• 締切済み
  • 困ってます

損害賠償額について

自賠責法は、加害者が被害者に賠償金を支払わないとき、加害者が被保険者として関わる保険会社に被害者からも保険金等(損害賠償額)の支払を促すことができると認めています。そして、保険会社が被害者に対して損害賠償額の支払をしたときは、保険会社が、責任保険の契約に基づき被保険者に対して損害をてん補したものとみなす第16条3項の規定があり、自賠責法は保険会社が被害者に支払う損害賠償額を被保険者から保険会社が受けた損害と捉えることにしています。 保険会社は、被害者から後遺障害による損害賠償額の支払いを促されると、調査事務所に被保険者から受けた損害額を決める損害調査を依頼し、そして、調査事務所が運転者の損害を主張立証しその結果に基づいて、保険会社に後遺障害等級認定票で自賠責保険の支払基準(後遺障害等級)を認定しています。 保険会社は、調査事務所が保険会社に認定した結果を妥当と判断し、後遺障害等級認定結果のお知らせで被害者に後遺障害等級を認定した通知を行っています。その際、調査事務所が自賠責保険の支払基準を認定した理由・結論は添付されていましたが、保険会社が被害者に認定した後遺障害等級認定結果の理由・結論は添付されていませんでした。 保険会社は、被害者に被害者の後遺障害等級認定結果を通知しておくと、自賠責保険の支払基準で保険金等(損害賠償額)の支払いと、被害者に認定した支払基準で被害者の損害額を支払う説明ができるようになります。一方、被害者は、保険会社に後遺障害等級を認定されてもされなくても支払基準が一致していますから損害賠償額で受取る金額は変わりません。 交通事故紛争処理センター及び自賠責保険・共済紛争処理機構は、自賠責保険から支払われる保険金等に関して発生した紛争を解決するための機関です。 保険会社は、被害者に自賠責保険の支払基準を通知しているのでしょうか、保険会社が被害者に認定した後遺障害等級を通知しているのでしょか。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数236
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

>被害者は保険会社から損害賠償額で保険金等を受取っているのでしょうか、被害者の損害額を受取っているのでしょうか つまり任意一括の場合、後遺障害の保険金を先に受け取る事が出来るか、と言う質問と思います。 後遺障害の認定理由・結論は保険会社が被害者に知られなければなりません。 認定理由の詳細は無理ですが抜粋は連絡が有ります。 連絡が無い場合、自動車損害賠償補償法第16号の5に基づき書面による説明を求める事ができます。 任意一括の場合、保険金は示談後に支払いされるのが普通ですが、先に自賠責の保険金を受け取ろうとする場合は、自賠責に被害者請求をすれば事足ります。 保険会社から『後遺障害等級のご案内』というような書面は来ませんでしたか? この書面には任意一括の場合でも被害者請求をすれば先に自賠責の保険金を受け取る事が出来ると明示されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

質問者からの補足

回答ありがとうございました。自賠責保険会社から指摘された扱いを受けていないと思いましたので補足させていただきます。 被害者請求を行い、その後、自賠責保険会社から「自賠責保険後遺障害認定の等級認定について」の報告で、「貴方様から自動車損害賠償責任保険に対しご請求いただきました件につき、後遺障害等級を認定いたしましたのでご通知いたします。」を頂き、自賠責保険会社から被害者に対し後遺障害等級が認定されたと認識しています。 すでに、述べさせていただきましたが、被害者は保険会社に後遺障害等級を認定されてもされなくても受取る損害賠償額は変わりませんが、後遺障害等級が認定されていなければ保険金等になりますが、認定されると被害者の損害額になります。 被害者の損害額は加害者と被害者間しか生じません。そして、被害者が保険会社から受取る損害賠償額は、保険会社と被害者間に生じ被保険者と保険会社の保険契約に起因する性格で保険契約に抵触しない被害者の損害額の性格になりません。 そこで、被害者は保険会社から損害賠償額で保険金等を受取っているのでしょうか、被害者の損害額を受取っているのでしょうか。と質問させていただいた訳です。

  • 回答No.2

 すみません。あなたの言う保険会社は任意一括処理をしている任意保険会社のことを言っているのか、自賠責保険会社会社のどちらを言っているのでしょうか?  自賠責保険会社であれば、調査事務所からの結果を通知しているまでです。自賠責保険会社はそもそも支払いの窓口となっているだけですので自社で査定などはしません。  任意保険会社であれば、通常は自賠責保険で認定された後遺障害等級に基づき、自賠責基準=任意保険でも認定、として損害額を確定し被害者との示談をすすめていきます。自賠責保険で認定された後遺障害等級を任意保険で認めない、もしくは認定されたものをそれより上の等級に勝手に認定することはありません。  たとえば14級だと自賠責保険基準では75万円が損害額になるので、示談交渉のときにも「後遺障害損害額として75万円を支払う」と話をすすめていきます。ですが、被害者と保険会社での話し合いのなかであきらかにそのほかに上乗せするような理由があれば、若干の上乗せは要相談となります。まあ14級あたりではほとんどないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

貴方の言う支払基準とは何を持って支払基準と言っておられるのか不明ですが、 「自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準」であれば、公表されています。 任意一括の場合は判りませんが、被害者請求であれば被害者に支払基準は通知していませんが、支払金額は通知されます。 また被害者請求の場合、後遺障害認定通知書及び別紙として認定理由が通知されます。 任意一括でも後遺障害認定通知書・認定理由は通知される筈です。 筈と書いたのは任意一括での後遺障害申請はしたことが無いからです。 全て被害者請求です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

早速、回答をいただきありがとうございました。 私の言う支払基準とは自賠責保険の後遺障害等級のことです。自動車損害賠償責任保険の保険金等の支払基準は、保険会社が支払う基準です。ところが、保険会社が被害者に後遺障害等級を認定すると、支払基準は被害者が受取る損害額の基準に変わります。 任意保険会社から事前一括認定結果を受けた後、自賠責保険会社に異議申立を行いました。質問と重複しますが、どちらも調査事務所が後遺障害等級認定票で保険会社に認定した後遺障害等級に対する理由・結論は添付されていましたが、保険会社が被害者に認定した後遺障害等級に対する理由・結論は添付されていませんでした。 そこで、保険会社は、被害者に自賠責保険の支払基準を通知しているのでしょうか、保険会社が被害者に認定した後遺障害等級を通知しているのでしょか。と質問させていただきました。 質問の方法を変更すると、被害者は保険会社から損害賠償額で保険金等を受取っているのでしょうか、被害者の損害額を受取っているのでしょうか、になります。できれば、どちらになるか回答をいただけると大変ありがたいのですが。

関連するQ&A

  • 交通事故の損害賠償

    交通事故に遭って治療が終わり(症状固定)、事前認定で後遺障害の或る等級の認定を受けました。先方の保険会社と損害賠償の示談を始めましたが、後遺障害に対する保険会社からの損害賠償金(逸失利益+慰謝料)の提示額が、自賠責保険の保険金と同一の金額でした。 本件は事前認定(一括請求)ですので、自賠責保険の保険金は先方の保険会社へ入ります。従いまして、保険会社は受け取った自賠責保険金をそのまま私へ支払うだけであり、保険会社としては、手続などの諸経費は別にして、私に対して一銭の賠償金も拠出する意思がないことになります。 このような理不尽なことが一般的に許されているのでしょうか? 先方の保険会社へ早急に返答(要求)しなくてはなりませんので、ご存知の方や同じような経験をされた方がおられましたら、至急ご回答下さいますようお願いいたします。 なお、後遺障害の賠償とは別に傷害部分に対する慰謝料の提示はありましたし、また、治療費等は保険会社から医院へ支払済みですが、後遺障害に対する損害賠償は、これらには全く関係ないものと考えています。

  • 交通事故の損害賠償について

    交通事故の損害賠償について 交通事故に遭って治療が終わり(症状固定)、事前認定で後遺障害の或る等級の認定を受けました。先方の保険会社と損害賠償の示談を始めましたが、後遺障害に対する保険会社からの損害賠償金(逸失利益+慰謝料)の提示額が、自賠責保険の保険金と同一の金額でした。 本件は事前認定(一括請求)ですので、自賠責保険の保険金は先方の保険会社へ入ります。従いまして、保険会社は受け取った自賠責保険金をそのまま私へ支払うだけであり、保険会社としては、手続などの諸経費は別にして、私に対して一銭の賠償金も拠出する意思がないことになります。 このような理不尽なことが一般的に許されているのでしょうか? 先方の保険会社へ早急に返答(要求)しなくてはなりませんので、ご存知の方や同じような経験をされた方がおられましたら、至急ご回答下さいますようお願いいたします。 なお、後遺障害の賠償とは別に傷害部分に対する慰謝料の提示はありましたし、また、治療費等は保険会社から医院へ支払済みですが、後遺障害に対する損害賠償は、これらには全く関係ないものと考えています。

  • 後遺障害等級認定は誰に認定されていますか。

    自賠責保険は運転者に賠償責任が発生すると、保険会社に「運転者の損害」を支払う債務ができます。保険会社は被保険者が保険金の支払いを請求しない場合、保険会社に支払わなければならない債務が残ります。 一方、被害者は加害者が賠償金の支払いをしてくれない場合、被害者は法的な手段を執ることを余儀なくされます。そこで、そのような被害者の負担を軽くするため、自賠責法は、被害者が直接保険会社に「債務を支払って下さい」と請求できることを認めています。 保険会社は運転者の事故で自賠責保険がどれだけ後遺障害にかかる損害を受けるか調査を行い、その結果に基づいて運転者に対し支払基準の後遺障害を認定し、保険会社が支払わなければならない債務の金額を決定していると思います。 被害者は保険会社から後遺障害を認定され「被害者の損害」を受取っているのでしょうか。初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。

  • 長文ですが、保険会社は、何故被害者に後遺障害等級を認定するのでしょうか

    責任保険の契約には、「運転者の損害」を保険会社がてん補する約束があります。そして、保険会社は後遺障害による「運転者の損害」が生じると、調査事務所に保険会社の受けた損害調査を依頼しています。依頼を受けた調査事務所は、「運転者の損害」を主張する自賠責保険の損害調査を行い、その結果に基づく判断で「運転者の損害」に対し、支払基準の後遺障害等級認定票を保険会社に報告しています。保険会社は調査事務所の「運転者の損害」に対する報告を妥当と判断し、被害者に後遺障害等級を判断し、後遺障害等級認定結果を通知しています。 そのため、保険会社は後遺障害等級認定結果通知書で、「運転者の損害」に対し判断した支払基準を被害者に認定した通知をしています。 被害者は「被害者の損害」に認定された支払基準に異議申立を行っても、保険会社を通じ調査事務所で行う損害調査は「運転者の損害」調査です。したがって、後遺障害等級認定結果通知書に添付されている理由・結論は「運転者の損害」調査結果です。 保険会社が被害者に支払う損害賠償額は、保険会社が被害者に通知してきた後遺障害等級で決まる「被害者の損害」に対する金額でなく、「運転者の損害」をてん補する金額です。被害者は保険会社に後遺障害等級を認定されても、されなくても、受取る損害賠償額は「運転者の損害」をてん補する金額に変わりありません。そして、「被害者の損害」に対し異議申立を行ってもその回答を受取ることができません。 加害者が賠償金を支払わない場合、被害者は法的な手段を執ることになります。そのとき、保険会社には被保険者から保険金の請求を受ければ支払わなければならない「運転者の損害」をてん補する潜在的債務がある状態です。 そこで、自賠責法は一般的な契約関係を変更して、被害者を救済する目的で、保険会社に眠っている潜在的債務を被害者に支払う規定を設けました。その規定が16条1項で、被害者は保険会社に対し「保険会社は支払わなければならない潜在的債務が生じますから支払ってください。」と、損害賠償額の「支払をなすべきことを請求することができる」と認められました。 その結果、保険会社は運行供用者(運転者を含む)に賠償責任が生じない場合であっても、保険契約に関りのない被害者に「運転者の損害」をてん補する保険会社の潜在的債務を支払うことになります。したがって、「運転者の損害」は保険契約関係における特殊な概念です。 保険契約に関っていない被害者は、自賠責保険の損害調査に協力する後遺障害診断書を提出するだけで、調査事務所が「運転者の損害」を判断し保険会社から「運転者の損害」をてん補する損害賠償額が収受でき、「被害者の損害」に触れず一律な保障を受けることができ、被害者救済の恩恵を受けることができます。 保険会社は被害者に「運転者の損害」に対し認定した支払基準で損害賠償額を支払えば責任保険の契約が成立します。保険会社は、何故被害者に後遺障害等級を認定するのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 後遺障害等級認定結果

    国民年金の障害基礎年金・終身共済の後遺障害等級・市町村の特別障害者手当・身体障害者手帳の交付・医師が作成した診断書等は、被害者(患者)に対し後遺障害を認定(診断)していますが、自賠責保険後遺障害等級は自賠責保険が運転者の事故でどれだけ損害を受けるか損害調査を行い、その結果に基づいて運転者に対し支払基準の後遺障害等級を認定しています。 被害者は運転者に認定された後遺障害等級認定結果に対し異議申立ができるのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 後遺障害等級の認定について

    現在、被害者請求も完了(自賠責満額受領済み)し、後遺障害等級認定待ちの状態です。 8月末に被害者請求と後遺障害認定に関する請求書類一式を行政書士に作成して頂き自賠責保険会社に提出しました。(保険会社からは書類は無事に届いていますというわざわざの電話回答までありました:感謝!) 幸い、9月末には自賠責保険分(満額)が下りてきました。 ところで、後遺障害等級の認定結果というのはいつ頃になるんでしょうかね? 自賠責保険の担当者は、被害者請求が下りてから後遺障害認定の手続きになるという説明でしたが、自賠責保険への被害者請求と後遺障害申請は、提出先こそ同じ自賠責会社でしょうが、宛先は自賠責保険会社と損害保険料率算出機構なので、被害者請求が完了しないと後遺障害申請が出来ないなどということはないと思うのですが。行政書士に伺っても、そんなはずはないと思うという回答でした。 どなた様か詳しい方、経験者の方、宜しくお願い致します。

  • 損害賠償について

    傷害事件の加害者となり略式起訴、罰金30万円を支払い釈放されました。 被害者にはお詫びに伺ったところ損害賠償の請求をされました。 事件の発端は被害者の接客態度の悪さと暴言ですが、酒を飲み酔った勢いで殴って怪我をさせた(額を3針縫うけが)のは事実ですので治療費、それにかかった交通費の実費は支払うつもりでいます。 他に弁護士相談料、洋服代(血液がついた)、休業手当(店主なので怪我をおった後、当日2時間ほど営業を中止せざるおえなくなった)、警察に出向いた交通費、後遺障害14等級(保険会社は認定してはいない)に値する損害等です(計10万円) 「裁判しようと思えば簡単なんだ。100万でも請求できるのを10万にしてやっているのだよ」ともいわれています。 どこまでの賠償をするのが妥当なのか、またその必要があるのか教えてください。

  • 労働力喪失による損害賠償は?

     後遺障害認定分はともかくとして 後遺障害とは認められない「 いずれ消失するであろう」肢体不自由などの現症状による労働力喪失分についての補償 損害賠償請求は 交通事故の場合 相手の保険会社?それとも相手? それとも不可能?

  • 自賠責保険が支払われた後の損害賠償について教えてください。

    自賠責保険が支払われた後の損害賠償について教えてください。 こちらは加害者です。 参考に・・・前回質問した内容です↓ http://okwave.jp/qa/q5884881.html 去年の8月から今年の3月までの自賠責保険が支払われました。 まだ痛みがあって通院していると言うことでしたので、このたび症状固定をお願いしましたら、 病院側が出してくれたようで、後遺障害の申請に入るところです。 その後も通院するようですが、こちらは治療費を払う必要はないですよね? そこで4月から現在までの治療費をこちらが支払うのは当然だとは思いますが、慰謝料も支払わなければいけないのでしょうか? その場合こちらが計算するのか、被害者の方からの提示額に従うのかどうするのがいいのでしょうか? お願いします。

  • 被保険者の負担する損害賠償額を立証できますか

    交通事故の加害者と自動車のコントロールで利益を得る運行供用者(自動車の保有者と使用者を含む)が同じ者あっても、加害者は民法の不法行為として賠償責任を負い、運行供用者は自賠責法の運行による賠償責任を負っています。一人の者が立場を変えて異なる賠償責任を負っています。自賠責法は、運行供用者に自賠責保険契約締結を義務付けて運行供用者の自賠責法上の賠償責任のみを保険会社に転嫁しています。加害者としての民法上の賠償責任は、保険会社に転嫁されていません。 加害者は被害者から賠償の請求を受けると、賠償責任にしたがって交通事故に基因した「被害者の損害」を埋め合わすためのお金(賠償金)を支払う形になります。 しかし、加害者が誠実に賠償責任を履行しない場合、被害者は賠償金を受取ることが困難です。 一方、保険会社は、多数の契約者から保険料を集める対価に、保険事故で被保険者である運行供用者に自賠責法上の賠償責任が生まれたと判断した場合、保険会社に被保険者が負担しなければならない金額を埋め合わすためのお金(保険金)保険金の支払義務が生まれます。 しかし、自賠責法15条は、被保険者の保険金支払請求に関し、被害者に対する損害賠償額を支払った限度においてのみ保険金支払請求を認めていますので、仮に被保険者の都合で損害賠償額が支払われていない場合、保険会社に保険金の支払義務が生まれません。損害賠償額は保険会社に残ります。そこで、自賠責法16条は、被害者が直接保険会社に対して「保険会社の方に、支払わなければならない損害賠償額があれば、払ってください。」と、損害賠償額の支払いをなすべきことを請求することができると認めています。 被害者は、被保険者の負担する損害賠償額を立証できますか。