• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ハチミツの結晶について

  • 質問No.3289087
  • 閲覧数1077
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 96% (1041/1080)

健康のため、色の濃いハチミツを毎日摂取しています。

ハチミツが「白く結晶する」というのは寒い冬によくあることですが、
「白く結晶」するのではなく、「色の濃いハチミツそのまま」
固まり、舌触りがザラザラしていておいしくありません。
夏なのに固まるとは、どういった現象なのでしょうか?

毎月配達してもらっているのですが、
最初からこのようにザラザラになっている時もあれば、
サラッとしたままの時もあります。

特に部屋の温度が低いということはなく、
大体25度~28度に設定しています。

メーカーに問い合わせても、もしそれが不都合なことだった場合、
誤魔化されそうな気がします。

「化学」の分野だと詳しいかと思い、
こちらで質問させていただきました。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 40% (31/76)

honey ha katou(fluctose) o shu to sita mono
de iroiro na hana no kagobutsu ga fukumarete imasu. Muron suibun mo. Suibun no
ooi mono ha Kessho shinikui desuga. Kessho
sita no ha 40-45C ni site yukkuri iremono no
mama tokasu to ii desu. Kato ha 25-28 C demo
joken de Kessho simasu. Hana nado no nousaku-no hiryo nado mo goku shoryo desu ga
fukun de iru baai mo ari, so o taku san tabenaihou ga ii kamo. Hinshitsu-hosho ha hijo ni muzukasii desu. from Swiss
お礼コメント
id_koneko

お礼率 96% (1041/1080)

swisszh00様、スイスから、どうもありがとうございました。
英語かと思って、一瞬汗が出ました(笑)

他の方も読まれるかと思いますので、以下訳しました。
***************************************************
ハチミツは、加糖(fluctose←不明)を主としたもので、
いろいろな花の化合物が含まれています。むろん水分も。
水分の多いものは結晶しにくいですが。
結晶したのは、40~45度にしてゆっくり入れ物のまま
溶かすといいです。加糖は、25~28度でも条件で結晶します。
花などの農作の肥料などもごく少量ですが含んでいる場合もあり、
そうたくさん食べない方がいいかも。品質保証は非常に難しいです。
スイスより。
*************************************************************
「水分の多いものは結晶しにくい」のですね。
逆に言うと、結晶するということは、水分が少ないということになり、
イコール、純粋度が高いということにつながりますね。

以前、「純粋」と書かれたハチミツに水あめが含まれていた、
という新聞記事を読んだことがあります。

「加糖は、25~28度でも条件で結晶します」とのこと、
とても参考になりました。

どうもありがとうございました。
投稿日時:2007/08/27 00:28

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 60% (270/446)

スイスの方のサポートとしてちょっと解説

果糖はその名前のとおり果物に多くある糖類です。
フルクトース fructose は fruit(フルーツ) の (ト)ース(糖)という意味。
物質名で~ースは糖類と思ってもいいです。

葡萄(ブドウ)糖 グルコース glucose デキストロース dextrose
砂糖(蔗(ショ)糖) スクロース(サッカロース) Sucrose (果糖+葡萄糖で構成)
麦芽糖 マルトース maltose (葡萄糖+葡萄糖で構成)
乳糖 ラクトース lactose (lact(乳)の糖の意)

果糖
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B9
お礼コメント
id_koneko

お礼率 96% (1041/1080)

yossu様、「fructose」の意味を教えていただき、ありがとうございます。
物質名で~ースは糖類と思ってもいいです。
    ↑
勉強になりました。

ブドウ糖というのは普段よく聞く言葉ですが、果物の葡萄なのですね。
初めて知りました。

専門的なことが書いてあり、アセりましたが、
URLも、見させていただきました。

こちら化学で質問させていただいて良かったと思います。

どうもありがとうございました。
投稿日時:2007/08/27 10:55
  • 回答No.2

ベストアンサー率 40% (31/76)

(1) Katou ha Kudamono no Ka de Kuwaeru no Ka deha arimasen. Fructose ga tadasii desu.
Katou ha kudamono ni haitte imasu Hana no
mitsu nimo. Sitsu no iino ha Katou desu.
(2) Futsuu no "Sugar" ha satou-kibi to ka
satou-daikon kara torimasu. C12H22O11 de kagaku-kouzo ga chigaimasu.
(3) Shitsuno warui honey ha yasui "Sugar"ga
haitte iru kamo. Sugar no hou ga Kessho siyasui desu. Shitsu no sokutei ha jikan ga
kakarukamo.
(4) Rihyo to iuyori "Nouyaku" ga goku-bibyo
Hachi ga sokora-ju tonbe, "Nouyaku" no tsuita hana nimo yukimasunode.
(5) Sinrai dekiru tokoro kara dato ii honey ga. Koko Swiss deha shoumei-tsuki desu.
お礼コメント
id_koneko

お礼率 96% (1041/1080)

スイスから再度のご回答、ありがとうございます。
また訳させていただきました。

*****************************************************
(1)かとうは果物の果で、加えるの加ではありません。
Fructose(←?)が正しいです。
果糖は果物に入っています。花の蜜にも質のいいのは果糖です。
(2)普通の“砂糖”はサトウきびとか砂糖大根(←多分)から
とります。「C12H22O11」で、化学構造が違います。
(3)質の悪いハチミツは安い“砂糖”が入っているかも。
砂糖の方が結晶しやすいです。質の測定は時間がかかります。
(4)Rihyo(←?)というより“農薬”が極微量(多分)蜂が
そこら中飛んで“農薬”の付いた花にも行きますので。
(5)信頼できるところからだと、いいハチミツがここスイスでは証明付きです。
*****************************************************

(1)ご指摘、ありがとうございます。そうでした。
(2)化学構造がまったく違うということですね。
(3)砂糖の方が結晶しやすいということは、ウチにある色の濃いハチミツも
その可能性があるということですね。
(4)農薬の件は、そこまで考えがいきませんでした。
(5)行ったことはありませんが、スイスはのんびりとしていて、空気がきれいで、
とてもいい国だというイメージがあります。
証明付きだと、安心ですね。
日本も本当はそうあるべきだと思います。

少し賢くなった気がします。
どうもありがとうございました。
投稿日時:2007/08/27 10:46
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ