• ベストアンサー
  • 困ってます

BBCの文なのですが、文型、意味を教えてください!

よろしくお願いします。 最近のBBCの分で "John Holmes told reporters that Burma's response to the disaster was <nothing like as much as is needed>" とありました。 この<>内の "nothing like as much as is needed" の意味と文型をおしえてくれないでしょうか? 主語は nothing? as much as 以下には普通対比される名詞などがくると思うのですがこの場合はどこにいってしまったのでしょうか? 意味としては、災害に対するビルマの対応が何より大切、 という意味だと思うのですが、文の要素、文の構成がわかりません。 教えてください!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数7
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>"John Holmes told reporters that Burma's response to the disaster was <nothing like as much as is needed>" ○ 解説です。 【nothing like】   ※ とても~(と言えるもの)ではない。 【as much as is needed】   ※ 2つめの「as」は動詞が続いているので、関係代名詞   ※ 先行詞に「as」がついて「~する(のと同じ)・・・」      We admitted as many people as came.     「来た(のと同じ数の)人を皆受け入れた。」   ※ 先行詞は「much」で、程度や量を表す。   ※ 「is needed」は「必要とされる。」、「by refugees」補って考えること。   ※ 「(被災者によって)必要とされる(のと同じ)程度(量の)もの」      →「被災者が必要とする程度のもの」      →「被災者にとって十分なもの」 ○ 訳です。  「ビルマ(ミヤンマー)政府の災害に対する対応は、<被災者にとってとても十分と言えるものではない>とジョン・ホームズは記者に告げた。」 ○ いかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 良くわかりました

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

#4,5です。 nothing like as A as B を辞書に載っている熟語 として扱った私は一般人ですがね。確かにnothingは名詞 なので、事実その辺のところをもう少し掘り下げてみようかと 迷いました。  しかし、それをしなかったのには2つ理由があって、 一つには”専門家”でなくても辞書をきちんとひけば この程度のことなら訳せますよ、と最近の辞書離れに 一石を投じたつもりでした。  第二にあんまり細かいことにこだわってもしょうがないし、 すでに長文になっていたこともあり、説明しませんでした。  ではひとつずつ見ていきますか。 nothing like as much as is needed. nothing なにも~ない。 ただし、ここではむしろ強調に使われている語で 意味自体は薄いですね。これが文中で主語になって いない最大の理由です。 0を表す言葉や、逆に100%を言葉はしばし強調 に使われます。 例:not at all! 時間・程度などを表す名詞は前置詞なしで副詞 になりうるんですね。例:a little todayなど  こういう独立した語、句、節は文を構成する 要素になりえません。この場合、ただ単に、 強調と否定の意味を加えているに過ぎないからです。 ご存じの通り、nothing、anything、something は直後に形容詞を持ちます。例:I want drink something hot. で、次です。 nothing like のlikeがnothingを修飾しているのは 疑いないとわかります。nothing←like 名詞を修飾するのは形容詞ですが、ここでは nothingが形式上副詞と化しているので、形式上、 likeは副詞を修飾する副詞になっています。 さて、この二つの単語、nothing likeが文型の 決定に関与しないことを証明してみせましょう。 やり方は簡単です。この2語を除いて文法的に 成り立つか、をみるだけです。試しに訳してみましょうか。 John Holmes told reporters that Burma's response to the disaster was <as much as is needed>" ビルマの災害に対する対応は(ぴったし)必要とされる程度だったと、ジョン・ホームズはリポーターに語った。 どうでしょうか?むしろ否定語が抜けてすっきり訳せる ようになりましたね。これで、nothingがそれこそ”まったく” 主語になりえないという事がわかっていただけたかと 思います。 私は#4でlike(またはnear)と書きました。 それはnearのほうが意味の混同がないと思ったからです。 ここでは「ほとんど」とか「ほぼ」の意味です。 nothing like で、nothingを仮に「ゼロ!」と訳しましょう。 すれば、あわせて「ほぼゼロ!」となります。 as much as is needed 一つ目のasがmuchにかかる副詞、二つ目のas以降は 全体で一つ目のasにかかる相関的な接続詞。 nothing likeは直前のwasにかかっていると思います。 <>内をまとめます。 (1)nothing like= near nothing 「ほとんどゼロ!」 (2)as much as is needed 必要とされるほどだ、 必要とされるほどだ、というのはほとんどゼロ! →必要とされるほどには到底及ばない もうこのくらいでいいでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • go_urn
  • ベストアンサー率57% (938/1643)

こんにちは!  John Holmes told reporters that Burma's response to the disaster was nothing like as much as is needed.  意味的には、これまでの回答で出ていますので、書くほうの立場で説明してみたいと思います。  1)まず知っていただきたいのは、as much as の後ろには、名詞だけでなく、文的なものもこれるということです。  ア)He is as tall as Koto'oshu. ・・・これはご存じですね。  イ)Plaese eat as much as you want. ・・・ほしいだけ食べて下さい、という正しい英文です。  Eat (これくらい)much. You want (どれくらい)much. この2文の(これくらい)と(どれくらい)が同じ量ですので as を双方に入れて繋げたのが、イ)の文なんです。  さて、ビルマの災害に対する応接が過不足のない、ピッタリのものだったとしますと、  Burma's response to the disaster was as much as was needed.となりますね。(is は was に変えたほうがいいでしょう。)  2)で、これを否定するとき、つまり、十分でなかった、と言うのは、not をつければいいだけです。  Burma's response to the disaster was 【not】as much as was needed.  でも、てんで足りなかった、と不足を強調したい場合、as ~ as の前に、nothing like をつけるのです。  Burma's response to the disaster was 【nothing like】as much as was needed.  as 以下と同じどころじゃない、というニュアンスです。同じようなニュアンスを表現するには not nearly という否定辞があります。  Burma's response to the disaster was 【not nearly】what was needed.  でも、これ、日本人にはうっとうしい構文ですね!不十分=inadequateですので、  Burma's response to the disaster was totally inadequate. が日本人の肌に合った英語になります。でも、BBCの記者も、日本人のことを考慮して書いてくれるわけじゃないですものね。こうした比較構文に慣れるしかないと思います。  でも、覚えるべき例文は20~30くらいと思います。比較をマスターすると、うんと英語がわかりやすくなりますよ!  以上、ご参考になれば幸いです!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 大変わかりやすかったです!

  • 回答No.5

No4です。 すいません、最後に挙げた訳文、 that節内でtoldと時制の一致がされているので、 『ビルマの災害に対する対応はちっとも必要量に足りておらん』 という風に現在形で訳すべきでした。 that節内だけ見ていて見落としました。おわびして訂正致します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

専門家のお歴々の解説の後ですが、 ここで一般人の愚見を申し上げます。 まず、辞書の【nothing】を引いてみます。 副詞の熟語欄に、 nothing like(またはnear) as A as B 【話】Bに比べて少しもAでない、Bに比べてAどころではない とあります。【話】は話し言葉の意味です。 ジョン・ホームズの発言ですから、 話し言葉の構文が使われてもおかしくはありません。 ここでA=much B=is needed ですね。上の熟語に当てはめると 『【is need】に比べて少しも【much】ではない』となります。 つまり、『必要とされるのに比べて少しも多くない』 →『必要量に全然足りんよ』と言っているのです。 Burma's response to the disaster was <nothing like as much as is needed.>のうち、文の要素を残すと、  response was much. だけになるので<>全体でSVCのCに なっていることがわかります。 <>内ではS(S+V)という風に、is needed(V)がmuchにかかる関係代名詞になっているだけで、文型はありませんね。 まとめると、 『ビルマの災害に対する対応はちっとも必要量に足りんかった』 くらいに訳せるでしょう。 会話文は生きている言葉が多くて、非ネイティブにはやっかいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

はじめまして。 ご質問1: <as much as 以下には普通対比される名詞などがくると思うのですがこの場合はどこにいってしまったのでしょうか?> 1.必ずしもasの後に名詞がくるとは限りません。 2.何故なら、比較級の同級で使われるas~asの2つ目のasは、前置詞ではなく接続詞だからです。接続詞なので本来は節がくるのです。 例: He is as tall as I =He is as tall as I am. 上の文は、下の文の動詞amが省略された形なのです。 3.また、asの後に節がくるのは、asと相関的に用いられる関係代名詞の用法もあります。 例: He is as brave a man as ever lived. 「彼はかつてないほど勇敢な男だ」 このasは主語a manが先行詞として前出しています。 4.ご質問文はis neededの主語がないことから、このasは関係代名詞として使われていることがわかります。 先行詞はmuchで、このmuchは「たくさんのこと」という名詞として使われています。 ご質問2: <~の意味と文型をおしえてくれないでしょうか?> 1.まず文型はありません。この部分は、that節内で、SVCの補語Cになる名詞句だからです。 2.つまり、as is neededという関係詞節が、as muchという名詞を修飾し、その名詞をnothing likeが否定している、という構文だからです。 3.nothing likeはイディオムで幾つか意味がありますが、ここでは「少しも~ない」という、not at allと同じような意味になります。 例: A is nothing like as good as B (直訳)「AはBほどは、少しもよくない」 →(意訳)「AはBの足元にも及ばない」 4.また、as much as is neededは、「必要とされるほど多くのこと」となりますが、意訳ではas much as の部分は「~するだけ」という副詞的な訳にするときれいな訳に仕上がります。 5.以上を踏まえ、この文のthat節以降の訳出の流れは (直訳)「ビルマの災害への対応は、必要とされるほど多くのことは、少しもなかった」 → (意訳1)「ビルマの災害に対する反応は、必要なだけのことがなされているとは、全く言えないものだった」 → (意訳2)「ビルマは災害に対して、必要なだけの対応を全くしていなかった」 となります。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

  • 回答No.1

nothingは主語ではなく、wasの補語です。 発話者の台詞をそのまま書いてあるので、文法的に正当かどうかはわかりません。 likeは「のようだ」ですから、ぜんぜんそうは見えない。 どう見えないかというと、ビルマが必要としているほどの「援助」には見えない。 正しくは、"John Holmes told reporters that Burma's response to the disaster was <nothing like as much [aid] as is needed>" と、aidが入る形でしょう。 意味は、ビルマのこの惨劇に対する反応は、とても必要な援助に見合う物だとは思えなかった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 比較(原級)表現&否定表現の質問です。

    比較(原級)表現&否定表現の質問です。 下で述べた英文の訳は他に違う意味の訳になるものもあるかもしれませんが、(  )「  」内で示した訳について考えて頂きたいです。 1、John is not so tall as Bill. は「ジョンも背が高い(がビルにはかなわない)」という意味になるそうで、よって同じnot so...asを使った「むしろ~」という表現の 2、He has succeeded not so much by talent as by energy. という文も「彼の成功は才能による」という内容は認めていることになるそうです。 (http://6617.teacup.com/m_kubota/bbs/512 より。↑) これは「努力によるものと同じほどは才能によるものではない」というのが直訳だと思いますが、つまり1は「as Bill」のみが否定されていて意味的には「John is so tall not as Bill.(ジョンは背が高いがビルほどではない)」と同じ、2も「as by energy」のみが否定されていて意味的には「He has succeeded so much by talent not as by energy.(才能によるものだが努力によるものほどではない)」と同じ、ということでいいのでしょうか? 間違っても「努力によるものではなく才能によるものだ」という断定的な意味ではないですよね? また、ある辞書には Democracy is not exportable like food or cement. (民主主義は食料とかセメントのようには輸出できるものではない)という文も I'm not tall like you.(君は背が高いが、私はそのようには高くない)という文も、 notは文全体を否定している、とあります。また Jane is nothing like as bright as you.(ジェーンは聡明さではとても君には及ばない)という文も載っていました。 しかしこれらの文は、1,2と構造が同じ否定文だと思うので、(もし上で述べた文が正しければ)1や2と同じように、意味的には「Democracy is exportable not like food or cement.」、「T'm tall not like you.」、「Jane is like as bright nothing as you.」と同じ、ということになるのでしょうか? しかし、同じく文否定として載っていた She wears no makeup like other girls do. (彼女は他の女の子と違って化粧をしない) という文は、構造的には上の文と同じに見えますが、上のように「like other girls do」のみを否定していると考えると意味が変わってしまうので、これは文全体を否定していると考えた方がよさそうです。これは上の方で出た文と違うと考えた方がいいのでしょうか? そして、このようにnotがどの部分を否定しているかというのは、その時の状況で判断するのですよね? といろいろ述べてきましたが、自分の考えが間違っているかもしれませんので・・・。 本当に長くなってしまいすみませんが、ご回答をお願いします。

  • 否定文のVERY MUCHってなんでしょう

    なんとなくわかるのですが なんとなくわからないので 質問させてください I LIKE YOU VERY MUCH は、私はあなたがとても好き I DONT LIKE YOU VERY MUCH は、 私はあなたがとても好きじゃない つまり 私はあなたなんか全然好きじゃない って意味だと思ってました。 でも最近 私はあまりあなたが好きじゃない って 訳されるってしりました。 でもおかしくないですか? VERY MUCHって とても という大きな表現で訳されるのに 「あまり~でない」って、、 少ない意味のきがします。 すごく混乱してて 意味のわからなし質問文になってたら ごめんなさい。 みなさんはどのように 覚えていますか? わたしはこんがらがりそうです。 I DONT LIKE YOU VERY MUCH を、私はあなたがとても嫌いです って訳したら いけないのでしょうか?やはり間違いですか? 肯定文では「とても」 否定文では「あまり」って覚えればいいのでしょうか 回答おねがいいたします

  • couldの判断+和訳

    英語やり直し組です "Potentially Burma could break up like Yugoslavia, because it does contain a number of ethnic groups which have very little in common," (1)because以下がよくわかりません。 「なぜならそれは共通のとても小さなことを持っている民族の数を含んでいるから」意味がわかりません。。。 (2)これは基本的なことかと思いますがcouldの使い方が少し怪しいです。。。 この文では「ユーゴのようにバラバラになる(可能性がある)だろう」のようなニュアンスだと思うのですが、canの過去形の「できた」の意味にもなりそうに感じます。 文頭にPotentiallyがあるから「だろう」の意味だと理解したのですが、もし文頭になにもなかったら「ビルマはユーゴのようにバラバラになる事ができた、なぜなら…」のようにビルマはすでにバラバラになった、という風になってしまいます。使い分けるにはどうすればいいのでしょうか? お願いします。

  • この文がよくわかりません。

    It is not that they are impolite so much as that they are oblivious to sensitive feelings. so much as that...の意味のとり方がよくわかりません。 It is not that...はthat以下全部を否定しているのですか。 解説お願いします。

  • can't be any worse thanの意味

    can't be any worse thanの意味 こんにちは。 比較の文を習ったのですが、今いち使い方、意味がわかりません。 can't be any worse than The food is Moscow can't be any worse than England. anything like as=much less I used to do a lot more overtime so actually that isn't anything like as much. as good as=a bit more than It's easily as good as your last job and you have plently of experience in planning and organising. この3つの使いかたと訳が混乱してしまってイマイチわからないので説明をお願いします><

  • as is の意味

    They would like to buy the first unit as is. この as is の働き(意味)を教えてください。

  • "Shinzo Abe is nothing"の意

    BBCニュース http://www.bbc.com/news/world-asia-30444230 の中段で ---quote-------- Many Japanese were bemused by this election. Most thought it completely unnecessary. Some were angry at the huge waste of money. But Shinzo Abe is nothing if not a canny politician.The turnout may have been a record low, but he got what he needed - a new majority, and four more years in power. ---end quote----- とあります。 この”Shinzo Abe is nothing if not a canny politician.”のnothingはどういう意味なんでしょうか? 前後文やif not a canny politicianが後続することから肯定的な意味なのか?と思うけど、nothingがそのような意味合いに用いうるのか?と判断つきかねております。 この用法とか意味についてご存知の方がおられましたらよろしくお願い申し上げます。

  • nothing is so...as の文について。

    There is nothing of which we are so afraid as of death. 死より怖ろしいものはない。 という文について質問させてください! nothing...so afraid as...の部分は「~ほど怖いものはない」を意味してると思うのですが、 afraid ofのofはどこに動いたと考えればよいでしょうか。 文中に二箇所"of"が出てくるのですが、asの後ろのofがafraid ofのものだとすると、 なぜ so afraid of as death でないのでしょうか。 さらに、whichの前のofはどのように考えればいいですか? 関係代名詞の所有格というものでしょうか?? どうぞよろしくお願いします。

  • 最後の文の意味

    I like having as much stuff as I can, but don't need more things. I already own more baseball card than most American fans. But if you want to add to my collection, what true baseball fan could say no? 最後の文末の意味なんですが "But if you want to add to my collection, what true baseball fan could say no?" 「しかし、本当の野球ファンであれば、いらないとは言わないだろう」 つまり欲しいという意味合いがつよいのでしょうか? これの文の最初の投げかけは、あなたが持っていない、ベースボール カードをあげます。協力するよ!よいう問いかけに返って来た返答です。 それとも「しかし、本当の野球ファンであれば、手渡さないだろう」 って言ってるのでしょうか? どうなんでしょうか?

  • 英文の構造と意味とthatについて

    Nothing should so much diminish the satisfaction which we feel with ourselves as seeing that we disapprove at one time of that which we approve of at another. *この英文はどうやって意味をとればよいのでしょうか? *Nothing should so much diminish the satisfaction which we feel with ourselves ここまでは、the satisfactionが先行詞でwhichが関係代名詞になり、 Nothing should (so much) diminish→何も減らすべきではない、 と言っているところまでなんとなくわかるのですが(違うかもしれませんが) so muchがつくとどういう意味になるのか。。 *また後半のas seeing that we disapprove ~の英文の構造と意味がわかりません。 ( as seeing that →thatは接続詞ですか?  time of thatのthat→ ?) お手数ですが教えてください。