• ベストアンサー
  • 困ってます

山本五十六が三国軍事同盟参加に反対した理由

山本五十六は日独伊三国軍事同盟に参加する事に反対していたそうですが、それは何故でしょうか? わざわざ同盟を結ぶからには多分何かしらのメリットがあるからでしょう。 しかし反対するからにはそれを考慮してもカバーできない致命的な部分があるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数685
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • Yelm
  • ベストアンサー率19% (63/324)

山本五十六だけでなく、三国同盟には主に海軍を中心に強い反対がありました(陸軍では石原完爾などが反対)。 当時のドイツとイタリアを足してもイギリスの海軍力の半分にも満たなかった事から、海軍側は海軍力の貧弱な枢軸側に加わってイギリスを敵に回すのを恐れたのです。 三国同盟を推し進めた外相の松岡洋右は、三国同盟の後に日ソ中立条約を締結し、三国同盟にソ連を加えた「ユーラシア枢軸」に拡大し、それで米国に対する圧力を意図していたと言われていますが、それは独ソ戦勃発で崩壊します。 結果的には三国同盟が大失敗だったことは明白ですが、当時の日本の政治家やマスコミ、世論の多くはフランスを屈服させヨーロッパの大部分を制圧したドイツの力の幻惑されていたと言えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日独伊三国軍事同盟について

    今では結果論になりますが、 日独伊三国軍事同盟の締結は、 大日本帝国にとって間違った判断でしたか? また当時の帝国陸軍は海軍とは正反対に、 ドイツに執心だったのはなぜでしょうか?

  • 日独伊軍事同盟について

    日独伊軍事同盟が結ばれた時は、各国の国民はこのことは知っていたのでしょうか? また、各国でこの条約に反対する勢力はあったのでしょうか? ぜひお教え下さいませ。

  • 日独伊三国軍事同盟、失効

    日独伊三国軍事同盟の失効日はいつですか? ウィキペディアを流し読みしましたが失効日が書かれていませんでした。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

山本五十六に限らず、米内光政、井上成美、山口多門と言った、日本海軍の提督の中にも反対した人物は多数います。 これは戦略的に見て、遠くはなれた独伊枢軸と連携を保つのは不可能に近いという現実があります。 また、枢軸側の好戦的政策により、同盟に参加して戦争に巻き込まれることを危惧したのです。 また、彼らは、枢軸側の国力よりも、アメリカ・イギリスの国力のほうが大きく勝っていることを知っており、戦争しても勝ち目が無いほうにつくことを避けようとしたのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

 それぞれの回答者が指摘されている通りアメリカを刺激した区なかったためのようです。  初期の「日独防共協定(1936)」はソ連と対抗していくために経ったと思われますが、三国同盟(1939)ノモンハン事件(1939)以来、南下政策に転換、マレー、インドシナ、への進出を狙ってイギリス、フランスとの対峙、中国大陸の権益で利害が対立してきたアメリカを含め、欧米との軍事力均衡を狙ってのものだったようです。  時の外務大臣 松岡洋右 あたりは三国同盟を結んで戦争しようと考えていたのではなく、戦争の抑止のためと考えていたようです。 開戦に至ったのは、第2次大戦初期のドイツの圧勝に刺激された陸軍が強硬姿勢を取り、中国大陸での妥協を拒否し続けたことに起因するでしょう。  もうひとつ、18世紀に産業革命を終えて文字通りの「先進国」となったイギリス、フランスなどがアジア・アフリカなどを次々と植民地化していったが、産業革命が19世紀にずれ込んだイタリア・ドイツ・日本=中進国、が、既に欧米列強の植民地の一角を狙って共同歩調を取ろうとの思惑が根底にあったようです。三国とも程度の差こそあれ、国家社会主義的体制を備えていったのも、この目的のためと考えると合理的です。  結局、先進国に戦いを挑んで惨めな敗戦を味わうのですが、歴史は繰り返す、これからの世界も同じような形での展開があるのかもしれません。たとえば中国やインドなどの台頭から。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#58790
noname#58790

年表です。 満州事変(1931) 満州国建設(1932) 国際連盟脱退(1933) 日独防共協定(1936) 日独伊三国防共協定(1937) 日中戦争(1937) 日独伊三国同盟(1940) もう、どうしようも無い状態まで行きついています。 >致命的な部分 常識が通用しない事。 何を言っても無駄である事。 =典型的な馬鹿。(言ってもきかないので死ぬまで直らない) =面倒見きれない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#70223
noname#70223

理由としては、 1 米英の反感があると思ったから。 根拠 そのあとアメリカが日本に石油輸出を禁じたから 2 ドイツの状況は悪かったから 根拠 ユダヤ人迫害で世界の反感をかっていて、そこと軍事同盟を結ぶ   と戦争がドイツで起こったら、日本も援軍に行くから戦力が少な   くなる。(ドイツでは戦争がいつ起こってもおかしかなかった) こんなとこ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

質問者様に対するお答えになるかどうか分かりませんが「反対派の人たちは冷静な計算ができた」ということではないでしょうか。 三国同盟の大きなメリットとしては、帝国臣民と陸軍にとっての宿敵ソ連(ロシア)を牽制できることをまずあげるべきでしょう。確か独ソ不可侵条約は日本には知らされていなかったはずです。そしてナチスは共産主義を嫌っていましたから。また、締結の直前はドイツが破竹の勢いでヨーロッパを席巻していた時期です。「勝ち馬の尻に乗る」という発想を持つ人たちにには、宗主国を失った南方地域を日本が統治する夢や、ドイツと日本とイタリアが世界を主導する覇権国家となる夢想。つまりメリットしか見えなかったのでしょう。 逆にデメリットとしては、同盟間の連絡線が細すぎる(遠すぎる)ため同盟の恩恵があまりない(戦争協力はもちろん、技術交流や人的交流も自由に行えない。実際対米戦に突入すると、潜水艦くらいしか大容量連絡手段はなかったですし)というのが、致命的な気がします。もちろん外交的抑止力にはなるでしょうが、実利が少ない。そしてドイツと手を結べばその後には、対英米戦が控えているというおまけが付きます。 さらにいい加えれば、ヒトラーは黄色人種を白人種より下等な人種と見ていたようです。平時だとして、対等なお付き合いが出来たかは疑問です。 反対派は、この辺を聡く見抜いていたのでしょう。 ついでに言い添えるなら、海軍は大陸や欧州より米国を主敵に据えた視点で、陸軍や国民は欧州のドイツの動向やソ連への影響力(ソ連を押さえ込めれば、中国戦線に回せる戦力が増える)に主眼を置いた違いで、反応が違ったと言えるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Sasakik
  • ベストアンサー率33% (1502/4452)

歴史(事実)をみれば一目歴然と思いますが・・・ >わざわざ同盟を結ぶからには多分何かしらのメリットがあるからでしょう。 日・独・伊三国ともに、お友達になってくれる相手が他にいなかったから・・・ということですね。 >しかし反対するからにはそれを考慮してもカバーできない致命的な部分があるのでしょうか? 結果論になりますが、勝てっこない相手に喧嘩を売った挙げ句・・・致命的な部分”しかなかった”と言うべきでしょうね。 (一種、神格化されていると言っても良い”零式艦上戦闘機”にしても、大戦初期には対抗手段が判っていました・・・傑出した運動性を持っていた飛行機でしょうが、兵器としては欠点が目立つと言わざるを・・・) 戦争は国力の勝負であり、精神論で戦争はできません。 資源のない日本が米国の豊富な物量・生産力を誇る米国(当時の世界最大の産油国であるほか、資源大国でもあります)に勝つことなど、幻想ですらありません。 資源を求めて南方に進出しても、補給路の維持も出来ず、皇軍ならぬ蝗軍といわれる体たらく(南方に取り残された兵士は”生き残ることが戦争”)・・・曰く、アマチュアは戦術を語り、プロは兵站を語る。 訪米経験のある山本らは、米国の底力を判っていたので戦争に反対しましたし、”ここに至っては開戦止む無し”となった時も緒戦に全力を傾注し”日本を侮れず”と印象づけ、短期決戦で”有利な条件で講和”を狙ったんですが・・・ミッドウェイで転けちゃって・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#131426
noname#131426

たぶん、アメリカとは戦争をしたくはなかったからだと思う。 アメリカと戦争をしても勝てないと分かっていたんだと思いますよ。 ただ、多勢に無勢で押し切られたけれど。 http://www2.ttcn.ne.jp/~kazumatsu/sub228.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 露中北軍事同盟は、ありえますか?

    昨今、ロシアとアメリカとの軋轢がせんめいになりあやうい状況となってきていますが、 ロシアグループとしては、中国がとくに仲良くしているところがあります。 融通もききます。 北朝鮮は、ならずもの扱いではあるものの、 日独伊三国同盟のように、日本は仲間になるとこがないから、あまり関係はうすいけどもドイツとイタリアと無理やり同盟を組みました。 そのときのように、北朝鮮は、組むなら中露側ではあるかと思うのですが、 新悪の枢軸として、 露中北三国軍事同盟を組むのではないか? と思いますが、どうでしょうか? 鉄砲玉として、北朝鮮が、ポンポンとミサイルをだし、先陣を切っているかんじを受けるのですが、どのようなものでしょう?

  • 山本五十六の戦略

    山本五十六の発案による真珠湾攻撃により日米戦争が始まったことはよく知られています。彼はアメリカの能力を充分理解していて日本には勝利の望みが無いにも関わらず開戦したように言われていますが、軍人の 指揮官が勝利の見込みのない戦争を始めるものでしょうか、もし開戦せずに石油が無くなり軍艦、飛行機の運用が出来なくなり挙句に降伏する不名誉にたえらないとの考えから開戦に踏み切ったように理解しています。自分達の不名誉に耐えられないために国民の命を犠牲にするほうを 選択したとは考えたくないが、本当にそうでしょうか?日本は過去に勝利の望みのない戦争と言われた日露戦争をしています、その成功体験に 触発されたのではないでしょうか。しかし日露戦争の時は世界一の海洋国家と言われた英国と同盟を結んでいましたが、日米戦争の時はあのナチスドイツとの同盟でなんと当時の政府には世界を見る目のない連中が 政府の方針をきめていたようです。軍人が戦争を始めるからには勝利の見込があるはずだとおもうのですが、山本五十六は真珠湾攻撃したあとの戦略はどのように考えていたのでしょうか、まさか戦艦を全て撃沈されたから戦意喪失して講和を申し込んでくるなど考えていたわけないと思いますが。彼は真珠湾での攻撃目標は戦艦ではなく空母であったはずですがそのことを全く理解しない南雲長官に指揮を任したばかりに空母を無傷のまま放置して逃がしそのため後にその空母から本土空襲されたばかりにその後の作戦に大いに齟齬をきたした。山本は太平洋から米空母がいなくなると日本海軍の独断場となり、アメリカが本国で空母を建造するまで1年ぐらいで南太平洋に航空基地を建設されてしまっていたならあのような悲惨な戦闘をしなくともよかったのではないかと思います。その意味からも真珠湾攻撃は失敗であったと彼は判断したはずだと思われますが皆さんはどのようにみておられますか?

  • 山本五十六は最後まで戦争を非難していた反対派だった

    山本五十六は最後まで戦争を非難していた反対派だったが指揮を任されて嫌々開戦したって本当ですか? 戦争反対の割に奇襲攻撃や、日本の兵力とアメリカの兵力を計算して緻密な戦争計画を作っていたようですが戦争反対なのに作戦を考えるのが好きだったってことは戦争大好き人間だったのでは?

  • 山本五十六は臆病な軍人だったのか

    臆病な将官を連合艦隊司令長官に据えたから、日本は戦争に負けたのではないだろうか。 日露戦争の日本海海戦では、東郷平八郎連合艦隊司令長官は、旗艦「三笠」の艦橋に陣取って全軍を指揮した。指揮官が危険な艦橋にいるということで、全将兵の士気は大いに上がった。日本海海戦の勝利の一因として見落とせない。 しかし、日米戦争で山本五十六連合艦隊司令長官は、旗艦で全軍を指揮したことがあるのだろうか。 劈頭のハワイ海戦(真珠湾奇襲作戦)では、空母機動部隊の旗艦「赤城」に座乗せず、指揮を南雲中将に任せて遥か後方の九州佐伯湾の戦艦「長門」にいた。また、ミッドウェー海戦でも、空母「赤城」に座乗せず、「赤城」の後方300キロメートルの安全な「大和」ホテルにいた。 結局、山本五十六は臆病だったのではないだろうか。そんな山本を連合艦隊司令長官に据えるような海軍の人事システムが、敗戦の原因だったのではないだろうか。

  • 韓国との軍事同盟ってどう思います?

     現在日本はアメリカと同盟を結んでいますが、これを破棄したらどうなるだろう、と考えて日韓同盟というのを思いつきました。  アメリカの後ろ盾なしに中国と向き合うのは荷が勝ちすぎるし、かといって中国の下に入るのはごめんと思うなら、日本と韓国、それに台湾で軍事同盟を結ぶことが必要不可欠なのではないでしょうか。  ASEAN諸国あるいはオセアニア諸国との同盟というのも考えられなくはありませんが、これらの地域はすでに独自のまとまりを作っていますから、そこに日本が入るのは無理があると判断しました。  問題点としては両国の国民感情がよろしくないことと、軍事的なメリットがほんとうにあるのか、という点でしょう。日本にとってのメリットと韓国にとってのそれの相違も問題になりますか。  日米安保をただちに破棄すべきだと訴えているわけではないのですが、ひとつのシミュレーションとして皆さんのご意見が伺いたいです。  あと、この場合は憲法9条の改正は前提になります。    忌憚のないご意見、よろしくお願いします。

  • 韓国は中国と軍事同盟を結ぶべきでは?

    軍事的には米について、経済的には中国に依存。日米VS中国で板挟みになりつつありますが、 米韓軍事同盟を破棄して中韓で軍事同盟を締結すれば、北の脅威も緩和されるし、経済的にも中国にどっぷりと依存出来るので、現状維持するよりもメリットが大きいと思いますが、なぜ韓国は踏み切らないのでしょうか? 中韓軍事同盟を組めば両国そろって強烈に日本に圧力をかける事も簡単に出来るし、メリットの方が大きい様に思えますが。。

  • 米国との軍事同盟について

    日米同盟があっても米国は尖閣なんかに出兵しないという話をよく聞きます。 そういえば第二次大戦以降で米国の同盟国が他国から攻撃を受けたときに、それを守るために米国が参戦したこと(すなわち尖閣のようなケースで米国が出兵した事)ってありましたでしょうか? そもそもアメリカが戦争に参加するのは自国にメリットがあるときだけというイメージです。すなわち石油が出るからとか権益が取れるとか。イラクの大量意破壊兵器の問題で戦争を吹っ掛けるのに、北朝鮮が核兵器をどれだけ開発しても儲からないから軍事攻撃はしないという事でずっときました。ましてや日米同盟で「日本を守る」と言うだけで何かが得られるわけではない戦争に参戦する理由って全く無いように思えますが。 どちらかと言うと日本国内が分断されて中国派が台頭した場合に米国派を応援して代理戦争になる、というのなら似たような事が世界中のあちこちでやられてきましたが。

  • 第二次世界大戦後

    第二次世界大戦(以下WW2)以前に、枢軸国である日本、イタリア、ドイツが日独伊防共協定や日独伊三国軍事同盟を結んでいて、仲がよかったと思うのですが、WW2後の日本、ドイツ、イタリアの仲はどうなったのかがわかりません。 あと、協定や同盟もいつ決められたのかはわかりますが、その協定や同盟が今はどうなっているのかがわかりません。 WW2で連合国軍に枢軸国軍である3国は降伏しましたがその時点で同盟は解消になったと考えてもいいのでしょうか。 今となっては日本は憲法第9条により戦争はしないと宣言しているので、助け合ったりすることは不可能だと思いますけど… わかる方がいらっしゃいましたらお願いします。

  • 陸軍良識派は?

    三国同盟や対米開戦に反対していた海軍軍人といえば米内光政・山本五十六・井上成美等、いわゆる条約派・海軍左派といわれた人たちがいますが、陸軍に、そのような人たちはいたのでしょうか?思いつくのは宇垣一成くらいしか思いつきませんが。

  • 日独伊三国同盟

    日独伊三国同盟の推進派の主な人物って誰なのか知りたいです わかる人がいたら教えて下さい

専門家に質問してみよう