• ベストアンサー
  • 困ってます

境界線のごく近傍に隣家の建物が出現

我が敷地の北側境界線から25cmほどの位置に隣家の壁面と窓が我が家の北側の窓に面して立ち塞ぐ格好になりました。それによる被害の一つとして、我が家の北側の窓の一つはカーテンで閉め切る事になりました。 民法第234条には離隔距離の規定と規定を犯す場合は事前に相手側の承諾が必要とうたわれている事を事後になって他の第3者から知らされました。 離隔距離は民法の規定を明らかに犯しており、尚且つ事前こちらの承諾を得るためのアクションや挨拶は一切ありませんでした。 立地条件としては防火あるいは準防火の地域ではないので建築基準法の境界線に接近しても差し支えないとか言う条項は当てはまらず、民法が優先するものと理解しています。 そこで、下記について識者のアドバイスをお伺い出来れば幸いです、宜しくお願い致します。 1:民法が優先すると言う理解は正しいでしょうか? 2:請負建築会社或いは隣家は離隔距離と事前承諾し と言う点で民法の定めを犯していると判断出来るでしょうか? 3:事後であっても建築を請け負った建築会社にクレイムを付けるべきでしょうか?こちらが申し入れなければダンマリを決め込む積りのようです。 4:建物は既に完成しているので民法に従うとしても取り壊しや位置変更は無理で損害賠償は請求出来ると言う理解は正しいでしょうか? 5:相手の非を咎める為に考えられる対応策に苦慮していますが、例えば一筆入れさせるならどのような内容が宜しいのか?加えて損害賠償させるならどのようなペナルティを請求するのが妥当か?名案を思いつきません。具体案をアドバイス頂ければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数508
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>1:民法が優先すると言う理解は正しいでしょうか? そう理解してもかまいませんが、民法では地域の習慣として境界線近くに建築する習慣があれば50cmの規定よりも優先するとなっていますので、それがどうなのかですね。 >2:請負建築会社或いは隣家は離隔距離と事前承諾し と言う点で民法の定めを犯していると判断出来るでしょうか? いえ、少し勘違いされています。事前に承諾が要るとかそういう話ではないです。 あと民法の定めというのは絶対のものでもありません。だから従わなくてもなんのお咎めもないのです。 あくまで隣人は相手に対して50cm以上離すように要求できるという権利を認めているだけです。 >3:事後であっても建築を請け負った建築会社にクレイムを付けるべきでしょうか? 建築会社にクレームをいっても仕方ないですね。相手にもされませんし、法的根拠もないです。 >4:取り壊しや位置変更は無理で損害賠償は請求出来ると言う理解は正しいでしょうか? そうですね。 ただ今まで何も言わなかったのに急に言うというのが果たしてどれだけ通用するのかはわかりません。 >5:相手の非を咎める為に考えられる対応策に苦慮していますが、 相手に非があるとまではいえません。 >加えて損害賠償させるならどのようなペナルティを請求するのが妥当か? なんともいえません。何を持って実害とするのかですね。懲罰的損害賠償は日本では認められないので、実損害額を考えるしかありません。 ところでご質問者のその北側の窓から境界線まではどの位離れていますか?水平距離にして1m以上ありますか? それだけあれば、その相手の窓は敷地境界線から1mないのはご質問から明らかですから窓に目隠しを要求したらどうですか? ただこちらも1mなければ同じように要求されますけど。 民法では、 第235条 境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。 2 前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する。 となっています。ちなみにこちらの規定も地域の習慣があればそちらが優先します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

walkingdic さま 早速に有益なアドバイスを有難うございました。

関連するQ&A

  • 民法第234条第1項の境界線について50以上ですか?

    横浜の住人ですが民法第234条第1項の境界線 付近の建築制限の規定を詳しく教えてください。 当方の敷地北側に1.95mの擁壁を作り宅地造成の予定があります。 当境界より40cmの離隔しか離れていません。よって上記234条第1項により50cm以上離隔を取らなければ違法ではないのですか。建物の解釈が擁壁も当たるかが、分かりませんので教えてください。

  • 隣家との境界線

    現在土地を購入し、住宅新築に着工したところですが、その土地の隣地もほぼ同時期に売却され、一足先に住宅建築が始まっている状況です。 私が建築会社から聞いたところでは、民放234条の規定により、建物の外壁が隣地との境界線から50cm以上離れている必要があり、それを切って建築する場合相手方の同意が必要であるとのことでした。 したがって、私はその規定を守って設計をいたしました。 しかしながら、先方は私の同意なしに、境界から50cmを切った所(約35cm)に建築しいる状況です。 私が土地を購入した不動産業者によると(当方も先方も同一の不動産業者から土地を購入しました)、先方に民法の規定を守っていない旨を伝えたところ、先方の建築業者から、建築基準法の規定は守っているので問題ない、との回答があったので先方も着工に同意したとのことです。 建築基準法で関連する条項といえば、第65条だと思いますが、この条項については、防火若しくは準防火地域において、耐火構造の外壁を持つ建築物であれば、民法234条の適用は除外され、建築基準法65条が優先されるとの最高裁判例があるのも了解しております。 私が建築を依頼している建築業者によれば、視認したとろでは木造3階建てであり、この場合まず耐火構造を持つものとして認定されることは無いとのことです。 この場合、当方から、建築の中止・変更なり、賠償なり、何らかの主張をすることは可能なのかどうか教えていただければと思います。 また、先方の建物が耐火構造かどうか調べる方法があれば教えていただけないでしょうか。 なお、私の所有する土地は準防火地域指定となっています。(先方も同様です。)   よろしくお願いいたします。

  • 隣家へ目隠しをお願いできるのでしょうか

    おしえてください。 一昨年前に家を建てましたが、住んでみて隣家のリビングの窓からの視線が気になるようになり、家の中にいるときや、庭にいるときに見られてるように感じるので、目隠しフェンスを設置しようかと考えてます。 しかし、民法第235条 境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。 2 前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する。 第236条(境界線付近の建築に関する慣習) 前2条の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。とあります。 隣家は境界から1mのところに家を建てており、リビングの出窓は1m未満となります。なので隣家に目隠しをお願いしようかと思うのですが、236条に前2条の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。とあります。私の住んでいるところは新興住宅地で街づくり規約というものがあり、建築基準法の床面積に含まれない出窓は1m以上あけなくてもよいという一文が入っています。隣家の出窓が床面積に含まれているのかどうかは分かりませんが、これが慣習というものなのでしょうか? 法的にこの街づくり規約は効力があるものなのでしょうか?隣家に目隠しを要求することは可能でしょうか? よろしくお願いします。   

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

難しい問題ですね。 民法は、基本的に「これに違反しているから是正しなさい」とか「違反だから罰金を払いなさい」という法律では有りませんので。 完成後は損害賠償請求が認められますが、損害が有るだけではダメで、それが受忍限度を超えるか否かで、損害賠償がされるかされないかが決まります。 (今回の場合、確かに損害はある(PYPEさんの家の窓が、常時カーテンを引いておかなければならない状況になった)のでしょうが、それが受忍限度を超えていると判断されるか否かが問題になります。正直なところ、受忍限度を超えていると認められる可能性は低いと思います。) 状況を知る手段が文面しか有りませんので、断定はできませんが、損害賠償などは難しいと思われます。 補足ですが、「民法第234条には離隔距離の規定と規定を犯す場合は事前に相手側の承諾が必要とうたわれている」とありますが、私の知る限り、民法ではそのような事前通知の義務までは定められていません。 相手側に知らせる義務まではないので、こちらが気づいて対処しなければならないと認識しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kkknagisa さま 早速に有益な助言を有難うございました。ご指摘のとおり難しい問題なんですね。

関連するQ&A

  • 隣家とのカーポートについて(境界線)

    2年前に中古住宅を購入し現在に至るのですが、隣人に雨が降るとカーポートの屋根から流れてこっちにくると言われました。 カーポートの柱は境界線をはみ出しているわけではなく、屋根も家の土地(境界線内)です。とりあえず雨が入るのはまずいと思ったので、 波板を切って隣人の方へ入らないようしました。 しかし、隣人は越した時からあるカーポートの柱をどけろといってきました。それどころかカーポートの裏側(フェンスとカーポートの柱の間)に 目隠しでついている波板を空気の流れが悪くなると言ってそれもどける要因だといっています。 ちなみに隣家との間に低いブロック塀の上にフェンスがあり、そこのぎりぎりにカーポートの柱がありますが境界線を越えていません。 越して来た時にすでにあった物なのに、どけなくてはいけないのでしょうか? 民法 第234条 では建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離となっていますが、 カーポートの柱は建物として考えるのでしょうか? もし、もめて民事裁判になったら負けてしまうのでしょうか?

  • 境界から軒までの距離について

    隣の家が建築中なのですが、軒の長さが結構長くて、 拙宅との境界から50センチ未満になっているように 見えます。壁面は1メートル開いています。  境界に関するこれまでのログを見ると、 ★民法234条1項(境界線近傍の建築) 建物を築造するには,境界線から50センチメートル以上の距離を存することを要する。 ★民法236条(同上) 前2条の規定と異なる慣習があるときは,その慣習に従う。 が関係しそうですが、建物というのは軒まで含むという考えでよろしいでしょうか?それとも壁面との境界ということでしょうか? ちなみに地域は防火地域でも準防火地域でもありません。 よろしくお願いします。

  • 隣家との境界線フェンスに

    新築一戸建て住宅です。 隣の家との境界線に腰高くらいのフェンスがあります。 フェンス部分の土地はこちらの敷地内です。 住宅建築時にこちらの全額負担でフェンスを設置しました。 その半年後くらいに隣の家が家を建築し、引っ越してきたのですがそれ以降、傘をこちらのフェンスに引っ掛けて干すのです。 その家はほかに南側西側北側とフェンスがあるのですがそちらではなく、玄関出てすぐ引っ掛けやすいらしく、私の家のフェンスのほうに干しています。 ちょうどリビングの窓のすぐそばなのでとても気になっています。 フェンスのすぐ内側(私の家側)に花壇も設置してあるので傘を干されると傘の柄が飛び出てきて正直邪魔です。 なんとかやんわりと傘を干さないように言う方法はないでしょうか。

  • 新築隣家の北向きの大窓に困っています

    当家の南側の隣家が○○工務店で新築しました。 まだ引渡し前なのですが、北側に大きな四面観音開きのはき出し窓を設置していて、 まるで南側の縁側のような状態で、当家が丸見え(南向きのはき出し窓が当家にも4面あるので) になって困っています。 ○○工務店に問い合わせしたところ、境界線から1m以上は開いているので民法(235条) に抵触しないので何ら問題はない、当社では普通に北側にもこのような大きな窓を設計している とのことで隣家への配慮は無いとのことでした。 私の理解では、家づくりのルールとして 「南・東側は、自家が透明ガラスで大きく窓を開ける権利を有し、西・北側は、隣家に  その権利を譲ることが必要。」 と説明しましたが、○○工務店ではそんなこと関係ないの一点張りでした。 確かに法律的に抵触していることはないでしょうが、同義的な面で問題が無いとは言えない のではないでしょうか? 何がしかの手を打ちたいと考えていますが、民法で何か当てはまるものはないでしょうか? ご存知の方いらっしゃいましたらご教示頂ければ幸いです。

  • 購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上

    購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上 新築予定で土地を探している者です。最近、非常に気に入った土地を見つけました。ところが、1つ気になることがあり相談します。 土地は更地で、長く駐車場として貸されていたようです。持主は少し遠くに住んでおられ、実際にこの土地に居住したことはないそうです。数年前に隣家が家を建てたようですが、隣家との境界線上にある低いブロック塀の一部が数メートル取り崩され、その部分には隣家の外壁が境界線上まで来ています。つまり、民法234条では隣地境界線から50cm離して家を建てるように規定されていると思うのですが、50cmどころか0mmです。隣家はこちらの土地に入らなければ外壁のメンテナンスすらできないということです。 持主はこの土地に居住していなかったため、売りに出すまでこの事実を知らなかったようで、もちろん承認もしていないそうです。それでも「完成まで異議申し立てをしなかった」ということで黙認=承認したということになってしまうのでしょうか? 周辺の家を見てみても、このように敷地ギリギリに建てている家などありませんので、この地域の慣例と言うわけでもなさそうです。 第2種住居地域ですから、おそらく防災・準防災地域ということもありません(これは不動産業者に調査依頼中)。 比較的、間口が狭くて奥行きのある土地なので、もしこの土地に家を建てるとすると、隣家との間にこちらが随分後退して家を建てる必要があり、間取りも制限されてしまいます。 まだ私が購入している訳ではありませんが、もし購入して住むとなるとずっとモヤモヤした気持ちを隣家に対してずっと抱き続けることになるのかと思うと気が重いです。 また、私は実際にその隣家の住人と接したことはありませんが、「自分の家さえ良ければ隣が迷惑しようが知ったこっちゃない。気付かれる前にさっさとギリギリまで建ててしまえ!!」とばかりにこのような暴挙(?)をやってのける住人が隣に住んでいるというのもリスクが高いと考えたほうがよいのでしょうか? 御回答宜しくお願いいたします。

  • 私道の通行権・境界線についてお訪ねします

     数軒で所有している私道から、遊び回る近所の子ども(その家には所有権はありません)を排除したいのですが、「私道を通行するには所有者の承諾が必要であることが原則」という規定は、所有者全員の合意が必要でしょうか。一軒のみの権利で通行差し止めは出来ますか。  また、私道への越境・占有において、一軒が鉄製のアーチをかけ、ほかに植木鉢などがはみだしていますが、この撤去も可能でしょうか。  民法第234条にて、「建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない」とありますが、1階部分は規定が守られていますが、境界線の手前まで2階がせり出しています。この事に関して申し立ては出来ますか。

  • 隣家から求められた境界線確定への対応について

    ご教示をお願いします。 親族が所有している家の隣家が、自己の家・土地を売却を計画しており、親族の家との間で、境界線確定をしたいとの要望があります。なお、親族と、この隣家とは、かねてより折り合いが悪く、また、両者の間で、境界線についても、互いに主張がある経緯があります(境界杭が存在していませんが、法的プロセスにはなっておりません)。 お伺いしたいのは、以下の点です。 1)今回の境界線確定は、先方の売却の都合であり、親族として、この境界線確定のために「協力」する義務があるでしょうか(折り合いが悪いため)?もしこれを拒否した場合、なにか法的に不都合な状況が発生するでしょうか?また、法的でないとしても、何か不都合が生じる可能性があるでしょうか? 2)この場合の測量費用などについては、先方(能動的行為者)の負担と考えて差し支えないでしょうか? 3)先方は窓口を、仲介不動産業者にしておりますが、仮に確定のための作業に協力する場合、中立的な立場?の測量士の立会いを求めたいと思いますが、これは妥当でしょうか? 4)親族としては、協力に積極的でないものの、先方売却日付も迫っていることから、新地主との関係もあるので、必要な内容(費用負担は先方・測量士立会いが必要・境界線について争いがあると理解している事実)について、事前に内容証明郵便で、先方不動産業者と隣家主人に送付することを考えています。これは賢明な対応策でしょうか?また、付け加えるべき内容などほかにありますでしょうか? 以上、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 隣地境界線より50cm以下の通風などの害

    準防火地域内に新築した家(鉄筋木造)の一部屋に住んでいます。 私の住居には縁側(唯一の窓)がありますが、境界線より50cm以上離してあります。 しかし、昔からある隣の家(木造)が境界線ギリギリに建てられており、縁側のすぐ前に隣家の台所と風呂場の窓があるため、通風の悪さと湿気によって、私の住居に障害が出てしまいました。 ギリギリに建っているため、通風がとても悪いのに加え、頻繁に台所や風呂を使用している様子のため、湿気の害がひどく、うちはカビだらけになってしまいました。クリーニング費用がかさみます。 また、庭の木もみな病気になり、メンテナンスしても治りません。 また、窓があまりに大きく開いているため、プライバシーの問題上、窓を開けるにも気を使いますし、洗濯物も干せません。 何とかしたい思いますが、損害賠償できるのでしょうか。 また、目隠しはどちらがしなければならないのでしょうか。

  • 隣家との境界線について住宅メーカーに騙されました

    土地を購入し、家を建てるにあたり先日主人が土地の最終契約に行ってきました。その場には土地の売主である会社の人と仲介している住宅メーカーの営業、司法書士と主人の四人でした。土地は三区画に分かれていて事前に住宅メーカーの営業からは各土地の買主が北側の自分の敷地内に柵を設ける、で話は決まっていると聞いていました。そうしたらその最終契約の場で「我家の北側敷地内の柵を一部とりつけない」ということでうちの隣地の買主と土地の売主、住宅メーカーとで話しがまとまっているとの事でした。なぜ取り付けなくないのかと察するに隣家はうちとの境に駐車場を造るらしく、柵があると車の乗り降りが不便になるからという事のようです。ただ我家としては境界があいまいになり、うちの敷地内まで車が入る可能性もないわけではないので柵をつけたいと思っています。住宅メーカーの営業はこの件に関し、事前にうちに話をし、図面をみせたと言っていますが、実際には聞いた覚えも見た覚えも全くありません。 もうローンの決済も終わり、設計士と間取りや外壁などの打ち合わせが進んでいる中で、突然降ってきた話で正直困惑しています。もちろん住宅メーカー担当者への信頼も薄いでいます。 契約の場で主人は隣家との境界線の一部に柵は設けないという協定書に了承はせず、現段階では保留になっています。住宅メーカーから追って連絡するとの事ですがまだありません。 うちが妥協するのもおかしな話と思っているのでそのつもりはありませんが、隣家とは今後永い付き合いになると思うとあまりもめたくもないんです。おそらくうちと隣家との直接の交渉はないと思いますので、住宅メーカーに対し、どう対応するのかよいかご教授いただけたらと思います。

  • 境界線のブロックフェンスについて

    私所有の賃貸アパートの隣家の方がこのたび家を新築するらしく電話連絡がありました。 私は遠方地居住でその方とは直接お会いした事はありません。 境界線上の真ん中に壁芯で(費用は折半)ブロックフェンスを建てたいとの事です。 折半費用、将来の修繕費の面からお断りしたらこの近辺はみんな折半で壁芯でブロックフェンスをしているので承諾してもらわないと困る。 これは民法では当たり前の権利で承諾しないなら裁判に訴えると言われました。 本当に法的には断れないのでしょうか?そんな権利があるのでしょうか? そんな事も知らないのかと自信を持って言っていたので不安になっています。 どうしたらいいでしょう? ちなみに今現在、隣家の方は自分の敷地内にブロックフェンスを積んでいます。私の土地にはフェンスはありません。

専門家に質問してみよう