-PR-
解決済み

住宅展示場、モデルルームなどの見学について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.3928509
  • 閲覧数228
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 7% (17/234)

先日、こちらでご質問させて頂いた者です。
来年の10~12月頃に結婚を考えているのですが、
結婚と同時に一戸建てに住む事を考えております。

まだ、少し先の話ですので、実感がわかず、
詳細について何も考えられていないのですが、、

どのようなタイミングで住宅展示場やモデルルームを見にいくべきでしょうか?
現在25歳で頭金で500万程用意するというのは決めているのですが、
モデルルームなどで営業マンに詳しく聞かれても
ちゃんと答えられるのか不安です…

彼女に聞くと、実際に色々見て決めていった方がいいのでは?
と言われるのですが、自分としては何も決まってない状態で展示場等に行くのが
正直少し不安に思えるのです。

皆様の経験や、アドバイスを頂きたく、ご教授の程宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 45% (123/271)

他の方の回答のように、今から見始めても、知識が全然なくても、まったく問題ありません。

私は今年中ぐらいに建てるつもりで去年の夏ぐらいから見始めました。
そして本格的に建てる事を前提に物件を探し始めたのが晩秋~初冬頃です。

しかし、ホームメーカーで注文住宅を建てるためにまず土地を、と思って、土地を探してみると、見事にない。それほど条件的に厳しい条件を付けていたわけではないですが、住宅情報ナビやYahoo!不動産などで探し、良いかな?と思って見に行くと、駅から急激な坂があったり、前面の道が狭小だったり、、、
不動産屋さんの話を聞いていて納得しました。土地の良い出物があると建売屋さんが先に購入してしまい、自社で家を建ててから売りに出す(その方が利益が増える)から、市場に出回る建築条件なしの物件は建売業者が手を出さなかった物件のみです、と。そんな物件で条件の良い土地があるはずもないですよね。
なので、私は住宅メーカーで建てる事をあきらめ、中古物件を購入してリフォームするか、建築条件付宅地で自由設計の家を建てるか、に方向転換して物件探しをしました。
するとラッキーなことに、すぐに条件の良い自由設計の宅地が見つかり、早ければ今月末には完成する見込みです。

このように、色々考えていても、途中で方針転換することもあるので、あらかじめ「こうする」という決定事項がなくても、展示場めぐりをすることは全然問題ないです。
また、展示場めぐりの過程でメーカーの営業さんから聞ける情報は例えそのメーカーで建てることがなくても、後々の住宅選びや設計の視点やこだわりなど、色々と勉強になることがあります。

問題は、営業さんはやっぱり何としてでも売ろうとしてきますから、その話に流されて、右も左もわからない状態で契約しないことです。

このサイトの他の質問にも、展示場の営業さんの話に流されて、不利な契約をしてしまった話とか、失敗した話の相談がいっぱい過去にあります。
そういう話をよく読んで、他山の石とすることができれば、良い家を建てることができると思いますよ。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1

参考にするために今から展示場にいくことは悪くないですよ。営業マンには素直に受け答えをすればいいですよ。しかしアンケートには記載せず、まだ当分先でいつか建てたいから見せていただきたいことを伝えれば、親切に教えていただけると思います。分からないことは素直に聞いたほうがいいです。アンケートに嘘の記載は絶対やめたほうがいいです。記載するにしても必要があれば連絡はこちらからする旨を伝えれば、無理には聞かないと思いま ...続きを読む
参考にするために今から展示場にいくことは悪くないですよ。営業マンには素直に受け答えをすればいいですよ。しかしアンケートには記載せず、まだ当分先でいつか建てたいから見せていただきたいことを伝えれば、親切に教えていただけると思います。分からないことは素直に聞いたほうがいいです。アンケートに嘘の記載は絶対やめたほうがいいです。記載するにしても必要があれば連絡はこちらからする旨を伝えれば、無理には聞かないと思います。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 20% (2834/13884)

知らないからこそ,いろいろ勉強に行くのです. 何も知らなくていいんです.将来に備えて勉強したいのででいいのです. しつこいですから,負けませんように.見学だけでいいですと余り私的な事は言わない方がいいです.対応(感じ)が悪い相手は避けることです.
知らないからこそ,いろいろ勉強に行くのです. 何も知らなくていいんです.将来に備えて勉強したいのででいいのです.
しつこいですから,負けませんように.見学だけでいいですと余り私的な事は言わない方がいいです.対応(感じ)が悪い相手は避けることです.
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 37% (973/2615)

勉強してくる内容は色々とありますが、現に住んでおられる住居に対して不都合不満をもっておられるところ、あるいはこんな所があればいいなあと思うところを重点に、各メーカーのやり方を見てこられると良いと思います。 概してモデルハウスというのは、オプション仕様を採り入れていますので、メーカー標準本体価格と特別仕様・付属施設を入れた価格の差も一つの参考になると思います。 間取りはともかく(=変更できる)仕 ...続きを読む
勉強してくる内容は色々とありますが、現に住んでおられる住居に対して不都合不満をもっておられるところ、あるいはこんな所があればいいなあと思うところを重点に、各メーカーのやり方を見てこられると良いと思います。

概してモデルハウスというのは、オプション仕様を採り入れていますので、メーカー標準本体価格と特別仕様・付属施設を入れた価格の差も一つの参考になると思います。

間取りはともかく(=変更できる)仕様の大幅な変更は出来ませんので、メーカーの特徴(逆に言うと比べて分かる短所)を頭に入れて帰ると宜しい。
余り具体的な話をすると相手も当てにしますので、あくまで表面はタダの通りすがりくらいのそぶりで良いと考えます。

また、その家を注文するとして、建設予定のところに持ってきた場合、(用地が広ければ問題ないのですが)近所の景色にマッチするかも考えの一つです。

また、吹き抜け構造の建物は単価的に高くつきますし、空調の費用が嵩みますので念のため。なお、バルコニーは防水の方法がポイントです。
実際に見えるところだけではなく、床下・屋根上・壁の構造=耐振の工夫などの目に見えないところが参考になると思います。
(それらはカタログに示されて宣伝しています)

実際に家を建てて100%は難しいものです。一生のうちに3度も建て直した御仁もあります。頑張ってください。
時期的には、結婚準備に追われないよう早目が良いと考えます。
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 45% (123/271)

4です。補足として。 結婚と同時に住まわれるのですね。 だとしたら、結構パワーが要りますよ。 私も去年の10月末に結婚しました。 しかし、結婚式の準備と家の事と、両方考えるのはしんどいと思って、家のことを具体的に考えるのは新婚旅行から帰って一息ついてから、と最初に決めました。 今はそれで本当に良かったと思っています。 結婚式の準備も建築の事も、それぞれに相当に考えなければいけないことが ...続きを読む
4です。補足として。

結婚と同時に住まわれるのですね。
だとしたら、結構パワーが要りますよ。

私も去年の10月末に結婚しました。
しかし、結婚式の準備と家の事と、両方考えるのはしんどいと思って、家のことを具体的に考えるのは新婚旅行から帰って一息ついてから、と最初に決めました。
今はそれで本当に良かったと思っています。
結婚式の準備も建築の事も、それぞれに相当に考えなければいけないことが出てきます。

両方一度に考えるとなると、並列処理がよほどうまい人か、それぞれにほとんどおまかせできるほど良い業者に巡り会えない限りは無理じゃないか?と思います。

丁度私の一ヶ月前に結婚した人が会社にいるのですが、その人は式の準備と同時進行で家を建て、式の一ヶ月前に新居に引っ越してました。
それでもかなりしんどかったそうで、式までに何度も喧嘩したそうです。

なので、私の経験から言うと、結婚と同時にするなら、建築のことを考えなくて良い建売住宅にするか(それでもローンのことや家具家電など考えることはいっぱいあります)、建てるなら式とは半年ぐらい前後にずらして考えることをオススメします。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ