• ベストアンサー
  • 困ってます

契約書の相手企業が解散すると無効になります?

守秘義務契約を結んだ相手方企業が解散した場合、守秘義務契約を締結した当時の社員もしくは関係者が解散後にその守秘義務にそむいたとしても、やはり訴えたり損害賠償を求める事は出来なくなるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数664
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

契約書にその旨を記載してあれば効果はあると思います。 その記載が無い場合でも、なぜ守秘義務契約を交わしたかという根拠を 考慮すると、当然にその効果は及ぶものと解釈されそうですが。。 新たな契約を結ぶのがよろしいかと思います。 (解散した会社の出資者、役員等) まさか守秘義務違反を逃れるための解散ではないですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もちろん守秘義務違反を逃れるための解散ではありません。 しかし、後に誰が言ったか特定するのも難しい話ですね? ありがとうございました。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 契約書の損害賠償の文章

    賃貸借契約で反社会勢力に関する損害賠償の項目でよくわからないところがあります。 <損害賠償>  甲または乙が本条の規定により本契約を解除した場合には、次の損害が生じても何らこれを賠償ないし補償しないものとします。また、かかる解除により甲または乙に損害が生じたときは、相手方はその損害を賠償するものとします。  (1)相手方、相手方の子会社、関連会社または関係者等に生じた損害 とあります。  甲貸主、乙借主として、例えば乙が規定違反をして甲から解除した場合、乙に損害が生じても甲は賠償しない。  逆に乙の違反による解除で甲に損害が生じた場合は乙は賠償をする。  この解釈の仕方でいいのでしょうか? どなたかご指導お願い致します。

  • 社員との機密保持契約や競業避止契約について

    入社時に退職後の守秘義務契約や競業避止契約を結んでおき、これらの誓約に違反したときは、損害賠償請求をすることがある旨を付記しときたいのですが、法律上の知識がなく、どの程度の契約書を交わしておくのが妥当なのか良くわかりません。 あまり細かく記載したものよりは、要はリスクヘッジなので、問題がある社員が退職するときが問題なのです。 退職するときにはそんな契約書にサインするわけないので、入社時に契約書を交わしておいて、良からぬ考えを 持たないようにしておきたいだけなのですが。。。。 参考になるようなテンプレートがあれば教えてください。

  • 契約書について

    個人事業主で、翻訳会社に登録し、契約書が送られてきたのですが、首をひねるような内容なので、サインするのをためらっています。名前は「規約」となっており、相手方の名前が印刷されているだけで署名がないのですが、契約書の機能を果たしているのでしょうか。 内容は、機密保持や直接取引き禁止などに違反した場合、「損害を賠償すること」というものですが、損害賠償の文字がたった半ページの中に4箇所もあります。こんな契約書は見たことありませんが、普通なのでしょうか。 また、直接取引きの禁止に関しては、業務遂行中だけでなく、終了後も禁止で、それに違反した場合の損害には、直接取引きから得た利益まで含まれています。そんなことまで要求する権利が相手方にあるのでしょうか。不当だと思われるのですが… こういう場合はどうしたらいいのでしょうか。 できましたら、専門家の方のアドバイスをいただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

  • 同内容の契約書について

    お世話になります。お恥ずかしい質問で恐縮です。 掲題の件、取引先指定のNDA雛形が送られてきたのですが、 一方的な相手側有利な文面となっておりました。具体的には 片務契約となっており、損害賠償も上限設定がなかったりと いった内容です。NDAの内容としては、双務契約にすべき 事柄なのですが(NDAの内容は申し上げられなくて恐縮です)、 あまりにひどい文面となっておりました(相手方は超大手企業です)。 そこで、当社指定のNDAを締結し、契約締結日を当初のNDA締結日より 後にすれば、当社のNDAが有効になるのかと思うのですが、法律上 どのようになるものでしょうか? とてもナンセンスな相談で冒頭の通りお恥ずかしい限りですが、 アドバイスいただけると幸いです。 ちなみに、先方NDAの文言修正が不可の場合は、取引をやめたい旨、 先方には伝えております。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

  • 相手方の会社が解散?

    裁判で損害賠償請求をしていますが、相手方の会社が解散してしまったらどうなるのでしょうか。

  • 税理士の守秘義務

    弁護士は受任した依頼人の訴訟内容や個人情報は守秘義務が有るので第三者に漏らしたり出来ません。税理士にも全く同じような守秘義務が課されているのでしょうか?また、それぞれ、違反した場合、どのような刑事罰が科せられるのでしょうか?それとも民事の損害賠償責任だけですか?

  • 顧問契約書

    いつもお世話になっています。 起業第一歩として、ある会社の社長さんのパソコン家庭教師をすることになりました。 そこで、「守秘義務など書かれた、顧問契約書を作ってきてね」といわれたのですが、 どのような文面にすれば良いのでしょうか? 書くことで今思い当たることは ・報酬は時給で、○○円 ・顧客データなど、守秘義務は守りますよ。 ・・・ってこと位なのですが、他にも書いておいた方が良いこと等も アドバイス頂けないでしょうか? 何か参考になる本などあれば紹介してくださると嬉しいです。 皆さんよろしくお願い致します。

  • 守秘義務契約を交わしてない場合

    守秘義務契約を交わしてない場合、 派遣先のことをべらべらしゃべっちゃっていいんでしょうか? もちろん損害や迷惑を絶対にかけない程度にですが。 みなさんはけっこうしゃべっちゃってますか?

  • 守秘義務は合法?

    様々な会社・機関では、内部規約等で「守秘義務」があります。 一方、日本国憲法では言論の自由が保証されいます。 自由ではあるが喋ってはいけない、というのは矛盾しているような気がします。 守秘義務、というのは合法なのでしょうか? 合法の場合、その法的根拠は? 守秘義務に同意した時点で、言論の自由を放棄したことになり合法になるのでしょうか? 内部規約に同意して就職している以上、規約違反になる、という考えもありますが、 合法でなければ、違法な契約は無効では? 喋った結果、プライバシーの侵害・名誉毀損・損害賠償等になる場合があるのは理解していますので、 そのような回答はご遠慮下さい。

  • 民法:契約準備段階における過失について

     ある段階まで契約交渉しており、もう契約を交わしましょうということになっていたのに、相手方が直前になってやっぱり契約するのやめます、といった場合で、それが取引上の信義に反するような場合には契約類似の関係における信義則違反を理由として損害賠償の請求が認められますよね。この場合損害賠償の範囲は履行していたなら得られた利益(履行利益)まで請求できるのか、それとも契約の締結を信頼したために被った損害(信頼利益)までしか請求できないのかどっちなんでしょうか。理由と一緒に教えていただけると助かります。