• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

葵 徳川三代で・・

 自分も詳しくは覚えてないんですが、家康と秀忠とのシーンで家康が「徳川、幕府の天敵になりゆる大名はおるか?」と聞いたら、秀忠は「福島正則、吉川広家、黒田如水、加藤清正・・ 北は伊達政宗、上杉景勝」  そして家康が「身内はどうじゃ?」と問い、秀忠は「・・・・・」と沈黙し、家康が「秀康はどうじゃ?太閤殿下の養子故、淀殿にそそのかされて謀反になるとは?」  仮にこの話が現実に起きた場合、西軍→東軍に寝返った諸侯達が揺らいで波乱が起きたでしょうか?それとも婚儀等で諸侯と縁を結んでいる為に、そういう波乱は起きなかったと思いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数5
  • 閲覧数416
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

幕府の天敵 黒田如水 とあるからには、1603年の将軍任官から如水死亡の1604年の間の発言と見ます。 この段階ですと 福島正則、吉川広家、黒田如水、加藤清正・・ 北は伊達政宗、上杉景勝 そして秀康 全員、領地が変わったばかりで、領地の仕置きで大変だったんじゃないかな。西日本のいわゆる豊臣恩顧系だと、領地が二倍、三倍されて、家臣も二倍 三倍。実際の戦闘する 揃 の単位を指揮する指揮官不足じゃないのかな。当時の戦争は現代の戦争のように統合されたものではなく、揃の指揮官の戦闘能力の総和みたいなものだったからまだ練度がたりないかも。 伊達は一揆をそそのかして、裏切った場所に移動になったばかりだから、地盤がガタガタ。 秀康の配下も実態は徳川本家からの出向組だから、トップの個人レベルの判断では本家、特に家康には逆らえないような気がします。 婚儀の拘束力よりも、戦国武将達のリアリズムが強いかと。 あと、婚儀でどんな人が付いていったんでしょうかね?不明です。 宇喜多家には、前田家から豪姫が入っています。関ヶ原の直前に、豪姫と一緒に宇喜多家に入った人物が実権を握り、それまでの宇喜多家の家臣と内紛を起こしていますよね。そのくらいのレベルの人間が婚儀で相手方の家に入っていると、反抗もしづらいだろうな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#138477
noname#138477

 「葵 徳川三代」はほとんど見ませんでしたので、該当の場面は分からないですので、文面のみで回答します。  ウィキペディアによると、文面にある武将の内最初に亡くなった黒田如水の没年は1604(慶長9)年だったようです。幕府の名前があることは徳川家康が征夷大将軍になった1603年以降でしょうから、会話があったのは、その間の1年位の間だったことになります。  その1年位の間に限定すれば、仮に結城秀康が謀反したとしても(それ自体が波乱ではありますが)、それ以上は何も起こらなかったと思います。徳川家康は豊臣秀吉自身が豊臣秀頼成人までの間、政務を託した大老ですから、名分上は豊臣家への謀反にもなります。また関が原の戦いの結果、徳川家の政治力が大きくなっていた時期ですから、諸大名は反抗も困難であったでしょう。  ちなみに「西軍→東軍に寝返った諸侯達」を字句どおりに解すると小早川秀秋、脇坂安治、小川祐忠、赤座直保、朽木元綱を指すと思いますが、小川・赤座は関ヶ原戦後改易、小早川秀秋は1602年に死去し小早川家は断絶しています。脇坂・朽木は小大名ですので、仮に同調しても波乱要素にもならなかったでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

秀康は1607年に梅毒が原因で没していますが生前、幕府が大阪に攻め入る事があれば秀頼を守る為大阪城に入ると言ったとされ秀忠より武勇の優れている秀康が大阪方につく様な事があれば家康の心境は複雑なものがあったと思われます。ただ豊臣恩顧の大名と秀康とは関係が薄く弟に将軍職を奪われた惨めな兄秀康の動向に左右されることはなかったと思われます。その秀康は大阪の陣の7年前に没しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

現実の歴史を見てください。 関ヶ原の合戦以降、家康に反抗した大名以上の武士は一人もおりません。強いて言えば、淀殿という「女」がたった一人家康に反抗し、潰されました(大阪の陣に際して豊臣秀頼が主体的に意思決定したという記録はありません。全て淀殿が決裁していたようです) さらに言えば、秀吉の死後も、家康が上杉討伐に出かけて上方を留守にするまで、家康に逆らうことが出来た者はいませんでした。家康の天下への睨みは、関ヶ原の合戦以前に既にそのくらい強かったのです。 石田三成が決起した時、家康は「石田と大谷が決起したようだ」と、ごく小規模な事態を想定していたそうです。石田・大谷・宇喜多が固く結ばれ、毛利輝元とその5万の軍勢を担ぎ出し、西日本の大名のほとんどが西軍となる事態は「想定外」だったようです。家康にとっての「想定外」はこれくらいでしょう。 そもそも、家康は家督を継いだときは西三河の小大名に過ぎず、石高で表現すれば10万石くらいです。その身から、天下人信長の同盟者となり、その地位をずっと守って信長の生前には三河・遠江・駿河の3国を領し(今川義元の最大版図と概ね同じ)、信長の死後には三河・遠江・駿河・甲斐と南信濃の兵をもって、尾張と北伊勢を領する織田信雄と共に豊臣秀吉を迎え撃ち、一歩も引けを取らず、結局は秀吉を撤兵させました。長久手の局地戦では、秀吉軍別働隊を殲滅しています。 1600年以降、家康のキャリアは他の大名とは隔絶したものです。誰も謀反など考えられなかったのも無理ありません。 「秀康が淀殿について謀反を起こす」 家臣が誰もついて来ず、謀反は不発に終わり、家康が何もしなくても秀康の身柄が江戸か駿府に送られてくるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#113190
noname#113190

関が原ですけど、戦力的には西軍が勝って当然で、負けたのは事前の根回しの差だったと思います。 つまり、家康は勝てるような体制を整えて上杉攻めの軍を挙げ、大丈夫と考えて反転させて関ヶ原に向かったのですから、秀康に関しても何らかの手は打ったからこそ裏切らなかったのではないかな。 もし秀康が裏切ったら、恐らく江戸で暗殺されていたのではないかと思います。 確かに秀忠の軍勢が来ないうちに戦ったのはアクシデントですけど、案外想定内だった可能性はありますよ。 戦国大名はリアリストですから、情で動くよりも利害関係を優先させるので、縁戚は見せ掛けだです。 家康も長男信康を殺し、秀康を人質に出し、忠輝を幽閉し、親子の情など水ほどにしか感じてないようにも思えます。 他の大名も同じことで、真田もどちらかが生き残れば家名が残ると、兄弟親子は敵味方になり、他の大名も一族を分けて保険をかけるものも少なくなく、大勢に影響はなかったような気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 淀殿はなぜ西軍に味方しなかったのか

    関ヶ原の合戦で東軍が勝利したおかげで、その15年後には大阪の陣で豊臣家は滅ぼされました。関ヶ原の合戦時に淀殿が西軍に豊臣家の正規軍であることを認め、家康を逆賊としていたなら、関ヶ原の合戦で西軍は負けなかったのではないかと思います。加藤清正、福島正則らも東軍に加担できなかったのではないかと思うのですが、なぜ淀殿は西軍に加担しなかったのでしょうか。 1.家康が片桐勝元らを使って、うまく淀殿の動きを封じた。 2.西軍が負けたらどうなるか。淀殿には先が読めなかった。 3.北の政所が反対した。 真実はどうなのでしょうか。僕はこの点で淀殿はまんまと家康にだまされたと思うのですがどうでしょうか。

  • 淀が結城秀康をそそのかしたら

    淀が結城秀康をそそのかしたら 秀康は豊臣の味方になったでしょうか? 淀ではなくて北政所がそそのかしたらどうでしょうか? 秀康は秀吉の養子になった事で徳川の家督を継げず 秀忠に対して少なからず恨みがあっただろうし また家康とも不仲だったという話もありますし

  • 決戦やっててふと思ったのですが、播磨決戦で、黒田如水が立花宗茂&加藤清

    決戦やっててふと思ったのですが、播磨決戦で、黒田如水が立花宗茂&加藤清正といっしょに播磨に陣を引いて、西軍残党部隊とともに、家康と戦いますよね(1601年) これって長政は裏切らないで、如水と戦ったのですか? このあと黒田家は改易されなかったのですか?

  • 徳川家康について以下の二説を聞きました、どう思いますか?(会った事無い

    徳川家康について以下の二説を聞きました、どう思いますか?(会った事無いから知らんと言われれば、それまでですが。)    1=関が原の戦いの時、秀忠率いる徳川本隊の到着前に開戦したのは、その時関が原にいた東軍の主力が福島・黒田等豊臣恩顧の武将たちであり、たとえ自身を含めて全滅しても、西軍も弱っているから最終的に秀忠隊が勝利すると考えた。つまり秀忠隊=保険説 2=秀頼と千姫の関係から豊臣・徳川の双頭政治を考えていたが、秀忠と秀頼の人物スケールを比べた所、自分の死後徳川の分が悪いと思え、自分の生きている間に豊臣を滅ぼそうと考えた。   どう思いますか?

  • 関ヶ原の合戦で、家康は勝利を確信していたのですか?

    関ヶ原の戦いですが、山岡荘八の小説によると、「家康にとって大博打であった」としながらも、家康自身は、平地に陣取っていることを確認してから「戦闘は半日で終わるだろう」と言っています。当日は雨が多く土がぬかるんでいるので、山から降るのには時間がかかる。戦は臨機応変に動くべきで、その点(戦略)での勝利を確信していたという描写です。 また、西軍は毛利輝元を総大将に担ぎながらも東軍と全面対決するのは本意ではない、という書状を家老の吉川広家が送っていることや、有名な小早川秀秋の裏切りなどあり、一致団結とは言い難い状況にありました。対して家康は、関ヶ原の一ヶ月前に奥州の上杉景勝を攻めるという名目で大軍を動かしますが、わざとゆっくり進軍し石田三成が大阪で決起することを待ちました。そうすることで自分についてきた日和見の諸大名を一致団結させ、東軍に従わせることが出来た、という描写になっています。 数字の面で行くと、両軍の総勢では大差なかったといいます。しかし西軍から東軍に寝返った軍一万五千、成り行きを山上から見守っていた軍は二万五千ということで、東軍の中で実際に戦闘に加わっていたのは半分に満たなかったとのことで、これが勝負を決めたようです。 こうして見ると、決戦が開始される前にすでに勝負はついていたという見方も出来ますが、実際はどうだったのでしょうか?家康および徳川の重臣たちは、この決戦に対してあらゆる手を打ち尽くした上で臨んだから、勝利の自信があったというこでしょうか? あるいは、周到に準備していたとはいえ、博打であるには変わりなかったでしょうか? 徳川家康が政治の手本としていたのは武田信玄で、戦の手本としていたのは山県昌景だったと言われ、部下の井伊直政に赤備えの軍団を作らせ、大久保長安に武田家の政治のやり方を真似させたのは有名な話ですが、信玄本人は「戦闘が開始する前に八割方決まる」みたいな発言をしていたと思います。(ナポレオンも言っていたような) 関ヶ原に臨む家康も、そうした準備があったということでしょうか? また、このあたり(関ヶ原の事前の駆け引き・攻防)に詳しい書籍などありましたらご紹介頂けますと助かります。よろしくお願いします。

  • もし、関が原で西軍が勝利してたら?

    東西の大名(石高の隣、○印は関ヶ原に布陣した大名、●は寝返った大名) 徳川家康 ○ 255.0 西軍 毛利輝元 120.5 前田利長 83.0    上杉景勝 120.0 伊達政宗 58.0    島津義久 73.0 加藤清正 24.5    宇喜多秀家 ○ 57.4 福島正則 ○ 20.0   佐竹義宣 56.0 細川忠興 ○ 18.0   石田三成 ○ 19.4 浅野幸長 ○ 16.0   小西行長 ○ 20.0 池田輝政 ○ 15.2   増田長盛 20.0 黒田長政 ○ 18.0   小川祐忠 ● 7.0 加藤嘉明 ○ 10.0   大谷吉継 ○ 5.0 田中吉政 ○ 10.0   脇坂安治 ● 3.3 藤堂高虎 ○ 8.0   安国寺恵瓊 ○ 6.0 最上義光 24.0   小早川秀秋● 35.7 山内一豊 ○ 6.9   織田秀信 13.5 蜂須賀至鎮 17.7   長宗我部盛親 ○ 22.0 本多忠勝 ○ 10.0   朽木元綱 ● 1.0 寺沢広高 ○ 8.0   赤座直保 ● 2.0 生駒一正 ○ 15.0   吉川広家 ● 14.2 井伊直政 ○ 12.0   長束正家 5.0 松平忠吉 ○ 10.0   毛利秀元 ○ 20.0 筒井定次 ○ 20.0   戸田勝成 ○ 1.0 京極高知 ○ 10.0   真田昌幸 3.8 本多忠勝・井伊直政・松平忠吉の所領は徳川家康の、毛利秀元・吉川広家の所領は毛利輝元の領地に含まれます。 あなたが、輝元あるいは三成、もしくは西軍サイドで勝利したあとの処断・処遇を任せられたとしたら・・ どういった裁きをしますか? 歴史に詳しい方や、自分だったらこういう処断・処遇にするといった考えの方など、様々な回答をお待ちしてます!

  • 9月13日(日)放送の「天地人」で

    9月13日(日)放送の「天地人」で、「家康」を背後から攻撃したい「兼続」と義を貫きたい「景勝」で意見が対立した場面があったのですが、もし「兼続」の言うとうり、「家康」を背後から攻撃したら、どの様な結末が考えられますか?  私は、2つの可能性が考えられます。  Aの可能性  上杉軍が「家康」を攻撃し、「兼続」が作った水攻めの罠に家康軍がはまり、多数の「怪我人、死者」がでて、家康軍の戦力が低下しそこに三成軍が追い討ちして、西軍の勝利になる。  Bの可能性  上杉軍が「家康」を攻撃したと同時に「最上軍、伊達軍」が上杉を攻撃し、上杉軍は、「家康」を攻撃する部隊と「最上軍、伊達軍」部隊の2つに別れたが、数が多い「家康、最上、伊達」に負けて上杉は滅亡し、「家康、最上、伊達」は西に向かって、石田三成を破り東軍の勝利になる。  歴史に「もし」、「たら」、「れば」は無いのですが、AとBどちらの可能性が高いと思いますか?  またA、B以外の可能性があれば、教えて下さい。

  • もしタイムマシンが発明されて・・・

    歴史を変えられるなら(出来ないにしても最低限イジられるとしたら) 皆様は何がしたいですか? 私は山ほどありますが一部だけ。 1.武田義信の謀反~切腹を阻止。勝頼と仲良くする様に取り持つ。 2.信長に一言「お供100人だけで上洛するのは危険ですよ。」と忠告する。 3.秀吉の中国大返しを妨害。 4.真田攻めで手こずる徳川秀忠にあきらめてもらって、   速やかに関ヶ原に向かう様に進言する。 5.黒田如水の九州取りを実現させる。 6.大坂の陣でバカの大野治長を暗殺。淀殿を幽閉。   大坂城の外堀埋め立てを阻止。 7.松下村塾を作らせないようにする。 8.高杉晋作の結核を治療し、延命させる。 9.坂本龍馬と大久保利通の仲を取りもつ。 10.普通に龍馬の暗殺犯が誰なのか見届ける。 皆様はいかがでしょうか?

  • 葵徳川三代の糸こんにゃく

    大河ドラマ「葵徳川三代」のオープニングで、川の中で木切れが金色になって、そこから糸こんにゃくみたいなものが出てきます。あれはいったい何でしょうか。

  • 魅力を感じる悪い奴

    この世の中には稀にとってもいい奴がおりまして、友人としてこれ以上得難い存在は無いでしょう、但しこと恋愛に限定しますと、全くの優等生・いい奴で盛大にモテた人物を私は知りません。 この点は男と女も同じ、靡く靡かないは別としてちょいワルな異性に魅かれてしまう傾向にあるんじゃないだろうかと・・。 少なくとも私の場合はそうでありまして、美しいお顔に似合わぬ酷薄且つドライなその種の女性に振り回され・泣かされた事もある、何故に性悪女 ( 私流最上級の賛辞ですが・・ ) はかくも魅力的なのか、我が永遠のテーマですらあります。 他方歴史に於いてもそう、例えば皆様御存知の奥州の梟雄・伊達政宗という高名な戦国武将、何でもありのあの時代ですらこの人ほど食えぬお方も少なかったでしょう。 秀吉の最盛期にすら一揆を扇動して或る種の謀反を企てた、ほぼ露見しておりましたからねぇ、命があったのが不思議なほどです。 関ヶ原と並行して推移した奥州の戦にしてもそうでした、家康ましてや東軍の事なんぞこっから先も考えちゃおりません、彼の行動規範はただただ己の欲望に忠実に従ったのみであったろうと・・。 しかしながらワルにはワルなりの爽快感と魅力がある、私を惹きつける政宗の生き様は実にカッコいい、加えて結果的には多くの大名家が没落する中、この稀代の横着者は相続したほぼ全ての本領を守り抜き、徳川第3位並びに奥州最大の大名としてその所領を子々孫々へと繋げる事となりまして、それもうお見事という他ないでしょう。 さて世間一般の価値尺度に斟酌しなくて結構、加えて古今東西並びに実在・バーチャルの世界を問いません、更には性悪女・性悪男の実話大歓迎です。 ちょっとばかり悪い奴かな ? とは知りつつも、貴方を惹きつけて止まない ( かった ) 誰かがおりましたら、是非御紹介下さい。