• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

精神障害者の犯罪:不起訴処分になったら被害者への保証ゼロ?

刑法第39条についてのスピーチを作成しているのですが、わからない事が次々出てきて困っています(**) 精神障害者による犯罪で、もし起訴後に裁判で、犯行当時、心神喪失の状態にあったと認められ、無罪になったら、被害者の方は、加害者や責任機関になんの保証も請求できなくなる、というのはわかったのですが、もし、起訴すらもされなかったら・・・不起訴になった場合はどうなるのでしょうか??不起訴ということは無罪になったも同然なので、やはり何の保証も受けられないのでしょうか?? すでに質問の中におかしな点があったらすみません(**)!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2480
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • un_chan
  • ベストアンサー率60% (219/365)

他の方も書かれていますが、民事と刑事は別です。分けて考えましょう。  刑事は、当人の責任を問えなければ終わりですが、民事であれば、保護者の責任等を追及することも考えられます。ですから、 >無罪になったら、被害者の方は、加害者や責任機関になんの保証も請求できなくなる、というのはわかった というのは、分かっていません、誤解です。  なお、不起訴と無罪は違います。無罪は、裁判を経て罪がないとされたもので、不起訴は、理由はさまざまですが、検察官の裁量の中で、(証拠が十分でなかったり、起訴するまでもないという判断から)起訴をしないことを決めたものです。  以前も別の質問をされていたように思いますが、人前でのスピーチということでしたら、少しきちんと刑事関係手続きの入門書や、心神喪失者医療観察法制定当時に行われた議論や本を読む等された方がよろしいかと思います。  精神障害と刑法39条の話は、かなりデリケートな分野の話で、付け焼刃の知識で簡単に語れるような話ではないと、私は思います。  ケースによって千差万別のことを、自分の知っているケースだけから、偏見的発言をしてしまうこともありますし、また知識不足から(確信犯と思われる人もいますが)聞いた人に誤解を与えることも多いのです。  ANNA7ANNAさんがどのような立場の方なのか分かりませんが、人前でスピーチをされる以上、ご自覚いただければと思います。  ちなみに、刑法39条の適用があるのは、「精神病者だから」ではなく、「本人が犯行時点で心神喪失状態だったから」です。今回のご質問を読むと、この違いが分かっていないように見えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しい中、長文でのご回答、本当にありがとうございました!! お礼が遅くなって申し訳ありません。 ご指摘がズシリときました。。 本当に、明らかに知識不足です。 調べれば調べるほど自分の主張との矛盾点が出てきて、 パンク状態です(**) もう一度アウトラインからやり直さないといけないな、と思っています。 本当にありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 「罰しない」=「無罪」?

    以下、新聞記事の引用です。 大阪府茨木市で平成16年、自殺の道連れにしようと乗用車で自転車を次々とはねて2人を殺害、3人を負傷させたとして、殺人と殺人未遂の罪に問われた元新聞配達員の男(25)に大阪地裁(西田真基裁判長)は28日、無罪(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。 元新聞配達員は起訴事実を認める一方、「自殺の道連れにやったのではなく、悪魔に命令された」と述べ、弁護側は犯行当時、心神喪失状態だったとして無罪を主張していた。 ~~~ 多分弁護側の主張が認められ、「犯行当時、心神喪失状態だったから無罪」という理由だったのでしょう。 もしそうだとして、私にはちょっとこの辺の法解釈が理解できません。 刑法第39条に「心神喪失者の行為は、罰しない。」とあるのは知っています。 そこで質問なのですが、この「罰しない」という言葉はどういう意味なのでしょうか?「普通だったら有罪だけれど、無罪だよ」という意味なのでしょうか? 私はこの手の判決でいつも思うのですが、そもそも無罪ではないのではないかと思うのです。「あくまで有罪だけど、心神喪失者なので刑には服させない」と解すべきではないかと思うのです。 当然プロの法律家による判決ですから、私の考えは間違っているのでしょうが、スジとしてはそうしないと被害者側はやるせないと思うのです。どうして「罰しない」=「無罪」なのでしょうか?「罰しない」=「刑には服させない」という風な解釈は成り立たないのでしょうか? 同条第2項で「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。」とありますが、この場合はあくまで「有罪」なんですよね?多分。

  • 何で日本は低年齢や精神疾患の犯罪に甘いのか?

    4歳の姉が邪魔な弟をバケツに閉じ込め殺害という事件が過去ありましたが、これだけ残忍なことをやっておきながら、その女は死刑どころか懲役刑にもなっていません。 少年犯罪が増加する一因はこれだと思うのですが。 また、成人でも心神喪失と認められると、不起訴になるか、起訴されても無罪となるそうです。 刑法39条1項は「心神喪失者の行為は罰しない」とあります。 なぜ日本は犯罪者に甘いのでしょうか? 年齢や病気の有無に関係なく、なされた罪の重さのみで刑罰をあてて10歳以下の人間でも罪が重ければ死刑を執行すべきと思いませんか?

  • 精神障害者による犯罪にどう対処したらいいでしょうか?

    私の親しい友人が被害にあって困っておりますので、代理で質問させていただきます。 今年の5月頃から、何者かが庭に侵入し、飼っている犬2匹を連れ去るという事件が数回起きました。丈夫なフェンスで庭の一部を囲い、鍵もつけていますが、鍵は破壊されました。犬は警察に保護されたり、自力で戻ってきたりしていたのですが、3日前に再び連れ去られた犬が今日、学校のプールで水死体となって発見されました。 犬が連れ去られた翌日、庭の外で張り込んでいた飼い主が、侵入してくる犯人を発見し、通報、警察が来て追跡し、取り押さえました。 が、その男は今年の2月に事故で脳を損傷した精神障害者でした。今後、両親が監督するということで無罪放免となり、被害者には加害者の名前も住所も知らせてもらえません。被害者の家には小さい子どももおり、今後の身の回りの安全も保証されず、不安です。 死んだ犬は戻ってきませんし、被害者の悲しみはたとえきれないものです。家宅侵入、器物破損の罪で精神障害者の加害者を訴えることはできないのでしょうか?(犬は血統書付きで、ペットショップより購入しました) この場合、被害者がとるべき措置はどういったものでしょう?アドバイスをよろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

一時的な心神喪失状態で交通死亡事故を起こした事例です。 刑事裁判では不起訴とされましたが、民事裁判では賠償命令が出ています。 交通事故と傷害事件では違うと思いますが、刑事裁判で不起訴となっても、民事裁判では賠償責任があると言う事例です。 理由は「自動車損害賠償補償法第3条」の適用です。 裁判所や判決年月日が必要なら補足でお知らせ下さい。 探してみます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しい中、ご回答ありがとうございました!! お礼が遅くなって申し訳ありません。 そのような事例もあるのですね!! ご親切なお言葉、ありがとうございます!! 参考にさせていただきます!! 本当にありがとうございました!!

  • 回答No.2
noname#44023

民事と刑事は全くの別物なので、刑事で無罪判決がでても、それは無実というわけではなく、民事の賠償義務が回避できたとは一概には言えません。不起訴でも同じです。請求できないというわけではありませんよ。 ただ、刑事事件での判決は大きな証拠とはなりますので、無罪判決は不利に、有罪判決は有利に働く証拠となり得ることは事実です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました!! お礼が遅くなって申し訳ありません。 今後の参考にさせていただきます!! 本当にありがとうございました!!

  • 回答No.1
  • Jun__K
  • ベストアンサー率54% (63/116)

刑事裁判と民事裁判は、基本的にまったく別物です。 刑法第39条と似た規定として、民法第712条・713条にも、責任能力を欠く者は不法行為に対する賠償責任を負わないものとされています。 ただ、刑事上の責任と民事上の責任は種類の違うものですので、それぞれ別個の法廷で審理されることになります。 そして、どちらか片方に確定判決が出たり不起訴などの処分があったりしても、他方の審理には影響しません。 民事裁判の裁判官が、原告側の挙証により被告に責任能力があると認められれば、たとえ刑法第39条で無罪になった被告に対しても、賠償責任が認められる可能性もあります。 具体例はパッと思いつきませんが、実際に、民事と刑事で異なる司法判断が出された事件もあったはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました!! お礼が遅くなって申し訳ありません。 とても分かり易く、丁寧に書いて下さって本当にありがとうございました!!助かりました!!

関連するQ&A

  • 検察や警察から被害者に加害者の処分を・・・

    加害者が公判請求されて、裁判にかけられた場合、検察とかから被害者には連絡いくのでしょうか?被害者から検察とかにきけば加害者がどうなったか教えてくれるかもしれませんが・・・ 加害者が略式起訴された場合も被害者には連絡来ないのですか? というか検察から積極的に被害者に加害者が不起訴になったとか、起訴されたとか、どんな判決が出たか教えないものなのでしょうか?被害者から尋ねない限り・・・ 警察もどうなのでしょう?警察限りの処分に加害者がなっても被害者には特に報告しないのですか?

  • 不起訴の場合に被害を主張する権利について

    被害者が被害を主張する権利について難問です。 刑事事件で加害者が不起訴の場合 被害者はどこまで被害を主張できるか? 被害者が加害者から犯罪行為を受けて告訴したが 嫌疑不十分で不起訴になった場合。 不起訴なので世間は犯罪を認識せず 犯罪者が野放しにされるという 真実と社会の決定にズレが生じる現象が起きます。 実際には犯罪行為があったので被害者は 被害認識が変わらず不起訴のあとも 犯罪行為を受けたと主張していくことになります。 しかしこの場合、被害者が犯罪を受けたという主張を 周囲の人間に話すと、加害者に対する名誉毀損になる という人がいます。 それならば被害者は誰まで どこまでしゃべってよいのでしょうか? 家族、友人、被害者と加害者の共通の知り合い。 共通の友人。どこまで喋ってよいのでしょうか? 喋れないということは被害を主張できないということで 被害者に対する不当な人権侵害です。 例えば刃物で切りつけられたのに切りつけられたと周囲に言えない。 300万円騙し取られたのに騙し取られたと周囲に言えない。 という周囲に助けを求めることができないという現象が起きます。 特に、加害者と被害者が同じ会社の上司と部下など 共通の知り合いが多数いるときにこの問題が生じます。 例えば刃物で切りつけられて、そいつが不起訴だったら 切りつけたやつと一緒に生活することになります。 民事訴訟で勝つまで切りつけられたことを 誰にもしゃべれないならそんな恐ろしいことありえない。 実際には周囲にしゃべるに決まってるし しゃべっても許されるに決まってる。 切りつけられるという傷害事件以外でも いろんな犯罪で喋っていい場合があるはずです。 不起訴の事件をどこまで誰までなら名誉毀損にならずに 被害を受けたことをしゃべることができますか? この問題をどう考えますか?

  • 不起訴の場合に被害を主張する権利について

    被害者が被害を主張する権利について難問です。 刑事事件で加害者が不起訴の場合 被害者はどこまで被害を主張できるか? 被害者が加害者から犯罪行為を受けて告訴したが 嫌疑不十分で不起訴になった場合。 不起訴なので世間は犯罪を認識せず 犯罪者が野放しにされるという 真実と社会の決定にズレが生じる現象が起きます。 実際には犯罪行為があったので被害者は 被害認識が変わらず不起訴のあとも 犯罪行為を受けたと主張していくことになります。 しかしこの場合、被害者が犯罪を受けたという主張を 周囲の人間に話すと、加害者に対する名誉毀損になる という人がいます。 それならば被害者は誰まで どこまでしゃべってよいのでしょうか? 家族、友人、被害者と加害者の共通の知り合い。 共通の友人。どこまで喋ってよいのでしょうか? 喋れないということは被害を主張できないということで 被害者に対する不当な人権侵害です。 例えば刃物で切りつけられたのに切りつけられたと周囲に言えない。 300万円騙し取られたのに騙し取られたと周囲に言えない。 という周囲に助けを求めることができないという現象が起きます。 特に、加害者と被害者が同じ会社の上司と部下など 共通の知り合いが多数いるときにこの問題が生じます。 例えば刃物で切りつけられて、そいつが不起訴だったら 切りつけたやつと一緒に生活することになります。 民事訴訟で勝つまで切りつけられたことを 誰にもしゃべれないならそんな恐ろしいことありえない。 実際には周囲にしゃべるに決まってるし しゃべっても許されるに決まってる。 切りつけられるという傷害事件以外でも いろんな犯罪で喋っていい場合があるはずです。 不起訴の事件をどこまで誰までなら名誉毀損にならずに 被害を受けたことをしゃべることができますか? この問題をどう考えますか?

  • 「刑法39条」と「裁判を受ける権利」

     私は精神科医(精神保健指定医)です。  皆さんご存じの通り、刑法39条第1項「心神喪失者の行為は、罰しない。」に基づき、精神分裂病の病気に基づく触法行為は起訴されません。(起訴されずに精神保健福祉法に基づく措置入院の必要があるか精神保健指定医2名の診察が行われます。)  ところが、最近、障害者団体などから、「精神障害者にも裁判を受ける権利がある。精神科医でなく、裁判長に裁かれたい。」という議論が出ております。    私は「裁判を受ける権利」とは、「裁判を受けることなく有罪とはされない権利」と解釈しています。  また、起訴するかどうかは、検事の裁量と考えています。  そこで、法律にお詳しい方にお尋ねします。 1.触法行為をした心神喪失者が起訴を望んでいる場合や、裁判を受ける権利を主張している場合、どう説明すべきものでしょうか? 2.起訴前簡易鑑定を翻して、下記のように検事が起訴・不起訴の決定をすることは現実にあるのでしょうか?  (1)心神喪失による責任無能力でなく、心神耗弱で限定責任能力あるいは完全責任能力を認める鑑定結果でも、検事の裁量で不起訴にする。  (2)逆に、簡易鑑定で心神喪失による責任無能力でも検察の裁量で起訴に踏み切る。 3.不起訴の場合、検察は被疑者に不起訴の通知をすることになっていると思いますが、不起訴理由を述べる義務はあるのでしょうか?実際に触法時心神喪失の被疑者が不起訴処分に関して「何で起訴してくれないんだ?」と質問した場合の検察側の対応はどうなってますでしょうか? 4.被疑者自身が不起訴処分不服の申し立てはできるのでしょうか? 5.裁判を受ける権利とは、「裁判を受けずに有罪となることのない権利」以外の意味はあるのでしょうか? 6.不起訴処分の被疑者が「裁判を受ける権利がある」というのは、法的にいかがなものでしょうか?  

  • 心神喪失って?

    よく、殺人事件が起きても 加害者が心神喪失に認定されると 刑が軽減されたり免除されたりしますが、これって 遺族には到底納得できないと思うんですが、どうして 日本の法律は 心神喪失者には甘いんですか?

  • なぜ、14歳以下と心神喪失者は何の罰も受けないの!?

    タイトル通りですが、なぜ14歳以下や心神喪失の人間は殺人や強盗殺人などのどんな重大事件を犯しても何の罰も受けずに普通の人と同じような生活ができるんですか?亡くなられた方の遺族の方も加害者が未成年や心神喪失が理由で何の罰も受けないは納得がいかないと思うし、一般人が1人殺しただけでも死刑になるときがあるのに心神喪失や未成年の場合は10人殺しても不処分になるのはおかしいと思います。皆さんはどう思いますか?

  • 裁判での弁護側の「心神喪失」の多用

    既に出ているかもしれませが、凶悪な殺人事件の裁判で、計画的に凶器を用意したり、被害者宅への進入路を調べたりと、実に冷静に犯行を練っていることが証拠によって明らかなのに、弁護側は「被告は心神喪失状態で、責任能力がなかったので、無罪」を主張することがありますが、なぜですか。また、とんでもないへ理屈をこねるのはなぜですか。弁護士の人、教えてください。

  • 傷害で

     加害者が泥酔状態で、かつ経済力が乏しい場合、損害賠償はどこまで可能なのでしょうか  酔っ払いに絡まれたわたしをかばい、知人がその男に殴られて怪我をしました。自腹で支払えば、治療に70~80万はかかる怪我です。その他、何度も多少強い蹴りを入れられています。私たちが、加害者に対し害を加えたということは、決してありません。私たち被害者側はともに20代の女性です。  遊びの帰りであるため、労災はおりません。また保健は社会保健のみ(健保、厚生年金)です  こちらがわの弁護士は、心神喪失により不起訴になる可能性が強い、またたとえ裁判になったとしても、支払い能力がなければ損害賠償は求められないとおっしゃっていました    質問  何をもってして支払い能力と言うのでしょう? 男はいわゆるガテン系の仕事に勤めており(正社員として雇用が保証されているのか、数ヶ月または数年で辞めねばならないのかはわかりません)配偶者や子供はおらず(これも、別離か、結婚したことがないのかわかりません)、母親がいるそうです。母親は『酔うと暴力をふるう』と言っていたそうです。  加害者が心神喪失、または経済的に困窮している場合で かつ被害者にも治療費などの支払い能力がない場合、かつ国や自治体からの援助を受けれないことが確実で、かつ保健が下りない場合、どうなるのでしょうか  加害者から損害賠償を得られない場合、ほかにお金を工面する方法はあるのでしょうか(消費者金融や正式な銀行、その他金融機関などから借りることは省きます。  抽象的な質問で申し訳ありません。ご不明な点ありましたら、補足要求をお願いいたします

  • 傷害事件の起訴の流れ

    被害者が告訴状を提出して書類送検された傷害事件に関する質問です。被害者は近日中に検察庁に呼ばれることが決定しています。担当検事が起訴もしくは不起訴を決めるのは具体的にいつなのでしょうか?被害者の取り調べの直後ですか?被害者の取り調べのあとで在宅中の加害者の取り調べが行われるのですか?もし、加害者の取り調べが今後あるとすれば、略式起訴を含め起訴・不起訴はその取り調べの日に加害者に通告されるのですか?それとも起訴・不起訴の決定までにそれから幾日か時間が置かれるのですか?

  • 冤罪や心神喪失でも、無罪になる可能性はどれぐらいですか?

    冤罪や心神喪失でも、無罪になる可能性はどれぐらいですか? また、無罪になったとしても国から損害賠償をどれぐらい取れるんですか?