• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

この文章は、第2文型ですよね?

(1)He made as if to strike me. (2)He made as if he were ill. makeが、自動詞として働く場合、その後ろに来ているものを、補語と見ていいのか、なかなか判断し辛いと思います。  上の例文は、いづれも 『~のふりをする』というやつで、as if以下を補語と見て、(1)、(2)、共に、第2文型であると判断したのですが、いかがなものでしょう? ちなみに (1)彼は、今にも私を殴ろうとするようなふりをした。 (2)彼は、病気のようなふりをした。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数752
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんにちは。こんにちは。3/31の国語のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。 ご質問1: <makeが、自動詞として働く場合、その後ろに来ているものを、補語と見ていいのか、なかなか判断し辛いと思います。> 意外と簡単です。 1.自動詞には完全自動詞と不完全自動詞があります。補語がくるのは後者です。 2.完全自動詞はSVの第1文型になる動詞です。Makeの完全自動詞は単独では「作る」「こしらえる」という意味しかありません。 3.あるいは前置詞を伴えば完全自動詞になります。 例: make for「~に進む」「~に役立つ」 make in「~に向う」 make off「逃げる」 ご質問2: <as if以下を補語と見て、(1)、(2)、共に、第2文型であると判断したのですが、いかがなものでしょう?> それで正解です。 1.このmakeは「作る」「こしらえる」では意味が通じません。 2.この文はas if節を補語として補って、「あたかも~のようにふるまう」として初めて意味が通じるのです。 3.as if節を補語とする第2文型の構文は、他にも以下のような動詞で一般に見られます。 例: I feel as if「あたかも~のように感じる」 It seems as if「あたかも~のように思われる」 He looks as if「あたかも~のように見える」 4.これらの動詞の訳が、典型的な第2文型の用法になっていることを考えれば、make as if「あたかも~のような、ふりをする」→「あたかも~のようにふるまう」もまた、同じく第2文型になることは明瞭です。 5.つまり、ここでのas if「あたかも~のような」という、SVCの補語Cとなる「形容詞節」として使われているのです。 このas ifの解釈は非常に単純なものなので、真の専門家なら上記と同じ回答になるはずです。 なお、この手の問題は受験や試験ではよく出されます。特に、「このmadeと同じ働きのmadeを探せ」、「このmadeと構文上同じ働きの動詞を探せ」といった選択問題も多く、そのような設問ではこうした文型の知識が必要になってきます。 make as ifのmakeが、補語をとる第2文型の不完全自動詞である、という知識を得ることは決してどうでもよいことではなく、受験に役立つ大切な知識となりますので、専門家を目指さなくても知っていて損はないのです。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

3/31?ああ、『either』の件ですね?いつもいつも懇切丁寧な解説ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。m(__)m  

質問者からの補足

そうでした。不完全自動詞なら、第2文型ですよね?その視点(目の付け所)をうっかりしていました。今後も、ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。  ところで、make には、make merry  とか、make sure 、make bold to do  とかの、連語があるじゃないですか?それらの文章は、第何文型に分類されるのでしょう?また投稿しますので、是非 ズバッと核心を突いた解説よろしくお願いいたします。m(__)mではまた。(^^)/

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんばんは。 もしかして、言語学者を目指されていますか? この手の質問には、色々な回答がぶらさがり、「専門家」と自称されている方々でさえ、それぞれ違う回答が来る場合もあります。 make は「何かのふりをする」という自動詞であるととらえれば、第1文型(SV)でしょうし、 as if がなければ make という動詞が全く意味を成さないと考えれば、第2文型(SVC)でしょう。 私は、as if を補語としてとらえることには無理があると思いますので、たぶん第1のほうだと思います。 しかし、 第1だの第2だの覚えたところで、試験で問われることもないし、 実用上も何らメリットはないので、どうでもよいと思っています。 ちなみに、 こちらでは、第2文型を作る動詞として、make がリストに入っていません。 http://e-grammar.info/pattern/pattern_12.html 以上、ご参考になりましたら。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

SVCの文型で補語はS=Cと取れるかどうかですね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 動詞と5文型

    5文型と動詞に付いて聞きたいのですが。 英語の参考書に自動詞の後ろに直接名詞を置いてはいけない、前置詞を付けないといけないと書いていました。しかし2文型の動詞は自動詞ですよね。 となると、主語の後に補語になる名詞を置くのはおかしいのではないかと思いました。 例えば The girl became a doctor とか 自動詞と他動詞について詳しく教えて欲しいです。

  • フランス語 6文型について

    フランス語の6文型について  第1文型 自動詞構文 S+Vi 第2文型 繋合動詞構文 S+Vi+A 第3文型 他動詞構文  S+Vt+O・D 第4文型 間接他動詞構文 S+Vt+O・I 第5文型 二重目的補語構文 S+Vt+O・D+O・I 第6文型 繋合他動詞構文  S+Vt+O・D+A という考え方について調べています。 テキストの例文 1)Il s'est levé tard. 2)Le vin blanc se boit frais. では tard と frais がC(C.C. 状況補語)に分類されてるので、 この場合 1) S+(助動詞)+V.pr.+C.C. (ad.) 2) S +V.pr.+ C.C.(a.d.)   第1文型 になるのでしょうか? そうすると V.pr. は自動詞に近いことになります。 また  3)Il parlait les yeux baisses. 4)Il marche une canne à la main. でも動詞以下はともにC.C.に分類されており 3),4)S+Vi+C.C.(a.d句) 第1文型になります。 3)については S+Vt+OD+A 第6文型は 成立しないのでしょうか?

  • 第二文型の英文の考え方。これであってますか?

    They met enemies, but parted friends. この文章は「第二文型に準じるもの」との説明でした。 (1)省略しない場合、 They met as enemies, but they parted as friends.でしょうか? (2)また、何も知らずにこの英文に出会ったとき、 第2文型と判断するのには何が基準になりますか? 2文型と知っているから意味上でThey=enemies They=friendsととれてSVCと理解できますが その前提知識なくこの英文見たら、 特にThey met enemies はmetが他動詞で目的語enemiesのように見えてしまいます。 (3)(以下の考え方はあっていますか?) 最初にbut以下から意味をとる。 partedの主語はThey ↓ partは彼らが別れるという意味で使われている friendsの前にasを補って考える。 ↓ カンマ以前と対比すると 彼らは敵として出会ったという意味が自然。 ↓ enemiesは目的語じゃなく、meetは自動詞、asを補って意味をとる。 (4)結論は以下であっていますか? ・enemiesはmet、friendsはpartedを修飾する副詞と考えれば、第一文型 ・they=enemies they=friendsと、それぞれ主語を説明していると補語と考えれば第二文型

  • 第5文型(SVOC)で、Cに動詞はこないんじゃ…

    おはようございます。いつもお世話になってます。 早速質問ですが、 I won't let you be idle. I will make him do as I say. この2つの英文は第5文型だと思うんですが、補語にあたる部分は名詞か形容詞しかダメだったと思うんです。でも、be idleとdoって動詞の働きですよね??なんかよく意味が分からなくて、脳痛がしてます。これは例外なのか、それか5文型じゃないのか分かりません。どうか宜しくお願いします!

  • 5文型をとるmakeの使い方

    初めて質問をします。宜しくお願いします。 先日、中学生から下記のような質問を受けました。 問:日本語訳にあわせて正しい動詞の形を選べ(makes, made )。 The movie make him famous.(訳:その映画は彼を有名にした。) 学校の答えではmakesだそうですが、どうしてmadeではないのか分かりません。 ちなみに、前後の文脈はなく、上記の文が単独で出てくる問題です。 ある先輩に聞くと、「映画が彼を有名にした後、今も有名な状態が続いているから」と言われました。 でもそれならば、なぜ完了形を使わないのかと思うのですが。 例えば、The movie has made him famous.でしょうか?? そもそも、中学校の英語で、特殊な使い方があれば学校の先生が解説してくれると思うのですが、特に解説はありませんでした。 色々と調べましたが、5文型を作るmakeの例文でそのような使用例が探せませんでした。と、なると焦点は文型ではなく動詞そのものの使い方になるのかと思って古い辞書ですが(12年前のジーニアス)調べましたが、そのような解説は見当たりません。 makeという動詞にそのような継続的な意味が含まれるのか、それとも作問自体が間違っているのでしょうか。make という動詞に詳しい方いらっしゃれば、教えて頂きたく宜しくお願いします。 とっても困っております。

  • 第5文型での代名詞の使用について

    英語初心者です。よろしくお願いします。 第5文型(SVOC)についてですが、「CはOを説明するものだ」と言う事は分かったのですが、以下の2文が第5文型にあたるかどうか、判断できません。目的語以下の代名詞を使った説明文が目的格補語にあたるのかどうか、教えてください。 私自身は2文ともに第5文型であると思うのですが、いかがでしょうか? 1.In his ordinary life, again, he remembers almost everything that he expected   to remember. 2.The same may be said, no doubt, of anglers who forget fishing-rods.

  • 第四文型の受動態について

     こんばんは。  文法書の表示によると、第四文型の受動態には2通りの受動態が可能ですが、「動詞がmake,buy,get,sing,read,writeなどの場合は、IO(人を表す目的語)を主語にした受動態は不自然です。」とありますが、いまひとつピンときません。どのあたりが不自然なのでしょうか。もう少し詳しい説明をお願いします。 例  He made me a new suit. →(○)A new suit was made (for) me by him. (×)I was made a new suit by him.

  • hesitateなどの自動詞+不定詞が第2文型として辞書に掲載されています。解説お願いします。

    yahoo!のプログレッシブ英和中辞典ではhesitateやlongの自動詞+不定詞の場合、第2文型として掲載されています。 例LONG [動](自)[I[副]/II to do] ローマ数字が文型です。 例文のHe is longing to see you.などは副詞的用法として第1文型として解釈するのが一般的であると思います。 私も5文型ですべてを分類するのには無理があると考えています。 ただ、英語を話せるようにもなりたいのですが、英語教師にもなりたいので文型などの文法知識も習得したいと考えています。 hesitateやlongの自動詞+不定詞をどのような解釈で第2文型として扱っているのわかる方に教えていただきたいです。

  • 第5文型(SVOC)を取る場合は?

    「I held the ladder steady as he climbed to the top.」 「彼が上まで上っている間、私は、はしごをしっかりと持っていた」 この文ですが、I(S) held(V) the ladder(O) steady(C) と理解しましたが・・・ O=C ハシゴ=しっかりとしている という風にもまぁ納得できるのですが・・・。 ハシゴがしっかりとしているってよりもハシゴをしっかりと持っているんですよね。 だからI held the ladder steadly と形容詞のところを副詞にしたくなっちゃうのですが・・・。 元の文でも納得できないこともないのですが、もし元の文がただしいのであれば、どういう場合にSVOCを取ると判断すればよいのでしょうか?? たとえばthey made the room warm.のような文だったら、部屋をあったかくするんだから、they made the room warmly.なんておかしいってのは感覚的にわかるんですけど、I held the ladder・・・ の文はSVOCの文型をとってもCの形容詞を副詞にしてもどっちも通用しそうなんですよ。だから文の解釈がむずかしいのですが、お願いします!

  • He acts as if ~.

    「as if 仮定法」の使い方について、 主節の動詞との関係で時制が決まるという説明の4種の例文を、以下のようにしている本がありました(書籍名を失念してしまいました)。 1) He acts as if he were helping them. 2) He acts as if he had helped them 3) He acted as if he were helping them. 4) He acted as if he had helped them. 1)をHe acts as if he helped them.、3)をHe acted as if he helped them.としていない理由は何かあるのでしょうか。進行形にしないほうが、説明としてはシンプルだと思うのですが、あえて進行形にしてた意図は何か考えられますか。