• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

インピーダンス不整合により反射が起きるのはなぜですか?

高周波関係の本を読んでいるとインピーダンス不整合により反射が起きるというようなことは大抵書かれているのですが、具体的になぜ反射が起こるのでしょうか? インピーダンスの違いで現れてくるのは、振幅と位相だけですよね? これでなぜ反射が起こるのでしょうか? どこかで光が異種の物質の界面で反射を起こすようなものであると書かれていたのですが、反射というものは異種の物質に対してある角度をもって入射しないと起きないため、少し違うのではないのでしょうか? どなたか詳細な原理を教えて下さい。

noname#68168
noname#68168

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数8949
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

まあ、普通に、回路の微分方程式をたてて、式を追って行けばそうなるんで、なぜ、というのは難しいわけですが。 アナロジーとしての、光の反射はあんまりよくないような気がします。 (ナイーブな意味での)電流は1次元の銅線の中しか通れない(束縛されている)ので、3次元どこでも行ける光とはちょっと違います。 10mくらいある長いスプリングを考えます。さらに、柔らかいスプリングと硬いスプリングをつなぎあわせたものを考えます。で、例えば、柔らかいスプリングの端を前後に振って縦波(別に横波でもいいですけど)を起こしたとすれば、波はスプリングを伝っていきますが、柔らかいスプリングと硬いスプリングの境目で一部は反射して戻ってくるでしょう。 ここで、硬いスプリングといっているのは、つまり、大きな力をかけても、ちょっとしか変位がおきないスプリングのことです。 これは、電気回路の世界でいえば、大きな電圧(電位差)をかけても、電流がちょっとしか流れない(インピーダンスが高い)に相当します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • インピーダンス整合

    インピーダンス整合についてですが,送り側(Zs)と,受け側(Zr)の特性インピーダンスが等しければ反射も無く,負荷(抵抗負荷)にエネルギーが効率よく,電圧電流が同位相に運ばれると思います。 ここで,Zr>>ZsでかつZrに(微量な)容量成分がある場合,負荷(Zr)に送られる電圧・電流波形には位相差が生じるのでしょうか? 反射は起こるので波高値は比較して若干高くなると思いますが。

  • 波の反射について

    波の反射には自由端反射と固定端反射があります。 そして、ある角度で入射したとき、入射角=反射角で反射すると聞いております。例えば、ある波が、ある角度で壁面に入射して反射が起こったとしたら、波の位相はどうなるのでしょうか? 固定端反射として考え、位相は逆相になって反射するのでしょうか??

  • 光の反射と屈折について

    光の屈折と反射について教えてください。 光がある屈折率が大きい透明体を通過する際、物質中では電子に邪魔をされて光の速度が遅くなっていて、その物質から出た瞬間、またもとの光速に戻ります。そのときの 光のエネルギーの変化はどのようになっているのでしょうか?物質での吸収分や光速が戻ったときの光の状態に変化は? また、反射についても、ホイヘンスの原理でもいきなり 境界面に平面波が当たると反射するところから解説してあって、光が当たった面で一端エネルギーが吸収されて 入射光と同じ角度で逆向きの光を放出する現象とは書いてありません。このような解釈でよいのでしょうか? そのときも、入射光と反射光ではエネルギー変化がありそうですが。その辺がよくわかりません。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • fusem23
  • ベストアンサー率18% (72/383)

>垂直にくる光はどれだけ屈折率が高くてもそれだけで反射することはないと思うのですが。 この知識、間違っています。夜、明るい部屋から外を見ると、自分の顔が映りますよね。角度によって、映ってない所はないと思うのですが… もう一つの例で言うと、金属面での反射(ほぼ全反射)も、インピーダンス不整合(ほぼ短絡)による反射です。その時の反射(例:鏡)でも、角度による違いはありません。 インピーダンスが不整合であると、それまでの電圧と電流の比率では進んでいけません。インピーダンスが高くなる場合は、電圧が増えて、電流は減り、上がった電圧は元の方向に返って行きます。これが反射です。インピーダンスが低くなる場合は、電流が増えて、電圧は減り、下がった電圧が返って行きます。これはさっきと逆位相の反射です。 これでイメージ掴めます?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#101087
noname#101087

度重なるミス、蒙御免。 ・インピーダンス整合がとれてないとき、負荷インピーダンスZ に取り出せる実効電力「Pa > Pz」 。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#101087
noname#101087

「低電圧源」は「定電圧源」のミス。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#101087
noname#101087

>インピーダンス不整合により反射が起きるのはなぜ ...... 「なぜ」に直接は答えかねますけど、「みなし理論」の概略でも ..... 。  ・出力インピーダンスZo の低電圧源から最大実効電力Pa を取り出せる負荷インピーダンスZm は?   Zm = Zo~   (Zo~ は Zo の共役複素数値)  このとき、インピーダンス整合がとれている、などという。  ・インピーダンス整合がとれてないとき、負荷インピーダンスZ に取り出せる実効電力Pz > Pa 。  このとき、負荷側への反射電力Pr は、   Pr = Pa - Pz >0  であると「みなす」。 インピーダンス整合のお話(理論)のスタートポイントの「みなし理論」でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

昨晩(今朝)だったかな・・・別の方の質問にも答えておいたのだけれども・・・。物理と情報理論って・・関係あるのかな・・と思いつつ。伝送路というシステムに着目すれば、よく分かるとおもう。 伝送路というシステムにおいて、インピーダンス不整合というのは、丁度異種の物質同士の界面に相当すると考えれば分かりやすい。なぜならば、インピーダンスの高いところでは、丁度光や音波の速度が遅くなる(なぜ・・遅くなるかは・・考えてみよう)。インピーダンスの低いところでは、光や音波の速度が速くなる。 さて、ここで波動光学との類似性について、考えてみよう。屈折や反射が起こるところというのは、それら伝達される波(粒子でも良い)の速度が変わる場所だということ。 そのため、反射が起こると考えれば・・いいと思う。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そういう説明は聞いたことがあるのですが、 電流量はインピーダンスが変わっても変化はないはずです。従ってインピーダンスにより減衰するのは電圧だけですよね?それで速度が遅くなるという意味が分からないのですが。 それと >屈折や反射が起こるところというのは、それら伝達される波(粒子でも良い)の速度が変わる場所だということ。 ということはもちろん分かるのですが、垂直にくる光はどれだけ屈折率が高くてもそれだけで反射することはないと思うのですが。 どうかんがえれば良いのでしょうか?

関連するQ&A

  • 振幅反射係数

    振幅反射係数や振幅透過係数の符号は必ず正にしなくてはならないのでしょうか。真空から誘電体に入射する場合の振幅反射率は、位相がπずれるからマイナスだとも考えられますが、振幅反射係数は反射される割合を意味するので、マイナスをつけて正にするべきだとも考えられます。どちらにしたら良いのでしょうか。

  • インピーダンス整合とハイ受けロー出しについて

    現在、高周波回路を勉強している者です。  (1) インピーダンス整合  (2) ハイインピーダンス入力・ローインピーダンス出力 の使い分けについて教えて下さい。 例えば低周波回路でエミッタ接地アンプ + エミッタフォロア出力の形式をよく見ますが、これは (2) に相当しますよね? しかし周波数が上がると、ハイインピーダンスによる反射波が無視できず、定常波が発生するなどの不都合が起きると思います。 この場合はバッファで受けることはせず、(1)の形式をとるのでしょうか? 同じような質問も調べましたが低周波回路の経験しかないため、 いまいちわかった!という気がしません。 以上、よろしくお願い致します。

  • 反射率について

    空気中でガラスの反射率を入射光の角度ごとに計算しようとしています。 絶対屈折率が1.51です。入射光の角度をθとします。 以上の条件で反射率は計算できるでしょうか。 (光の吸収は無視します)

  • 光、電磁波の反射は固定端反射?

    ガラス面で反射する光を考えますと、位相がπずれる固定端反射 ということなのですが、電磁波を考えて、異なる誘電体の境界面での反射の 理論を調べますと、入射波も反射波も同じ位相を要請しているようで πずれるようでは無いようです。 光の例も電磁波の例も同じような状況だと思うのですが、 この2例は何が違って反射時の位相が変わってくるのでしょうか?

  • 光の反射

    物質1から物質2へ光が向かい、物質1と物質2の界面で反射が起きるとします。これを物質1→物質2とします。 物質1→物質2での光の反射率と、物質2→物質1での光の反射率は異なるでしょうか?

  • 波の自由端,固定端反射について

    波が自由端,固定端によって反射すると,入射波と振幅,波長,周波数の等しい波が逆向きに返ってきますよね. では,これらの入射波と反射波の合成波は定常波になるのですか?

  • 全反射の反射について

    誘電体の全反射の反射率と反射による位相のズレがあるかどうかについて知りたいと思っています. スネルの法則より,屈折率が高い方から低い方に臨界角を超える入射角で光を入れると全反射しますが,ちょうど臨界角の場合,境界面に波ができるためロスがありそうですが(←これが正しいかどうかもわかっていません) 臨界角より大きい角で入射する場合はロスはないのでしょうか? ロスがある場合は,どのようにして求めればよいのでしょうか? また,この時の反射は自由端で考えればよいのでしょうか? 回答どうぞよろしくお願い致します.

  • 高速デジタル通信の反射

    高速デジタル信号では、立ち上がり時間、立下り時間が短いため、高調波成分の影響で反射が起きオーバーシュートが発生してしまうのはなぜですか?? 参考書には高調波成分に対して伝送線路の長さが無視できなくなり、周波数ごとにインピーダンスの変化が生じて、特性インピーダンスとの不整合が起きると書いてありますが、特性インピーダンスの式はZ=√(L/C)なので、周波数によらず一定だと思います。なのでマッチングはとれていて反射は起きないと考えています。 どなたか教えて下さい。お願いします。

  • インピーダンス非マッチングの原理が分かりません。

    インピーダンス非マッチングの原理が分かりません。 高周波領域において、信号源と負荷との間の信号線の距離が 信号の波長よりも長くなるときに、インピーダンスマッチングの問題が生じるということは知られています。 そのため、信号源の出力インピーダンスと、負荷の入力インピーダンスを合わせなければ 信号は100%伝わらないということは分かります。 http://www.orixrentec.jp/cgi/tmsite/knowledge/know_zmachi21.html 原理的には、上記のページに書かれてあるようにインピーダンスが同じであるほど、 消費される電力値が大きくなるため、反射波が速く減衰し、定在波が立たなくなるため インピーダンスは合わせた方が良いとされます。 しかしながら、やはり私は原理的な理屈がどうしても理解出来ません。 私が分からない箇所は、なぜ反射波が生じるのですか? 反射波を速く減衰させるために、エネルギーを速く消費させた方が良いのは分かりますが、 そもそもなぜインピーダンスがマッチングしていないと反射波が起きるのでしょうか? それと、反射波が生じるかどうか別として、信号が負荷に伝わるかどうかは、 インピーダンスマッチングとどう繋がりがあるのでしょうか? インピーダンスマッチングは反射波を速く減衰させるために有効であることは分かりますが、 信号の伝達効率が上がる理由が分かりません。 また、インピーダンスがマッチングしていなければ、どうやっても信号は伝わらないのでしょうか? ケーブルの長さが信号の波長の整数倍であるなら、伝達効率が上がるような気がするのですが あまり変わりないのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • ランベルトベールの法則での界面の反射率の取り扱い

    ランベルトベールの法則では試料の全体の透過率をT, 試料入射前の光強度をIin, 試料透過後の光強度をIout, aを試料の吸収係数, lを試料の厚さとした場合, T=Iout/Iin, =exp(-al), ----(1) という法則が成り立つ, とよく説明がされています. また, 吸収係数aと消衰係数k*は次の関係にあります. a=4πk*/λ. 従って, k* =aλ/4π =a(c/f)/4π f:周波数, c:光速 =ac/2w, ---- (2) w:角周波数 となります. ここで疑問なのですが, 以下のように光が試料を透過する現象を式で表すと, 上述したランベルトベールの法則と若干の矛盾が生じます. 入射光の複素電界を<Ein>, 試料を透過した光の複素電界を<Eout>とすると( <>は複素数を表す), <Ein>=E'exp(-iwt+ikr), <Eout>=E'<t0t1>exp{-iw(t+t')+ik(r+<n>l)}=E'<t0t1>exp(-n''kl)exp{-iw(t+t')+ik(r+n'l)}, と書けると思います. なお, E':入射光の振幅, w:角周波数, t,t':時刻, k:波数, r:位置, <t0>と<t1>:試料の界面による複素振幅反射率(今回は試料の前面及び後面のみの反射率を考え, 多重反射については無視), <n>:試料の複素屈折率で<n>=n'-in''. このとき, 上述した試料の全体の透過率をTとすると, T=(|<Eout>|/|<Ein>|)^2, =|<t0t1>|^2exp(-2n''kl), ----(3) ここで, 屈折率の虚部とは消衰係数のことですので(n''=k*), (2)式を考慮すれば, T=|<t0t1>|^2exp(-al), ※kは波数ですのでk=w/cとしました. kとk*の混同に注意, わかりづらくてすみません... となります. (1)式と(3)式を比べると, ランベルトベールの法則では試料界面の振幅透過率については考慮されていないように見えますが, ランベルトベールの法則とは界面の反射率は無視しているのでしょうか. また, 私が何か誤解しているのでしょうか. アドバイスいただけたら嬉しいです. 宜しくお願いします.