• 締切済み
  • 暇なときにでも

(連帯)保証人から債務者への支払請求って出来る?

債務者が自己破産したため、(連帯)保証人が保証債務を支払うとします。 債務者の自己破産の時効経過後、保証人が債務者に肩代わりした分(あるいはその一部)のお金を請求することは出来るのでしょうか?

  • Ice
  • お礼率45% (9/20)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数537
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.3
  • siriusb
  • ベストアンサー率53% (33/62)

保証債務の履行により、保証人は債務者本人の破産手続において(いわば債権者に成り代わって)破産債権者となりますので、理由(破産債権として届出をしたか否か)のいかんを問わず、破産手続によって満足できなかった金額については、(それが破産法366条の6に掲げられているようなものである等特殊な事情がなければ)免責の対象となります。免責後は、債務者本人が任意に支払えば別論、訴えにより給付を求めたり、強制執行による回収をはかったりすることはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 債務者の保証人に対する保証請求は何年で時効ですか。

    私は債務者が自己破産をして免責を認められました。 よって保証人に債務金額の請求を行いたいと思いますが、自己破産の免責の認定日から何年で時効が成立しますか。 教えてください。

  • 保証人が破産した主債務者の代わりに返済したら

    連帯保証人が自己破産をした主債務者の代わりに業者に返済をした場合,その保証人は主債務者に少しでも返してくれと言えるのでしょうか.免責を受けたら,無理なのでしょうか.ぜひ教えてください.

  • 連帯保証人が払った借金を、自己破産した債務者に請求できるのか?

    借金の連帯保証人は、債務者本人が自己破産しても、保証する義務を負いますよね。 連帯保証人は、この保証したお金を、債務者本人(自己破産している)に請求することはできるのでしょうか? 私の友人が、自己破産した知人の連帯保証人として借金を肩代わりしたのですが、最近、自己破産した本人が就職して金回りがよくなっているみたいなので、払ってほしいみたいですが。 自己破産した時点で、債務者本人は借金の肩代わりをした保証人に対しても責任がなくなるのでしょうか?

  • 回答No.2
noname#233172
noname#233172

 保証人として債務者の債務を支払った場合、保証人は債権者から債権譲渡をされることになります。つまり、あなたがこの債務者の新しい債権者になるのです。だからもちろん、この債権について債務者が免責でも受けない限りいきなり消滅することはなく、請求することは可能です。と思いますが・・・ちょっと自信ないかも

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#8250
noname#8250

自己破産の時効? 表現がおかしいような気がするのですけど。 まあ本題とは関係ないので気にするのはやめます。 連帯保証人は、債務者と同等の義務を負います。 だから、事実は肩代わりだとしても法律的には 肩代わりとは言えないでしょう。 時間を見つけて詳しく調べてみます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 連帯保証人、保証人について

     親族である債務者が借入金の返済能力がなく、自己破産寸前の状況で、私が保証人になっている場合ですが、債務者が自己破産した場合に私はどのような被害を被るのでしょうか?また、連帯保証人と保証人とはどう違うのでしょうか?ちなみに、私も個人事業をしており、融資を受けている場合、なにか影響がありますでしょうか?

  • 連帯保証人と主債務者

    友人Bが主債務者のA、B二人で連帯保証人になりました。  その後返済不能となり、本人は自己破産し、連帯保証人に債務の支払請求が来ましたが、Aは支払いを拒絶したらしく、連帯保証人Bに請求が来ました。  それから1年後、主債務者はBの所に挨拶に来て「自分は自己破産し免責されたのだから返済義務は無い」とヘラヘラして、迷惑をかけたという意識はなかったと話していたとの事。 その主債務者はカード(たぶん銀行)も作り、普通の生活も出来ているとの事です。 普通の生活が出来ているなら、債務を支払うべきと思いますが、免責されたらそんなものですか。 同義的に許せないので、何か打つ手は無いのでしょうか。 どなたか、よろしくお願いいたします。

  • 保証請求について

     債務者の自己破産が認められました。 よって、私は債務者の保証人に保証請求をしたいと思うのですが、自己破産の確定から1年7ヶ月過 ぎました。その間に電話では請求を致しましたがか「払えない」との事で今日まで来ましたが、今から 請求書を郵送するのですが1年以上経過してますので有効でしょうか。   これでも払っていただけないならば訴訟お起こしたいのですが 教えて頂きたいと存じます。

  • 債務者側からの保証人追加の申し入れ

    よく「保証人から抜けたいのですが・・・」という質問がありますが、私がしたいのは「債務者側から保証人の追加を申し入れ、債権者側に受け入れてもらうことは可能か?」というものです。  基本的には、住宅ローンやオートローンについて返済計画の見直しについて話し合う場合に、債務者側が仮に自分からそういうことをいってきた場合に、銀行・信販会社の対応の現実についてです。  よくお分かりの方はわかるでしょうし、ご回答が別方向へそれないように申し添えますが、万が一将来的に債務者が多重債務に陥り、自己破産しかなくなった場合に、住宅ローンやオートローンに関しては、連帯保証人がついていれば、保証人名義の口座に切り替えて返済を継続=自宅・自動車を手放さずに済むことが可能であり、保証人が実質それら担保物権の共有者である場合には、皆が支払い責任者になっておいたほうが、債務者側にとっていい場合が多いのです。  もちろん場合によってそういう行為は、破産手続上問題があると考えうる余地がありますが、それはひとまずおいておいて・・・  債務者側から保証人追加を申し入れてきた場合、「借用契約当初の保証契約と同じように保証人適格を審査する」ものなのか、「追加であれば債権者側としては基本的に喜んで保証人になってもらう」ものなのか、「契約中途でのそういう話には、いろいろと難しい問題がある」ものなのか・・・  そういう質問です。

  • 主たる債務者が自己破産したら、連帯保証人は?

    マンションの大家をやっています。 賃貸マンションで賃借人が家賃を滞納したまま解約して出ていきました。 自己破産するそうです。 ですので、債務整理されて家賃の滞納は回収できなくなると思いますが、この賃借人には連帯保証人がいます。 この場合、主たる債務者が自己破産で支払義務がなくなっても、連帯保証人へ請求を継続することはできるのでしょうか? 継続できるような話を聞いたのですが、主たる債務が消滅しているのに、従たる債務が残るのも変な感じもします。私の勘違いでしょうか? 詳しい方いましたらご教授願います。

  • 連帯?保証人?債務者?

     このカテゴリーに書いていいのかどうか・・・。  保証人、連帯保証人、連帯債務者、の違いを教えてください。住宅ローンを借りる場合など、どういう区別があるか、注意点など在るかをお願いいたします。   権利義務なんかも全然違うのでしょうか?

  • 連帯保証人が債務整理した場合

    債務に関することについて質問させていただきます。 債務整理について記載されたサイトなどで調べたところ、主債務者が自己破産や個人再生をした場合、主債務者の負債は免責や減額になるが、連帯保証人には全額返済する責任が残るというのはわかりました。 しかし、私が知りたいのは逆のケースになります。 主債務者Aさんの連帯保証人となったBさんが自己破産や個人再生をした場合、債務はどうなるのでしょうか。 Bさんの連帯保証人としての負債が免責や減額となり、Aさんには全額返済の責任が残ることになるのでしょうか。 どなたかお分かりになりましたら、ご回答をお願い致します。

  • 連帯債務・保証人・連帯保証人の求償権について

    債権者Aに対して、1000万円の債務をBとCが平等に負担する下記のような関係におきまして、Bが1~6のような弁済をしたときにCに対して求償できますでしょうか?また、いくら求償できますでしょうか? 1)BとCは連帯債務者でBが200万円をAに払った場合 2)BとCは連帯債務者でBが600万円をAに払った場合 3)BとCは主たる債務者Xの普通保証人でBが200万円をAに払った場合 4)BとCは主たる債務者Xの普通保証人でBが600万円をAに払った場合 5)BとCは主たる債務者Xの連帯保証人でBが200万円をAに払った場合 6)BとCは主たる債務者Xの連帯保証人でBが600万円をAに払った場合 いずれの場合も、もし全額払っていれば500万をCへ求償できるかと思います。しかし、全額に満たない場合に「負担部分を越えて」「負担部分の範囲で」といった適用の範囲が、連帯債務・保証人・連帯保証人で整理できずに混乱しております。 お手数ですが、どうか宜しくお願い致します。

  • 保証人になり、債務者が行方不明の場合

    知人が実兄弟の借金の保証人になり、債務者本人が行方不明、支払いは数ヶ月滞っているとゆう状態です。 借入先は事業者向けのローン会社とゆうことだけしかわかりません。(銀行ではないそうです) 保証人である知人のところにも連絡が来ている状態ですが、まだ取立て等の電話ではないそうです。 金額が大きいため、支払うこともできず本人は自己破産の申告をするつもりとのことですが、たとえば差し押さえられてしまうであろう貯金や車等は名義を変更したりすれば大丈夫なんでしょうか? 自己破産とゆう道を選ぶ以外、いい方法は無いのでしょうか? アドバイスありましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 連帯保証人と債務者について

    連帯保証人には、催告の抗弁権や検索の抗弁権がないというのは知っています。では実際のところ、借金を連帯保証人に押し付けて逃げた債務者に対し (1)借金取りは、債務者本人を追い込みにかける努力は、全くしないのでしょうか?連帯保証人がいると分かれば、債務者が逃げたが最後、連帯保証人だけを追い込みにかけるものでしょうか? (2)連帯保証人に借金を押し付けて逃げた債務者が、後でひどい目に遭ったとかいう話を、聞いたことがありません。連帯保証人というのは、債務者が借金の返済を放棄したが最後、貧乏くじを徹頭徹尾100%押し付けられ、債務者にも何一つ追求できず、食い物にされて終わるのが確定しているものなのでしょうか?

専門家に質問してみよう