「連帯保証人」でもどちらにでも全額請求できると思うのですが  もしそうなら両者に違いはないのではないかと思いまして...  どうか教えてください。

  • 連帯保証人と主債務者との間の証文

    連帯保証人の責任範囲については確認しています。 連帯保証人が債権者への支払いを行った場合には、民法で定める求償権の行使で主債務者に請求できることになっていますが、これに加えて、連帯保証人と主債務者の間で一筆を交わし、 例えば、 連帯保証人が弁済した場合には、主債務者は遅滞なく連帯保証人に対して支払う という様な一筆を交わしておくことでより確実に弁償を促す効果があるでしょうか? それとも、求償権がある以上、個別に取り交わした証文は意味がない(必要ない)でしょうか?

  • 支払督促の相手は主債務者or 連帯保証人

    滞納家賃の支払督促をしようと思っています。 賃借人より連帯保証人の方が支払能力がありそうなのですが、支払督促はやはり連名で行うべきでしょうか? あるいは、こちらの判断で任意で決めてもよろしいのでしょうか? もし、連名で行う場合、貸借人と連帯保証人は裁判所の管轄地が異なるのですが、別々の裁判所にそれぞれ出す必要がありますでしょうか? あるいは主債務者の方へ出せばよろしいのでしょうか? よろしく、お知恵をお貸しください。

  • 連帯保証人・連帯債務者

    連帯保証人と連帯債務者の違いがわからないのでお教えください。 ・Aが建物を借りていて、Bが賃料の連帯保証人であるとき、Aが賃料の支払い期日までに賃料を支払わないとき、貸主CがAに請求せずにBに賃料を支払いを請求することは適法でしょうか。 もしそれができるなら、Bが連帯債務者であるときとの違いがわかりません。 ・Aが建物を借りていて、Bが賃料の連帯保証人であるとき、貸主CがAに対して或る1箇月分の賃料を免除すると、CはBに対しても、この1箇月分は請求できない。 Bが連帯債務者ならば、Aの債務を免除しても、Bに対して請求できる。 このように思っているのですが、この理解は正しいですか。 他に違いがあったら、上記のように、Aが建物を借りていて、Bが連帯保証人/連帯債務者という例を使ってお答えください。

  • 単純保証と連帯保証の相違点について

    行政書士試験の初学者です。 単純保証(以下、保証とします)と連帯保証に関して教えていただきたいことがあります。 保証債務の範囲として、保証人について生じた事由の効力は、「主債務を消滅させる行為の他は、主債務者に影響しない。」とあります。 つまり、これは「債権者が保証人に対して裁判上の請求をした場合でも、主債務者の消滅時効は中断しない。」ということでしょうか? 一方、連帯保証人の場合、「債権者が連帯保証人に対して裁判上の請求をした場合は、主債務の消滅時効も中断することになる。」とあります。 つまり、債権者が保証人・連帯保証人に対して裁判上の請求を行った場合、 主債務者に影響する→連帯保証 主債務者に影響しない→保証 という点が相違点なのでしょうか? 分かりにくい質問で申し訳ありません。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 保証債務と連帯保証

    保証について質問です。 通常の保証債務の場合、主たる債務者に生じた事由は 全て保証人に生じ、また保証人に生じた事由もまた 主たる債務者に生じるとなっています。 では、連帯保証についてなのですが これは、主たる債務者に生じた事由は 連帯保証人に及びます。 1、連帯保証人に生じた事由は、主たる債務者に全て及ぶと考えていいのでしょうか? 2、また、連帯保証人に生じた事由もまた 連帯保証人間に生じるのでしょうか? 「債務の承認」をもとに考えると 1、2も生じると考えていいですか?

  • 連帯保証人から債務者へ請求する

    よろしくお願いします。 債権者:役所 債務者:親戚 連帯保証人:私 金額:25万程 上記の状況で本来なら2年前に完済の予定だったのですが、10万ほど未払いで債権者から私に請求がきたので返済しました。 債権者から話を聞くと債務者は既に免債になっているとのこと。 この場合、私が債務者から公的に返済してもらう術は無いのでしょうか。

  • 連帯保証について

    連帯保証についていろいろな資料を見ると,補充性がないので主債務者に資力があってもいきなり連帯保証人に請求できるとあるのですが,では債務不履行の時期ではない債務についても連帯保証人に請求できるか? できるとすると連帯債務者とかわらないのでそんなことはないような気がするのですが,確信が持てないので教えてください。 例えば,金銭消費貸借契約でA銀行からBさんが120万円を借り,その連帯保証人としてCさんとも契約しました。 その際「毎月末払いで10万円づつ支払う」と契約し,Aさんは最初の3ヶ月はきちんと末日までに支払いましたが,その後の返済が滞ってしまいました。 上記の場合A銀行は4ヶ月目から(期限の利益損失で一括して請求する場合でもいいです)Cさんに請求するのはあたりまえだと思うのですが,この契約当初まだ契約内容の1回目の支払日も来ていない時に(債務不履行ではない時期),Cさんに対しても請求できるものか? わかりづらいところがあれば補足しますのでお願いします。

  • 主たる債務者が自己破産したら、連帯保証人は?

    マンションの大家をやっています。 賃貸マンションで賃借人が家賃を滞納したまま解約して出ていきました。 自己破産するそうです。 ですので、債務整理されて家賃の滞納は回収できなくなると思いますが、この賃借人には連帯保証人がいます。 この場合、主たる債務者が自己破産で支払義務がなくなっても、連帯保証人へ請求を継続することはできるのでしょうか? 継続できるような話を聞いたのですが、主たる債務が消滅しているのに、従たる債務が残るのも変な感じもします。私の勘違いでしょうか? 詳しい方いましたらご教授願います。