• 締切済み
  • 暇なときにでも

大人が勉強しても外国語を母国語の様に操ることは不可能なのでしょうか?

言語の臨界期というものがあって 子供の時点で外国語に触れていない限り 大人になって勉強しようとしても その外国語を母国語のように操ることはできない としばしば聞きます。 それは本当なのでしょうか? ここでの母国語とは ネイティブ並の発音(どんなものを指すか中々難しいですが) でしゃべれたり 思考する際にいちいち頭の中で母国語→その外国語といったように 変換せずに、その外国語だけで考えたりできたりすることです。 五年や十年留学しても、やはり本格的に学び始めるのが大人であったら その外国語を母国語のように操るのは不可能なのでしょうか? 大人からですと子供からに比べて吸収するのに時間や苦労が かかると思いますが 可能性があるか無いかというと、どっちなのでしょうか? 説明が下手で不明瞭な点もあるかもしれませんが もし理解して下さってご存知の方は教えて下さい。 お願いします。

noname#89729
noname#89729

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数416
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.7

こんにちは >大人になって勉強しようとしても >その外国語を母国語のように操ることはできない >としばしば聞きます これは、俗説にすぎません。 そもそも、言語というのは、 まず伝えたいイメージや情景、概念などがあって、 それを言語化して相手に伝えたり、自身が客観視するための道具。 つまり、最初にイメージがあって そのイメージを各々の言語に翻訳しているようなもの。 日本語や英語、フランス語、ドイツ語...と いろいろありますが、本質はまずイメージです。 極端に言えば、この世に言語がなくても 頭の中でイメージで理解できるもので 自然は成り立っていますよね。 さらに言えば、手振り身振りだけでも、 相手に伝えることもできますし。 で、イメージしながらの語学練習をすれば、 母国語のように話せます。 母国語→その外国語といったように 変換するやり方ではないからです。 いきなり、イメージからその外国語、という過程です。 母国語→その外国語といったように変換するやり方は 旧態依然の古い、悪い習慣でしかないんです。 学びたい言語の音声を聞きながら、 その言語が意味する情景をイメージしながら 音読で口まねしていくという方法なら、 幼児が言語を覚える過程を踏襲しながら、 さらに効率的に学習できますよ。 結論は、外国語は大人でも 母国語のように話せるようになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#125540
noname#125540

「厳密な意味での母語と同じ」は、大人になってからでは無理だと思います。 が、 >ネイティブ並の発音(どんなものを指すか中々難しいですが)でしゃべれたり >思考する際にいちいち頭の中で母国語→その外国語といったように >変換せずに、その外国語だけで考えたりできたりすることです。 ならば、大変だけれども、やり方次第では可能だと思います。 ただ、そうできる人たちも、母語と同じとは思っていないようです。 上手くなるほどネイティブと自分との違いが分かるらしいです。 TOEIC800点ぐらいでも、「厳密な意味の母語並み」が非常に困難っていうか無理・・・というのは判ってきます(私はこのレベル)。 発音がどこまで上達するかは人によるようです。 ○○語的な発音、というレベルなら若いうちなら習得できるでしょう。 嫌いでなければ。 日本育ちなのに「日系アメリカ人?」と言われたという人がいる一方、発音をあまり気にしなていない(としか思えない)人々もいるんです。 意思疎通のためなら、発音がネイティブ並みでなくてもいいので。 やる気がないか・センスがないか・気にしていないか。 やる気になれば現状よりベターにすることは出来ると思います。 発音を教える専門の先生だっていますし。 ちなみに、理解力・発信力の高低と、発音のヘタウマはイコールではありません。 私はスペイン語っぽく・英語っぽく文を音読することなら多少は出来ますが、じゃあ喋れるのかというと、そうでもないです。 (スペイン語を始めたのは19歳のとき。英語は中学校から高校まで公立学校で) また、小さい頃から始めても、ずーっと継続しない限り大人として使える言葉にはならないそうですよ。日本語と同じで。 「厳密に母語並み」は無理でも、「ノンネイティブとして充分に使える」レベルになれれば、普通の人なら万々歳でしょう。 ストレス無く使えるレベル・・・・ 仮に英語であれば、TOEIC900点レベルでいいんじゃないでしょうか。 そこまで行くのも大変ですが。努力や時間が。 どこまで行けるかどうかは別として、大人も、現状レベルより上達することはできます。 http://www.hbs.ne.jp/home/saso/toeic%20item2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

こんにちは。 私は大人になってから英語をやりなおし、今はスペイン語を習っています。 英語に関してはある程度母語の干渉なしで理解することが出来ますし、スペイン語は英語に比べればまだまだですが多少は日本語なしで理解することが出来ます。 現地生活をおくったことはありません。 つまり、私自身の経験で言えば、外国語を母国語を介さないで使えるようになるには、時間と努力と多少の環境が整えば可能ではあると言えます。 発音に関しても個人差はありますが訓練次第ではその国の人と同じ程度に出来るようになると思います。日本語を話す外国の人の中には耳で聞いただけでは日本人が話してるのかと思うような人もいますよね。 しかし、大人になると思考方法や育ってきた文化、経験が子供以上に母国語に反映するのでどこかにその影響はあるでしょう。 例えば、突然火の粉が降りかかってきたら「ouch!」と「あつっ!」のどちらを言うでしょうか。子供の時に火の熱さ経験をしてそのときの感覚や感情がouchだったら、その人にとっては「あつっ」ではなくて「ouch」なのだろうと思います。しかし、「あつっ」というのと実際に経験したことが結びついていたら、そのとき発するのは「あつっ」なのではないでしょうか。 私の場合、外国語で思考することはあっても、どこかそれはしっくりこない、本当の感情や感覚とか結びついていない感じがします。そして思考回路そのものは日本的ですので、日本語ちっくな外国語です。 可能性があるかどうかで言えば不可能とは言えないと思います。 私は大学の英語の先生に言語の臨界期のことを教わりました。当時はどうせ学習するならネイティブスピーカーのようにならなければと肩肘張ってしまっていましたが、そうならなくてもいいんだ、言語学習の最終目標はそこではなく大切なことは別のことなんだと気分が楽になりました。 普通の学習者ならそれでいいと思いますが、どうしてもそのようにならなければならないという強い動機(例えばスパイになるとか、生き死にに関係するようなこと)と努力次第ではないかと思っています。そして洗脳に近いくらいの教育も必要かもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#111031
noname#111031

旧日本兵で当時のソヴィエトに抑留され、ロシア人と結婚して、戦後60年近くロシアで暮らした人が”日本語は殆ど忘れた”とインタヴューで話しえいるのをテレヴィで見たことがあります。極端な閑居におれば そのようなことがありうると思います。私の弟は30年以上オランダで仕事をしており(オランダのオーケストラ)日常仕事では殆どオランダ語で過ごしている筈です。しかし、妻は同僚の日本人ですし年に一回は日本へ来ます。また、現地の日本人の方々とも付き合いがあるようです。従って、日本語は忘れていませんし、オランダ語やドイツ語にはそんなに苦労していないようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#110201
noname#110201

やる気の問題だとおもいますよ。 "大人になって勉強しても外国語を母国語のように操ることはできない”という人は多いのですが、『それは言いわけにすぎない』と自分を戒めています。 私の経験で言えば、音を聞きわけるのが最も難関です。会話をしている分には、文脈で理解するのであまり困りませんが、特定の音を『これはどれだ』と言われる練習が私はとても苦手です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • n4330
  • ベストアンサー率24% (215/872)

  当社のアメリカ工場の現地採用の日本人の経歴。 日本で生まれ日本で大学を卒業し海外とは縁の無い企業に就職。 運悪く3年でその企業が倒産・・・何を思ったのかアメリカに渡り数社の企業を経験して当社に来ましたが、米人が驚くほどの早口で喋り返事もタイムラグは全くありません。 本人も英語で聞き、英語で理解し、英語で考え、英語で話すそうです。 私も30を過ぎてから英語圏の国に駐在しましたが英語で理解できました、所が英語で理解するので頭の中で日本語に翻訳がうまく行かず、日本にメールするのに頭の中で理解してる英語をどのように日本語に表現するのかで苦労しました。 現地人の言ってる事が殆ど判らない状態から英語で理解できる状態になるのは3ヶ月かかりました。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

言葉を日本語に置き換えなくても、その国に生活しているうちに自然と定型文として定着していきます。 しかし発音に関しては、日本語にない発音"th","v"や、"r"と"l"の使い分けなどは、舌が完成されてしまった大人には一生正確に発音することができません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 母国語と外国語の4技能の難易度について。

    いつもお世話になっています、おはようございます。 言語の学習法を調べている時に、頻繁に「聞く・話す・読む・書く」の4技能の話が出てきます。 私自身、外国語の学習をすればするほど母国語の重要さ(あまり読書してこなかった、単語知らないな等)を感じることがありました。外国語と日本語ではかなりの違いがあるとは聞きますが。 そんな時に、母国語と外国語では違いが出てくるのだろうかと思い、いくつか質問をします。 質問1:あなたが思う外国語の4技能を難易度順に並べてください。 質問2:あなたが思う母国語の4技能を難易度順に並べてください。 質問3:母国語をしっかりと使える事は外国語学習に影響すると考えますか? ※ここで言う母国語は主に日本語と思ってください。 お時間ある時にお答えください、よろしくお願いします。

  • 外国語習得者の母国語発音について

    教育テレビで放送されている各種外国語学習番組の日本人の解説者の日本語の発音(発声)について疑問があります。 大抵の番組はその番組の目的である外国語を話す専門家(外人)とその言語に関する知識は素人並の日本人女性(グラビアアイドル?)が司会を担当し、随所で日本人のその外国語の専門家が解説を入れるスタイルだと思っているのですが、その解説を担当している日本人の日本語の発音がどうも気になるのです。 彼らの話す日本語は標準のものには聞こえません。 これは、日本人が外国語を習得する過程で、その当人が本能的に既成習得していたはずの日本語が変質してしまったということでしょうか? 私は全く言語に関する知識はないのですが、日本語はイントネーションが薄い(平坦な)言語だと思っています。反対に英語なんかはイントネーションが常に発生する言語だと感じています。 だから、英語を勉強した人はなんでもかんでもイントネーションを強調する癖みたいなものが染み付いてしまい、本来平坦であるはずの日本語でまでそれを発揮してしまうのだと考えています。 個人的なことなのですが、私はそんな平坦な日本語を愛しています。最近の若者たちはすでに平坦なスタイルを崩し、なにやら意味不明のイントネーションを使っていますが、それでも未だ多くの日本人は平坦な日本語を話してくれます。そういった人たちとの会話には何の根拠もなくじんわりと幸せが感じられます。 日本を内から揺さぶるような若者の文化は仕方ないとして、いわゆるグローバリゼーションの波というものによって、もし、日本語のスタイルが崩されようとしているならこれはなんだか我慢ならないことなのです。 異文化を学ぶということは必然的に自らの文化をそれと混ぜ合わせることになることはわかっています。しかし私は至極個人的な理由からそれを好みません。 外国語の習得によって母国語の能力は変化しますか?

  • 母国語以外に喋れるかたに質問します。

    母国語以外に喋れるかたに質問します。 どうやって外国語を勉強しましたか? また、どのくらいの期間で、喋れるようになりましたか? わたしは、英語とスペイン語を勉強中です。 英語は高3までにはペラペラになりたいと思っています。 スペイン語は20までには喋れるようにしたいです。 ちなみにわたしは中3です。

  • 外国語と思考力

    外国語をつかう人(母国語以外を使う人)は思考力が高いと言う話をしている人がいました。 これは何故でしょうか? そして本当なのでしょうか? ちなみに自分で考えた結果、 母国語が自然と出てくるのと異なり常に考えながら言葉を使っているから。 かな?と思いました。 どうでしょうか?

  • 語学力の臨界点、既習の外国語で新しい外国語に臨むには、

    前回の質問「既習の外国語で新しい外国語を学習している人って http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849088.html」で戴いたご回答を元に疑問点を整理し、再度質問させていただきます。 その質問では とある方によると既習の外国語で新しい外国語を学習するのは いくら既習の外国語が出来ても母国語のように使いこなせるわけではないので効率が悪いが、また別の方によると 既習の外国語をマスターしていればむしろ合理的というような回答を戴きました。私は恐らくそれは語学力の臨界点の問題だと思うんですが、その臨界点を超えることは難しいんでしょうか?どのようにしたら超えられるでしょうか? また、このような方法は混乱を招きやすいとの意見も戴きましたが、どのようにしたら混乱を回避できるでしょうか?

  • 第2外国語は何語にすべきか?

    第2外国語は何語にすべきか? 私は外国語学部に進学しようと思います。 その際、何語を選ぶか悩んでいます。今考えているのは中国語、スペイン語、フランス語です。(英語は考えていない。) フランス語はかっこいいから、スペインは母国語人口が多いから、中国語は今中国の発展が著しいから。 という理由ですが、将来、就職などを考えるとどの言語をやるのがベストですか?

  • 外国語を習得すれば自然に会話できるものなんですか?

    何というか言い表しにくいのですが、 発した文法の意味だけでなく、ニュアンスというか、 母国語のように分かるのでしょうか? 表現力が乏しくて申し訳ないです もうひとつ理解してもらうために言うならば 一旦、外国語の意味を飲み込んでから返すのではなく 喋っているのを母国語のように理解し、 じゃあ何とかなんだ!と母国語で喋っているように同じように返せるかということです。 本当に理解しにくくてすみません。 自分は将来海外に一度は住んでみたいと思っています。 しかし日本語のように会話できなければ そこにある心みたいなのが理解できず悲しいなあ、と感じたので質問させていただきました。 即急に回答がほしいわけではありませんが けっこうずっと疑問に思っていたことなので困っています・・・

  • 「外国語を外国語のまま理解する」感覚とは?

    こんにちは。 外国語をネイティブ並に、ほとんど「外国語」という認識すら持たずに使いこなせるような方に、外国語を理解・使用する感覚について質問します。 (以下、[ネイティブ言語]と[習得外国語]という用語で説明させてください。) (1)インプット(読む聞く)の場合、[習得外国語]を頭の中で[ネイティブ言語]に変換して理解しておられるのでしょうか? 逆に、アウトプット(書く話す)の場合は、[ネイティブ言語]を[習得外国語]に変換してからアウトプットしておられるのでしょうか? (2)[習得外国語]をある程度成長してから学校での勉強等を通じて習得した人と、誕生時または幼少時から生活の中で習得した人([ネイティブ言語]と[習得外国語]の区別が曖昧な場合)では、感覚は違うと思われますか? (3)日本語と英語だと、文法や単語などかなり離れた言語のように思われます。逆に、英語や仏語や独語などは系統的に近い言語のように思います。 そこで、[ネイティブ言語]と[習得外国語]が英語と日本語だと理解するのにワンクッションの変換が必要だけど、英語と仏語なら変換不要、ということはありますでしょうか? (4)2つ以上の言語感覚は、常にスイッチオンの状態なのでしょうか?それとも、どれか1つだけがオンでその他はオフなのでしょうか? (例えば、[ネイティブ言語]で会話中に、不意に[習得外国語]で話しかけられたとき、きちんと理解できるか) 「外国語を外国語のまま理解する」感覚とは一体どんなものなのか、教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 外国語が得意な方へ質問です。

    外国語をネイティブで身につけた方にお願いです。 日本で外国語を習った人は、以下のように 外国語→日本語に頭で翻訳する→外国語 という思考回路を使いますが ずっと外国で暮らしていた方、帰国子女の方などは 外国語は外国語、日本語は日本語というように別々の回路で考えると 聞いたことがあります。逆に例えば「微分・積分」等の少し難しい 言葉は、外国語⇔日本語の思考がつながっていないので、日本語の 意味が不明などと聞きます。以上のことは本当でしょうか。 どうか外国語が得意な方お願いします。

  • 日本人は外国語を難しく考えすぎているのでは

    日本人は外国語を難しく考えているように思えます。外国語を覚えることは特別でないと考えてます。日本人ほど外国語がしゃべれないほうというのもどうかと思います。 英語というのは英語はヨーロッパの言語の中では確かに文法は単純ですが、ニューズウィークでは、4ランク中上から2番目で難しいほうですね。 原因は本で読んだのですが、0歳の時に使わない音が脳から飛んでしまうからとか、文字と発音が一致しないから母国語とする人ですら文字をかけない人がいるとか。 英語を得意なのは英語に近い言語を使う人々か植民地になった経験がある国だと聞いてます。 子供では日本人がいきなり英語を学ぶんではなくて、まずもっと難易度の低めの言語の入門など学んで外国語を学ぶとはどういうことかの勘をつかめばいいのだと思うのです。 もちろん、一つ外国語学ぶことはやはり大変ではあります。 実際、一般的に実用的なのは英語でまたは中国語だと思います。 リーディングは中国語は漢字で、リスニングだとイタリア語やハングル語は比較的聞きやすいと思ってます。 子供であれば、入門を作るとしたら何語を学んだらいいのでしょうか。 大人としても日本語以外使えるようにとして、 ・イタリア語など聴きやすい言語を習得して、英語にも言語体系など似ているので相乗効果をださせる か。 ・もしくはリーディングで中国語を学んで多少実用的に使うのか といった戦略が思いつくのですが、どう思われますか。 リスニングのほうが脳の処理が単純と言われて、リスニング優位な言語だとなんとなく個人的感想では、試してみたのですが、普段からシャワーしても抵抗感がなく、単語も覚えていける気配を感じてます。 イタリア語を学んでイタリアのヤフーのポータルサイトなど読んだりすれば、楽しめそうです。 私はまず日本語以外を一つ覚えたいです。