• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

エネルギー保存が成り立たない・・・?

分からないところがあったので質問させてください。 長さが3lの軽くて硬い棒を用意し、その一端に質量mの小球A、他端に質量2mの小球Bをつなぐ。この棒を、ABを1:2に内分する点O1を中心として、鉛直面内で滑らかに回転できるようにする。はじめに、棒が水平になるように静止させたあと、静かに放したところ、小球A,Bはそれぞれ、点O1を中心として回転し始めた。 Aが、A自身の描く軌道の最高点を通過している瞬間のA,Bの速さをそれぞれ求めよ。重力加速度の大きさはgとする。 という問題です。 以下は自分の解き方です。 Aに働く力は重力と棒との相互作用のみで、 Aの加速度をa,棒との相互作用をFとすると、Aの運動方程式は ma=-mg+F Aの速度をv,Aの変位をhとして、両辺にvをかけて積分すると、Fは軌道に直行する向きに働くため、仕事は0なので mv^2/2+mgh=一定 初期条件より、mv^2/2+mgh=0 となりました。 しかし、この関係を使っても正解になりません。 ちなみに解説ではA,Bからなる系のエネルギー保存を使って解いていて、答えは√(2gl/3)となっていたのですが、 なぜAのみで議論した場合はこの答えに至らないのでしょうか? どこで何を間違えたのでしょうか? どなたか教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数69
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • mtaka2
  • ベストアンサー率73% (867/1179)

> Fは軌道に直行する向きに働くため、仕事は0 ここ、「棒がAに与える力」の解釈が間違えているかと。 簡単に説明すると、 ・Bに下向きの力がかかっていいますが、点01で固定されているので、テコの原理的に、棒を通して、Aを持ち上げるような力になる。 ・この力の方がAに働く重力よりも大きいので、Aは上向きに動く ・この時、棒からの力に沿ってAは移動するから、この力は仕事をしている。 ・つまり棒を通してBからAへのエネルギーの受け渡しがある。 よって、Aだけの系でエネルギー保存の法則は成り立ちません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 棒がAに与える力は仕事をするんですね! てっきり勘違いしてました;; もやもやが取れてすっきりしました! ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • wipe
  • ベストアンサー率52% (37/71)

失礼します。 mouiyayannさんの解き方によると回答は-√(2gh)となるようですが それでよろしいでしょうか? 変位h=l/3、速さの方向を無視すると、 解説と同じ回答かと思いますが、違いますでしょうか? エネルギー保存の方が計算が簡単なので解説で例を挙げているようですが、 どちらの考えであっても同じ回答が求められるような感じがします。 考え方はあっているように思いますが、間違いかどうかはわかりません。 以上参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 どうやら変位をlとして計算してしまったみたいです・・・。 変位はなぜl/3なのでしょうか・・・?

関連するQ&A

  • エネルギー保存則の途中計算

    m質量、g重力加速度、h高さ I慣性モーメント 角速度ωとして mgh = mv^2/2 + Iω^2/2 という式を作るところまではよくてここからvを求めるのですが回答を見たら v= aωと表せるため v= √2gh/(1+I/ma^2)という答えになっていました。 なぜωが消えるのかが考えたときに ω= v/aとして計算したらちんぷんかんぷんになってしまいました。 物理の分野で聞かなければならない質問ですが上記の計算方法がわからないので 途中式をお教えいただければ幸いです。

  • 仕事とエネルギーの計算方法?

    地上 80[m]の高さから、質量 0.5[kg]の物体を自由落下させた。重力加速度を g=10[m/s^2]とする。 地面に到達する直前の早さはいくらか。 という問題があります。 授業でやった公式と答えは 全体エネルギー E=mgH=0.5*10*80=400[J] 400(1/2)mv^2 ∴v=40[m/s] とあります。 ですが、公式に当てはめて計算すると 400*(1/2)*0.5*v^2=100v^2 ここから先のやり方が分かりません。 40[m/s]という答えはどのように出すのでしょうか。

  • 高校物理・エネルギーの問題

    なめらかに回る軽い定滑車に軽い糸をかけ、質量m[kg]のおもりAと質量M[kg](m<M)のおもりBをつり下げる。静かに放した後、おもりAがh[m]上昇した時のおもりの速さを求めよ。重力加速度の大きさをg[m/s^2]とする。 という問題の解答が次のようになっています。 (解)初めの高さを重力の位置エネルギーの基準とすると、 (初めのエネルギーの総和)=(後のエネルギーの総和)より (1/2)m×0^2+(1/2)M×0^2+mg×0+Mg×0=(1/2)mⅴ^2+(1/2)Mⅴ^2+mgh-Mgh …(1) ∴ⅴ=√{2(M-m)gh/M+m}[m/s] なぜ、初めのエネルギーの総和が(1)の左辺の様になり、 後のエネルギーの総和が(1)の右辺の様になるのかが分かりません。 どなたかご教授下さい。

  • 物理の問題

    物理、問題 写真のように、天井に鉛直に固定された棒の下端Oのまわりに、鉛直面内自由に回転できる長さ2aの棒が取り付けられている。 この棒の右端には質量Mの小球が固定されており、棒の中心には質量mの小球が固定されている。質量Mの小球は写真のように張力Tで糸に引っ張られていて、その結果、棒は水平に保たれている。重力加速度の大きさをgとする。 写真のイとウの問題はどうやって解くのでしょうか? ちなみにイの答えはg/2√〔{(m+2M)^2/tanθ^2}+m^2〕 ウの答えは斜め左下向きに力が働いてます

  • 仕事とエネルギー

    大問:曲面ABが点B,曲面CDが点Cにおいて,水平面BCとなめらかに接続されている。水平面から高さh[m]の曲面上の点Eから,質量m[kg]の小物体を静かにはなし運動させた。面と物体との摩擦は無視でき,物体は回転することなく面上を運動する。重力加速度の大きさをg[m/s^2],重力による位置エネルギーの基準点を水平面BCとして,以下の問いに答えよ。 小門:物体は曲面CD上をどの高さまで上がることができるか。水平面BCからの高さで答えよ。 という問題で、答えが mgh=mgh' h'=h になるのですが、このmgh=mgh'になる前の式って、どんなですか? BCは、平面なので高さが無いじゃないですか~? なのに何故mghとなるのですか?もしかしてA点を始めD点を後と見ているのですか? どんな公式を使いどこの点=どこの点の式なのか?何が0なのかまで詳しく教えて下さい。 最後に画像の図が見えにくくて申し訳有りません。

  • エネルギー保存と運動量保存

    質量MのロケットAと質量mの小球Cが軽いバネで取り付けられ固定されている。 はじめバネは押し縮められていて、Uのエネルギーが蓄えられている。  ______/ / ____ |  |~~~○ \  ̄ ̄ ̄ ̄   →g   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ x←――――――――― このロケットを打ち上げ、速度がv になったときに、Cの固定をはずすとロケットの速度の増加分 u はいくらになるか。 (UはA, Bの運動エネルギーになる。重力による運動用変化は無視できる。空気抵抗無視。) 前問でエネルギー保存と運動量保存を書けという指示がありまして、 (固定をはずした直後のA,Cの速度をV_a, V_c) (1/2)(m+M)v^2 + U = (1/2)M V_a^2 + (1/2)m V_c^2 (M + m)v = MV_a + mV_c u = V_a - v どうしても u が出せないんです 答えはu = √{2mU/M(m + M)}です。

  • 高校物理 運動量保存について

    図を見ていただきたいのですが、下の台車の質量がM、小球の質量がm 小球が台車の水平面に達したときの速さをu、その時の台車の速さをV としたとき、運動量の保存から 0=mu-MV と解答に書かれています。この式に少し納得がいきません。 運動量の保存は内力による運動のときですよね?この場合、 小球が下るときに、小球は重力という外からの力を受けますので 重力による力積を考えなければいけないのでは?と思ってしまいます。 自分なりに考えてみますと、小球が台車平面上に達するまでの重力の 力積をIとすると、 I=mu 作用反作用の法則より、台車は逆向きに同じ大きさの力積を受けるので -I=-MV これらをたすと、確かに 0=mu-MV が得られます。しかし、小球が重力によって受けた力積と同じ大きさだけ 台車はその力積を受けると考えてもいいものでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • エネルギーについて

    エネルギーについて疑問があります。 まず、位置エネルギーについてです。 例えば質量mの物体をhだけ高く移動するとします。 この時最初のエネルギーよりmghだけ高くなります。 しかしよく考えてみると、手でゆっくりと持ち上げたとします。 この時手が作用する力Fと重力はつりあいます。 したがって手からの仕事はFh、重力の仕事は-mghになり、エネルギー変化は0になってしまします。 同様なことが、コンデンサー間の引力を求めるときに、手がする仕事と静電引力の仕事の和は0です。 何がいけないのでしょうか?

  • 素粒子の相互作用について

    19世紀までに知られていたものは重力相互作用と電磁相互作用であったのですが、 重力相互作用と電磁相互作用以外にも相互作用が存在すると考えられたのはなぜでしょうか? また、 重力相互作用と電磁相互作用以外の相互作用として、強い相互作用と弱い相互作用の異なる2種の相互作用が存在すると考えられたのはなぜでしょうか? うまい説明の仕方が分かりません。 どなたかよろしくお願いいたします。

  • 運動量保存則について

    スマートフォンでokwaveを使っていて画像を添付できなくてすみません。 曲面ABと突起Wからなる質量Mの台が水平な床上にあり、台の左側は床に固定されたストッパーSに接している。Bの近くは水平面となっていて、そこからhだけ高い位置にあるA点で質量mの小球を静かに離した。小球は曲面を滑り降りて突起Wに弾性衝突し、台はSから離れ、小球は曲面を逆方向に上り始めた。床や台の摩擦はなく、重力加速度をgとする。 この時、衝突直前の小球速さをv_oとし、直後の小球と台の速さをそれぞれv_1, V_2とすると運動量保存則mv_1+MV_1=mv_oが成り立つ。 次にストッパーSを外して、台が静止した状態で小球をA点で静かに放す。 Wに衝突する直前の小球と台の速さはそれぞれいくらか。 答え 水平方向の運動量保存則から、はじめの運動量0が維持され、小球が右へ動けば台は左へ動く。Wに衝突する直前の小球と台の『速さ』をu, Uとすると、0=mu+(-mU) また力学的エネルギー保存則より、mgh=(1/2)mu^2+(1/2)mU^2 u=√(2Mgh/(M+m) U=(m/M)*√(2Mgh/(M+m) 質問です。 ストッパーSがある時には、運動量保存則が『mv_1+MV_1=mv_o』となり、ストッパーをとった時には運動量保存則の式が『0=mu+(-MU)』と異なっています。しかし、ストッパーがある時も最初、小球•台ともに静止しているのではじめの運動量は0で運動量保存則『0=mv_o=mv_1+MV_1』が成り立つのではないかと思ったのですが、これは間違っていますか? もし違っていれば、ストッパーの有無による運動量保存則の式の作り方の違いについて教えてください!!