• 締切済み
  • すぐに回答を!

隣家との境界線

現在土地を購入し、住宅新築に着工したところですが、その土地の隣地もほぼ同時期に売却され、一足先に住宅建築が始まっている状況です。 私が建築会社から聞いたところでは、民放234条の規定により、建物の外壁が隣地との境界線から50cm以上離れている必要があり、それを切って建築する場合相手方の同意が必要であるとのことでした。 したがって、私はその規定を守って設計をいたしました。 しかしながら、先方は私の同意なしに、境界から50cmを切った所(約35cm)に建築しいる状況です。 私が土地を購入した不動産業者によると(当方も先方も同一の不動産業者から土地を購入しました)、先方に民法の規定を守っていない旨を伝えたところ、先方の建築業者から、建築基準法の規定は守っているので問題ない、との回答があったので先方も着工に同意したとのことです。 建築基準法で関連する条項といえば、第65条だと思いますが、この条項については、防火若しくは準防火地域において、耐火構造の外壁を持つ建築物であれば、民法234条の適用は除外され、建築基準法65条が優先されるとの最高裁判例があるのも了解しております。 私が建築を依頼している建築業者によれば、視認したとろでは木造3階建てであり、この場合まず耐火構造を持つものとして認定されることは無いとのことです。 この場合、当方から、建築の中止・変更なり、賠償なり、何らかの主張をすることは可能なのかどうか教えていただければと思います。 また、先方の建物が耐火構造かどうか調べる方法があれば教えていただけないでしょうか。 なお、私の所有する土地は準防火地域指定となっています。(先方も同様です。)   よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数237
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

>建築する場合相手方の同意が必要であるとのことでした。 >先方は私の同意なしに、境界から50cmを切った所(約35cm)に建築しいる状況です。 建築基準法では隣地同意は必要ありません。 >先方の建物が耐火構造かどうか調べる方法があれば教えていただけないでしょうか。 建築確認概要書の閲覧制度です。 確認表示板の確認番号、日付を控えて閲覧しましょう。 http://www.city.higashiosaka.osaka.jp/160/160040/kenntiku/kakuninn2.html >私が建築会社から聞いたところでは、民放234条の規定により、建物の外壁が隣地との境界線から50cm以上離れている必要があり、それを切って建築する場合相手方の同意が必要であるとのことでした。 無責任は発言です。 >建築の中止・変更なり、賠償なり、何らかの主張をすることは可能 相隣関係 http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kenchiku/guide3/guide3.htm#境界付近の建築 どこでもよーく有る話です。 行政は民事介入しませんので、結局は弁護士との相談です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 建築確認概要書の閲覧に行ってみようと思います。

関連するQ&A

  • 隣地境界の例外について

    民法上隣地境界から50cm離して建築をしなくてはいけないという事ですが、「防火地域」または「準防火地域」で外壁が耐火構造となっている場合は例外とされるとあります。 この場合の耐火構造とは、防火サイディングサイディングも含まれるのでしょうか? また、屋根部分の構造に条件はあるのでしょうか? 東京23区内での規定を調べております。 よろしくお願いします。

  • 吹き抜け部分の防火区画

    建物の設計をしているものですが、最近の建築基準法の改正で不明な点があるのでよく知っている方がいらっしゃれば教えてください。 建築基準法施行令112条は防火区画を規定している部分ですが、その第9項は、いわゆる「竪穴区画」を規定している部分と思われます。 従来(2年くらい前まで)は、この第9項の規定に抵触するのは、建物の主要構造部を耐火構造または準耐火構造とした建物でしたが、法改正の行われた現在では、主要構造部を準耐火構造とした建築物だけとなっています。 ということは、主要構造部が準耐火構造ではない耐火構造の建物や木造の建物などは、この第9項を無視しても良いということなのでしょうか?

  • 隣地境界50cmについて

    住宅の新築を検討しております。 場所は近隣商業地域の準防火地区です。建築予定地の隣は駐車場で現在は建物は建っておりません。 こちらでもいくつか質問が出ていて参考にさせて頂きましたが、まだ分からないことがあり質問させて頂きます。 民法で50cm以上離すことと決められてはいるものの、準防火地域に耐火構造壁であれば建築出来るという建築基準法が優先されると理解しました。 仮に当方が50cm離して建てたとしても、今後隣地に50cm未満で建てられそうになった際に50cm離すように要求できない(要求しても棄却される)ということでしょうか? 相手に要求できるようであれば、当方も50cm離して隣地環境を確保したいのですが、後々隣地が無視して建つようなら、当方も割り切った建て方をして面積を確保する方向を検討した方が良いかと思っています。 アドバイス頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • shippo
  • ベストアンサー率38% (1216/3175)

準防火地域であれば木造3階建てでも準耐火仕様の建築も可能です。 http://www.house-support.net/tisiki/youtotiiki.htm#02 また、下記のような耐火構造をもつ家もありますよ。 http://www.mitsuihome.co.jp/technology/mokuzou/index.html その施工主がどの設計会社、施行会社を利用しているかわかりませんが、役所などに出された建築確認の書類などを確認してみてもいいのかもしれないですね。 http://www.house-support.net/topix/kakunin.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがあとうございました。 参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 鉄骨階段を耐火構造物に

    東京都内、防火地域で、2階建て、準耐火木造です。隣地離れの承諾が得られないため、鉄骨階段でどうにかしようと悩んでおります。境界10cmの設置で考えています。 1、防火地域または準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。とあり、鉄骨階段を耐火被覆すれば耐火構造物としてみとめられるのでしょうか。90センチ内側の外壁は準耐火です。下は空洞にする予定です。外壁が準耐火(木造)ではだめですか。 それとも、屋外、鉄骨階段は付属物であれば、被覆する必要はないのでしょか。境界に近づけて設置可能でしょうか。

  • ミサワホーム中国は建築基準法の第何条何項の違反をし

    ミサワホーム中国は建築基準法の第何条何項の違反をしたのか教えてください。 ミサワホームの石膏ボードの取り付け忘れが建築基準法違反だと報道されていましたが、石膏ボードの取り付けをしていなかった場合は建築基準法のどの部分に法律違反として接触するのでしょうか? 耐火構造ですか?防火構造ですか?不燃材料を使用していないというところで引っかかんでしょうか? 建築基準法を満たしていないのでミサワホームの住宅が建築物と満たされないというのは建築基準法を読んだら分かりましたがどの部分に抵触したのか分かりませんでした。 建築基準関係規定ってなんでしょう? 建築基準法以外に建築系の法律って別にあるんでしょうか? ミサワホーム中国は建築基準法の第何条何項の違反をしたのか教えてください。 建築基準法のリンクを貼っておきます。 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO201.html

  • 基準法第65条の外壁が耐火構造のものとは

    よく言われる、民法234条と建基法65条ですが その内容と判例はわかっておりますが この建基法の65条にある「外壁が耐火構造のもの」と言うのはどういうことを意味するのでしょうか? ここで言う外壁耐火構造は素直に読み取ると外壁のみが耐火構造であればいいのかなとも読み取れます。 例えば木造でも在来だと現在耐火建築物は不可(2×4は可?)だと思いますが 65条の文面だけでは建物自体は準耐火構造でも、民法234条に干渉する隣地境界から 50cmにあたる部分のみALC等の耐火外壁仕上げにすれば満足するのではないかとも読み取れるのですが。 もし外壁材のみの耐火構造材で可能なら、例えばサイディング50mm厚等で木造用の耐火外壁材の認定品を作れば世間で問題となる都市部の準防火地域内で50cm離隔を気にしなくてもよくなるのではと思うのですが。

  • 建築基準法令112条1項について

    防火区画について教えてください。 第112条 1項 主要構造部を耐火構造とした建築物又は法第2条第9号の3イ若しくはロのいずれかに該当する建築物(準耐火建築物) とありますが、2項3項で、第1項の規定にかかわらず、準耐火建築物はこれに該当する という”打ち消し”が書かれています。 1項に該当する準耐火建築物は存在するのでしょうか? お詳しい方お教えください。よろしくお願いします

  • 「防火区画」に関して

    初めて質問させていただきます。 現在 独学で、二級建築士の試験合格に向けて勉強中なのですが、 問題を解いていて 疑問に思ったことがあるので、質問させていただきたいと思います。 建築基準法施行令 112条9項の「主要構造部を準耐火構造とし・・」という部分なのですが、 これは「準耐火構造のものだけ」なのでしょうか?それとも、「耐火構造を含む」のでしょうか? 問題は、「耐火建築物である展示場の吹き抜けは防火区画をしなければならない」(地下街の各構え という指定は無い)というような項目なのですが、 解答・解説を見ると「令112条9項により、正しい」となっています。 しかし、令文には「準耐火構造とし・・」となっています。 (平成16年10月27日改正の 基準法令を見ています) 令112条9項は、準耐火構造の建物のみに適用されるものなのだと思ったのですが、 正しい法の解釈は どうなのでしょうか? 教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 延床面積500m2以上の共同住宅は?

    用途地域、防火地域共に、指定なしの地域内に延床面積500m2以上の共同住宅を建設した場合、準耐火建築物としなければならないのでしょうか? 建築基準法 第62条では「準防火地域内においては」となっているのですが、用途も防火も指定なしの地域ではどうなのでしょうか?

  • 敷地境界線 道路境界線

    敷地境界線、道路境界線の明示をせずに建築をおこなうことはできますか? 隣地と仲が悪く、敷地境界や道路境界の明示ができない建築主から、測量図をもらいました。測量事務所によれば、建築主指示のポイントを測量したとのことです。このような測量図を基に建築設計をおこなうことはできるでしょうか? 私法上の敷地は、土地所有などの権利や土地登記簿などの筆界と必ずしも一致するものではないこと、建築基準法の敷地とはまったく別の扱いだとは認識していますが、今回のような根拠のない(建築主が指示して作成した)測量図で、建築法規をあてはめて設計しても問題がないのかどうか知りたいです。 また、このようなケースで設計をおこなう場合の必要な作業などを教えて頂きたいです。 宜しくお願いします。

  • 耐火建築物の防火設備(内装ドア)について

    今、RC4階建てを準防火地域に建築中です。 建築基準法で階段に接するドアは防火戸にしなければんらない、となっていると言われています。 階段の「構造耐力上支障のある変形など損傷を生じない加熱時間の規定」では30分となっていますね。 防火戸にも防火設備と特定防火設備とがあるようですが 私の家の場合だとどちらのドアを選ばなければならないのでしょうか。 建築に関する決まりはたくさんあって、本当に建築に携わる方は大変ですね・・・。

  • 境界線のごく近傍に隣家の建物が出現

    我が敷地の北側境界線から25cmほどの位置に隣家の壁面と窓が我が家の北側の窓に面して立ち塞ぐ格好になりました。それによる被害の一つとして、我が家の北側の窓の一つはカーテンで閉め切る事になりました。 民法第234条には離隔距離の規定と規定を犯す場合は事前に相手側の承諾が必要とうたわれている事を事後になって他の第3者から知らされました。 離隔距離は民法の規定を明らかに犯しており、尚且つ事前こちらの承諾を得るためのアクションや挨拶は一切ありませんでした。 立地条件としては防火あるいは準防火の地域ではないので建築基準法の境界線に接近しても差し支えないとか言う条項は当てはまらず、民法が優先するものと理解しています。 そこで、下記について識者のアドバイスをお伺い出来れば幸いです、宜しくお願い致します。 1:民法が優先すると言う理解は正しいでしょうか? 2:請負建築会社或いは隣家は離隔距離と事前承諾し と言う点で民法の定めを犯していると判断出来るでしょうか? 3:事後であっても建築を請け負った建築会社にクレイムを付けるべきでしょうか?こちらが申し入れなければダンマリを決め込む積りのようです。 4:建物は既に完成しているので民法に従うとしても取り壊しや位置変更は無理で損害賠償は請求出来ると言う理解は正しいでしょうか? 5:相手の非を咎める為に考えられる対応策に苦慮していますが、例えば一筆入れさせるならどのような内容が宜しいのか?加えて損害賠償させるならどのようなペナルティを請求するのが妥当か?名案を思いつきません。具体案をアドバイス頂ければ幸いです。

  • 建築基準法-準耐火構造は、耐火構造を含むか?

    98年の法令集には、 「耐火構造もしくは、準耐火構造であるか、又は~」 と書かれていたトコロが、 2001年度版には、 「準耐火構造であるか、又は~」 となっています。 条文で書かれいている準耐火構造は、耐火構造を含むか? (例) 建築基準法施工令120条の歩行距離の算定の条文です。 規制緩和によって、耐火構造は適用から除外されると考え、 「準耐以外」の数字をあてはめるのは、少しおかしくなります。 準耐→50m 準耐以外→30m 燃えやすい建物(準耐以外)の場合、歩行距離を短くして安全側に持っていくというのは、 解りますが、準耐より厳しい耐火構造まで、準耐以外として厳しくするのはおかしいです。 今まで書かれていた物が、なくなったと言うことは、準耐限定? 耐火と言えば、準耐火以上の能力を持っているので、準耐は耐火を含むと考えますが、それは私の推測です。 条文の解釈について、告示とか関連条文ありませんか? 常識として考えなければいけないとしたら、どっち?

専門家に質問してみよう