• ベストアンサー
  • 困ってます

障害年金について

障害年金の申請を考えています。 先生からは受給できても3級と言われました。 初診は厚生年金でしたので、3級がありますが、将来貰う年金のことが気になります。 今まで一度も未納はありません。 例えば障害年金3級に認定された場合、将来の年金はどうなるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数283
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

補足です。 障害者の場合の国民年金保険料の納付免除は、大きく分けて 以下の2パターンがあります。 1.法定免除(障害年金1級・2級の受給者) ○ 障害年金‥‥障害基礎年金、障害厚生年金、障害共済年金をいう ○ 1度申請したら、1・2級ではなくなるときまで免除可能 ○ 第1号被保険者ではなくなると、免除対象からは外れる  (= 厚生年金保険・共済組合の被保険者・組合員になったとき) ○ 障害厚生年金3級の受給者‥‥法定免除の対象ではありません ○ 根拠法  国民年金法第89条、国民年金法第30条第2項  国民年金法施行令第4条の6、同別表  (別表‥‥1・2級の障害を定義している)  国民年金法施行令第6条の5 ○ 全額免除のみ 2.申請免除 ○ 地方税法に定める障害者で、前年の所得が125万円以下 ○ 1年ごとの申請が必要 ○ 地方税法に定める障害者とは?  身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持つ者 ○ 所得とは?  年収そのものではなく、諸経費や社会保険料等を差し引いた額  (※ 給与所得の年末調整や、確定申告のときにわかります。) ○ 全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除のいずれか ○ 障害厚生年金3級の受給者‥‥上記所得要件を満たせば対象に ○ 第1号被保険者ではなくなると、免除対象からは外れる  (= 厚生年金保険・共済組合の被保険者・組合員になったとき) ○ 根拠法  国民年金法第90条 など いずれの場合の免除においても、 免除を受けた期間(月数)については、追納がなされないかぎり、 老齢基礎年金の支給額に響いてきます。 (ANo.3で記したとおり。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 障害年金って?

    なかなか理解できないので教えて下さい。 昭和16年生まれの父の件です。 平成14年より特別支給の老齢厚生年金を受給していました。平成15年2月に脳出血で倒れ、障害者手帳1級で認定されました。 障害年金というものは初診日より1年6ヶ月つまり父の場合でいうと今年8月から申請できるのかな?と思うのですが一度年金を貰うと、変更はできないような事がかいてありますが、父の場合は障害年金で貰えるよう申請することができるのでしょうか? すでに老齢厚生年金を受給してるので無理なのでしょうか? 自分なりに調べてはみたのですが混乱してしまって・・ もうすぐ8月になります。社会保険事務所が遠いので もし申請できないならわざわざ足を運ぶ必要もないのかな・・と思いまして質問させていただきました。 医療費にお金がかかるので少しでも多く頂けるとたすかるのですが・・

  • 障害年金

    現在、障害基礎年金を受給しています。 初診日が国民年金だったため、障害基礎年金になりました。 そして初診日から、数か月後に厚生年金を約7年、支払いました。 今は障害者枠でアルバイトをしているため、年金は法定免除の状態です。 今年が障害年金の更新月です。 次の更新が認定されても、国民基礎年金なのでしょうか? もし、認定されて国民基礎年金の場合は、支払っていた厚生年金は掛け捨ての状態になるのでしょうか? 知っている方、教えていただけないでしょうか? よろしくおねがいします。

  • 障害年金の疑問あれこれ

    お世話になります。年金について勉強しているものですが、 障害年金について、こういう場合はどうなるのか?という疑問があり、教えていただきたく、よろしくお願いします。 (1)都道府県によっては、障害者に福祉的給付を行っているかと思いますが、その給付と障害年金は併せて受給することは可能なのでしょうか? 東京都の場合は、重度心身障害者手当ですが、HPを見ても支給制限の記載がないように見えますので、受給できるのかな?と思われますが、いかがでしょうか。 (2)特別支給の老齢厚生年金における「障害者特例」は、申請時に基本的に診断書を添えると思いますが、その後65歳までに診断書を提出することもあるのでしょうか? (3)60歳前から障害年金を受けていて、特別支給の老齢厚生年金をもらえる時点で障害者特例の申請もする際、障害年金における次回の診断書提出月まで1年を切っている時は障害者特例の申請時に診断書を添える、というようなことを聞いたことがあります。 その際、障害年金の診断書は、それとして提出を求められるのでしょうか? (4)障害基礎年金を受給している方がいるとします。その人が、後に厚生年金に加入し、厚生年金加入中に初診日がある他の傷病により、次のような等級で障害厚生年金に該当したとなると、この人の年金はどうなるのでしょうか? ・障害等級3級の時→併合改定として、請求月の翌月から障害厚生年金(3級)+障害基礎年金(1級または2級)を受給できる?(障害厚生年金は、3級のままでしょうか?) ・障害等級2級の時→併合認定として、今までの年金は失権し、新しく障害厚生・基礎年金の受給権が発生する。 誤りがありましたら、ご指摘いただけますでしょうか。 (5)障害厚生年金(等級2級)を受給している方がいるとします。その人が、後に国民年金に加入し、国民年金加入中に初診日がある他の傷病により、次のような等級で障害基礎年金に該当したとなると、この人の年金はどうなるのでしょうか? ・障害等級3級以下→障害基礎には該当しませんが、併合改定されるのでしょうか?それにより、障害基礎も発生するのでしょうか? ・障害等級2級以上→併合認定により、今までの年金は失権し、新しく障害厚生・基礎年金の受給権が発生する。あるいは、国民年金加入期間のため、障害基礎年金についてのみ併合認定され、障害厚生ねんきんは等級変わらず、年金額も変わらず。 状況で色々あるかと思いますが、当方混乱気味になっております。。 (6)障害厚生年金は、障害認定日の属する月までの被保険者期間をもとに計算されます。 こういう方が厚生年金に加入し続けた場合は、老齢厚生年金や基礎年金に反映されうると思いますが、障害厚生年金としては、別な傷病で2級以上の障害が発生でもしない限り、変わらない(以後の厚生年金が障害厚生年金に反映されない)という理解で正しいでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

ANo.1の補足質問に対する回答をさせていただきます。 ANo.2と一部重複する部分がありますが、ご容赦下さい。 (ANo.2の方へ。ご回答をわざわざありがとうございました。) >65歳以降に受け取れる年金が老齢基礎年金や老齢厚生年金で >あってますか? 障害厚生年金3級を受給した場合には、 65歳以降、老齢基礎年金や老齢厚生年金も新たに受給できる、 というのではなく、 そのまま障害厚生年金を受給し続けることにするのか、 それとも、老齢基礎年金や老齢厚生年金のほうを受給するのか、 どちらか一方を選択することになります。 >障害厚生年金3級を受給しても老齢基礎年金や老齢厚生年金が >減ってしまったりすることがないのか 障害厚生年金を受給すること自体でのデメリットはありませんが、 障害年金(1級・2級)を受給する国民年金第1号被保険者の場合、 申請により、国民年金保険料の納付の全額免除(法定免除)が 認められます(国民年金法第89条)。 しかし、このことにより、 その後に「追納」(免除された額を後で納めること)しなければ、 将来の老齢基礎年金の受給額が減額になってしまうことがあります。 (満額受給できない、ということ) このカラクリは、下記をごらんになっていただくとわかるでしょう。 老齢基礎年金の支給額は、保険料納付月数によって決まりますが、 全額免除を受けた期間については、 実際の月数の6分の2の月数、と計算されてしまうのです。 ですから、その分、老齢基礎年金の支給額は減ってしまいます。 (ANo.2の「4分の1」は誤りではないかと思います。) http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm 上記の減額を避けたければ、追納すればOKです。 該当年度分については、10年以内であれば追納できます。 たとえば、平成20年度は、 平成10年度~19年度の分を追納できます。 ただ、直近2年度分を追納する場合までは良いのですが、 それよりも過去の年度の分を追納する場合には、 その当時の保険料に対して、一定の額を加算した額を納める必要が 生じます。 なお、追納の際には、当時の国民年金保険料の納付書ではなく、 追納専用の納付書が必要となりますので、 最寄りの社会保険事務所にお問い合わせ下さい。 (下記の「保険料の追納について」の項を参照して下さい。) http://www.sia.go.jp/seido/gozonji/gozonji02.htm その他、障害年金のしくみの概要は、下記をごらん下さい。 障害基礎年金2級の額が満額受給の場合の老齢基礎年金と同額、 障害基礎年金1級=障害基礎年金2級×1.25 の額 ということが、 それぞれ理解できると思います。 http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi03.htm また、ANo.1で触れた 「障害基礎年金+老齢厚生年金」の組み合わせ(併給)の件は、 以下を参考になさって下さい。 http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/heikyu.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございました。 よく考えます。

  • 回答No.2
  • motoken
  • ベストアンサー率55% (497/900)

#1様申し訳ありません。補足欄を見て、勝手に回答させていただきました。 >65歳以降に受け取れる年金が老齢基礎年金や老齢厚生年金であってますか? 老齢基礎年金や老齢厚生年金を選択できるということです。 >障害厚生年金3級を受給しても老齢基礎年金や老齢厚生年金が減ってしまったりすることがないのかデメリットが何かあるのか心配になってしまったんです。 1級や2級だと基礎年金分が減るような話を聞いたので。。。 厚生年金や老齢基礎年金は加入期間によって給付額が違ってきます(障害や遺族は最低保障期間があります)が、障害基礎年金や遺族基礎年金は額が法律で決まっています。障害(厚生、基礎)年金を受給したことで老齢基礎年金や老齢厚生年金が直接減る事はありませんが、障害年金を貰うと国民年金保険料は法定免除になりますので、払う必要がない代わりに当該期間は年金額が1/4に評価されて支給されます。ただし、厚生年金に入っている場合や厚生年金に入っていない場合でも国民年金保険料を追納すれば減額評価ありません。 また、2級の障害基礎年金は満額の老齢基礎年金と同額、1級は2級の1.25倍です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 よく考えます。

  • 回答No.1

より詳しい状況が記されていませんので、 一般論で申し上げるしかありませんが、よろしいでしょうか? 初診日時点の公的年金加入要件と、 初診日前の保険料納付要件を満たしており、 既に障害認定日(初診日から1年6か月経過後)に到達済みである、 とします。 ★ 大前提 ○初診日時点で、国民年金か厚生年金保険の被保険者であること ○初診日の属する月の前々月までの被保険者期間において、  その3分の2以上が、納付済か保険料免除期間で占められているか  あるいは、そこから直近1年の間に未納がないこと (被保険者期間 = 国民年金+厚生年金保険) ※ 国民年金の被保険者期間も含める、ということがポイント! このとき、障害認定日時点において障害認定要件を満たせば、 所定の等級による障害年金を受給し得ます。 初診日時点で国民年金の被保険者(第1号か第3号)であったなら、 障害基礎年金(1級・2級のどちらか)の対象となり、 同じく厚生年金保険の被保険者(第2号)であったなら、 障害厚生年金(1~3級のいずれか)の対象となります。 また、障害厚生年金1級・2級では、 それぞれ、障害基礎年金1級・2級も併給されます。 ※ 国民年金第1号被保険者  自営業者、学生、自由業など、自ら国民年金保険料を払う人 ※ 国民年金第2号被保険者  厚生年金保険の被保険者、共済組合の組合員(主に公務員) ※ 国民年金第3号被保険者  第2号被保険者の公的医療保険で扶養されている配偶者 今後の可能性としては、 まず、障害の程度が悪化して2級以上に相当したとすれば、 事後重症として、障害基礎年金(前述のとおり)も受給できます。 3級相当のままであれば、障害厚生年金のみです。 一方、65歳以降は、 老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給対象となります。 1人1年金、という大原則があるため、 種別(老齢、障害、遺族)の異なるもの同士は、併給不能です。 但し、65歳以降については、 「障害基礎年金+老齢厚生年金」が認められています。 このとき、本来の「老齢基礎年金+老齢厚生年金」との選択があり、 障害基礎年金と老齢基礎年金の、どちらか受給額の多い側を選ぶ、 という手順になります。 「障害厚生年金+老齢厚生年金」という組み合わせや、 「障害厚生年金+老齢基礎年金」という組み合わせはありません。 一般には、 「老齢基礎年金+老齢厚生年金」が最も受給額が多いので、 障害の程度が障害厚生年金3級相当の場合には、 仮に障害厚生年金3級を受給したとしても、 65歳以降については、障害厚生年金ではなく 老齢厚生年金を選ぶほうがメリットがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

説明が不足で申し訳ありません。 65歳以降に受け取れる年金が老齢基礎年金や老齢厚生年金であってますか? 障害厚生年金3級を受給しても老齢基礎年金や老齢厚生年金が減ってしまったりすることがないのかデメリットが何かあるのか心配になってしまったんです。 1級や2級だと基礎年金分が減るような話を聞いたので。。。 この話もよく理解できてないので社会保険事務所で説明してもらっても私では理解できないので、家族の者に聞いてもらおうとは思っているのですが、不安でよくわからないんです。

関連するQ&A

  • どちらの障害年金になるのでしょうか?

    精神科に通院している者です。 障害年金の受給を考えているのですが、障害年金って、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」がありますよね?自分がどちらに当てはまるかわかりません。 というのも、初診日には会社勤めをしていたので、厚生年金に加入していたのですが、その後、すぐに退職したため、加入期間はたったの1ヶ月のみ。その後は、ずっと国民年金加入中です。 そこで質問なんですが、給付条件で、初診日が厚生年金か国民年金かで、「障害基礎年金」か「障害厚生年金」か、もらえる障害年金が変わってくるとのことですが、たまたま初診日に厚生年金に加入していたので、たった1ヵ月しか厚生年金に加入していないにもかかわらず、もらえる種類は「障害厚生年金」になるのでしょうか?

  • 障害年金申請

    うつで精神障害3級の手帳は持っていますが、現在は無職で障害年金を申請しようと思ってます。 初診日は会社員で厚生年金を払っていたので、障害厚生年金3級を受給したいと考えてます。 (1)私は初診日から1年6か月が私の場合は経過していないのですが、他の障害のように精神の場合は治癒した日がわかりづらいため、障害認定日限度の1年6ヶ月を経過してからのほうが審査は通りやすいでしょうか? (2)審査の上で、無職のままのほうが有利なのでしょうか?それとも有職者でも審査基準は変わらないのでしょうか? (3)他、申請書を出す際の注意点があれば教えて下さい。 ※上記3点、できれば障害年金申請の知識のある方、もしくは経験者の方のみ答えて頂けると助かります。

  • 障害年金について、いろいろ質問です。

    分かるものだけお答えください。 (1)公務員の場合、共済という年金システムのようですが、この場合は、初診時に厚生年金に加入していれば1年半後に障害認定の権利を得る、というものに該当しますか?つまり、共済でも厚生年金扱いになるのかということです。 (2)学生時代の年金免除についてです。  大学生の間は、二十歳を過ぎていても所得がすくなければ年金が免除になるようですが、実際私もその 免除を受けていました。その期間は未納扱いには ならないものの、日数としてはカウントされているってことでしょうか?  つまり、3分の2以上の納付がないと、障害認定の申請はできないということらしいですが、この大学時代の免除期間も、納付日数としてカウントしてもらえるんでしょうか? (3)初診時に3分の2以上の納付がないと駄目、ということらしいですが、初診日に微妙に3分の2に足りなくて、その後はずっとまじめに年金を払っていたとして、4~5年後に障害認定の申請をしたとします。 その時には既に過去の納付率が6分の5ぐらいまで上昇していたとします。それでもやはり、初診時に3分の2未満だったから、障害年金は受けられないんでしょうか?申請時に、直前の1年間に未納がなければOKというのもあるらしいですが、たまたまその1年の間に、1か月分だけうっかり未納していたとしたら、やはりその人は受けられないんでしょうか? それとも直前の1年間ぐらいの年金はいつでも納付できるから問題ないんでしょうか?そのあたり教えてください

  • 障害年金について

    障害年金申請の発症日についての質問です。 今年 人工股関節置換術を受け、医師に障害年金の診断書をお願いしました。初診日は【平成7年】厚生年金加入ですが、傷病発症日は【昭和55年】です。当時20歳未満でしたが、受給の対象になりますでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 障害年金について いろいろ教えてください

    答えられるものだけでも結構ですのでお願いします。 (1)障害年金は初診から18ヵ月後に認定があるそうですが、その時点でアルバイトなどをしていた場合、「就労不可」とみなされないので、2級の受給は不可になりますか?申請日~認定日まで18ヶ月あるわけですが、この18ヶ月の間で働いていたら不利になるのはいつごろですか?申請時点か、受給時点か、あるいは審査時点か?ということです (2)障害年金2級と3級の、給付条件の違いを教えてください。2級は予後不良、就労不可が条件らしいですが、3級は働ける状態でももらえるってことでしょうか? (3)障害年金をもらいながら働くことはできますか?その場合、2級は更新時に格下げを食らったりしますか?また、3級ならば特に働いても問題ないですか? (4)障害年金2級の計算の平均給与ですが、申請時に全て決まるんですか?それとも認定日まで計算対象になりますか

  • 障害年金

    法律の改正で「障害年金」と」「厚生年金」が併給出来る様になったのですね  最迄知りした  今現在は厚生年金のみを貰っています  5年前迄は障害年金でした  障害年金を貰うのに抵抗があり厚生年金 を選択しました  質問です 1:厚生年金と障害年金を併給した場合の受給見込み額を試算出来るサ イトがあれば教えて下さい(障害の為社会保険事務所に行くのが大変 です 2:受給額は今現在と大きく変わるのでしょうか? 64歳 男性 既婚 

  • 障害年金と厚生年金

    父親についてです。 厚生年金に約21年、国民年金に約20年加入しております。 来月60歳になり老齢厚生年金の報酬比例分を受給する ことになっているのですが 国民年金加入時に障害者になり、認定日を最近むかえましたので 厚生年金ではなく障害年金の申請をして、そちらを受給 しようかと考えていたのですが、障害者であれば 60歳から定額分も受給できるという話を聞きました。 近々、社会保険事務所へ行って相談しようと思っているのですが 行く前に自分なりに理解してから行きたいと思っています。 この制度に詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただきたくお願い致します。

  • 障害年金について

    現在47歳です。 若い頃に2~3年保険料を納めていましたがその後は滞納していました。 4年前から生活保護を受けそううつ病で通院を始め精神障害3級に認定されました。 この度年金機構で障害年金受給の申請をしましたが保険料未納期間が長いとのことで断られました。 なんとか障害年金を受給する方法はないでしょうか?

  • 障害年金

    こんにちは 現在障害年金を受給しています。 仮に正社員になり厚生年金を支払うようになれば 障害年金の受給はストップしますか? 教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 障害年金の厚生年金について

    私は障害年金(国民年金+厚生年金)を受給しながら 在宅で仕事をしており、毎月厚生年金保険料が控除されています この厚生年金保険料は、 すべて老齢厚生年金に反映されてしまうのか? いま受給中の障害年金の厚生年金には反映されないのか? =障害年金受給額が増えることはないのでしょうか?

専門家に質問してみよう