• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

すごい絶縁体を教えてください!! 

スタンガンの電極の間に絶縁体を置いて電気を流れなくしたいのですが、どうすればよいでしょうか? スタンガンは、数万~数十万ボルトの電圧を発生させます。 電極の間は3~4センチです。 そして この間に何かの絶縁体をしいて電気を流れなくしたいです。 ちなみに8万ボルトのスタンガンは、 シリコンを電極間に敷き詰めて、絶縁することに成功しました。 問題は90万ボルトの方です。 まだ試していませんが、 シリコンを敷き詰めるだけで絶縁できるのかどうかわかりません。 そこで シリコン以外でもっと抵抗の大きい素材を知っていたら教えてください。 あと、スタンガンの電極の極性を調べたいのですが、 通常のテスターでは電圧が大きすぎて壊れてしまいました。 何かよい方法があったら教えて頂けないでしょうか? 電気を流さずに極性を知る方法ってありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1392
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • tance
  • ベストアンサー率57% (402/704)

第2の質問を見過ごしていました。ちょっと遅かったかもしれませんが お答えします。 スタンガンの出力の電圧極性を知る方法ですが、もともとトランスにより 出力されるものですから、直流成分は出てきません。つまり、平均すれば 極性はなくなります。(高圧はプラスマイナス等しく交互に出る) ただし、プラスとマイナスの出ている時間がアンバランスだと、平均 すれば0Vであってもピーク電圧には違いがでます。ピーク電圧の極性を 計るというのであれば、オシロスコープで簡単にできます。 オシロスコープがないと、ちょっと工夫が必要でしょう。 なにしろ高圧でパワーもあるので測定器を壊さないようにしなくては なりません。大きなガラス板や塩化ビニール板やプラスチックの板 で仕切って、オシロスコープのプローブをどちらかの電極側から近づけ ます。プローブ先端はオープンのままにします。 波形は相当きたない波形だと思いますが、0Vからどちらかに偏って 波形が出ていれば、近い側の電極がその極性だと言えます。 遠くても十分測れますから近づけ過ぎないようにしてください。 あまり遠いと、反対側の電極の影響も同じくらい受けてしまうので そのあたりはやりながらさじ加減をします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!! スタンガンには極性は(平均すれば)ないのですね!! 貴重なご意見ありがとうございました! また2度も回答してくださって、 ほんとありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 絶縁体中にある電極間の電界について

    はじめまして.現在下図のようなモデルにおける電極中心間の電気力線を式で表し,絶縁体1と絶縁体2の境界面を抜けるy方向の電界強度を求めたいと考えています. 変数は絶縁体1の厚さT,電極幅a,電極間隔b,絶縁体2の比誘電率ε2です. また,各変数の範囲はa,b=0~5mm,T=0~5mm,ε2=1~10,与える電圧は0~3000V,電極厚さは0.02mm,絶縁体2の厚さは5mmです. 特に,厚さTが大きくなると絶縁体1・2の境界面に届く電気力線は小さくなっていくと思うのですが,そこをどのようにあらわせば良いかが悩んでいます. 是非よろしくお願いいたします. _________________ __________________絶縁対2(ε2)                  絶縁体1(ε=30)                          厚さT     電極幅a____←b→ ____    _ _ |電極+|   |電極-|__      //////絶縁体基板///////  

  • 高誘電率 絶縁体 液体

     私は現在、大学の研究で電極間の液体に電圧をかけて液体を動かすと言う研究を行っています。現在はその駆動液にシリコーン油をつかっているのですが、この度、極性のある液体に変えてみたく、現在探しています。 ・高い誘電率 ・絶縁体、または半導体 ・液体 ・危険でないこと。(触れても洗えば大丈夫であること) このような条件の当てはまるものがあれば教えてください。   いろいろと探したのですが、電気の学生であるためか知識不足のため、良いものが見つかりませんでした。どなたか、良いものをご存知であればお願いします。

  • インピーダンス 溶液 絶縁体

    溶液中の絶縁体によるインピーダンスの変化について教えてください. 2枚の電極板の間に電解質をいれて電極間に交流電圧を印加します.電極の界面インピーダンスの影響を受けない周波数におけるインピーダンスの値を測定するとします.このとき,電極間に絶縁体を入れるとインピーダンスは高くなりました.溶液中の絶縁体の体積が大きくなるほど,インピーダンスは高くなりました.絶縁体には電流は流れないはずなのに,絶縁体によってインピーダンスが高くなるのはなぜでしょうか?感覚的には絶縁体は高抵抗であるからインピーダンスは高くなりそうな気がしますが,はっきりとした理由がわかりません.絶縁体付近で電流密度が変化するからなど,いろいろ考えましたが,いまいちわかりません.ご教授お願いいたします.

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#65902

思いつきだし、反則かも知れませんが、 片方の電極を絶縁体で覆ってしまい、 放電電流の経路を経つ、というのはいかがでしょう。 粘土のようなものなら隙間なく覆えると思いますが。 「ではそのような絶縁体って何があるの?」の答えは持ってませんけど...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。 電極に何かするという手も考えられますね。 ご回答下さってありがとうございます。

  • 回答No.3
  • tance
  • ベストアンサー率57% (402/704)

電極間距離が数cmだとして、その間に非常に良い絶縁体を挟んだと します。このとき放電は直接電極間の最短距離で起きるのではなく 絶縁体の表面をつたって、遠回りをして放電します。絶縁物の物性が いかに良くても、表面には水分や埃や油膜やその他様々なものが付着 しているので、そこを通って放電します。 一般には表面距離を如何に長くするかが問題です。碍子の形がたくさんの フィン状のもので構成されているのは、この表面距離をかせぐためです。 (縁面距離と言います) したがって、ガラスとかセラミックとかテフロンなどの高性能な絶縁 材料を使ったとしてもこれを思い切り広い板として使わないと、 アークは表面に沿って相当長い距離を走り放電してしまいます。 また、絶縁によりアーク放電は防げたとしても、途中にある空気は イオン化し、放電します。これは電流が少ないので、発生電圧を大幅に 下げることはないかもしれませんが、放電としては必ず起こると思って ください。 Dielectric Barrier Discharge(DBD)という放電もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答してくださって ありがとうございます。 「放電」を防ぐのはなかなか難しいのですね。 絶縁素材がよくても表面を流れてしまったら どうしようもありませんね。 「表面の放電」のことも考えていく必要があるということが よく分かりました。 ありがというございました。 勉強になりました。

  • 回答No.2
  • egg2006
  • ベストアンサー率29% (29/97)

高圧で思いついたのは、碍子(がいし)か避雷器。 避雷器で使われている、ZnO素子(酸化亜鉛単結晶)は、どうでしょうか。 ただ、#1さんも仰っているように、距離が問題なので、スタンガンの電極間は、10cmもないぐらいだと思いますので、耐えられるかどうか。 もう一つ、通常の高圧機器(7000V以下)の耐圧試験は、10分間ですが、スタンガンの場合は時間は短いと思いますので、その辺の印加電圧と時間の関係がどうなのか、まったく不明です。 http://www.toshiba.co.jp/f-ene/tands/window/products/surge/index_j.htm http://www.toshiba.co.jp/tech/review/2002/10/57_10pdf/f06.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

貴重な情報をありがとうございます! 「ZnO素子(酸化亜鉛単結晶)」なら 少し可能性がありそうですね。 ともかく最高レベルの絶縁素材がわかったので 大変参考になりました。 どうもありがとうございます。

  • 回答No.1
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率28% (1355/4825)

高電圧に耐える絶縁体として良く使うのはガイシか雲母(マイカ)です。 しかし、これらにも耐圧限界がああって恐らく3~4センチの間隔では放電破壊が起きます。 90万ボルトと言うと高圧送電線と同等の電圧ですから普通は間隔を30センチ以上離す事が必要です。 普通は放電電極先端は途中の電極よりも間隔を小さくして先端で放電するように設計しますからそんなに耐圧を高くする必要もありませんし、電極間隔が決まっているのであれば電圧を上げるよりも電流を増すことが意味があるのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 やはり90万ボルトは厳しいのですね。 「雲母」もこれから参考にさせて頂きます! あと いったいなぜ絶縁したいのかというと、 高電圧を発生させる 「片方の(マイナス)電極」が必要だからです。 「高電圧(のマイナス)電極」が重要なところで、 電流は流さないでいろいろな研究に使う予定です。

関連するQ&A

  • 高校物理 絶縁体について 

    すみません。絶縁体というのがよくわかりません。 (1)絶縁体といってもすごく高い電圧をかければ電気を通しますよね?これは絶縁体内部の電子の移動が起こっているのでしょうか?それとも極板から電子が飛び出して電子が絶縁体の上を伝わっているということでしょうか? (2)エボナイト棒って絶縁体ですよね?これってどうやって帯電させるのでしょうか?絶縁体が帯電する仕組みがイメージできません。 (3)正に帯電した導体があるとします。これを手でさわれば電子が導体に流れていくと思います。これに絶縁体のエボナイト棒を接触させると、エボナイト棒から電子が導体に流れこんでくるでしょうか? すみませんが、簡単でかまいませんからどなたか高校生でもわかるように教えていただけないでしょうか?

  • 電気探査 絶縁体 抵抗

    電気探査において,大地に電極を差し込み抵抗を測定することで,地層の調査を行うという方法を知りました.抵抗値測定の際,岩石などが絶縁体となるため,岩石(絶縁体)が存在すると抵抗値は高くなります.このとき,電流は絶縁体に流れることはないので結局抵抗値は変化しないのではないかと思いました.なぜ,岩石が測定範囲に存在すると抵抗値は大きくなるのでしょうか?等価回路や式などなんでもかまいませんので説明していただけると幸いです.よろしくお願いします.

  • 家庭にある絶縁体(紙状のもの)

     古いノートパソコンのハードディスクがクラッシュしたので安いSSDに交換しました。時々思い出して電源を入れる程度だったので価格を重視しました。  しかし、あまりに半田付けの品質が悪く、IDEコネクタが少し斜めについていました。しかも、裏面面のランドがむき出しです。その上ノートパソコンのハードディスク部の蓋は金属製でした。(テスタではかると0Ω)SSDが斜めになっているため蓋と接触し、ショートするのではないかと心配です。  蓋をつけないで使う分には問題ないのですが、ホコリが入ったり、このままでは蓋もなくしそうですしいろいろと問題があるので何か絶縁体を間に挟んで蓋をしようと思っています。試しにSSDが入っていた薄い袋を挟みましたが特に問題はありませんでした。しかし、3回くらい開け閉めしますと穴が開いてしまいました。  何か家庭にある物で絶縁体はないでしょうか。テスタではかってほぼ無限Ωでも実際には通す物もあるなどと聞きまして、本当に挟んで良い物は何かと思い質問しました。

  • 帯電した絶縁体の電位

    絶縁体の帯電について教科書や参考書を色々と読み漁っているのですが・・・・ 色々と判らない中で、次の状態の説明が全く理解できません。 申し訳ありませんが、どなたかご教授ください。 【条件】 ・球状の絶縁体が空中に浮いており、表面に一様に電荷が分布している。(一様に帯電している) ・球体の近くにはアースされた導体壁がある。(球を取り囲まず、球の片側にのみある。つまり、球の表面上の位置に依ってはアース壁との間に距離差が生じている) ・このとき、球状の  壁に近い点の電圧と電位 V1,E1  壁に遠い点の電圧と電位 V2,E2 では、  V1<V2、E2<E1 となる。 絵でさらっと説明されているものを文で説明しているので、伝えづらいのですが・・・ アース壁に近いところは距離dが短くなるので、V=Edで考えると電位は高くなるような・・・いや、でもそもそも電圧は壁から遠いところが高いって書いてあるし・・・ 絶縁体表面には均一に電荷が帯電していると言う事が鍵・・・? といった状態で、迷走中です。 よろしくお願いいたします。

  • 絶縁体のワッシャーって絶対に必要なんですか?

    今初めての自作をしているところなんですが、ちょっと疑問がありますので質問をさせてください。 マザーボードをケースに取り付けるには絶対にワッシャーを取り付ける必要があるんでしょうか?あとワッシャーって取り付けるとしたらケースとマザーボードとの間ですよね?マザーボードと取り付けネジの間じゃないですよね?自作の本を二冊持ってるんですが、全く書いてないもので。 ケースにはワッシャーが付属しているんですが、マザーボードの説明書には一切ワッシャー及びその他の方法による絶縁の必要性については触れられていません。マザーボードの形状からしてもワッシャーを使うのは難しそうです。 ということで、恐らく取り付けなくても問題無いんだとは思いますが、「絶縁体」ていう響きが想像で判断すると恐そうなもので。それに友人は使っていると言うので・・。

  • 電解液にビーカー越しで電圧をかける

    こんにちは、 ふと疑問に思ったのですが、電解液の中には荷電をもったイオンがあるわけですが、これを絶縁体越しで電圧をかけるとどうなるのでしょうか? つまり、例えば、電解液が入ったビーカーがあります。これに電極を近づけて電圧をかけると、電解液のイオンは何か影響を受けるでしょうか? もちろん、ちょっとやそっとの電圧ではなにも起きないと思いますが(それとも、イオンは微弱ながら静電力で引きつけられたり、離れたりするのでしょうか?)、電圧を上げていってもなにも起きないでしょうか? 逆にビーカー(絶縁体の)厚さをどんどん薄くしていったらどうでしょうか?  つきつめると質問の内容は、電解液中のイオンは絶縁体を介して隔てられた場合でも外部の電極の電圧に影響をうけるか、否かという疑問ということであります。いかがでしょうか。馬鹿げた質問をしているやも知れないと心配していますが、よろしくお願いします。

  • 等電位線、電気力線について

    電圧をかけた2つの電極間に、導体を置くと導体に吸い込まれるように、絶縁体を置くと絶縁体を避けるように電気力線が現れるのはなぜですか??? 今日1日調べまくってもわからなかったです…(´・ω・`)

  • 物質を 導体 半導体 絶縁体 で分ける

    気の通しやすさによって、導体、半導体、絶縁体があることがわかりました そしてその3っつの分け方は電気伝導率で 導体  1.0 × 10^6 以上 半導体 1.0 × 10^6 ~ 1.0 ×10^-6 絶縁体 1.0 × 10^-6 以下 が、基準であると知りました。 そのため以下の物質の 電気伝導率 と 電気抵抗率を 各サイトで調べたところこんな感じでした 範囲が表示してあるのは大体中間の値でしめします   電気伝導率 電気抵抗率 Ag 61.4×10^6 1.59×10^-8 Au 45.5×10^6 2.21×10^-8 Cu 59.0×10^6 1.68×10^-8 Fe  9.9×10^6 10.0 ×10^-8 Pt  ?     10.4 ×10^-8 Pb  4.8×10^6 20.8 ×10^-8 Ti  ?     42.7 ×10^-8 海水 ?     20000000×10^-8 皮膚 ?     50000000000000×10^-8 紙  ?     1000000000000000×10^-8 木材 ?     100000000000000000000×10^-8 硝子 ?     1000000000000000000000×10^-8 電気抵抗率については調べると乗ってる事が多いのですが 電気伝導率はなかなか出てきません そこで電気抵抗率から電気伝導率を出せないか考えたのですが 電気抵抗率と電気伝導率が反比例してるように思えたので、その値を元に上の表を元に ?となっている部分を算出したらこうなりました 計算によると多少誤差が出るのは、温度等によって変化したりするため と 調べた数値は大よその値であるからだと思ったからです。   電気伝導率 電気抵抗率 Ag 61.4×10^6 1.59×10^-8 Au 45.5×10^6 2.21×10^-8 Cu 59.0×10^6 1.68×10^-8 Fe  9.9×10^6 10.0 ×10^-8 Pt  9.6×10^6 10.4 ×10^-8 Pb  4.8×10^6 20.8 ×10^-8 Ti  2.3×10^6 42.7 ×10^-8 海水 5.0×10^0 20000000×10^-8 皮膚 2.0×10^-6 50000000000000×10^-8 紙  0.1×10^-6 1000000000000000×10^-8 木材 ?     100000000000000000000×10^-8 硝子 ?     1000000000000000000000×10^-8 木材とガラスは算出してません ここから質問です 質問I 計算結果によるとこの物質の表の中では Ti より上が 導体 海水と皮膚 が 半導体 紙より下が 絶縁体 という解釈であっていますでしょうか? 質問II 電気抵抗率と電気伝導率は反比例している 計算によると多少誤差が出るのは、温度等によって変化したりするため と 調べた数値は大よその値であるから。 この仮説はあっていますでしょうか? 質問III 質問IIの仮説が違うのならどうやれば電気抵抗率から電気伝導率を算出できますか? もしくは電気抵抗率を関係させずに電気伝導率を出す方法はありますか? 返信には事情がありまして1ヶ月以上かかるかもしれません 申し訳ありません

  • 絶縁体に超高電圧を印加する方法

    絶縁体に超高電圧を印加する方法 こんにちは、 下記HPは、電気抵抗率の比較をしたものです。一番下の水晶(SiO2)を見ますと7.5*10^17Ωmと超高抵抗です。水晶に仮に(非現実的ですが)1.2*10^18V/mを印加した場合、電流は1.6A流れます。 (1) この場合、多分短絡して溶けると思うのですが、1.6Aを何Aぐらいまでにすれば、短絡して溶けないのでしょうか?短絡して溶けるアンペア数は決まっているのでしょうか? (2) 水晶1m当たりに、1.2*10^18V/mを印加した場合、短絡して溶けないようにする方法はあるでしょうか?インピーダンスを増やす方法として、水晶を細くして、コイル状にすることは可能でしょうか?例えば、鋳型に入れてコイル状の結晶を作るとか? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%8A%B5%E6%8A%97%E7%8E%87%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83

  • 半導体はどの程度の電流電圧で導体になるのか?

    半導体は、電気を通す導体と電気を通さない絶縁体の中間的性質を示す物質のことですが、 例えば、バンドギャップが1.0eVのもの(シリコンは約1.1eV)は、一般的に半導体に分類されます。 しかし、このバンドギャップ=1.0eVの半導体とは、どの程度の電圧・電流をかけると 価電子の励起が起きる(導電性になる)物質のことなのでしょう? (真性半導体のようなものを想定した場合) 電圧数ボルト?それとも数十ボルト?数百ボルト?数千ボルト? 半導体の導体と絶縁体の中間の性質と言われても、具体的なイメージが沸きません。 どなたか半導体分野に明るい方、分かりやすく教えて下さい。 よろしくお願いします。