日本が金融大国になるには?

数ヶ月前にイギリスが日本のGDPを抜いたのを雑誌で見ましたが、 イギリスは現在アメリカのニューヨークより金融街のようで...

blantons さんからの 回答

  • 2007/12/13 23:43
  • 回答No.4
blantons

ベストアンサー率 33% (1/3)

一部訂正と補足を追加します。

>$33000程度の一人当りのGDPを$11,000まで →
$33,000程度の一人当りのGDPを$110,000まで

*証券取引額については、OMXと合併するナスダックが2位、
イタリアを買収するロンドンが東京を抜き3位となる。


金融センターランキング
http://www.zyen.com/Knowledge/Research/GFCI%201%20March%202007.pdf
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 英・米・日の小さな政府とは具体的にどのような政策か 経済

    新聞やテレビでは、イギリスではサッチャー首相、アメリカではレーガン大統領、日本では中曽根首相以後、自由放任主義・市場原理主義や小さな政府を志向してきたと報道していますが、わからないことや疑問に思うことがあります。 日本では中曽根内閣の時に国鉄、電電公社の民営化、小泉内閣の時に郵政公社、道路公団の民営化をしたことは知ってます。今年度は今の金融危機と世界不況に対する非常時予算で、予算は前年比で著しく増額していることは知ってます。 イギリスでは1980年代以後、鉄道、電話、石油、航空の国営企業が民営化されたことは知っていますが、それ以外のことは、詳しく知りません。 アメリカの1980年代以後の具体的な政策は詳しく知りません。 1980年代以後イギリスやアメリカや日本で、自由放任主義・市場原理主義や小さな政府志向の政策がどのように採られたのか、政府の予算や役割を増やす政策もあったのか、イギリスやアメリカのGDPや国家予算や、国家予算/GDPの比重がどのように変化しているのかも(英語が苦手なこともあり)知りません。 新自由主義を批判する人からは、福祉を切捨てて、貧富の格差を大ききしたと批判されますが、先進国で既存の福祉制度を廃止したり、著しく削減したり、国家予算を著しく削減して、国民に対して全て自己責任で生きろなどという政策が、先進国でできるのか疑問です。次の選挙で不利になるように思えるのですが。例えば、もし日本で、政権党が健保や年金や介護保険を廃止するとか削減すると言ったら、次の選挙で敗北は必至です。 経済に対する規制を全面的に(または大部分を)廃止し、政府の役割を警察と司法と軍事だけにして、自由放任主義・市場原理主義で経済運営することなど、現代の先進国ではありえないと思うのですが、新聞やテレビの報道が事実に反するか、偏った報道をしているように推測しています。 1.アメリカ、イギリス、日本であらゆる規制を全廃するか、著しく削減して、自由放任主義・市場原理主義の経済政策が採られていましたか。 2.アメリカ、イギリス、日本で社会保障や福祉の廃止や大規模な削減が行われましたか。 3.アメリカ、イギリス、日本で国家予算や、国家予算/GDPの大規模な削減が行われましたか。 4.アメリカ、イギリス、日本で上記外の民営化や、政府機関の廃止や縮小、政府の役割の削減が行われましたか。 5.アメリカ、イギリス、日本で、政府部門の役割を増大する政策や、国家予算や、国家予算/GDPを増大させる政策は、全く採られていませんか。 注:現在の金融危機と世界不況時に対する政策が開始される前の時点までの政策の質問です。 アメリカやイギリスの政治や経済に詳しい人、日本のことでも上記以外の事実を知っている人、回答をお願いします(根拠となる一次資料を提示していただけるとありがたいです)。...

  • アメリカのGDP 経済

    「日本は世界第2位のGDP」とはよく聞きます。 もちろんアメリカが1位ですよねぇ。ブッチ切りの。 前にテレビで「アメリカのGDPは日本とイギリスとフランスを足したものより大きい」 とか(上の国名はたとえです。)確か3カ国を足したものより大きいと聞いた記憶があるのですが、 どことどことどこ、あたりの国なのでしょうか? 「フランスとドイツとイタリア」とか。 アメリカのGDPが○○で、フランスが××で、、、と数字もあったら、間違いなく 良回答です!(?) よろしくお願いいたします。...

  • どの国に投資するのが有利? 株式市場

    株式投資の観点からすると、どの国に投資するのが有利でしょうか? というのも、日本は少子高齢化によって労働力が減少して 世界との競争に敗れることが目に見えているので 国外の新興国か、アメリカや韓国などの今後も底堅い国に投資しようか迷っています。 2050年予想では中国がGDP一位になりますが 国民一人当たりのGDPではルクセンブルグが一位になっています。 日本は楽観的なシナリオでも一人当たりGDPは18位です。 東証の売買高も年々減少していて 残念ですが中国や韓国にマネーがシフトしていると感じます・・・ 少子高齢化と円高を止めることができない限り 日本の株式市場は売り方有利と言わざるを得ないので 本当に残念です・・・ そんな環境の中でも知恵を使ってベストを尽くしたいものです。 現実的に考えると、どの国に投資するのが有利かは不明だと思いますが 仮にインデックスに投資(225やNYダウ)する場合 どの国で最も良いパフォーマンスをあげられるでしょう? 私は日本市場以外はよくわかりませんが 中国かインドが無難かと感じています。 ミャンマーやシンガポールにも魅力を感じます。 ※短期ではなく長期投資(10年~30年)の場合です。...

  • ホリエモンの日本労働環境に関する認識不足について! 経済

    堀江貴文が“手取り14万円”に「お前が終わってんだよ」でまた無知を晒す それでもホリエモンに踊らされる自己責任厨の信者たち https://news.biglobe.ne.jp/economy/1009/ltr_191009_7038634086.html という記事の中で、この筆者が、 ホリエモンの日本の雇用環境に関する認識について批判しています。 下記の経済や雇用環境の前提に対する主張が一方的に正しいのか判断できないので アドバイスよろしくお願いします。 自分は、障害者雇用という働き方で時給1050円で1日6時間、週5日間働いています。 大体20日稼働として額面で12万6000円です。 手取りは11万よりやや少ないぐらいです。 自分の働き方で11万稼げることを考えると、 普通に自分の職場で8時間勤務を希望すれば額面16万8000円 手取りで14万以上になるので、それを考えると、 この記事を書いた筆者の言い分も?マークが少しつきます。 ホリエモンさんの言説も的外れな場合もありますが、実際この話題に関しては、 14万の賃金の場所にしがみついている労働者の方にも問題があるという 言説にも一理あると思うのですがどうなのでしょうか?? (`・ω・´) ●議論の土台を全然分かっていないのに知ったかぶり ホリエモンの頭の悪さがまた… OECDが今年5月に発表した調査を見ても、 主要先進国のうち、過去20 年間で賃金が マイナスになっているのは日本だけだ。 2018年の1997年の「時間あたり賃金」のデータを比べると、 たとえばイギリスは93%、アメリカは82%のプラスと、 およそ2倍に上昇。隣国の韓国にいたっては167%も増加している。 ところが、日本だけは、なんと8%のマイナス。 つまり、欧米やアジア先進国のなかで唯一、時給が上昇するどころか 減少している 賃金だけではない。国際社会のなかで、 日本は最も経済成長が滞っている国と言っていい。 日本のGDPは1990年代後半から現在にかけてほとんど変わっていない。 これを「世界全体に占める日本のGDPシェア」の観点で見てみると、 1995年に17.6%だったものが、直近ではわずか6%程度。 これは1980年よりも低い数字である。 このGDPシェアをみれば、“日本の経済力”は実に40年以上前の水準以下に なっていると言う他ない。 加えて、日本の労働分配率(企業などで生産された付加価値のうち、 給料など労働者に還元される割合)は世界最低水準だ。 つまり、日本経済自体が長いトンネルから脱出できず、 もはや「豊かな国」とは言えない水準まで落ちている。 そして、そのしわ寄せを一番受けているのが労働者なのだ。 富裕層と一般層の格差が広がっており、 日本の相対的貧困率15.6%(2015年)はOECD加盟国のなかで ワーストから数えたほうが早い。 「努力が足りないお前が悪い」という言い方は 「努力すれば報われる」という前提に立っているが、 実際には、「手取り14万円」が当たり前になっているほど、 日本の経済状況は地盤沈下している。 しかも、こうした実態が、新しいイノベーションや、 経済成長の阻害要因になるという悪循環を生んでいる。   少し前、ソフトバンクの孫正義氏が 「日本はいつの間にかAI後進国になってしまった」 「この数年間で一番革新が進んだAIの分野で、 完璧な発展途上国になってしまった」と発言して話題になったが、 この背景にも、日本の労働環境の悪さや低賃金がある。 賃金が低いため、労働者のモチベーションや生産性も上がらず、 やる気のある人材は海外の流出していく。 外国人労働者も待遇や賃金などの問題で、 日本より韓国、ドイツなどを選択するケースが増えている。 言っておくが、いま説明したことは、 日本の経済状況や労働者の生活状況を語る上で、 ごく当たり前の基礎知識だ。「手取り14万円」の 労働者を「終わってんのは『お前』だろwww」と嘲笑するホリエモンは、 そんな状況も分かっていないらしい。...

  • 【東証】2016年6月24日。英国イギリスがEU離 株式市場

    【東証】2016年6月24日。英国イギリスがEU離脱が国民投票で決定した日。 日本の東証の上場銘柄で値上がりした会社はたった6社のみだった。 値下がりした銘柄は1954社にも上る。 この値上がりした6社ってどこですか? 円高が関係がない。 円高の方が儲かる会社ってどこ?...

ページ先頭へ