• ベストアンサー
  • 困ってます

障害厚生年金の申請と、遡り申請について

このたび、妻が精神の障害年金2級の認定がされました。 そのため障害基礎年金を受給できることになりましたが、自分が調べたことでいくつか質問があります。 1.障害厚生年金について 1年半前に現在の病院に妻が通院している時点で厚生年金に加入しておりました。 この1年半の間もずっと厚生年金は支払っております。 この場合、2級であれば障害基礎年金と障害厚生年金を受給できるとネットで調べたのですが、保険年金証書には厚生年金保険の部分は未記入で、障害基礎年金の部分のみに記載があります。 これは障害厚生年金はNGだったということでしょうか? または障害厚生年金は別途申請が必要なのでしょうか? そもそも、障害厚生年金の費用も加算されてこの額(子ども一人いるため、約100万/年)なのでしょうか? 2.何かで見たことがあるのですが、年金は最大5年間にさかのぼって受給できるということだったのですが、これは ・初診にさかのぼって(この場合であれば1年半前から) ・1年半を過ぎてから ・すでに遡り申請はできない ・さかのぼり申請は別途申請が必要 ・さかのぼり申請が可能であればすでに証書に書いてあるはずなので、今回は無いということ のどれになるのでしょうか? そもそも子どもが障害があるため、別途手当をいただいたり、子ども手当があったりなので、もうこれ以上は手当はない、というようなことがあるんでしょうか? いろいろ調べてみてもわからないことだらけです。 もしよろしければ教えていただければ嬉しいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5902
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#133552
noname#133552

年金証書(年金決定通知書)は届いているのでしょう? いつ届いてますか? これが届いたあと、おおよそ40~50日後に、年金振込通知書が届きます。 今後の振込予定額が記されています。 同時に、年金初回支払額通知書も届きます。 実に細かく計算された内容が記されています。これがずばり、初回振込額です。 一般には、「障害認定日のある月の翌月分(イコール支給開始年月)」から「★の3か月前の月の分」までです。 そうしたら、すぐ後の15日(偶数月とは限らない)が初回振込です。 年金証書が届いた日から40~50日後の「15日」が、振込日の目安です。 その次に来る偶数月(★)以降は、通常の振込(前々月分&前月分)です。 例えば、わたしが経験した例。 3/31に請求、7/31に年金証書(年金決定通知書)が到着、9/9~9/12にかけて年金振込通知書と年金初回支払額通知書が到着。 この結果、初回振込は9/15でした。初回振込額は、上で書いたとおり(要は7月分までまとめて一気に振込)。 10/15以降は通常振込で、8月分・9月分が振り込まれました。 >初回に関してはとても微妙なのですね・・・ 微妙もクソもないですよ(苦笑)。 年金のしくみを知っていれば、年金証書を見ればわかりますからね。 はっきりいって、あなたたちが勉強不足なだけです。 受ける以上は、もうちょっと勉強しましょうよ。知らないことで損をしてしまう、ということすらあり得るんですから。 >年金機構に問い合わせるしかないんでしょうか・・・ 問い合わせたところで、いままで説明させていただいた以上のことは返ってこないと思いますよ? 基本中の基本、といいますか、請求のときに、既にちゃんと説明されてるはずですよ?(最近は、すごくサービスがよくなってきてるので、きちっと説明してるはずです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 障害基礎年金と障害厚生年金の併用について

    18歳より現在の2*歳まで厚生年金を支払ってまして、 障害年金2級に認められている場合で質問があります。 現在受給資格がある障害厚生年金だけではなく 障害基礎年金の方も申請すれば受給資格が得られるのでしょうか? それとも現在は障害厚生年金のみで65歳から申請すれば、 障害基礎年金の受給資格が得られるという認識でよろしいでしょうか? その場合には何か特別な条件などありますでしょうか? 最後に質問です。 障害厚生年金をもらっている状況でも、 会社で厚生年金をずっと支払い続けてた方が良いのでしょうか? その場合のメリットも教えて頂けると助かります よろしくおねがいいたします

  • 現在障害基礎年金2級。障害厚生年金3級に変更?

     よろしくお願いします。  現在障害基礎年金2級を受給させて頂いております。  先日、医師に今後とも年金を継続受給できますか?と御伺いしたところ、「できますよ」との回答でした。  ただ、「2級から3級に落ちることはあるかも」ともいわれました。  3級と言うのは、障害厚生年金にしかないのではないでしょうか。基礎年金にはないはずでは。  落ちるということは、基礎年金2級から、厚生年金の3級に変更になるということでしょうか?    そもそも、障害認定日の20歳のときは、親の厚生年金の扶養に入っていたはずですから、障害厚生年金がもらえるはずですが、何故私は基礎年金を受給しているかわかりません????

  • 障害基礎年金と障害厚生年金の併給???

    障害厚生年金について質問です。 知的障害が理由で障害基礎年金2級を受給しながら社会保険のある会社で働いて例えば鬱病になって精神病院通って障害厚生年金を社会保険事務所で申請したとします。 (1)年金のパンフレットには年金の仕組みが改正されてH18年から障害基礎年金と障害厚生年金を同時に併給できるとなっています。 しかし、障害厚生年金の1~2級に該当されたら障害基礎年金も併給とありますが、既に基礎を受給してるときはどうなるのですか? (2)もし障害厚生年金3級に該当したら最低保障額がありますが、障害基礎年金はそのまま受給できますか? (3)知的障害で障害基礎年金を受給したら障害厚生年金では知的障害以外の理由が必要ですか?(精神障害など) たぶん20歳すぎて知的障害はあまりないと思うので・・・(既に基礎受けてるのもありますし) (4)ようは障害基礎年金受給してる方が障害厚生年金を受けるには既存の病気以外に病名が必要ってことですか? (5)初診から1年半受診とありますが、そうなると最低1年半は働かないといけないという事ですか? 1年で退職したらどうなるのですか?(受診は継続と仮定) 他のサイトで回答がありました。 「2級の障害基礎年金を受給中に2級の障害厚生年金の受給権が発生した場合、2級の障害厚生年金と併合認定された1級または2級の障害基礎年金が併給されます。」 併給の基礎年金の額はどうなるのですか? そもそも「併給」ってなんですか? 日本語がわかりません・・・ 

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#133552
noname#133552

> 結局、認定が3月なら支給は4月、つまり、実際に受給できるのは6月、というわけですね。 いいえ。必ずしも正しい解釈じゃありません。 受給権獲得年月の翌月分から支給が開始される、ってとらえて下さい。 そして、通常は、各偶数月に前々月分と前月分が支給されるけれども、初回振込に限ってはそうならない(偶数月以外でも振り込まれることがあるし、前々月分・前月分だけとは限りません)っていうことも知っておかないとだめです。 実例で示したほうがわかりやすいかもですね。 わたしが経験してる事例で示してみると、以下のような感じになります。 イメージは伝わるでしょうか? 【 本来請求のときのさかのぼりの例 】 ● 初診日:平成5年9月 ● 障害認定日:平成7年3月(初診日から1年6か月経過後) ● 障害認定日のときに、年金法でいう障害の状態に至っていたか?:至っていた ⇒ 本来請求 ● 実際に請求をした年月:平成21年3月 ⇒ 障害認定日より1年以上が経ってしまっている ● 受給権取得年月:平成7年3月(本来請求だから、障害認定日のある月になる) ● 支給開始年月:平成7年4月(受給権取得年月の翌月) ● さかのぼりはいつまで?:平成16年2月分まで ● なぜそうなるの?  平成21年3月よりも前の、直近の支払月(各偶数月)は平成21年2月。  その前月がさかのぼりの基準点になるので、平成21年1月から過去に最大5年をさかのぼる。  そうすると、平成16年2月までさかのぼれるから。 ● 結果的に、時効で消滅してしまう支分権:平成7年4月分~平成16年1月分 ● さかのぼり分も含めて初回に受け取れるもの:平成16年2月分以降の分 【 本来請求の例 】(障害認定日から1年以内に請求できたとき) ● 初診日:平成5年9月 ● 障害認定日:平成7年3月(初診日から1年6か月経過後) ● 障害認定日のときに、年金法でいう障害の状態に至っていたか?:至っていた ⇒ 本来請求 ● 実際に請求をした年月:平成8年1月 ⇒ 障害認定日よりまだ1年以上が経っていない ● 受給権取得年月:平成7年3月(本来請求だから、障害認定日のある月になる) ● 支給開始年月:平成7年4月(受給権取得年月の翌月) ● さかのぼりはいつまで?:平成7年4月分まで(まるまるさかのぼれる ⇒ 時効消滅分もない) ● さかのぼり分も含めて初回に受け取れるもの:平成7年4月分以降の分 【 事後重症請求の例 】 ● 初診日:平成5年9月 ● 障害認定日:平成7年3月(初診日から1年6か月経過後) ● 障害認定日のときに、年金法でいう障害の状態に至っていたか?:至っていない ⇒ 事後重症請求 ● 実際に請求をした年月:平成21年3月 ⇒ 障害認定日より後に“年金法でいう障害の状態”に至った ● 受給権取得年月:平成21年3月(事後重症請求だから“実際に請求をした年月”になる) ● 支給開始年月:平成21年4月(受給権取得年月の翌月) ● さかのぼりはあるの?:ない ● 初回に受け取れるもの:平成21年4月分以降の分

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実例まで示していただいてありがとうございます! 初回に関してはとても微妙なのですね・・・ かなり困窮している状態なので少しでも入ると大変ありがたいのですが、年金機構に問い合わせるしかないんでしょうか・・・

  • 回答No.3
noname#133552
noname#133552

奥さん自身は、初診日時点で無職だったでしょう? あなたは厚生年金保険に入っていて奥さんを扶養してたかもしれませんけれども、あなたが厚生年金保険だからといって、奥さんは厚生年金保険には入ってなかったわけです。 このとき、あなたに扶養されてる奥さんのことを、国民年金第3号被保険者といいます。 ここで大事なのは、奥さんは国民年金の被保険者でしかない、ということ。 したがって、奥さんが受けられる障害年金は、障害基礎年金だけです。 そこを大いに勘違いしています。 基本中の基本なんですけれど。 初診日のときに国民年金第2号被保険者(厚生年金保険の被保険者のこと)だった人以外は、障害基礎年金しかあり得ません。 初診日のときに国民年金第1号被保険者(自分で保険料を納めないといけない)や国民年金第3号被保険者(第2号の人に扶養されている配偶者。自分で保険料を納める必要がないだけで、第1号の人と変わらない。)だったとき、初診日が20歳前だったときは、障害基礎年金だけです。 要は、奥さんは、初診日のときに国民年金第3号被保険者だったんですね。 だとしたら、奥さんは、これからも障害厚生年金を受けられることはありません。 次に子の加算額。 これは、障害基礎年金(1・2級のとき)に付きます。 平成23年度(年金額、加算額は物価に応じて増減しますよ)だったら、あなたの奥さんの場合だと、2級788900円(年)と子1人の加算227000円(年)を足した、計1015900円(年)になります。 障害厚生年金(1・2級のとき)に付くものは別物です。配偶者加給年金と言います。 ただ、1・2級の障害厚生年金を受けられる人は、同じ級の障害基礎年金も受けられます。 そのため、結果として、配偶者加給年金と子の加算をともに受けられることもあり得るわけなので、受給額はもっと多くなります。 次に、さかのぼり支給との関係。 これは、障害年金の障害認定日のこととか、本来請求と事後重症請求の違いをちゃんと理解できてないと、話になりません。 そもそも、年金証書の見方ってわかってますか? それを見れば、さかのぼりが認められたか(本来請求か)、それとも事後重症請求なのかもわかりますよ。 初診日から1年6か月が経った日が、障害認定日です。 で、その時点で障害年金の基準に該当していれば、受給権が障害認定日が存在する月に発生します。 そして、実際の支給はその翌月分から、という決まりがあるので、支給開始年月はその翌月です。 これらは、年金証書に全部書かれてますよ。また、次回診断書提出年月も年金証書に書かれてます。 これが本来請求です。 障害認定日から1年以上が経ってしまってから本来請求をしようとすることを、遡及請求といいます。 さかのぼり、っていうのはこれです。 障害認定日のときまでさかのぼれます。 但し、支分権(受給権[いったん獲得したら死ぬまで有り]があるときに、実際に支給を受けられる権利のことを言います[実際の支給は、障害の軽減などによる停止があり得るから]。)の時効は5年なので、さかのぼったとしても、いまから最大5年前までの分しか受給できません。 最後に事後重症請求。 これは、障害認定日のときにはまだ障害年金の基準を満たすような障害の重さではなかった、というとき。 その後、65歳になるまでに障害が悪化して基準を満たしたときは、その満たした時点で初めて請求できます。これをいいます。 受給権は、請求をした月に発生します。さかのぼりは認められません。 実際の支給は、請求をした月の翌月分からです。もちろん、さかのぼりは認められません。 以上を踏まえて、年金証書を見てみて下さい。 本来請求なのか事後重症請求なのか、今度はわかるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しく解説いただきありがとうございました。 内容も十分私のわからないことをお答えした内容で、満足しております。 自分もずっと調べてみたんですが第3号被保険者の場合は国保の加入扱いになるため、障害厚生年金はないということを見つけました。 結局、認定が3月なら支給は4月、つまり、実際に受給できるのは6月、というわけですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • yasuto07
  • ベストアンサー率12% (1343/10621)

私が病院にいるときは、別々にもらっている人はいませんでしたよ。 精神2級で100万円は、ありえないのでは。 うちの息子も、最近、精神?身障?で、2級 通りましたけど、年間80万円弱ですよ。国民年金だからかな。 もしかしたら、差額を含んで、100万円なのかも、 詳しくは、病院のPSWに聞きましょう。そのほうが早いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2級で80万弱+子供の加算で約100万です。 今調べてみたら、第3号被保険者が障害厚生年金を受給する資格があるかどうか、ということを自分は調べているようです。 ない、という回答も散見しますが、細かい説明はどこにも書いて無くてわからないんですよね。。。

  • 回答No.1
  • yasuto07
  • ベストアンサー率12% (1343/10621)

その辺は、ブラックボックスなので、 いまでも、精神科に通院しているのであれば、 そこの精神科社会福祉士や、PSWに聞いてください。 彼らはプロですので、的確に答えてくれますよ。 市役所でもいいけど、病院のPSWのほうがよく知っていますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。 ブラックボックスということは、あまりおおっぴらに言ってほしくない、という年金機構側の気持ちがある、ということでしょうか?? 仰る通り妻はいまだ通っておりますのでそちらのほうにも伺ってみたいと思います。 ただ、そもそも障害基礎年金の申請とは別に障害厚生年金の申請が必要なのか、またはうちの妻がその受給要件を満たしているのかがわからないんですよね。。。

関連するQ&A

  • 障害基礎年金 障害厚生年金の受給要件

    障害年金について質問します。 現在、35歳下肢切断で20歳前障害基礎年金2級を受給しております。 19歳が初診日でした。 昨年申請し、遡及も通り受給しております。 初診日以前から仕事をしており 社会保険にも加入しておりました。 加入期間は2~3ヶ月位だと思います。 障害基礎年金申請時に、障害厚生年金の事を知らず、基礎年金だけの申請をしました。 この場合、今から別途障害厚生年金の申請はできる物なのでしょうか? また、障害厚生年金申請した場合、20歳前要件は外れてしまい、基礎年金を受給できなくなってしまいますか?

  • 障害厚生年金+障害基礎年金のダブルは65歳~?

    障害厚生年金の人は障害基礎年金とダブル受給出来るという事なのですが、これはすぐに受給出来るわけではなく、65歳以上になってからダブル受給という認識でよいのでしょうか? もしすぐにできるのあれば、明らかに障害基礎年金と差がありすぎですよね・・・。障害基礎年金も厚生年金に加入していれば、65歳になったら老齢障害厚生年金のダブル受給資格があったと思いますので、やっと平等といったところでしょうか。

  • 障害厚生年金について

    僕はアスペルガー症候群、不安障害で障害基礎年金2級を受給させていただいております。僕の母親が障害厚生年金の申請をしております。3級や2級になるとどれぐらい支給させていただけますか?平均どれぐらいいただいておりますか?教えて下さい。よろしくお願い致します。

  • 障害基礎年金受給者が障害厚生年金を受給できますか?

    現在、障害基礎年金を受給しています。 今後働いて一定期間厚生年金を収めた場合、新たに障害厚生年金を受給することはできるのでしょうか。

  • 障害基礎年金+障害厚生年金

    現在1級を受給中です。もうすぐ60歳定年です。 現在障害枠で勤務し約9年厚生年金支払い中の(嘱託社員)です。 1.60歳で退職した場合このまま障害基礎年金+障害厚生年金を受給  継続がいいのでしょうか。また老齢厚生年金の選択もあるのでしょう  か?又、退職の場合国民年金支払いはどうなりますか。 2.60歳からもう一年厚生年金を払い嘱託社員として勤務して今まで通 り障害基礎年金+障害厚生年金を継続受給したほうがベストなので  しょうか。  よろしく願いします。

  • 障害厚生年金3級の65歳以降の年金選択について

    お世話になります。 56歳の会社員で障害厚生年金3級受給者です。 65歳以降も働き、繰下げ加算(42.0%増)し70歳から年金受給したいと思います。 基礎年金は40年の加入限度がありますが厚生年金は加入可能かと思います。 65歳以降の年金受給方法は以下の(1)(2)からの選択しかない事を確認しました。 (1)「障害厚生年金3級」 (2)「基礎年金+厚生年金」 繰下げで69歳11ヵ月まで(1)を選択、70歳0ヵ月以降(2)を選択したいです。 障害厚生年金3級は69歳11ヵ月まで受け取れますか? お手数ですがご教示をよろしくお願い致します。

  • 障害厚生年金について

    みなさんこんにちは。 今回質問させていただきましたのは、6月15日の中日新聞の朝刊にて障害厚生年金について初めて知りました。私は聴覚障害者で現在、障害基礎年金1級および子の加算1名を受給しております。この障害基礎年金の他にこの障害厚生年金を受ける事が可能なのでしょうか? 現況ですが私は現在39歳で既婚・子供が2人(10歳と7歳)います。障害基礎年金の事も平成5年頃まで知らず平成6年5月に受給権を取得しました。身体障害者として認定されたのは昭和44年12月ですが当時の障害の程度がだんだん重くなり現在に至っております。 家内(39歳)も聴覚障害者であり障害基礎年金1級を受けております。家内はパート(年収100万未満)ですが家内も障害厚生年金を受給する事が可能なのでしょうか? 障害厚生年金についていろいろネットでも調べているのですがいまいち(^^;)よくわからないのでご教授頂きたくお願い致します。 追伸 もし受給できる事であれば60歳以降の老齢年金について何か変化(今もらうと60歳以降の老齢年金支給額が減らされる?)があるのかも知りたいです。もしかして老齢年金か障害厚生年金のどちらかの選択??

  • 障害厚生年金と障害基礎年金

    障害厚生年金と障害基礎年金の違いを知りたいのですが どこが違うのでしょうか? また私は精神病になり初診日から一年しかたっていないので基礎年金 は受けれないのはわかりますが 厚生年金は受けることは可能なのでしょうか?

  • 障害厚生年金と障害基礎年金について。

    国民年金・厚生年金保険年金証書が送られて来ましたが、 国民年金、障害基礎年金の方には障害等級2級と書いて有りますが、 厚生年金、障害厚生年金の方は金額は書いて有りますが、 障害等級については書いて有りませんが、この場合は同等級と考えて 良いのでしょうか?

  • 65歳以上での障害厚生年金の受給について

    障害厚生年金2級受給者です。現在まだ就業中のため、厚生年金(老齢基礎年金含む)を支払っています。 症状が重くなり通勤が厳しくなり退職を考えています。 ・老齢基礎年金は65歳まで支払う(収入により猶予・減免と思います)  そして65歳から老齢基礎年金として受給する ということは知っています。 そこでお教えいただきたいのは厚生年金部分についてです。 ・仕事を辞めた後、厚生年金を支払う事ができません。  通算300か月に達さない場合、65歳以上では厚生年金を  需給する事が出来なくなるのか と言うことです。 お教えの程よろしくお願いいたします。