• ベストアンサー

Pride and Prejudiceの邦題

いま大学でイギリス映画、ジェイン・オースティンの作品であるPride and Prejudiceについて勉強しています。 この作品は『プライドと偏見』、『高慢と偏見』、『自負と偏見』という3つの邦題に訳されているのですが、それぞれの訳者は「プライド、高慢、自負」についてどういう考えでこう訳したと思いますか? レポートの課題にしようと思っているのでぜひみなさんの考えも参考にさせていただきたいです。 よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#98352
noname#98352
回答No.2

たぶん私と同じ大学の方ですね。私も『高慢と偏見』のレポートが出ました^^そして私もこのテーマで書きましたよ。 もともと、『自負と偏見』という名前で翻訳されたのですが日本では今は『高慢と偏見』という訳が最も一般的であると思います。 「高慢」には人を見下す、という意味もありますし「高慢ちき」といった言葉もあるので「自負」よりもより思い上がっているような感じかなと思っています。「あの人は高慢だ」という言い方はあっても「あの人は自負だ」とは言えませんしね。 また「自負」はどちらかというと見下した感じというより自分自身に誇りを持っているニュアンスの方が強いと思います。役者は英語のプライドの誇りという意味の部分を強調したかったのかもしれませんね。「高慢」と訳した方はもう少し高慢さを加えたかったのでしょう。 単純に「プライド」と言ってしまえば誇りとうぬぼれ(高慢)どちらの意味も込められるので相応しいと思いこういう訳にしたのだと思いますが、それだとちょっと面白みはないかもしれません。また、日本語で「プライド」と言えば「プライドが高い」といったように英語本来の意味と多少かけ離れてしまうと思います。 個人的には慣れ親しんだ「高慢と偏見」の訳が好きですが・・これにどこか誇りのニュアンスを入れた単語がなかなかみつかりませんよね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

noname#210617
noname#210617
回答No.1

高慢: 私はこんなくだらないレポートなんか書いてられないから、どっかのお人よしに書かせればいい。 プライド: こんなこと思いつく私って、すごくない? 自負: 私のレポートは独創的なものでなければならないから、あんたらしっかり書きなさいよ。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 19世紀のイギリスでの結婚、ジェイン・オースティン

    ジェイン・オースティンで論文を書くことになりました。 十九世紀の女性にとっての結婚がどんな意味を持っているか、 どんな結婚が理想だったのか、結婚できない女性はどうなるのか などの 十九世紀イギリスにおける結婚観がわかる本 を探しています。 何かあったら教えてください。 また、Pride and PrejudiceやEmma に関して、詳しく書かれている本があれば教えてください。

  • お勧めの出版社。

    ジェーン・エア。 シャーロット・ブロンテ テス又はダーバビル家のテス。 トーマス・ハーディ 高慢と偏見。 ジェイン オースティン 上記、三作品のお勧めの出版社(社会人向け)を教えてください。

  • ジェーン・オースティン/レポートのテーマが決まりません

    初めまして。短大新1年生のものです。 実は英文学のレポートを書かなければいけないのですが テーマが決まらずとても困っています。 英文学作品(翻訳されているものでも可)を読み、またはDVDでレンタルできるものであれば見てその作品について4、5枚程度の小レポート(論文?)の提出を求められています。 担当教授は英文学作品なら何でもいい、論文のテーマも各自で好きなように書いて良いと言ってくれていて、海外作品に疎い私はそれだけで困り果ててしまい、担当教授に「何の作品を読めばいいかわからない。海外作家は全然知らない。内容的に易しくて面白いものはないか。」と相談したところ、ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」を勧められました。 DVDが出ているとのことだったので観てみたのですが、「うわぁ素敵なお話。ダーシーって男前なのね。」くらいの感想しか思い浮かばず(何回も観たのに・・・)、何について書けばいいのか悩み続け仮提出(先生に添削して貰い訂正したり加筆したりしてまた提出する)を迎えました。何か書かなければと思い、19世紀の女性の結婚についてウィキペディアでちょろっと調べてごまかしながら書いたのですが、それを添削してもらったところ「うーん。これだと『高慢と偏見』じゃなくても書けるよね。」と言われてしまい返品される羽目に。 「何を書いたらいいのかさっぱり・・・」と困っている私をみて先生が「じゃあ何でこの作品には5人もの女性がでてくるのかな。」とヒントを与えてくれたのですが「はて、どうしてでしょう???」とまた混乱してしまって・・・。もう兎に角困っています。 本提出まであと少ししか時間がないのですが(ずっとグズグズ悩んでた)何か良いテーマ、例などはないでしょうか? もう、何て言うか本当ごめんなさい。質問じゃなくて相談になってますよね。他大の友達に相談しても「ジェーン・オースティンって誰?」と言われてしまうし、先生も忙しいみたいで中々アポが取れず、ここに駆け込みました。どなたか回答よろしくお願いします。

  • おすすめの本(西洋文学)

    最近、嵐が丘(エミリー・ブロンデ作)や自負と偏見(ジェーン・オースティン)などを読んで、西洋文学をもっと読んでみたいと思うようになりました。 おすすめの作家やこれは面白かったという本を教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • イギリス文学でミス、ミスターなどの使い分け

     最近、オースティンの「自負と偏見」「マンスフィールドパーク」を読みました。とても、面白くて、他の作品も読みたいと思います。  ところで、最初の「自負…」を読むときに戸惑ったのは、ミス、ミスターの書き分け方です。ベネット家には ジェーン、エリザベス、と他5人姉妹ですが、ミスベネットと書いあったりすると、誰のことかと悩みながら、前後の文から判断しながら読みました。読んでみてわかったのは、ミス+家族姓は、長女に使う。次女以下は、ミス+個人名、ミス+個人名+家族姓になる。同様に、ミスターも長男はミスター+家族姓、次男以下はミスター+個人名、ミスター+個人名+家族姓。と、理解しました。「マンス…」は、作中で、次男の呼び方を悲観しているシーンもあります。   質問ですが、 1.これは、オースティン作品だけの使いわけでしょうか? 2.これは、1800年前後の作品ですが、いつごろまで、このような呼び方をしていたのでしょうか? 3.現代の作家が、その頃のイギリスを舞台にした作品では、そういった約束を無視した書き方があります。(姉妹そろった席で、次女に対し、ミス+家族姓で話すなど)これは、作者か訳者のミスでしょうか? 4.そのほか、サー、レディ、などの使いかたなど、教えてください。  

  • イギリス恋愛歴史映画のおすすめ

    イギリスが舞台の恋愛歴史映画(ドラマ)を教えてください! 気持ち良く終わるものがいいです。 ※参考 ・高慢と偏見 ・エマ ・ジェイン・エア

  • 「高慢と偏見」の訳者

    ジェーン・オースティンの「Pride and Prejudice」を読みたいのですが、英語では読めません。 岩波・河出・ちくま・新潮などが文庫を出版していますが、誰の訳が良いでしょうか? ちなみに英語ではありませんが、「カラマーゾフの兄弟」は、原卓也(新潮)と米川正夫(岩波)と亀山 郁夫(光文社)と買って読みましたが、新訳よりも古い時代に翻訳されたものの方が自分には面白く感じられました。

  • 『高慢と偏見』と『プライドと偏見』 どちらがお薦めですか?

    こんにちは。 以前ショップでコリン・ファースの「高慢と偏見」のDVDを見つけ、面白そうだなぁと思い手に取ったところ一万円近い値段で驚いて購入を止めてしまいました・・・。 最近リメイク版としてキーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」が出たと知りました。 「プライド~」の方は普通の価格ですし、価格面でみると惹かれるのですが(笑)何故「高慢~」の方があんなに高かったのか。またコリン・ファース出演のオリジナル版の方の世界観の方が面白いのではないかと思うようになってしまいました。 2つを見比べてみるのがベストなのでしょうが、ちょっとコストを考えると実行に移せそうにありません^^; 両作品をご覧になった方。意見をお聞かせください。 どちらがお好きでいたか?ご意見を参考にして購入したいと思います。

  • イギリスの古典的な映画オススメは?

    「プライドと偏見」(または「高慢と偏見」)みたいなイギリスの古典的な映画が好きです! ラブストーリーでオススメなのはありませんか? ちなみにコリン・ファースの大ファンです! マシュー・マクファディンもファンになりました!

  • イギリス文学で見える女性像

    日本とイギリスの女性論についてレポートを書くのですが、今のところ考えているのは ・18世紀辺りと現代のイギリス文学を読んで、昔と現代の歴史的背景と女性像についての比較 ・現代のイギリス、日本の女性について比較 のどちらにするか悩んでる段階なのですが、どちらもジェンダーを扱ったテーマなので、それに関する資料を幾つか目を通して決めようかと思ってます そこで ・18世紀頃と現代のイギリス文学で、当時の女性が描かれている作品(ジェーン・オースティンのエマ等)のお薦め作品 ・日本文学で女性像が描かれている作品(「負け犬の遠吠え」等 ・そのほか新書なので女性論が語られているもの ・回答者さんの意見 このうちのどれか是非教えて下さい よろしくお願いいたします

このQ&Aのポイント
  • iPhone12(iOS15.5)で使用しているTK-FBM093Sというキーボードにおいて、一部のキーが反応しない問題が発生しています。
  • ペアリング後、キーボードの動作で「4567RTYUFGHJVBNM」というキーが入力できません。
  • この問題の解決方法や、該当のキーを有効化する設定について、ご教示いただきたいです。
回答を見る