• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険の最低保障金額について

生命保険の最低保障金額について教えて下さい。 現在23歳で、終身保険、終身医療保険に加入したいと思っています。 ライフプランでは終身保険は500万円あれば十分です。 しかしその旨をN本生命のセールスレディの方に告げたところ、 保障の合計金額が2000万円を超えないといけないとの事。 定期保険で2000万は普通だと思いますが、終身保険の保険料が割高なので終身保険の500万円込みで2000万(三大疾病等合わせて)にするにはライフプランに合いません。 各保険会社で最低保障金額は違うのでしょうか? 例えば、1000万円から入れる会社はありますでしょうか? また、会社にかかわらず、終身保険に入る上でいい方法がありましたらご教授願えればと思います。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数656
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「終身保険500万」で加入できればベストだという事でしょうか? 漢字以外の名前の付いた保険会社を中心にチェックしてみて下さい。 例)ソニー生命、東京海上日動あんしん生命など他多数。 終身保険単独で加入できますよ。 最低保障額も300万くらいから可能です。 (200万のところもあります。) 終身保険500万の用途が分かりませんが、 貯蓄性を求めない(お葬式代など)なら…変額終身保険 老後の貯蓄目的に加入するなら…低解約返戻金型の終身保険 早期解約はデメリットですが「終身保険」の中でも上記のような安い商品もありますので、用途に応じて探してみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「終身保険500万」で加入できればベストです。 漢字以外の名前…外資系の生保ですね。一度資料請求してみます。 終身保険500万は、まだ独身ですので、育ててくれた親に渡したいんです。 変額終身保険と低解約返戻金型の終身保険…解約する気がないので後者が魅力的に感じます。 まずは外資系に資料請求してみることから始めます。ありがとうございました!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • RXH7
  • ベストアンサー率18% (216/1186)

終身保険の最低保険金額は、ほとんどの保険会社で200万円からです。 N本生命の終身保険も200万円から加入可能だと思います。 大手国内生保の外交員は、保険全般の知識よりも 保険会社が売りたい商品の知識だけを重点的に学びます。 おそらく保険会社がの売りたい保険の最低保障額でしょうね。 もしくは、残念ながら自社商品の知識もない・・・ ということで、No1さんの商品に賛同します。 終身医療保険は、オリックスのキュア アフラックのエヴァー アクサのセルフガード などが安いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>大手国内生保の外交員は、保険全般の知識よりも 保険会社が売りたい商品の知識だけを重点的に学びます それではひとりひとりにあった保険の提供はできないですよね。 保険会社の思うツボにはまらないようにしたいと思います。 アフラックは見積もりました。オリックスとアクサも検討したいと思います。回答ありがとうございます。

  • 回答No.3

たぶん○きるチカラだと思いますが、 根本的に商品を選び間違っていると思います。 最低金額は会社によって違います。 終身保険単独なら100万円からでも可能なあります。 終身保険も500万円が妥当かどうかからよく考えてください。 葬儀代+お墓などを考えたら500万円必要な場合もありますが、独身だとしたら必要でしょうか? 老後の資金にするなら他の会社の方が良いと思います。 保険会社(営業職員)の都合に合わせなければならない理由がよくわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに根本的に商品選びを間違っているなと感じました。 やはり1社では、オススメできる商品も少ないのでしょうかね。 保険会社(営業職員)の都合には合わせたくありません。しっかり自分で納得した会社で契約したいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

目的は何でしょうか? まだ結婚されてないですよね?(結婚していたら、500万では少なすぎ) 1.葬式代なら終身保険or超長期定期保険(100歳満了など)  特約は一切付けないでください。  最低保険金額は一般的には300万だと思います。  保険料は会社によってかなり異なりますので、いろいろな会社に資料請求し、比較検討することをお勧めします。 2.老後の貯蓄の場合  ・低解約返戻金型…返戻率を一定の年齢(例えば65歳)に達するまで抑えて(70%とかに)、その後返戻率を抑えていた分だけ、返戻率がUPするタイプの保険。   一定年齢まで必ず続けるのであれば、安い保険料で高い返戻率を確保できるのでお勧め。   その一方で、一定年齢までに解約した場合、返戻率が抑えられている分かなり損をします。 知り合いにFP業務している方がいれば、相談してみるといいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

目的は育ててくれた親に渡すことと、結婚や出産時に終身を核に定期の買い増しをしようと考えているためです。 やはり資料請求するのが一番ですね。 知り合いのN本生命、S友生命では私のプランはきいてもらえませんでした。私のプランにあったものがあればぜひ入りたいと思っています。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 生命保険商品に関してお尋ねしたいことが。。。

    仮に以下の様な二つの定期保険特約付終身保険(生命保険商品A&B) があるとします。 「生命保険商品A」 種類 定期保険特約付終身保険 契約開始年齢 30歳 現在年齢 36歳 保険期間 終身 払込期間 60歳 主な保障内容 終身保険 500万円 定期保険特約 2500万円 三大疾病特約 500万円 医療特約 5000円/日 ※特約部分は10年間 保険料 月払い10,600円 「生命保険商品B」 種類 定期保険特約付終身保険 契約開始年齢 27歳 現在年齢 36歳 保険期間 終身 払込期間 60歳 主な保障内容 終身保険 200万円 定期保険特約 4800万円 三大疾病特約 500万円 医療特約 5000円/日 ※特約部分は15年間 保険料 月払い10,600円 まず保険商品Aに関してなのですが、 この商品は60歳までの総払込金額が382万円程なのに、 終身保険が500万円になっているのはありえないと 思うのですがいかがでしょう。。。 終身保険とはつまり死んだときにもらえるお金ですよね? それとも特約が切れるタイミングくらいで 保険料の見直しがあるのでしょうか? 次は保険商品Bに関してなのですが、 こちらの商品の15年間有効な定期保険特約をもし仮に いますぐ辞めて、終身保険だけにしたとしたら、 保険料は月払いでどれくらい変わってきますか? 保険は非常にややこしくてすごい手間取ってるので、 どうかご存知の方いらっしゃいましたらご教示ください。。

  • 生命保険の特約について

    現在、定期つき終身保険と3大疾病保障定期保険に入っています。この度、保険を見直すにあたり教えていただきたいことがあります。 定期つき終身保険のうち、終身部分を払い済みにした場合、3大疾病の保険は消滅になるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 生命保険の加入について

    生命保険についてお伺いさせていただきます。 現在明治安田生命の終身保険に加入しています。 入院、手術などに保障されるものです。 今回別の会社から 三大成人病と診断されたときの保険加入の話を受けました。 当方31歳ですが 毎月2000円(41歳まで)ほどで、診断された時に500万円の保障が受けられるものです。 この金額は妥当なものでしょうか。 また、今の年齢で加入するのは早いでしょうか?

  • 生命保険の保障毎の保険料について

    生命保険の保障毎の保険料について 平成2年の定期付終身保険(パスポート21)の契約の際、”保険料を終身保険、定期保険と医療特約に分けて教えてほしい。”と要望したところ、”パック商品なので分けられない。”との回答でした。 平成14年の転換契約の際は、設計書に保障毎の保険料が記載されていました。 いつ頃から、生命保険会社(第一生命)は保障毎の保険料を開示するようになったのでしょうか?

  • 生命保険会社を変えたほうがいい?

    現在入っている生命保険は月に26000円払い、更に年金保険13000円を払っているので家計を圧迫しています。保険の人に解約したいと言ったら何回も家に来て「辞めないで下さい。」と言われました。うちは小さい子供が居るのに21時頃に来てたり「子供が保険に入ると保険料が安くなる。」と言ってパンフレットを置いて行ったりしました。去年は3ヶ月払えないときがありましたが解約させてもらえませんでした。もっと安い保険に変えたいのですがなにかお勧めはありませんか?保険の人は近所に住んでいるのでまた解約したいといったらしつこく来そうです。 終身保険(主契約) 一時金 500万円 終身 生活保障特約(10年確定年金) 年額240万円 定期保険特約 一時金 2,000万円 新生存給付金付定期保険特約(2年給付金型) 一時金 200万円 新傷害特約(本人型) 一時金最高 500万円 3大疾病保障定期保険特約 一時金 500万円 疾病障害保障定期保険特約 一時金 500万円 介護保障定期保険特約 一時金 200万円 リビング・ニーズ特約 最高 3,000万円

  • 生命保険。こんなのでいいのでしょうか?

    お世話になっております。 生命保険のセールスレディから保険の「転換」を勧められました。 私が契約したのは社会人1年生の独身時代。妻子を持つ身になって保障内容も見直すにはいい機会? でもこんな内容でいいのかな?とじっくり考えた結果、 「見直し」は見送り、自分自身で新たに以下の保障内容にしようかと思っています。 【私の家族構成】 夫(私) 29歳 会社員 妻    29歳 小学校教諭 長女    3歳 次女    1歳 (次の子) 6月誕生予定 【現在】 夫婦ともにN生命の終身500万円+三大疾病・医療特約 というオーソドックスな内容の保険を契約しています。 (契約したのは夫6年前、妻4年前) 保険料は夫婦合わせて月額2万円程度 【今後】 夫婦とも、終身500万円の主契約だけ残し全て特約を解約。 医療保障関係は共済で死亡保障500万円、入院日額5000円等の保障にし、 保険料は夫婦で月額1万8千円程度 に抑えようと思っています。 ここで皆様に質問なのですが 私はこの見直しを「にわか知識」で主契約のみにしようとしているのでは?とか思ったりしてしまいます。 実際、こういう保険の組み方って心配事だらけなのでしょうか?無難なのでしょうか? 「危険」なところ、「それでいいよ」というところなどはどうでしょうか? 抽象的な質問ですがよろしくお願いします。

  • 生命保険の変更(見直し)出来ますか?

    第一生命 コーラス H4年契約 30年まで契約継続で16年目です。 終身保険200万円 定期保険1600万円 生存給付金付定期保険特約200万円 生涯特約 500万円 災害入院、疾病特約、女性疾病ともに、5千円日です。 現在年払いで173000円支払っています。 よく見ると、こんなに必要なのか? 特に死亡保障。 というほどの保障がありますし、退職して主婦にはキツイのです。 これを、保障のみ減額できないのでしょうか? 減額すると、不利な点はありますか?

  • 生命保険の見直しについて

    主人が独身時代に加入していた保険を見直したいと思います。 主人会社員33歳・妻専業主婦31歳・子供0才 現在:(月払11000円/15年更新型) 介護生活保護特約付定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険 終身保険100万円、定期保険特約1000万円、(60歳払込済) 介護生活保障特約150万円、介護保障定期保険特約500万円、疾病障害保障定期100万円、特定疾病保障定期保険特約300万円、 災害割増特約1000万円、障害特約500万円 災害・疾病・成人病・ガン入院特約各7000円 主人が保険やさんの言うなりに入ってしまったらしく内容に納得がいかないこと、今後の更新での保険料の値上げを考慮して 違う保険会社で再考したいと思っています。 希望は死亡金(終身・定期保険)2000万円、疾病傷害入院1万円/日、ガン特約付、保険料終身型で月2万以内位を 基本に考えたいと思っているのですが「乗り換えをすること」「今後の希望の内容」は利にかなっているでしょうか?ご意見お聞かせください。

  • 生命保険について

    24の男なんですが、現在入社して間もないころに入った生命保険(ニッ○イ)を持っています。 その保険は死亡保障に医療保障がついた終身保険です。 そして、最近違う会社(住○生命)から、終身保険を勧められています。 現在、独身で配偶者はいないので終身保険は無駄ではないかと思うようになって、医療保険だけでもいいのではと思っています。 そこで、みなさんにお聞きしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

  • この生命保険内容をどう思いますか?

    こんにちは。夫(32歳・サラリーマン)の生命保険の見直しをしています。 夫が独身時代から入っている生命保険がいいものなのかどうか判断できず ご相談します。夫婦二人暮しで、子供なし(これから欲しい)。賃貸。 ニッセイ 定期付終身(H8年加入) 計12,741円       終身保険 500万円    55歳払込満了 3,973円      生活保障特約 1200万円  40歳まで   2,796円      定期保険特約 1500万円  〃      2,732円      新傷害特約  500万円  〃       290円      通院特約・新災害入院特約・新入院医療特約     (通院3000円・入院10,000円)      2,950円 40歳更新時には、保険料が19,671円になります。 もうひとつ3大疾病定期保険500万円(40才迄) 1,890円にも入っています。 合計14,631円です。合計10,000円ぐらいに抑えたいです。 終身だけに出来るということなので、定期部分は全部はずしてしまおうかと考えました。しかし、調べるにつれて、遺族保障(生活保障特約+定期保険特約)が2700万円もある保険にこの金額で入っているのはお得なのかな?と思いました。でも1500万円でも十分な気がします。 そこで、今まで考えた案は、 (1)終身と定期保険特約だけ残して、他社の安い定期型医療保険に入る。 →余ったお金は貯金。 (2)終身と定期保険特約だけ残して、他社の終身型医療保険に入る。(払い込みは60歳まで)→どうせ保険料を払うなら一生続く医療保障を買ったほうがいい。 (3)生活保障特約をはずし、入院特約の日額を下げて全体の保険料を安くして継続する。3大疾病も安くして継続。 →これだと、解約返戻金は発生しない?のでまったくの掛捨てになってしまう? わかりにくかったかもしれませんが、現在の保険内容と、私の案を、 どう思うかアドバイス頂きたいと思います。 よろしくお願いします。