• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

売れ残った文庫本の運命.なぜ,グラインダーかける?

本を読むのが,だいすきです.お給料をもらうようになって,ハードカバーの新刊書も買うことが多いですが,文庫本のお世話になることも,とても多いです.図書館は,雰囲気は好きなのですが,あまり本を借りることはないです.新刊書のインクのにおい,自分がはじめて開くというわくわくが,ないのかもしれません.食費や洋服代をおさえても,紙の本を買います. さて,売れ残った文庫本は,どうなるのでしょう.文庫本は,本屋さんの買い切りなので,利益率がやや高めと聞いたこともあります.発売されて1~2年たった文庫本は,グラインダーをかけられてしまいます.あれは,出版社がやってるのですか?取り次ぎ業者(トーハン,日販など)ですか?いったい,なんのためですか?わたしは,がっかりです.とくに,新潮文庫,角川文庫など,文庫本の「天(うえのところ)」が,ふぞろいなものを,グラインダーでけずると,かえって,醜く,本がけがされたように感じます.本を愛しているなら,やめてほしいです.出版社のしわざではなくて,取り次ぎのような気がします.岩波だけは,グラインダーかけません.システムがちがうのですか?? 返品されて,在庫にしても,どうしても売れ残った,文庫本は,どうなるのですか?裁断して,ゴミですか?古本屋さんに,こっそり売るのですか?児童養護施設や,避難所や,海外の日本語学校や,病院の患者文庫に寄付したりしないのですか?気になります.本をすてたら,もったいないです.ちなみに,わたしは,よっぽどはずれの本でも,自分が読んだ本は,基本的に,すてません.すべて,わたしの人生の,かけら,たから,です.中学生のころ,「秋元文庫」というのを乱読して,古本屋さんに売ったことがありますが,買うときは200円くらいするのに,売るときは二束三文でした.今思えば,眉村卓のジュブナイルSFなど,ぜったい手放さなければよかった.後悔してます. とりとめない質問で,もうしわけありません.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1840
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

お礼、ありがとうございます。以下は、回答ではないのですが、本が好きなそのお心に対してのお礼かわりに。 本は立てて保存したその瞬間から傷みはじめます。できれば寝かせて保管してあげるのが一番になります。書店に長く置かれるというのは、それだけで傷むんですね。 立てられた本を本棚から取り出す時は、上端を引っ張りだすのではなく、上端を押して浮いた下に指をかけて取り出します。 立てられた本はそれだけで下端が下に押されているので、さらに上から押さえ込む取り出し方は本がさらに傷む元になります。あと、ご指摘の通りに上端を引っ張るとカバーを傷める元にもなります。 書店から戻る本を再出荷するために確認をすると、相当ひどいものも中にはあって、書き込みや折り曲げがあるのはよくある話で、他にもカバーと中身が違っていて他社のものと変わっていたり、一部のページが切り取られていたり。 本の周囲を削るという行為の前に、十分に点検を行って再出荷に備えています。美品に見えない、というお話はよくわかります。ただ、ひとつひとつ再出荷に備えて点検をしましたよ、という合図でもあるので、現場の方々の苦労の跡と思っていただけるとありがたいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たいへんご丁寧なアドバイスまでいただきまして、ありがとうございます。売り物の本に、かきこみ、切り取りは、ひどいですね。まだ写メのほうが、罪がかるいかもしれません。知識をうばって、さらに物損は最悪ですね。おっしゃること、ごもっともですね。とくに、背表紙と本文の位置のずれる、上製本は、たてると、徐々に変形するようですね。なるべく、ねせて保管いたします。図書館用品で、「キハラ・Bコート」という、透明フィルムカバーがあるのですが、じつは、わたしは、本当に大好きな文庫本、新書類は、このカバーを貼り付けています。メーカーから直接購入しています。持ち運ぶ頻度が高く、なおかつ大切な本は、2冊買ったものがあります。山本健吉「基本季語五〇〇」(講談社学術文庫)などです。片方はがっちり「Bコート」をつけて、普段づかいします。ここまでやってるのを告白すると、潔癖な蔵書マニア、酔狂なひと、と思われそうなので、だまってました。わたしは、これからも、紙の本を愛して、手触り、質感、インクのにおい、印刷書体(フォント)、本文組、本文用紙の厚みと硬さ、紙質の選択ととりあわせ、装丁、重さ、それから、矛盾しますが、わたしの人生とともに経年変化を大切にしていきたいと思います。かさねてお礼いたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

汚れたり日焼けしたりしたときに、出版社で小口を研磨しているのですね。 失礼いたしました。 あなたの意見をみて、本のことをよく知っており、大変に愛されている方にしてみれば、研磨は大変に遺憾であることが伺えました。 ただ、人はものを選ぶ場合、きれい(と言うよりは清潔)なものを選ぶ傾向にあります。 ページと色が違う日焼けや、雑誌のインクが指についたのが本についてしまった、みたいな汚れなどがあった場合、その本を避けてしまいます。 ですので、それらをきれいな状態にして、少しでも手にとって買ってもらえる可能性を増やしているのだと思います 「本の姿かたち」にまでこだわるのか、それとも「物語」を伝える手段として本を選ぶのか。 ……と書きましたが、出版社としては何よりも売れることに重きを置くでしょうね。 そうでなければ、出版するための費用も、社員の給料も、著者への印税も払うことができなくなってしまいますし。 ですので、少しでも売れる可能性があるのなら、たとえそれが、製本時の形ではなかろうとも、文庫の体裁を取れるのであれば、研磨してしまうのだと思います。 出版社の人ではないのと、天アンカットの文庫を殆ど買わない人なので、すべて推測です。 こちらの質問から、新たに色々と知ることができ、ありがとうございました。 ※書物フェチという言葉に違和感があるのであれば、ビブリオマニアと言う言葉もあります。 愛書狂、蔵書狂、書物の蒐集狂などの日本語に変換されるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

フォローアップの回答までいただきまして、ありがとうございます。 単行本は、グラインダーにかけないし、また、かけるのはむりですね。文庫だけ、がりがり削られてしまいます。その削り方がまあ、でこぼこ、ざらざら、わたしは、かなしいな、と考えるのですが、ひろく行われているということは、それを好むかたが、たくさんいるということなのですね。 「書痴」「愛書狂」というかたは、本は読まずに、あつめてながめたり、あるいは、工芸の粋を尽くしてオリジナルの高価な本を作ることに意味を見出すようです。 荒俣宏さんは、有名な蔵書家ですが、珍本収集に財産を傾けているようです。貴重な本をあつめて、それを次の愛書家に伝えていくのが使命、と、おっしゃっていますが、集めた本はよまず、読むのは文庫本だそうです。<http://www.1101.com/aramata_hiroshi/index.html>書物収集の世界の奥深さと暗闇には、びっくりです。 わたしは、どんな本でも、捨てるのに抵抗がありますが、いわゆる、珍本・奇本・稀覯書マニアではありません。それをみせびらかしたりもしません。大切な本は、単行本でも、文庫本でしか手に入らないものもあります。絶版になったものもたくさんあります。素九鬼子「旅の重さ」、山田晶「アウグスティヌス講話」、神谷美恵子「こころのの旅」、茨木のり子「誌のこころを読む」、塚本邦夫「君が愛せし」、山本健吉「現代俳句」の文庫版(角川春樹の俳句は入ってないところが、ミソ)、ヘルマン・ヘッセ「シッダールタ」、サマセット・モーム「人間の絆」、などです。すべて、わたしの人生の、たいせつなかけら、一部です。 こどものときに買ってもらった、学研の百科事典、講談社のこども世界文学全集、小学館の昔話の本など、親がいつのまにか、わたしに無断で児童福祉施設に寄付してしまったことがあり、けんかしたことがあります。役立てるのはいいのですが、わたしの宝物として理解していなかったことが、くやしかったのです。 本が粗末にあつかわれたり、文庫本でやっとめぐりあえた良書が、安物の「消費物」として、てきとうにグラインダーかけられてたりするのを見るのは、かなしいのです。本は、一生のともだち、だからです。 わたしは、本に対する思い入れは強いほうで、仕事以外で唯一きちんと定期購読してるのは岩波書店「図書」という、年間1000円(送料込み)の雑誌ですけど、読書は好きですし、大切にするし、ついつい買って読まずに積ん読してる本もたくさんありますし、まだまだ読みたい本もたくさんあるのですが、「愛書狂、蔵書狂、書物の蒐集狂」では、ないみたいです。

  • 回答No.5

元書店員です。 何か誤解されていませんか? 文庫本を含め、一部買い切りで返品不可のものも確かにありますが 殆どのものに関しては返品が可能です。 そうでもしないと、入ってくるものばかりで古いものを切る事が出来ず 逆に書店が不良在庫の山となり、経営が成り立たなくなってしまいます。 取次が本を綺麗にするためにグラインダーをかけるとありますよね。 幾度かトーハンさんや日販さんの支店を覗いた事がありますが そういう光景は一度も目にした事が無いですよ。 美品でないものであれば、取次よりも出版社が対応するのではないかと。 勿体無い、というお気持ちは分かりますが 絶対にもう動かない、注文とかも無いものをそのまま在庫にしても不良在庫になってしまうだけです。 どこかにあげる、にしても旬をとうに過ぎてしまった本を引き取りたいという所はそうはいないでしょうし…。 病院にあげれば、と言われましても患者さんが持ち込んでそのまま置いていくということが多いですからねぇ…。 「岩波書店の新書や文庫は買い切りで返品出来ないからうちでは必要以上の在庫を置かない」と 当時勤めていた書店で言っていたのをふと思い出しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

出版文化をまもるために、安易な寄付や古書店うりさばきはよろしくない。よく、わかりました。 岩波は、買い切りなんですね。なぜなんでしょう。流行に左右されにくい良いラインナップは、たしかに多いですが、肝心の書店の負担になって、流通経路がかぎられるのは、こまります(小さな本屋さんに、読みたい岩波新書など、おいてない)。 それにしても、グラインダーは、慎重にかんがえてほしいです。グラインダーかけない岩波文庫でも、汚れまくって目をおおう、という状態のは、みたことないです。グラインダーかけると、ざらざら・でこぼこになり、開くときの感触も最悪で、古書でない、書店でかった新品の喜びが、半分になってしまうのです。とくに、天がわざわざふぞろいの角川文庫の天が無惨に削られてるのをみると、かなしくなります。角川も、たんなる売れ筋だけでない、良い作家の文学書、古典のソフィア文庫とかもあるのに。 わたしは、本のてざわり、質感、インクのにおい、すべてが、大好きです。きっと、生涯、紙でできた本を愛していきます。 こんな感じをいだくのは、わたしぐらいなのでしょうか??ということで、質問を立てさせていただきました。

  • 回答No.4

> そんなことをする新品の本は聞いたことがありません。 いいえ。聞いたことがないのは、ご自身が書店員さんや出版関係の方でないからでしょう。 美品は当然、そのままA在庫に戻しますが、グラインダーをかけたり、再断裁をして美品にもどるものはかけて再出荷に回します。表紙は巻き替えをします。 日本の出版物のどれだけが返本されるか、自分のものではない本の扱いがどれだけひどいかは、実際に大手の書店に1か月も通えば分かると思います。書店員さんがどんなに頑張っても汚れるし、中には、喫茶店を併設して、平気で借り物であるはずの本をそこに持ち込ませる本屋すらあります。 内容の正しいご質問自身を、否定する行為はどうかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。おれいがおそくなり、申し訳ありません。 書店での、本のよごれなど、本当にこころがいたみます。カバーがすこしうえにずれた状態で、天の部分に指をかけて書棚からとりだすと、カバーが切れてしまいます。わたしは、むかしの岩波文庫のハトロン紙が切れているのをみただけでも心が痛むほうなので、書店で手荒に物色しているひとをみると、ドキドキ・ハラハラしてしまい、精神的によくありません。自分の大切な本は、なるたけ、通販ではなく、店頭で実際にえらびます。せこいので、いいにくいのですが、平積みの時は、一番上のほんがそりかえってたりすると、その下、二番目、三番目をかったりします。その瞬間、周りの目がきになって、すこし気が引けてしまいます。ゆるしてください。わたしは、かならず、ていねいにあつかいます。 わたしの価値観では、グラインダーは、美品にならないです。てざわり、開くときのかんじが、ばりばりして、いやです。とくに、角川文庫のふぞろいの天が、グラインダーで押しつぶされているのは、涙が出そうなくらいです。

  • 回答No.3

現在、限定版など以外で買切の文庫本は殆ど見かけません。岩波書店ぐらいでしょうか。 ですので殆どの文庫は取次に返品され、最終的には出版社に返品されます。 出版社にまで返品された本は、売れる見込みがなければ殆どが裁断されてしまいます。 そのまま売れない本を商品として在庫を持ってしまうと、それに対して税金がかかるためだと思いますが、出版社の人間ではないため詳しいことはわかりません。 岩波書店の天が不揃いなのはフランス装風の洒落た雰囲気を出すためとの話です。 新潮文庫は紐の栞が付いているものではないでしょうか? 通常、文庫本の裁断は表紙を付けてから3方の小口を裁断し、揃えます。 しかし、紐の栞が付いている場合、表紙をつけるときに挟み込むため、天の小口が裁断できず、不揃いになります。 ところでにグラインダーをかける、とありますが、どこの情報でしょうか? そんなことをする新品の本は聞いたことがありません。 もしもしている取次や書店があるのならば、それは全ての商品に傷をつける行為であるため、出版社への返品が不可能となり、とてつもないリスクを背負うことになります。 新品で天アンカットであるはずの文庫が綺麗に裁断された状態であるのならば、出版社へ問い合わせてみましょう。 揃っているのは出版社としても不本意なはずですので、何かしらアクションをとってくれると思います。 古本屋などでは日焼けや汚れなどがひどい場合に限り、目の細かい紙やすりや研磨用の機械などで削ることがありますが、今回は関係ない事柄ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。おれいが遅くなり、本当にもうしわけありません。 書店で売ってる、「新品」の文庫本、古書ではない、という意味ですが、岩波以外のほとんどのものは、ふるいものは、グラインダーかけられてます。文春、講談社、新潮…。一番悲惨なのが、角川です。天の部分が、岩波のように不揃いで特徴があるのに、そこにもグラインダーかけます。よけいでこぼこ、ふぞろい、みにくくなって、「書物フェチ(?)」のわたしは、ほんとに悲しくなります。 わたしは、本の、てざわり、インクのにおい、紙の質感、すべて、大好きです。ある意味、愛情の対象です。じぶんで愛読してくたくたになる分には、わたしのからだの一部になったようで、けっして手放せなくなります。 今回たてさせていただいた質問は、書物を愛するゆえ、と、ご理解下さい。

  • 回答No.2
  • gere555
  • ベストアンサー率20% (64/305)

出版業界人から…… 細々は先の方の回答通り。 買い切りなんて例外中の例外。 で、売れ残りは基本裁断。 リサイクル古紙まわしかな。理由は抱えると資産扱いで課税対象になるし。 倉庫だって無限じゃない。 なんで寄付しないのか、っつーとそんな手間かけてられないから。 会社ってのは手間=人件費。 寄付したら人件費や送料も控除扱いになるっつーなら喜んで寄付するでしょう。 でも、現状寄付なんてのは経費がかさむだけ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。御礼がおそくなって、もうしわけありません。在庫は、課税対象。これは、意外な盲点でした。わたしは、書物は、神聖なもの、聖域みたいなきもちがあるので、うれて課税されるのはまだわかりますけど、知的財産なのに、蓄積・保有で課税とは、おどろきました。

  • 回答No.1

ご質問の中でひとつだけ誤りがあります。 買い取りの文庫本は、岩波文庫などの一部のものです。買い取りのものにはB在庫は大量には存在しないので取り寄せしてもA在庫だけです。 グラインダーは、店頭で日に焼けた紙を削って、見栄えを良くするために行います。基本的に在庫を保管しているところで行いますが、挟み込みの広告なども差し替えるので、出版社の倉庫で行うことが多いと思います。 出版物には作者がいますよね。もし、ご質問者さんが作者さんを大切に考える人なら、古書店に売らずに捨ててください。出版社も同じです。作者さんへの配慮で、在庫を別に売り出すことはありません。製紙会社に戻して、再生紙として利用します。日本の紙のリサイクル率は世界一、というか、海外では紙をリサイクルするという概念は日本ほどにはないみたいですね。 布や紙については、江戸時代からの大切にするという文化が日本にはあります。 なお、作者さんがOKなら、非再販物として値引き販売のために卸すこともあります。新古書、新古本といいます。そういうフェアもあるので、探してみられてはいかがでしょう。 図書館に、売れ残りを卸す、という失礼なことはしないんじゃないかなぁ。一部の出版社は、表紙の巻き替えをして安く売ったり、寄付をしたり、というのはあるみたいですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。御礼が遅くなりまして、もうしわけありません。グラインダーは、出版社、ですね。 紙を大切に。これ、よ~く、わかります。紙製品は、すてられない、わたしです。 本も、すてるなんて、とんでもない。古書店にだすくらいなら、死蔵します。本は、じぶんの、人生の、かけらです。 本が、ぎざぎざ、でこぼこになって、てざわりがわるくなる、グラインダーだけは、やめてほしいです。まだ、日に焼けてたほうが、わたしはすきですけどね。

関連するQ&A

  • エクセレント・カンパニーの文庫本

    かつてのベストセラー、“エクセレント・カンパニー”(著者は忘れたというか知りませんが訳者は大前研一)の文庫本が 確か あったと思い、最近 読んでみようと思って、新刊の本屋さんに行って 文庫の書録を見たのですが 消えてなくなっていました。10年ほど前の本で、文庫にしておきながら直ぐに消してしまったのは 犯罪だと思います。文庫にしたのなら、10年は残せ、そうしないのは出版社の名折れ。どこの出版社だったか忘れたのが残念。 そこで、関西の古本屋のどこかでこの古本を売っていませんでしょうか。当然、美本 大歓迎。

  • どうして文庫本にグラインダーをかけるのですか。

    最近は賞味期限(寿命?)の短い、その時期だけ売れーっ、という文庫本が多いような気がするのですが、かつては角川・新潮その他の文庫も、読み捨てではない良書を多くそろえていたとおもってます。ところで、角川・文春・講談社などの文庫本は、すこし古くなるとグラインダーをかけられて、横がざらざらになっているのをみます。角川文庫の上(「天」)の部分はもともと不ぞろいなのに、むりやりグラインダーをかけて痛ましい感じになっていたりします。どうしてそんな事をするのですか。岩波は古くてもグラインダーかけないようです。何軒か回ってやっと見つけた、ソフィア文庫の山本健吉とか大岡信の本ががりがりになっているのを見て、悲しかったです。多少手垢で汚れていても、削ってぼろぼろにするのはやめて欲しいです。いったいどうした事でしょう。

  • 系図がのっている文庫本知りませんか?

     文庫本で、中に、ケネディ家(JFKの一族)、宋家(中国の富豪)、ホイ家(香港の喜劇俳優)などの兄弟姉妹の系図がのっている本、ご存じないでしょうか? おそらく、出版されて半年は経っていないと思います。  本のタイトルや出版社(なに文庫?)か教えていただけると幸いでございます。

  • 思い出せない・・・数万円の文庫本のセット

    おそらく子供の頃だったと思うのですが、文庫本の後ろの方のページに色んな文庫本(名作系)が何十冊もセットになった文庫BOXみたいなものが載っていて、とても欲しかったのを思い出しました。 当時で確か20000円位と表示されていたと思うのですが、その頃はそんな高価なものを買うほどのお金はもちろん持っていなかったので買えませんでした。 最近になってそれを買いたいと思いネットで色々検索してみましたが、どこの出版社の文庫本かも覚えていないため探し出すことができません。 もし知っている方がいれば詳細を教えてください。 もしかしたらもう今は売っていないのかもしれませんが…。

  • 本屋で文庫本の探しかた

    ある作者の本を探す時、大抵の書店では文庫本が出版社ごとに別れているので、大変探すのにとまどいます。 なぜ文庫本全てまとめてア~順にしないのでしょう? お目当ての作家の本を探す時のこつはありますか?

  • 文庫本の発売日、出版社について教えてください。

    読書好きの一児の母です。 今まで本は単行本で購入して読んでいたのですが、割高なのと、場所をとるために最近は文庫本を読むようになりました。 主にブックオフなどで購入するのですが、なぜ同じタイトルの本がいろいろな出版社からでているのですか? 私としてはシリーズ物や、同じ作者の物は背表紙が揃っていないと嫌なんですが・・・ 単行本の販売期間が終了したら文庫はどこの出版社でも同時に発売するのですか?それとも違う日でしょうか? もしかしてすごいくだらない質問だったらすみません。 回答お待ちしております。

  • 最近発売された本のタイトル

    題名の通りなんですが、 母が新聞で紹介されていた新刊の本(多分文庫本)で、 気になる内容を見かけたらしいのです。 しかしタイトルを覚えておらず、 新聞も行方不明になってしまいました。 覚えてるのは ・タイムマシンが出てくる ・角川文庫のように聞きなれた出版社名ではない ・先月、もしくは今月に発売された だけです。 これではないか、という本がありましたら教えてください。

  • 書籍の発行ラインナップを紹介するサイトについて

    ほとんどの出版社における、新書・ノベルズ、文庫本、コミックの新刊発行予定と過去の直近の半年~1年くらいをリストアップしているサイトを教えてください。 以前はダヴィンチという雑誌を見ていましたが、そういう機能がある無料ネットサイトを知りたいです。 日販やアマゾン、ヤフー、楽天、ブックサービス等々の書籍の通販サイトにも一部ありますが、新書のリストは当月分しかないことが多く、また文庫本でも出版社によってリスト漏れが多かったりするので不便です。 よろしくお願いします。

  • 文庫の本文用紙(上下)について

    学生時代からず~~~っと疑問だったのですが、文庫本は出版社によって、本文用紙の上部がそろっていて「しゃきーん」となっているものと、不揃いで「ぼこぼこ」になっているものがあるのですが、それはなぜですか?(下部はどの出版社も揃っている、多分) 製造過程の産物か?それとも・・・知っている方がいらっしゃったら、教えてください。ちなみに、自分が持っている文庫で分類をすると、 上部が揃っている・・・文春文庫、講談社文庫、主婦の友社 上部が揃っていない・・・角川文庫、新潮文庫、岩波文庫 です。電撃とか、スニーカーとか、その他の文庫は持ってません。私は、ぼこぼこの方が味があって好きです。

  • 文庫化について

    通常、新刊の本が文庫化されるまでにどれくらいの間隔があるのでしょうか? 3年くらいの間隔がとられているように思うのですが、 実際には「○年」というはっきりした決まりがあるのでしょうか? また、出版社や著者によって異なったりするものなのでしょうか? よろしくお願いします。