• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

消された文庫本

・新潮文庫  2003/08 刊 ・「秘密のファイル  CIAの対日工作」 上下 ・春名 幹夫 各ネットショップで検索すると、出版記録は表示されますが、販売不可と なります。 新潮社のHPから検索しても、出版されたデータは総て存在していません。 そのせいか、古書でも新刊なみの価格がついています。 新潮社では答えてくれそうもありませんが、その理由を どなたかご存知ありませんか?

noname#66616
noname#66616

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数85
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 今晩は。折角の面白い質問なので、判ったことを記しておきましょう。  元々この本は共同通信社が刊行した単行本版でした。 http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9973441303 それから3年半ほどして新潮が文庫化したわけです。 http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9977261539 しかし現在では文庫版は絶版になっています。新潮社は文庫化の権利のみを取得したようです。  ということで文庫版は品切れとなり絶版。一方、単行本版は品切れ状態もしくは、新潮社の意向或いは契約で出荷差し止めになっていたのが、状況が変わったので再度流通ルートに乗る。こんな感じでしょう。  もし内容のせいで発行が差し止められているとか自主回収されたのなら、元版が流通することも考えにくいでしょう。ですから別に内容に問題があるということではありませんね。  単に文庫版刊行者の意向、または契約そのものの規定によるもの、といったところでしょう。ただし、このように文庫化されたものの元版が復活するという事例は滅多に無いことだと思います。元版を最流通させる以前に、現在ではほとんどの場合に裁断処分してしまうのが通常ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答を頂戴し有難うございました。 わが市立図書館には、共同通信社発刊のものがありましたから読んでみます。 この本に関心を持ったのは、 柴田 哲考「下山事件」の中に 『米国立文書館の吉田ファイルには、CIAがなお公開を拒否している秘密文書むが13ページもある』(P.429)と引用していたからです。 数ある「下山物」のなかで、柴田氏のこの著書は白眉だと思っているのですが、驚いた事に小生の遠い記憶のなかにいた人物の記述もあり、 『佐藤栄作に頼まれて鉄道弘済会を、下手人を逃がすために使ってしまったーーー』(P.412) ともあったからです。 暗い闇のなかで蠢く魑魅魍魎たちに比べれば、昨今の守屋某なんか 赤ん坊のような存在です。 的確な情報を頂き、感謝申し上げます。

関連するQ&A

  • 日販の注文票記入について

     書店で本を取り寄せてもらうのに緑の短冊に記入する際、例えば新潮社発行の新潮文庫の本を注文するとしたら、発行所の欄には「新潮社」と「新潮文庫」のどちらを書くのが適切でしょうか?  同名の本が同じ出版社から単行本と文庫本で出ていて、私は文庫本の方が欲しかったので「新潮文庫」と記入したのですが、係の人に「新潮社」と書き直されてしまいました。今回はISBNも控えていたので間違って単行本が届くことはないと思いますが、そもそもどちらを書くべきなのでしょうか。

  • 出版社に詳しい方教えて下さい。遠藤周作著書

    子どもが大学の課題で遠藤周作の本を3冊読み感想文を書きます。 遠藤周作著ならどの本でもいいとの事ですが 「3冊とも異なる出版社で」の指示が。 これに困惑しています。 因みに選んだ本は「真昼の悪魔」「白い人黄色い人」「夫婦の一日」 なのですが 調べてみたところでは 真昼~は新潮文庫、新潮社、白い~は講談社文芸 夫婦~は新潮社 出版社がかぶらないように購入するのは難しく (古本で入手しようとしているからかもしれませんが・・・) 購入先を変えねばならないのかな・・・等と思案中です。 そこで判らないでいる事が3つあります。 (1)新潮社と新潮文庫は同じ出版社と捉えていいのでしょうか。 (2)出版社によってそんなに内容が違うものなのでしょうか。 (3)複数の出版社から出版されるのが通常なのでしょうか。 何を言ってるんだか的な基本知識なのかもしれませんが 色々な疑問が湧いてきており 詳しい方に教えて頂けると有難いです。

  • zipper付きのブックカバーがほしい

     新潮文庫では今、新潮文庫の本20冊購入し応募すると、応募者全員にZipper付きのカバーが手に入ります。しかしブックカバーひとつのために新刊20冊は僕としてはすこし厳しいです……。  もしこれのモデルとなったブックカバーや類似した商品についてご存知の方がいましたら教えていただけないでしょうか?

  • スタンダール「赤と黒」

    「赤と黒」を読もうと思ってますが光文社、新潮文庫、岩波文庫から出版されてどれが面白いのか分かりません。内容は変わらないと思うけど読むんだったら面白いほうが断然良いよね。

  • 文庫の番号

    各出版社の文庫には通し番号(「新潮文庫1269」とか) がついていますが、あの数字のこと何か名前とか ついているのでしょうか? 相当些細な疑問なんですけれど。 (特に名前はついていないということでもわかれば嬉しいです)

  • フォントサイズについて

    ライトノベルなどを読むたびに思うのですが、ああいった、実際に出版される本の字体は、パソコンで換算するとどのフォントの、どのサイズのものなのでしょうか? 出版社などでも違うと思いますが、新潮文庫、岩波文庫、電撃文庫、などではどうなっているかを、教えてくだされば幸いです。

  • 売れ残った文庫本の運命.なぜ,グラインダーかける?

    本を読むのが,だいすきです.お給料をもらうようになって,ハードカバーの新刊書も買うことが多いですが,文庫本のお世話になることも,とても多いです.図書館は,雰囲気は好きなのですが,あまり本を借りることはないです.新刊書のインクのにおい,自分がはじめて開くというわくわくが,ないのかもしれません.食費や洋服代をおさえても,紙の本を買います. さて,売れ残った文庫本は,どうなるのでしょう.文庫本は,本屋さんの買い切りなので,利益率がやや高めと聞いたこともあります.発売されて1~2年たった文庫本は,グラインダーをかけられてしまいます.あれは,出版社がやってるのですか?取り次ぎ業者(トーハン,日販など)ですか?いったい,なんのためですか?わたしは,がっかりです.とくに,新潮文庫,角川文庫など,文庫本の「天(うえのところ)」が,ふぞろいなものを,グラインダーでけずると,かえって,醜く,本がけがされたように感じます.本を愛しているなら,やめてほしいです.出版社のしわざではなくて,取り次ぎのような気がします.岩波だけは,グラインダーかけません.システムがちがうのですか?? 返品されて,在庫にしても,どうしても売れ残った,文庫本は,どうなるのですか?裁断して,ゴミですか?古本屋さんに,こっそり売るのですか?児童養護施設や,避難所や,海外の日本語学校や,病院の患者文庫に寄付したりしないのですか?気になります.本をすてたら,もったいないです.ちなみに,わたしは,よっぽどはずれの本でも,自分が読んだ本は,基本的に,すてません.すべて,わたしの人生の,かけら,たから,です.中学生のころ,「秋元文庫」というのを乱読して,古本屋さんに売ったことがありますが,買うときは200円くらいするのに,売るときは二束三文でした.今思えば,眉村卓のジュブナイルSFなど,ぜったい手放さなければよかった.後悔してます. とりとめない質問で,もうしわけありません.

  • 講談社文庫と新潮文庫と角川文庫の特徴は?

    広告賞に応募しようと思っているのですが、あまり本を読まないので出版社ごとの違いがわかりません。 それぞれのサイトを見ても、同じように思えてしまいます。 どなたか、個人的なご意見で構わないので、講談社文庫と新潮文庫と角川文庫の特徴をお伺いしたいです。 よろしくお願いします。

  • 講談社文庫と新潮文庫と角川文庫の違いは?

    広告賞に応募しようと思っているのですが、あまり本を読まないので出版社ごとの違いがわかりません。 それぞれのサイトを見ても、同じように思えてしまいます。 どなたか、個人的なご意見で構わないので、講談社文庫と新潮文庫と角川文庫の特徴をお伺いしたいです。 よろしくお願いします。

  • 新潮文庫版「暗黒の塔」を読まれた方

    スティーブン・キングの「暗黒の塔」、角川からの出版がハードカバーも文庫も停滞しているなあと思っていたら、新潮文庫から刊行が始まってしまいました。 で、まだ、こちらを買うか踏ん切りが付かないのですが、既に読まれた方、ご意見を御願いします(特に後書き関係)。 ・新潮文庫に移った経緯 ・ハードカバーは出る予定があるのか ・今後の刊行スケジュール ・角川版も読まれた方は、訳の違いなどについて まあ、結局は買うんでしょうが、魔導師の虹までは角川文庫で読んだから良いかなとも思うし、やはり並べて揃えたいし、場所はないしで悩んでいます。