-PR-
締切済み

リカバリーCDの全ての内容とWinNTを共存したい

  • すぐに回答を!
  • 質問No.34690
  • 閲覧数24
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

前回と同じような質問ですが、私の質問の仕方がうまくなかったので、
もう一度質問します。
SONYのVAIOのデスクトップ(今一番売れている大きいやつ)ですが、
それについているリカバリーCDではWinMeのみはインストールできません。
前回の回答でWinMeのみは取り出せて単体でインストールできると
あったのですが、付属しているアプリケーションも全て使用したいのです。
私の最終形態の希望は、リカバリーCDの全てのソフトが使用でき、
かつWinNT4が使用できる環境にしたいのです。
パーティションマジックで色々やっているのですが、
HDDの先頭のWinMeのFAT32を後方にずらして、
空いたHDDの先頭にFATを作成し、
そこにWinNT4をインストールしようと考えているのですが、
FATを作成しようとするところで、
黒い画面でパーティション操作中にエラーになるので、
できません。
だれか、教えて下さい!
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 25% (873/3452)

遅くなりました。
色々考えていたんですが、Win2kじゃ駄目ですか?
自分もWinNT4いじっていた頃、FAT32に悩まされていたんですよね。
やはり4でないと駄目でしょうか。

marimo_cx
お礼コメント
noname#797

ついに出来ました。
まず、パーティーションマジックの使用方法が間違っていました。
緊急用ディスクというのを作成するのですが、
それから起動しなければいけないのでした。
と、言うことで、パーティションが綺麗に切れました。
1.2GB FAT
2.5GB FAT32
3.2GB NTFS
4.20GB位 FAT32
始めは2にリカバリーCDでWinMeとその他のソフトをインストールしておいて、
上記のようにパーティションを切りました。
そして1にWinNT4をインストールすることが出来ました。
まだ、インストールしただけなので、安定稼動するか分かりませんが、
これでヨシとすることにします。
回答、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-05 11:27:13


  • 回答No.1

制限があります。
Windows Meのブートパーティションは2GB以前になければいけません。
これはMS-DOSの制限で、Win98でも同様のことがいえます。

即ち、
Part1 WinNT 4GB
Part2 WindowsMe 3GB

というのはできない、ということです。

おそらくパーティションは2GB以上をお作りになると思いますので、最
初にMeを持ってくるべきでしょう。その次のパーティションにWinNTを
入れる必要があります。また、WinNTは先頭から8GB未満のパーティシ
ョンに入れたほうがいいので、ご利用は計画的に。(^^;)
お礼コメント
noname#797

ついに出来ました。
まず、パーティーションマジックの使用方法が間違っていました。
緊急用ディスクというのを作成するのですが、
それから起動しなければいけないのでした。
と、言うことで、パーティションが綺麗に切れました。
1.2GB FAT
2.5GB FAT32
3.2GB NTFS
4.20GB位 FAT32
始めは2にリカバリーCDでWinMeとその他のソフトをインストールしておいて、
上記のようにパーティションを切りました。
そして1にWinNT4をインストールすることが出来ました。
まだ、インストールしただけなので、安定稼動するか分かりませんが、
これでヨシとすることにします。
回答、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-05 11:29:59
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ