• 締切済み
  • すぐに回答を!

ドイツ語の翻訳講座について

僕は、日本の漫画をドイツ人に紹介するために翻訳者になることを夢見て日々がんばってます。  そこでお伺いしたいのですが、通信教育で翻訳者育成講座はありますか。また、受講終了後、検定資格などを取得して、プロとして仕事を回してもらえるような制度はあるのでしょうか。 ずっっと、以前学生時代の後輩の女の子がそのような資格を取り、アルバイトをしていたことを聞いたことがあったのですが…

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数259
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#111031
noname#111031

http://www.polyglot.jp/polyglot2/polyglot/polyglot_courses.htm を検索してみてください。ドイツ語の翻訳講座でうまくやれば仕事がもらえると言う触れ込みの講座は殆どないと思います。 他に翻訳検定試験をやっている会社もありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 翻訳 資格

    翻訳に関する資格についてお尋ねします。 実際の翻訳者の方にとって翻訳の資格はそれほど重要ではないかと思いますが、自分の力を試すためにも資格試験に挑戦したいと考えています。調べたところ「JTFほんやく検定」、「翻訳実務検定(TQE)」、「JTA公認 翻訳専門職資格試験」が主な資格試験があることが分かりました。この3つの検定のうち、最も一般的なものはどれでしょうか? 各検定の違いも教えていただけると助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 翻訳者になるには、まず何から始めたらいいですか?

    最近、漠然となんですが「翻訳者」という仕事に惹かれています。しかしながら学校を卒業して以後、現在まで全く英語というものに触れてもいなければ、勉強もしたことがなく完璧な「シロウト」です。 翻訳者の通信講座の資料を取り寄せると受講開始の最低ラインが英検3級以上とのこと。この英検3球を取得するためにどういった学習をすればいいんでしょうか?書店などに行くとズラーっと本が立ち並んで迷うだけで帰ってきてしまいました。 まずは、取っ掛かりを教えていただきたいです。 どうぞよろしくおねがいします。

  • 翻訳者の方々へ質問です。

    翻訳の仕事に大変興味をもっています。馬鹿げた質問かもしれませんが、実際仕事を見つける時に英語力を示すものとしてどのような資格を使うのでしょうか。 TOEIC、英検、外語大卒、などの英語能力を示す資格なのでしょうか。それとも翻訳者向けの資格なのでしょうか。 JTF ほんやく検定 、TQE 、翻訳技能審査(労働省認定) 、ビジネス英語翻訳士などの翻訳検定を実際に持っている方や、もっていないけど翻訳の仕事をしている方いましたら教えてください。

  • jtf ほんやく検定

    翻訳検定で質問です。 jtf ほんやく検定の実用検定(英日)を目指して勉強しようと思うのですが、公式問題集がアマゾンで一冊しか見つかりません。 どのように勉強されているのか知りたく、スクールや通信講座で勉強されているのでしょうか? また翻訳者としてどのように企業へ入社やフリーランスになったのか知りたく思います、 ちなみに実用英語検定1級をもっています。翻訳者としては足りませんが。

  • よい社労士の通信講座を教えてください。

    いつもお世話になっています。 私はこのたび、社会保険労務士の資格取得を目指して「教育訓練給付制度」を利用した通信教育講座の受講を検討しているのですが、ハローワークの講座検索システムでは対象になる学校が多すぎて、どこを選んでよいものやら、さっぱり見当がつかず、困っています。 そこで皆様のお知恵をお借りしたいのですが、 「ここの講座はダメだった」 「ここの講座はこういうところがよかったけど、こういう所はイマイチ・・・」 などの経験談をお教え願いたいのです。 現在独学もやっていますし、何度か実際に受験もしていますので、全く知識がない状態からの受験ではありませんが、 ◎法改正を含め、総合的に指導してくれる講座(社会保険編,労働保険編など、複数を一度に受講しないと意味のない講座はご遠慮ください) ◎予想問題を作成し、模擬試験を行ってくれる講座 を教えていただけるとありがたいです。(教育訓練給付を活用できない講座はご遠慮ください。) 注文が多くて申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いします。

  • 英語の翻訳者・在宅翻訳・フリーランス翻訳で少しでも稼ぐ為には??

    英語の翻訳者・在宅翻訳・フリーランス翻訳で少しでも稼ぐ為には?? 会社を定年退職となりました。 一応非常勤で籍だけ残るので、年金受給資格の問題も有り、 在宅で出来る仕事を探しています。 特技・資格の無いサラリーマンのなれの果てなのですが、 英語は仕事で 日常的に使っていましたので そこそこ出来ます。 TOEICは 950点+でした。 先ず 簡単な翻訳から始めて 翻訳経験を積んでから 本格的に 在宅の翻訳仕事をしたいのですが、同じような経験を経て 現在 プロになられた先輩の経験談と 助言を御願い致します。

  • 労務管理士資格認定講座について

    日本人材育成協会主催の労務管理士資格認定講座は資格として有効なものでしょうか?ここが独自で行っていおるだけのものでしょうか? また、受講料(1万円)のほかに登録諸費用が必要とありますが、実際いくらぐらい必要かご存じの方があれば教えてください。

  • 司法書士講座について

    私は、働きながら「司法書士」の資格を取得しようと考えていますが、現在の居住地が地方都市のため、予備校がありません。 そこで、「通信講座」を受講しようと思うのですが、実績や価格面等でどこのにしようか迷っています。聞くところによると既取得資格によっては割引制度もある講座もあるとか・・・(私の既取得資格は、国家二種・宅建・簿記3級) 何かお薦めの講座はありますか?教えてください。

  • 校正の通信講座の選び方について

    校正に興味があり、通信教育で勉強を始めようと思っております。 以下2つの講座のどちらを受講するか迷っています。 *実務教育研究所の校正講座 *日本エディタースクールの校正コース 校正の仕事には必ずしも資格は必要は無いとのこと過去ログにて知りましたが、 未経験ということもあり、少しでも仕事につなげやすくするためにも資格取得もしたいと思っております。 また終了後の職業相談の実情も考慮したいと思っています。 校正の資格には 実務教育研究所の「校正士認定試験」と 日本エディタースクールの「校正技能検定 3,4級」 の2種類があるようですがどちらの方がメジャーであるのか、 また、両者とも職業相談への登録などが可能とのことなんですが、 エディタースクールの方は実績などもある程度公表されていますが、実務教育研究所の方は詳しい情報が入手できません。 文部省認定ということと受講期間が短いということで実務教育研究所の方に惹かれていたのですが、エディタースクールの方が専門スクールでもあり迷っています。 実際にどちらかの講座を受講された方で、校正のお仕事をされている、もしくは現在お仕事を探している方がいらっしゃいましたら 講座の感想やアフターフォローについて教えていただければ嬉しいです。 お忙しいことと思いますがどうぞ宜しくお願い致します。

  • 職業訓練校に通いながら教育給付金の講座は受けれますか?

    6年間勤めた会社を3月10日に退職しました。離職票が届いたので、ハローワークに行く予定です。 せっかくなので、職業訓練校で講座を受講したいと思っています。それと同時に、違う資格講座を通信教育で教育給付金を使って受けたいと思っています。 それは同じ時期に出来るものなのでしょうか? また、この期間にも失業保険は貰えるのでしょうか?