• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

シンゴニュウム

  • 質問No.3842632
  • 閲覧数248
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 72% (56/77)

一度だめになりかけていたシンゴニュウムが新しく葉をだしはじめたのですが、茎の色が、今まできれいなグリーンだったのに、今伸びてきている茎はエンジに近い色です。

葉はきれいなグリーンですが、この茎の色は大丈夫なのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
多分、シンゴニュウムの中でも「ホワイトバタフライ」という品種でしょうか。
拙宅のもそうなっていますね。エンジ色。確かに赤茶紫っぽい様な、形状は違うけれど、「ミョウガ(茗荷)」によく似た色合いと肌ざわりです。
特に茎(あるいは葉柄)の元付近に顕著です。
しかし、みずみずしくて色艶も良く、枯れるような雰囲気ではありません。
葉色も良く新葉も展開してくる様なら、問題とするところではありません。まずは大丈夫です。

寒波もあらかた過ぎ去り、少しばかり温暖になって来ましたので、「微粉ハイポネックス」という液肥を与えてみましょう。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/03/index.html#c
カリ成分が多いので植物の組織を丈夫にし、また根張りを良くする働きがあります。
まずは用心の為、薄めの1000倍に希釈して(1gで水1L。箱入りのものは軽量スプーンが同封されている。)2週間に一回を目安に与えてみましょう。
4月下旬以降(八重桜が満開の頃)からは通常の500倍希釈でも結構ですし、置き肥したり植え替えも可です。(注意:植え替え後、根いたみを防ぐ為2週間は肥料は与えません。)
もちろん他の液肥と併用してもかまいませんが、カリ成分の多い肥料があまり見当たらないので常備されておくと良いでしょう。
一般の草花にも使用可ですし、他の観葉植物にもお勧めです。

置き場所は従来どうり、レース越しの日光の当たる所、屋外なら直射日光を避けた明るい日陰、最低気温10℃を下回らない所です。
時々は霧吹きで葉水を与えます。
元来つる性ですから、植え替え時、ヘゴ板などに気根を這わせてもよろしいです。
お礼コメント
poiran

お礼率 72% (56/77)

そうです!!ホワイトバタフライ!!
ほほぉ!!

液肥のことまで教えていただきほんとうにありがとうございます!!
投稿日時:2008/03/10 00:25
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ