• 締切済み
  • 暇なときにでも

欧米の研究者の給料

日本の研究者の給料がなるのが大変で仕事も大変なわりに安すぎる気がするのですが海外ではどうなのでしょう。 欧米の大学や研究所に就職することは日本での同等のポストと比較して難しいのでしょうか? また、欧米の研究者(教授、准教授、助教、ポスドクなど)の給料や社会的地位などはどのような状況なのでしょうか? 日本では大学の研究者の給料は分野(理学、医学、工学等)にかかわらず同程度だと思うのですが欧米では違うのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数3
  • 閲覧数7790
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • ctrpiv
  • ベストアンサー率51% (66/127)

アメリカの場合しか知りません。また就職環境は分野によってかなり変わるかもしれないので、あくまで理工系のある一分野の話です。 > 欧米の大学や研究所に就職することは日本での同等のポストと比較して難しいのでしょうか? ポスドクやテニュアトラックのAsst.Prof.で同等のポストの場合、アメリカでも難しいですが日本に比べるとかなり簡単だと言われていますし、私も実際そう思います。日本に比べるとアメリカは確実にアカデミックポストにつきやすいと思います。ただ、もちろんですが「日本人がアメリカのアカデミックポストに就く場合」は、ポスドク以外はかなり難しいいろんな壁があるので、日本での就職より難しい気がします(ポスドクなら比較的簡単)。 > 欧米の研究者(教授、准教授、助教、ポスドクなど)の給料や社会的地位などはどのような状況なのでしょうか? 日本に比べてアメリカでは学位の価値がとても大きいです。そこでアメリカではPh.D.である時点で社会的にはかなり尊敬されます。ポスドクの社会的地位は日本ではとても低いですが、それに比べるとアメリカはかなり高いです。ただポスドクという地位が高いのではなく社会が学位に対して尊敬しているのだと思います。 大学教員は大学内では職階やテニュアかどうかが非常に大切ですが、一般社会はそこまで理解していないんじゃないでしょうか。 もちろん大学教員は社会的に尊敬を受ける職ですが、日本とアメリカでそれほど変わらない気がします。 給料については、アメリカが日本と大きく違うのは、給料体系に実力主義がかなり導入されていることです。同じ大学内で、安い給料の年長准教授と高い給料の若年助教が普通にいます。教員より給料が高いポスドクも普通にいます(しかもポスドクにもきちんと退職金まで付きます-レートは教員より悪いですが)。日本はまだ基本的には年功序列のテーブルを使っているので、このあたりは全然違います。給料については優秀な人にとってはアメリカの方が高く、その反対の人では日本の方が高いと思います。アメリカ国内では有名研究大学の給料が一番高く、州立短大の給料が一番低いようです。後、給料と直接関係ありませんが、日本のようにそれぞれの職に年齢による制限はありません。 > 日本では大学の研究者の給料は分野(理学、医学、工学等)にかかわらず同程度だと思うのですが欧米では違うのでしょうか? アメリカは分野によっても給料水準の違いはあると思いますが、個人個人で給料が結構違いますし、実力があればそれなりに給料交渉もできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本ではポスドクに就くことすら大変そうですね。研究者として生きていきたいので海外も含めポスドクのあてを探してみます。給料も実力主義となるとやる気も出ますね!ありがとうございます。

  • 回答No.2

>日本の研究者の給料がなるのが大変で仕事も大変なわりに安すぎる気がするのですが海外ではどうなのでしょう。 意外とそんなに違いはないですね。 まあ、アメリカあたりだと銀行員よりは給料はよいと思いますが。(日本の銀行員の給与の高さは少し突出している) >欧米の大学や研究所に就職することは日本での同等のポストと比較して難しいのでしょうか? 欧米も難しいですよ。特に大学のテニュアは。なれずにあきらめる人も多いです。 >また、欧米の研究者(教授、准教授、助教、ポスドクなど)の給料や社会的地位などはどのような状況なのでしょうか? 給与についてはアメリカで言うと、テニュア(終身)かそうでないかで180度違います。日本だと正職員なのか、それとも臨時なのかでかなり違います。 テニュアは1000万を超える年収も不思議ではありません。これは日本も同じです。 ただアメリカのほうがテニュアになる過程から能力主義です。その意味では日本のほうがやさしいかも。 テニュアではないと、日本もアメリカも年収300万ほどから沢山います。 つまりあんまり違いはないですね。 >日本では大学の研究者の給料は分野(理学、医学、工学等)にかかわらず同程度だと思うのですが欧米では違うのでしょうか? それはわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりテニュアはどこでも厳しいようですね。しかし、厳しいからといってあきらめることもできないのでとりあえず頑張ってみようと思います。ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

日本人でも欧米のポスドクは紹介状やまともな出版歴があれば簡単になれます。 ただし、先生によってしごかれ方は様々です。 どこの国でもポスドクが余っていますからパーマネントな職に就くのは大変。 准教授の場合テニュア(終身職保証)が無いと根無し草。 社会的地位は幾分日本より幅が広いでしょう。大統領補佐官になれる人からタクシー運転手やるしかない(他の職に就きたくないからやる人が多い)人まで様々。 給料も様々、名前のある教授は私学から大金積まれて移動することもしばしば。研究費は日本と違い、全て自分のグラントだからどこにいても同じでしょう。 公立大学(州立大が多い、カリフォルニアの様にほとんど州立大ばかりの変わった州もある)はお金で教授を引き抜けないので悩みは大きい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにカリフォルニアは州立が多いですよね。給料でそのような違いがあるとは知りませんでした。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • コミュ力がない人が研究者に向いているのは真実なのですか?

    コミュ力がない人が研究者に向いているのは真実なのですか? 一般論ですが、コミュニケーション能力がない人は研究者に向いていると言われますよね? 確かにポスドク、助教まではコミュニケーション能力がなくても研究・勉強さえ秀でていれば 何とかなるかも知れません。 しかしながら、准教授、教授クラスになると、 人脈は必要でしょうし、人前で講義などをする機会も多くなるでしょう。 そうすると、コミュニケーション能力は極めて必要になってくるのではないでしょうか? 一般的に言われる「コミュ力がない人が研究者に向いている」 というのは、研究所研究者や万年助教・ポスドクのことを指しているのでしょうか?

  • 研究者のレベルに差はありますか?

    (1)ポスドクの後に助教or博士取得後すぐに助教 (2)Fランク大の教員or東京大学の教員 (3)独法研の研究員or大学の教員 それぞれ研究者のレベルに差がありますか?

  • 研究者という生き方について

    大学の教員を見ているとなんか研究者という職業は孤独だなと思います。  理系を例にとると、30歳ぐらいまで大学院で勉強し苦労して博士号をとります。助教になるには実力と運がいります。PDでポストの空きを待ちながら毎日のように12時間ぐらい研究し運よく助教になれてもそこから講師→准教授→教授になるために、会社員のように決まった時間に帰れるのではなく夜遅くまで研究、そして研究。教授になれる人はごくわずかで、もしなれたとしても会議が多くなり雑用も多くなります。社会的評価は大していいものではなく、給料も大企業の役員のほうがいいでしょう。研究は自分との戦い、また専攻によってはライバルは歴史上の偉人ということもあるでしょう。  これが学生である僕から見た研究者の印象です。飲み会では教授からいろんな苦労話を聞かされます。研究の魅力は何でしょうか?現役の方や将来研究者になりたい方はこんな若造になにか教えていただけませんでしょうか?

  • 昔は研究者になりやすかったのででょうか?

    今はドクターに進学する人が多く、ポスドクも多いですよね。 60年前とかは大学進学率も低く、当然博士さんも少ないですよね? ということは、昔のほうが研究者の競争率も少ない。しかも研究テーマも今のように飽和していないので、ガンガン論文を書けるので研究者になりやすかったのでしょうか?

  • 文科省教員と厚労省施設研究職の職位の違いについて教えてください

    現在、大学教員(文科省配下)をやっております。最近、私立や国公立の教育研究施設以外にも、厚生労働省配下の研究施設がたまに研究職の求人をすることがあるということを知りました。厚生労働省の研究施設には、学部長・教授・准教授・助教・ポスドク・院生などの職位名があるのかどうか良くわかりません。そこで教えて欲しいのですが、文科省教員の学部長・教授・准教授・助教・ポスドク・院生・その他にあたる厚労省研究施設の職位名はどのようになっているのでしょうか(たとえば、もし間違っていたらすみませんが、××研究所長の位が学部長クラスにあたる、とか)?さらに任期・待遇なども違いがあれば知りたいです。どうかよろしくお願いします。

  • ポスドクの年齢制限が気にかかる26歳理系研究者志望大学2年生です。

    ポスドクの年齢制限が気にかかる26歳理系研究者志望大学2年生です。 人生再チャレンジということで研究者を目指すことにして、現役の人とは7年遅れて大学受験し偏差値60程度の大学に入学しました。今から研究者を目指す場合民間企業への就職は年齢的に閉ざされていることは心得ています。それなので自分が目指すのはアカデミックポストということになると思います。また教授までの道のりが実力と運とコネがないと途中で閉ざされてしまう過酷なコースであることも情報不足ですが聞いてはいます。 それで質問なのですが、博士課程を無事卒業してもその後のポスドクの35歳年齢に引っ掛かりそこで研究生活を断念する事態にならないか不安なんです。努力を惜しまない意気込みと金銭的余裕は幸運にも自分の胸の内にあるのですが、ポスドクになれなかったら研究者として修業を積む場も与えられないばかりか業績を積み上げる時間も取れないのではないかと普通に考えると思うわけなのです。それでは博士号を取って即助教に採用される以外に研究者として生き残れる方法はないということになるのでしょうか。その一度のチャンスを逃せばもう研究者ちして生き残れる見込みはなく他の職(フリーターぐらいしかないかな?)を探すしかないということになるのでしょうか。それから助教にも年齢制限はあるんでしょうか。 また海外のポスドクは年齢制限が日本より緩いということも情報として見知っています。しかしこれは具体的に何歳までなら採用してもらえるのでしょうか。 何にせよまだ大学2年生なので今から研究者になるべく最大限の努力をしたいと思っています。研究者になる率を上げるためにできるだけのことはしたいのです。もう年齢的に後がありませんし、アドバイスどうぞよろしくお願いします。

  • 将来研究者になりたいです。まだ可能性はあると信じています!

    将来研究者になりたいです。まだ可能性はあると信じています! 私は過去に水戸一高(茨城県公立で一番になったり、二番になったりを繰り返している)高校に入学した広汎性発達障害(アスペルガー症候群)の者です。ちょうど高校の途中から病気が発症したもので入院なども経たので精神的に落ち着かない日々が続き、スタートが現在(19~20歳)となってしまいました。(高校時代としばらくは全くといっていいほど勉強をやれませんでした。)つまり、つまづいた時期が悪かったのです。しかし、高校入学当初から研究者を目指していたので諦めるわけにはいきません!現在は医師の適切な指導に基づき、服薬しながら安定して生活しておりますので、来年、再来年(22歳)までには旧帝大(少なくとも筑波大)に入学し、そこからは確実に、卒業、修士・博士課程修了(31歳)を目指します。そして、最終的には大学の研究者もしくは研究所の研究者になりたいです。(分野は、化学や脳科学などを検討しております。) 研究者事情に詳しい方にご意見を賜りたく存じます。また、博士課程終了後ポスドク採用される年齢上限も、余裕があればお聞かせください。 最後に、もし文面を読んだだけで、研究者への適性が低いとお考えになるなら、その理由もお聞かせくだされば幸いです。

  • とんとん拍子で出世する人とそうでない人の差は何ですか?

    とんとん拍子で出世する人とそうでない人の差は何ですか? 教授などの経歴を見ていていつも思うのですが、 東大理学研究科博士課程修了→ポスドクを踏まずに同研究科助教→3年後同研究科准教授→5年後同研究科教授 みたいな感じで博士号取得後、とんとん拍子で出世して、たった8年で東大の教授になってしまった人がいます。 かと思えば、 東大理学研究科博士課程修了後→ポスドクを何年か→2流大学の助教→40歳過ぎになってから2流大学の准教授→現在もなお同准教授・・・・ みたいな経歴の人もいます。 同じ東大卒で同じ東大博士修了でもここまで経歴に違いが出るのは何によるものなのでしょうか? 運以外に考えられるとすると、 何年浪人しているか、同じ東大卒でも勤勉性に違いがある、研究内容がたまたま需要の大きなものだった、本人の上昇志向の違い どのファクターがもっとも大きく関連してくるのでしょうか?

  • 大学の研究者というのは魅力的ですか?

    理系は修士課程までいくのがお決まりみたいになっています。そこから大学の教員になりたい人は博士課程に進学するという流れだと思います。学部生の僕が言うのもなんですが、博士課程に進学するのはいばらの道だと思います。実力がないと生きていけない世界に足を踏み込むのはかなりの賭けだと思います。僕の研究室にも博士課程の先輩だけでも15人はいるのですが、みんながみんな助教になれるとはかぎりません。ポスドクのままで歳をとっていく人も多くいます。教授は、才能がない学生には博士課程進学は諦めさせて修士卒で就職させれば幸せな人生が送れると思うのに、自分の手伝いをさせるために博士課程に進学させているように思えます。  大学の研究者というのは魅力的なのでしょうか?

  • 研究者の実態について教えてください

    中学生の頃から研究者という職業に憧れていました。研究者という職業は間接的にではありますが、結果として多くの人々の役に立てる素晴らしい仕事だと思っています。 私は大学受験時に理系への道は諦め、大学は文系に進み、もうその大学も卒業してしまったのですが、やっぱり研究者に憧れる気持ちはなくなりません。感染症や免疫学、細胞学関係に興味があり、今からでもやり直したいと思ってしまいます。 しかし、これまで実験もしたことがなく、研究の現場も見たことはないのに、ただ自分の想像だけで憧れ続けているのは危険です。 そこで、研究者の方々のお話を聞かせていただきたいと思いました。研究内容、仕事のやりがい、人間関係、給料、他の職業と比べての一長一短など他の小さなことでも構いませんので研究者の生活や実態を知りたいです。 ちなみに、私がイメージする研究の世界はマンガ「動物のお医者さん」で得た情報と、友人の研究室をこっそり覗いた時のキレイな部屋の印象しかありません。 私のこれからの人生を考えるためにも教えていただきたいと思います。