• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

交通事故の後遺症で「非該当」・・・新たな証拠は?

交通事故の後遺障害で「非該当」になってしまいました・・・ 腕がずっと痛くて医師には神経の異常の可能性があると言われました。 しかし、筋電図検査をしていないのとMRIでは異常が認められないということで非該当でした。 (1)そこで異議申し立てのため、来週病院で筋電図検査をするのですが、これで異常があれば12級で異常がなければまた「非該当」なんですか? (2)14級は画像で異常がなくても後遺障害診断書で判断でないのですか? カルテにはずっと腕が痛いと言っていたので、神経ブロック注射もしたりしていたので記録が残っていると思うのですが、新たな証拠として提出可能ですか? またカルテって情報開示できてコピー出来ますか? (3)不安なのは筋電図で異常なしの場合です。 異常無しで医師に要意見書って書いてもらえますか? (4)自賠責での通院はすでに打ち切っているのですが、筋電図検査や診断書料は慰謝料の計算には含められないですか? ちなみに自賠責の後は交通事故紛争処理センターで任意保険側と示談の話し合いです・・・ (5)はじめに「非該当」と判断した人達と、異議申し立てで判断する人達は同じですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数818
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

(1)異常が無ければ非該当です。それは当たり前の話しです。   証明が出来ない物は認定出来ません。 (2)認定する為の基準は、後遺障害所の、自覚症状の内容と各種データを記載する欄だけで、そのデータと自覚症状が一致しているものに対して認定が行われます。   医師の所見は、ほとんど意味はもちません。   カルテなどは、病院でコピーさせてくれる所もあります。   本人が痛いと言っている。これだけでは根拠になりません。   なぜなら、痛く無くても痛いと言い続ければ後遺障害が認定されては問題があるためです。   そういう詐欺をする人が、現実的に居ますからね。   あなたが、詐欺だと言って居るわけではありませんので、勘違いされないで下さい。 (3)異常無しでも、意見書は書いてくれますが、異常無いのに異常があると言う矛盾を書けば、当然自賠責保険の調査事務所から医師に対して、なぜ異常なデータが無いのに、異常だと書いた事に対して、理由を求めてきます。   明確な理由が書けなければ、その医師の信用は一気に失墜する事になります。それを書いてもらうと言う事になりますが、根拠などは大丈夫でしょうか? (4)通院を終了した後の検査等は、自賠責や加害者に求める事は出来ません。   時既に遅いのです。治療期間内にきちんとした書類にまで作り上げておかなかったのが悪いのです。その責任を自賠責や保険会社に転嫁するのは筋違いになります。 (5)同じ場合もありますし、違う場合も有ります。   一般的には変わりますが、判断をする人は、より厳しい目で異議申し立て書を見ます。   なぜなら、既に一度非該当と言う判断を出したのです。それを覆すのですから、相手の保険会社でも納得できるだけの新しい根拠が提示出来なければ、自賠責保険の調査事務所としても、面子が立たないからです。   既に遅いですが、本来なら、一回で確実に認定されると言う位きちんと中身も完成した診断書を提出するのが良いんですよ。 で、ここで書かれて無い疑問です。 現時点ではどうなのでしょうか? 後遺症として痛みを訴えて居るわけですから、治療も継続されているはずですね? まさかと思いますが、お金が掛かるからとかの理由で治療を行ってないなんていう事は無いですよね? もし、そうであれば、後遺障害認定には大きなデメリットになります。 治療を継続しない=治療する必要が無い と取られるためです。 ほかの検査などで証明して行くと共に、症状固定後の診療履歴なども、今後証拠になって行くものです。 どんなものでも、証拠として認められるだけの物は必要になりますので、それらを積み上げて言って証明する事になります。 上手く進められて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 交通事故で後遺症があるのに非該当と言われました

    一年前くらいに交通事故に遭い、腰を痛めてずっと通院していたのですが、 相手の保険会社の方に「回復の見込みが無いのでしたら症状固定を」と言われて 9月頃に症状固定で診断書を出してもらい、保険会社に送付したところ、 「後遺障害非該当」との返答でした。 非該当の理由というのが、「初診診断書では”頸椎捻挫”となっているが、 その後の診断書上では今年4月以降に”腰痛症”が出現しており、事故との 因果関係が無いと思われる為」とのことでした。 事故当日、診ていただいた病院では担当医には「首と腰、腕に痛みがある」と 確かに伝え、腕の打撲と首の痛みはしばらくして気にならなくなったものの、 腰痛は続いていたので、私としては「交通事故による腰痛症治療の為」通院治療を 続けて来たのです。 それが、このように関係ないと判断されてしまっており、困惑しています。 診断書を出していただいた病院に問い合わせたところ「病院側では直接対応出来ない、 異議申し立ても可能なので相手側保険会社に再調査を依頼して下さい」と取り合って もらえないのですが、書類上「腰痛症」という表記が無い以上は再調査したとして 覆るものなのでしょうか。 因みに治療途中の検査は、レントゲンは撮りましたがMRI等は特に受けていません。 また、通院は事故当日に診ていただいた総合病院の整形外科と整骨院で、 診断書は整形外科で出していただきました。 このまま保険会社に異議申し立てをして、果たして通るのかが不安です。 なにかアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

  • 交通事故の後遺症認定非該当の異議申し立てに関しての質問です。

    交通事故の後遺症認定非該当の異議申し立てに関しての質問です。 人身事故にあい右手首を骨折し、骨折に関しては完治しましたが、指にしびれの後遺症が残りました。 ○右手の3指に常時しびれを感じている。 ○握力は左手の7割程に落ちました。 ○右手でボタンを掛けられない。 ○紙の束から一枚紙を取る時になかなか取れない。 ○箸で細かいものを掴んだりが困難。 といったかんじです。 後遺症診断書を出したら 「症状については、提出の右手関節部XP画像上、右橈骨遠位端骨折は判然とせず、後遺障害診断書上においても、自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見に乏しいことに加え、その他症状経過や治療状況等も踏まえた結果、将来においても回復が困難と見込まれる障害とは捉えがたいことから、自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断」 という結果で非該当でした。 後遺症診断書を医師に再度書いてもらい異議申し立てをしようとも考えていますが、上記のような後遺症で後遺障害等級 の14級の症状(例)にある、「局部に神経症状を残すもの」に認定される可能性は低いでしょうか? 後遺症診断書作成や行政書士や弁護士の相談の費用もかかるので、該当が難しいようでしたら諦めようとも思っています。 もしお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • 交通事故

    交通事故に遭いました。むちうちになりました。治療して半年がすぎたので後遺障害の診断書をかいてもらいました。非該当になりました。 非該当なら相手の方に慰謝料を請求できませんか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

疼痛(灼熱痛)、腫脹、関節拘縮、皮膚色の変化、骨萎縮、発汗異常、これ等の症状は無いのでしょうか。 このような症状があればRSD、またはカウザルギーが疑われます。 1.筋電図も良いのですが、針筋電図というものも有ります。 そして神経学的検査も必要です。 MRIは高解像度(3.0テスラ等)で再度撮影してみて下さい。 これ等の2つが揃ってはじめて12級が認められる可能性が出てきます。 2.後遺障害は診断書のみで判断しません。 他覚的所見、自覚的所見が全てで、他覚的所見で自覚的所見が説明できるかです。 3.余り意味をなさないと考えます。 無いよりはましと考えてください。 4.症状固定後は健康保険での検査となります。 請求は出来ますが、保険会社は認めないでしょう。 5.異議申立の場合、特定事案とされますが、新たな資料の提出等により自賠責保険から追加支払いが出来る事案は審査会に回されます。 同じ人間かどうかは判りません。 後遺障害認定書を良く精査し、認定されなかった理由を1つづつ埋めていく事が大事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 交通事故の後遺障害診断書

    一年前に交通事故に遭い外傷性頸部症候群で、7ヵ月後に症状固定と医師に言われ、通院119日で、後遺障害の診断書を書いてもらいました。今後の所見として、治療を引き続き行えば改善すると、書いてありました。一括請求で、相手の保険会社に提出しましたが、非該当でした。任意保険と自賠責は別の会社です。こういう場合異議申し立ては、自賠責の会社に直接出した方がよいのですか?病院の医師は後遺障害の認定はされないだろうと思っていた。と、結果を聞くなりこう言われました。もう一度書いて欲しいと言うと、同じものしか書けないと言われました。現在の私の症状も頸部、肩、腕のこわばりと疼痛みたいなことで、具体的に腕が上がらず、傘も差せないし拭き掃除もできない上を向けずに、薬が飲みにくいと言ったのですが、診断書には書いていただけませんでした。頚椎が三箇所狭くなっているが事故によるものでは無いだろう。ではこの痛みの原因は?と尋ねると首からでしょう。狭くなっていたのが事故によって誘発され、痛むのでしょう。ということです。 今更別の病院へ行って書いてくださいとは言えないし、ただ、意義申立書に症状をつらつら書いても無駄でしょう。MRIは神経根の圧迫まではいっていないようです。  異議申し立たてをどこに出したらよいか、また、今の私の状態で、どうしたら良いか教えてください。宜しくお願いします。

  • 交通事故 後遺障害 異議申し立てについて

    そして先日事前認定というのをするので保険会社に書類を提出したところ後遺障害の非該当になりました 理由としては 腰痛、右下肢重だるさ、疲労感、右下肢鈍痛等の症状については提出の画像上、腰推横突起骨折が認められるものの、後遺障害診断書上軽運動等により徐々に改善、緩解していくと思われるとされていること等から将来においても回復が困難と見込まれる障害とは認めがたく、自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します なお、胸腰推部の運動障害については提出の画像上腰推横突起骨折が認められるものの、後遺障害診断書に記載された運動障害の原因となるものとは捉え難くその他の推体骨折党は認められないことから。自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します とのことでした 日常生活にも若干支障があるので全く納得いかないので異議申し立てしようと思っています そこで質問なのですが、 1 この場合どういう治療を受ければいいのか? 2 医師の診断書にどういう内容の事を書いてもらえばいいのか? 詳しい方どうかご教授願います

  • 交通事故の後遺障害等級認定で

    交通事故の示談手続きをしているところなのですが、 先日、後遺障害等級認定で、相手の任意保険会社より 自賠法施行令別表第2第14級9号に該当するという通知が来ました。 しかし、理由の中では一部部位について「自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します。」という記載もあり、どういう意味なのか分かりません。 文面通り、一部は第14級の後遺障害を認めるけども、他は認めないということなのか、保険会社としては後遺障害として認めるけども自賠責保険の範囲としては認めないということなのか? アドバイスいただけると助かります。

  • 交通事故の被害者請求について

     去年の一月に交通事故にあいました。その後、治療を進め、十月に現状固定を致しました。 その後、ネットで後遺障害の請求は被害者請求の方がよいと知り、被害者請求を行おうと思っています。  交通事故110番のホームページで必要な書類を確認したところ、診断書と後遺障害診断書の2通が必要とのことですが、この二つの違いがわかりません。  教えて頂ければ幸いです。  あと、請求先は加害者の自賠責保険会社でよろしいのでしょうか?  他にも、注意点などがあれば教えてください。

  • 交通事故の後遺障害、異議申し立てについて

    交通事故の被害者です(100:0)。 当方の怪我は頸椎捻挫です。 1年間の通院治療ののち症状固定となり、後遺障害の認定は得られませんでした。 ただ痛みやコリなどは残っており 「これって14級に相当する局所症状じゃないの?」と疑問に感じております。 医師の診断書にも「引き続き症状の残存する可能性あり」と書いてもらってましたし 異議申し立てをしようと思っています。 そもそも最初の後遺障害の申請を 加害者側の保険会社に任せたことも間違いだったと後悔しております。 異議申し立ての手続き方法など教えていただけませんでしょうか。

  • 交通事故の後遺障害について

    交通事故の後遺障害について 1年ほど前、交通事故に遭い、左腕に創傷を負いました。3ヶ月ほどで傷口はふさがり、治療は終了したのですが、約1年経った今でも、左腕に手のひらサイズ以上の大きな傷跡が残っています。そこで自賠責保険の後遺障害の認定を受けたいと思ってます。この場合、形成外科などで傷口をきれいにする処置などを受けていなくても、後遺障害の判断基準である「症状固定」の条件は満たしていますか?

  • 交通事故で弁護士特約を利用

    昨年、交通事故の被害者になりました。(10対0です。)保険で弁護士特約を使い、後遺障害認定の異議申し立てで弁護士に依頼しました。結果は、またしても非該当でした。非該当の覚悟はしていましたが、ショックです。正直、この結果を受け止めるのが辛いですが、気持ちを切り替えて生きていこうと思います。これ以上は、異議申し立てはしないことに決めました。同じように弁護士に依頼した方がいましたら、お話ししたいです。よろしくお願いします。

  • 交通事故の人身傷害保険の支払催促について

    私は交通事故で後遺障害(7級)が残りました。自賠責からは後遺障害等級がでて後遺障害の金額は少し出ています。そして、交通事故の人身傷害保険(自分の保険会社)を申請して7ヶ月経ちますが、なかなか払ってくれません。書類関係は保険会社から提出するように言われたものは全部出しました。医師の診断書も出しています。最後に提出してから3ヶ月が経っていますが、電話をしてもこちらの担当(保険会社)の医師に確認していますと言われるだけです。そこで、あまりにも遅いので、支払催促の裁判(自分)が出来るのかを伺いたく、宜しくお願い致します。出来るのであれば、どのくらいの期間でできますか?宜しくお願い致します。

  • 交通事故の通院日数

    交通事故の被害者です.加害者が任意保険未加入で自賠責の上限枠を越え、計算どおりの賠償額が支払われなかったので示談交渉しました.所が、加害者は自賠責以上は一銭も払えないとして訴訟で主張するように言われました. 今回1回目の出廷があり、まず通院日数について精査することになりました.当方へは診断書(通院日がすべて記載されています)と後遺障害診断書の原本を自賠責保険会社から取り寄せるように指示されました.被告の弁護士にはカルテを取り寄せてそれを翻訳して次回提出するように言われました. そこで質問です.このようは裁判長の指示は定型業務なのでしょうか?カルテを解読しても通院が必要な状態であったかどうか判定するのは難しいのではないかと思います.ましてや当方は後遺障害診断書に他覚的所見をいただき、頚椎神経根症状を医証してもらっています.これは、頚椎捻挫で通院の必要性を疑われる神経症(時にストレスでも発症する)とは異なり、神経の圧迫が原因の症状です. また、こちらが診断書以外に準備しておくと有利な資料などがあればアドバイスをお願いします.他の総合病院のセカンドオピニオン(神経根症の後遺障害を別の理学的検査で認めた診断書)なども有効でしょうか?この原本も自賠責保険会社が保管しています.

  • 交通事故の後遺障害の異議申し立てで提出する医証について

    交通事故で頚椎を痛め、後遺障害申請をし、今はその結果に対して異議申し立ての準備をしています。 先日精密検査と新たにMRIを撮る為、今回初めて大学病院に行き、そちらで精密検査とMRIの結果の診断書を書いてもらったのですが、病名が「頚椎症」となっていました。 診てもらった大学病院の医師は、事故によって頚椎椎間板変性が出ていることは十分に考えられると言っていますし、事故によって痛みが出ているのだろうとも言っていました。 ただ、提出する診断書の病名が「頚椎症」になっているので、新たな医証としての効力が心配です。 「頚椎症」は、年齢的なものによる変性だけを指すのでしょうか? 外傷性の場合は「頚椎症」という言葉は絶対に使いませんか? 医師は今現在の私の症状を診ての診断になっています。 私の年は28です。医師も年齢によるものとしては早いと言っていたのですが。。  後遺障害申請の異議申し立てで「頚椎症」と書かれた医証を提出するのは良くないでしょうか?  どなたか、ご教授をよろしくお願い致します。

専門家に質問してみよう