• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

仮定法 条件節

仮定法の場合、条件節はif...過去形動詞、帰結節は過去形助動詞,,,と説明されており文法書みても例文は全てそうなってるのですが、で、次の文の場合は正しいのでしょうか?あるいは仮定法ではないのでしょうか? 足が悪くもう治らないという設定で ”もし交換することが可能だったなら、交換するのに” If i could change my leg,i would change it. 条件節にも助動詞は使えますか?

noname#59497
noname#59497

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数295
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

if 節にも助動詞がくることはあります。 「もし~できるなら」なら「できる」の意味で can の過去形 could がきます。 他にも,「~する意志がある」という意志を表す will(単なる未来指標の will ではありません)を過去形にして, if S would ~とすると, 「もし~してくださるなら」となります。 また,「万一~するならば」の場合, if S should ~となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 文法書にも1文でも載っててほしかったです。 (旺文社のロイヤル英文法)

関連するQ&A

  • 仮定法の帰結節で

    仮定法のIfではなく、帰結節では、100%助動詞の過去形が使われますか?例外はありませんか?また、もしそうなら、どうして助動詞が使われるのでしょうか?

  • 仮定法の帰結節

    Even if they objected, I would carry out my plan. という文で条件節は現実と反対のことを言っていますが、帰結節は現実と反対のことではありません。 If I knew the truth, I would tell it to you. では、条件節も帰結節も現実とは反対のことです。 このような違いはどうして生まれるのでしょうか? even if になった場合だけ帰結節が現実のことで、その他はすべて現実と反対と思っていいのでしょうか?

  • 仮定法のなぜ

    たとえば、 If I had more money, I could buy a car. というように、典型的には、仮定法の文では、条件節は、助動詞がなく、主節には助動詞があります。もちろん、条件節に助動詞がある場合もありますが、主節には必ず(ほとんど)助動詞が現れるような気がします。これはどうしてなのでしょうか? ま、if 節で条件を出して、その条件なら、こうこうだろうと推測するので、助動詞が出てくるのだとは思いますが。

  • 仮定法の帰結節と should have pp

    I should have studied harder. という文がありますが、これは、仮定法の帰結節が独立したものと考えてもいいでしょうか? If you had had time, you should have studied harder. などのように。 また、助動詞の過去形+have 過去分詞は他にもありますが、すべて仮定法の帰結節だと考えて構わないでしょうか?

  • 仮定法について質問です

    仮定法について質問です It would be nice if you could help me with my luggage.という分でなぜcouldを使うのでしょうか? 仮定法過去ならIf S 動詞の過去,S could 動詞の原形ではないのでしょうか? なぜif節のところにcouldがくるんですか?

  • 仮定法未来と条件節のIfの違いがわからない

    英語の文法について質問です。 仮定法未来と、条件節のifの使い方の違いが分かりません。どんな時に使えばよいのか…。 If S should~のときは実現可能性が1%程度(ほぼあり得ない)のときに使いますが、If S were to~のときに混乱してしまいます。were toでは実現可能性は考慮せずに「とりあえず、もし~としたら…」ということを言っているのですよね?それでしたら、条件節のifの文と、伝える趣旨は何ら変わりないように思えるのですが… 例えば、 If you were to win the lottery, what would you buy with the money? 「宝くじに当たったら、そのお金で何を買う?」 If he were to do so, I would be angry. 「もし彼がそんなことをしたら、私は怒るだろう」 こちらが仮定法未来(条件節にwere to、主節に助動詞の過去形)で、 If it rains tomorrow, I will stay at home. 「もし雨が降ったら、私は家にいるよ」 If I need any help, I'll call you. 「助けが必要な場合は、あなたに電話をするよ」 こちらが条件節。 この使い分けはどういったものなのでしょうか?どちらの用法も使えるといったことはないのですか? 条件節を用いた場合は、「その条件のときには必ず○○する」といった意味合いなのでしょうか……? 分かる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

  • 仮定法って?Would you ...

    初心者です。宜しくお願い致します。 たとえばWould you repeat it?とあればwouldなら丁寧な言い方だよ。とよく聞きますが何故過去形なら丁寧なのか全く不明でしたが仮定法なのかと気付きました。でこの場合は条件節が省略ということなのですか?仮定法過去の場合、現在の事実と反することを仮定し”もし~だったら~だったのに”とあるのですがこの場合条件節はどうなるのでしょうか?If you did not mind it,でもありえますか?であれば意味としては”もしいやでなかったんなら繰り返してくれてるでしょうか?”--->”実際いやだったでしょうが繰り返してはくれないでしょうね?”となるのでしょうか?つまり帰結節は実際と逆になると理解してればよいのでしょうか。

  • 仮定法の条件節で、unlessが使われてる文

    仮定法の条件節で、unlessが使われている文について質問です。 仮定法の条件節が「unless it were 」ではあるのは分かりますが、帰結節の「he was-」は助動詞の過去形が使われていないので、直説法として理解しても差し支えはないでしょうか? I think he was a man of too high a character to have told it to me <unless it were true>. 彼はあまりにも崇高な人柄であったので、もし真実でなければ、私にそれを話さなかったと思う。

  • 仮定法の問題で質問です

    センターの問題より If I hadn't broken up with Hannah last month,I would have been going out with her for two years. 訳:もし先月ハンナと別れていなければ、今頃は付き合って二年になっていたのに。 とありました。 昔~だったら 今~だろう という形の文では 条件節が仮定法過去完了、帰結節が仮定法過去とかって習ったのですが 訳から見るとこの文もその形に当てはまるようにみえるのに、 条件節も帰結節も仮定法過去完了を使っているのはなんででしょうか? よろしくお願いします

  • 直説法と仮定法のそれぞれの節についての名称

    Aの文 If it is fine tomorrow(1),I will go hiking(2). Bの文 If it were fine today(3),I would go hiking(4). の二つの文について教えてください。Bの文は「仮定法過去の文」で、(3)は「仮定法過去用法の条件節」と呼び、(4)は「仮定法過去用法の帰結節」と、以前教えていただいたことによりそうだと思います。 Aの文は自分の文法書では直説法と書いてあったのですが、(1)の節は「直説法現在用法の条件節」、(2)の節は「直説法未来用法の帰結節???」でしょうか?それともAの文は仮定法ではなく直説法だから(1)は「直説法現在」、(2)は「直説法未来」なのでしょうか?またAの文全体としては「直説法現在の文」、もしくは「直説法未来の文」どちらかでしょうか? 文法書、ネットなどいろいろ調べるうちに直説法と仮定法についてようやく分かりかけてきたのですが、上記については分けて説明してあるのがなかなかなく、自分一人ではハッキリとしないです。 この件とまた知っておいたらいい補足知識等があれば教えていただけると有難いです。よろしくお願いします。