• 締切済み
  • すぐに回答を!

登記(1)「判決による登記」不動産登記法第 六十三条

権利に関する登記は,不登法第 六十三条の規定に基づき確定判決を受ければ単独登記が可能とされていますが、表示に関する登記(分筆登記)は,確定判決を受けなくても単独登記が可能なのでしょうか。 よろしくお教え願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1364
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

>表示に関する登記(分筆登記)は,確定判決を受けなくても単独登記が可能なのでしょうか。  できません。分筆登記を申請することができるのは、表題部所有者か所有権登記名義人だけです。また、土地の一部の地目が変更になったとか、地図作成のためといったような場合ではないと、登記官が職権で分筆をすることはできません。  ですから、一筆の土地の一部分につき、被告である所有権登記名義人に対して所有権移転登記登記手続を命じる給付判決がなされ、それが確定したとしても、分筆登記をしなければ、所有権移転登記を単独申請することができません。  そこで、所有権登記名義人に代位して原告が分筆登記を申請することになります。(この場合、確定判決正本が代位原因情報となります。)分筆登記が完了すれば、所有権移転登記を単独申請することができます。 不動産登記法 (分筆又は合筆の登記) 第三十九条  分筆又は合筆の登記は、表題部所有者又は所有権の登記名義人以外の者は、申請することができない。 2  登記官は、前項の申請がない場合であっても、一筆の土地の一部が別の地目となり、又は地番区域(地番区域でない字を含む。第四十一条第二号において同じ。)を異にするに至ったときは、職権で、その土地の分筆の登記をしなければならない。 3  登記官は、第一項の申請がない場合であっても、第十四条第一項の地図を作成するため必要があると認めるときは、第一項に規定する表題部所有者又は所有権の登記名義人の異議がないときに限り、職権で、分筆又は合筆の登記をすることができる。 不動産登記令 (添付情報) 第七条  登記の申請をする場合には、次に掲げる情報をその申請情報と併せて登記所に提供しなければならない。 一  申請人が法人であるとき(法務省令で定める場合を除く。)は、当該法人の代表者の資格を証する情報 二  代理人によって登記を申請するとき(法務省令で定める場合を除く。)は、当該代理人の権限を証する情報 三  民法第四百二十三条 その他の法令の規定により他人に代わって登記を申請するときは、代位原因を証する情報 以下略 民法 (債権者代位権) 第四百二十三条  債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない。 2  債権者は、その債権の期限が到来しない間は、裁判上の代位によらなければ、前項の権利を行使することができない。ただし、保存行為は、この限りでない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 共有名義で分筆(金太郎アメ状態、)、その後各人に所有権移転登記の順ですね。 官が職権登録をしてくれればありがたいですが、民の都合でしかない分筆は、私も民の負担になるように思います。

関連するQ&A

  • 登記(2)判決文と再測量の優先順位

    Aが共有物分割裁判の添付書類として出した地積図は、境界が確定されておらず、隣接地住人に無断で測量された成果物です。 その地積図が裁判所で採用され、確定判決の主文に各人の取得部分と地積が明記されています。 Aは隣接地住人の立会いを求め、再測量及び境界確定を行い、分筆登記をしようとしていますが、判決の地積と異なっていた場合、登記はどちらの地積が受理されるのでしょうか。 持分が少なくなった方は、判決の地積を援用し更正登記ができるでしょうか。 よろしくお教え願います。

  • 確定判決と給付判決の違いについて

    登記の単独申請をするのには確認判決では×で、給付判決なら○でも、所有権保存登記は確定判決であれば○となっています。 この違いとそもそも、確定判決と、給付判決はどう違うのでしょうか?自分は、確認判決は自分の言い分が認められて、給付判決は、裁判所が登記を移せと命じる判決と捕らえているんですが、しっくりきません。 如何せん法律の知識が少ないので、わかる方、教えてください。

  • 不動産登記法 根抵当権について

    根抵当権の後発的共有者への弁済の登記 [事例] (1)元本確定前、根抵当権者Aから一部譲渡を受けたB。その後元本確定。 (2)元本確定後、根抵当権の一部代位弁済をしたB。Aの根抵当権はBに一部移転。  根抵当権者 A、B (共有)  設定者 C (1)または(2)のような場合、B(後発的共有者)に弁済したときは 弁済による根抵当権一部抹消登記を申請することになります。(変更登記をすべきという見解もあるようですがここでは考えないこととします) 申請者は 権利者 A(当初の根抵当権者)またはC(設定者) 義務者 B(後発的共有者) となるのですが、どうしてAも権利者となるのでしょうか? 根抵当権の抹消登記の場合の登記申請人はそれぞれの損得を考えて、 設定者は自らの権利の負担となっていた根抵当権がなくなり得をするから権利者となり、 根抵当権者は根抵当権を失うことになり損をするから義務者となると覚えていました。 この抹消登記において、Aはどのような利得があって権利者となるのでしょうか? 根抵当権を極度額100の大きさの『箱』とした場合、元本確定によりA60、B40の割合となりました。箱の共有者Bがいなくなったことで、単独でAがこの箱を使えるようになったとしても、元本は確定していますから、A60は変わることはないと思うのですが…。他にAにとってプラスのことがあるのでしょうか? どなたかご説明よろしくお願いします。

  • 回答No.1

 表示登記には,判決による登記というものはありません。そのことは,条文からみても,不動産登記法63条が,権利登記の節に規定があることから明らかですし,表示登記については,条文上も,登記申請者の単独で申請するものと規定されていることからも,そう理解することができます。  判決による登記というときの「判決」とは何を言うかというと,これは,登記申請の相手方に意思表示をすることを命じる判決をいいます。すなわち,権利登記が,登記権利者と登記義務者の共同申請であることを前提に,登記の当事者の一方が必要な登記申請上の意思表示をしない(単純にいえば申請に協力しない)場合に,その申請行為をさせるというのが,ここにいう「判決」の意味になるわけです。  ですから,単独でできる登記手続には,判決による登記というものは理屈上もない,ということになるわけです。  ちなみに,登記を求める判決の主文は,「被告は,原告に対し,平成○年○月○日売買を原因とする所有権移転登記《手続》をせよ。」というもので,「登記をせよ」ではありません。微妙な違いではありますが・・・  ちょっと紛らわしいものに,例えば一筆の土地の物的な一部について所有権移転登記手続を命ずる判決がなされたときには,その部分について分筆の表示登記がなされますが,この表示登記は,登記官の職権でなされるものであって,判決による登記ではありません。判決による登記は,あくまで,それに引き続く権利登記の部分だけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございます。 例示いただいた「分筆の表示登記が登記官の職権で行われる。」との部分がよくわかりません。 表示登記は申請者の単独登記が可能、かつ分筆は所有者の意思で行われるものであるから、原則として登記官が職権によって登記することはできないと思っておりました。 不動産登記法第 三十九条 分筆又は合筆の登記は、表題部所有者又は所有権の登記名義人以外の者は、申請することができない。 2,3項で例外事項として地目変更(課税率変更の要有)、地番区域変更(所有者の権限外)地図作成(登記所の業務)等、官の都合による変更は官が行うと規定されていますが所有権移転登記手続を命ずる判決も含まれるのでしょうか。 よろしくお教え願います。

関連するQ&A

  • 不動産登記について教えて下さい!

    一筆の土地を二筆に分割して、地積を反対に登記してしまった場合、分筆登記を取り消せるのでしょうか?

  • 不動産登記法47条2項

    不動産登記法47条2項の意味がよく分かりませんが、47条1項の原則にたいして、区分所有建物の表示に関する登記が一括登記であることから便宜を図った例外規定と考えてよいのでしょうか?

  • 判決の種類

    宅建の試験の不動産登記法についての質問です。 問題で、仮登記の申請に仮登記義務者が協力してくれない場合に、「勝訴判決」を得たときでなければ単独で仮登記の申請をすることができない。 答え× 2号仮登記について「給付判決」を得たときはOK というもの。 「勝訴判決」はあなたのものですよ、ということがきまっただけのことで、「給付判決」は権利の移転をしなさい、ということが決まった。 だから、「給付判決」ならOKという風に解釈たのですが、本当のところはどうなのでしょうか。 他に、「確定判決」などもでてきます。 判決の種類と効果を教えて下さい。

  • 不動産登記法

    不動産登記法には、「表題部所有者又は所有権の登記名義人」という文言が出てきます。(37条1項、39条1項、41条3号) この意味は「表示登記のみしかされていない場合には表題所有者が、権利に関する登記がされている場合には所有権の登記名義人が」という意味なのでしょうか?

  • 不動産登記法

    いつも大変お世話になります。 質問させていただきます。 1.もともとA所有の建物があるとします。 A名義で表題登記をせず、そのままBに売却した場合、Bは自分名義で表題部、保存とできる。 A名義で表題登記をして、その後Bに売却した場合、B名義では保存登記はできず、A名義で保存登記し、Bに移転させないといけない。 この理解であっていますでしょうか? 2.処分の制限の登記の、仮処分というのは、処分禁止の仮処分のことでしょうか?不動産登記において、ほかにも仮処分の登記ってありますか? そして差押、仮差押と違い、この仮処分だけ、乙区に登記されることがあり、その場合、付記登記でされる、という理解でよろしいでしょうか? 3.Aの土地に、Bが抵当権をうっているとします。そしてBが土地の所有権をAから取得しました。 本来ここで、登記権利者兼義務者として、混同による抵当権抹消をすべきですが、それをせず、BがCに所有権を移転したとします。 この場合、Cが登記権利者、Bが登記義務者となって、「混同」による抵当権抹消登記を請求できるのでしょうか?(人が違うのに混同を使えるのでしょうか?) もしできないのであれば、どうすればいいのか教えていただきたいです。 4.マンションで建設会社から購入して、保存登記を購入者名義でしたとします。この場合、マンション業者の承諾がいると学びました。(土地は売買の実質があるからですよね) その後に所有権保存の抹消は、保存登記者が単独で申請できるとあります。 マンション業者からすると、勝手に自分名義に戻ってくるわけですよね。 土地については売買の実質があるのに、単独で承諾もいらず抹消できるのですか? 5.未成年者の親権者から登記の委任を受けている場合において、親権が喪失したとしても、登記を申請できるとありました。 では、もともと親権が喪失している場合は、未成年者の登記を受任するには、特別代理人を選任してないといけないのでしょうか? 6.甲土地(所有者A)を承役地、乙土地(所有者B)を要役地とする地役権が設定されているとします。 もし乙土地の地役権(乙土地にとっては有利であるが)を、抹消したいとするならば、それは甲土地の地役権(甲土地を制限してる)を、Aが権利者、Bが義務者として、Bの乙土地の識別情報を提供し、抹消するという手続きをとるのでしょうか? 7.「抵当権設定の仮登記の登記原因の更正の登記は、原則として仮登記の登記名義人が登記権利者となると考えられるので・・・」とテキストにあります。 具体的な事例が思い浮かばないのですが、これはどういう意味なのでしょうか? できましたら具体的事例をおしえていただきたいです。 確認事項が多くすみません。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 不動産登記法

    あけましておめでとうございます。 いつもお世話になります。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 不動産登記法でわからないところがありました。 1つでも教えて頂きたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。 1.共有不動産に抵当権が設定してある場合、抵当権を弁済したときの抹消は、保存行為として、共有者の一人からでも抵当権者と協力して抹消登記できる(質疑登研244P69)とありますが、 これは、弁済以外の原因で抹消する場合でも可能なのでしょうか? また、抹消が保存行為として一般的なら、地上権を存続期間満了でするときでも可能なのでしょうか? (Wセミナーの竹下先生のブリッジ実践編第9問にて、単独でできる場合はしなさいと書いてあるのに、解答が共有者全員だったので) 2.相続において、相続分を超えて既に財産を受け取っている特別受益者は、相続登記において「申請人ではない」と思いますが、この場合、添付書面として特別受益を証する書面などがいるのでしょうか? 3.優先の定めと根抵当権設定を一括申請はできますか? 4.優先の定めと根抵当権一部譲渡を一括申請はできますか? 5.夫婦で不動産を買うときに、共有物分割禁止などしたい場合なのですが、 所有権移転と共有物分割禁止とを一括で申請できますか? 6.仮登記のときも、仮登記にもとづく本登記のときも、それぞれ識別情報はでるのでしょうか? 7.被相続人が生前に売った不動産の登記移転義務がある場合、相続放棄をした者も亡某相続人として、義務者として申請人になるのでしょうか? 1つでも結構ですので、ご教授ください。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 不動産登記法を勉強しています。

    過去問をしているのですが全く分かりません。自分が持っている参考書やネットなども調べたのですが、全く分かりませんでした。 大変ご面倒だと思いますが、具体的にお教えください。 不動産登記法令第7条第1項第5号ハ「登記の原因について第三者の許可、同意又は承諾を要するときは、当該第三者が許可し、同意し、又は承諾したことを証する情報」を提供しなければならない。と規定している。この規定に関しては、第三者の許可等の欠如が登記原因の取り消し事由とされている場合にも適用があるか否かをめぐって考え方が対立しているが、登記実務は、これを肯定している。登記実務の考え方として根拠となるものはどれか・・・ (ア)不動産登記法は、第三者の許可を証する情報等を提供する場合を、第三者の許可等が登記原因の成立要件又は効力要件とされている場合に限定していない➔根拠としている。 (イ)第三者の許可等の欠如が登記原因の取り消し事由にすぎない場合には、第三者の許可がないときでも、登記原因は有効に成立し、すでに権利変動が生じている。➔根拠としていない。 (ウ)効力が不確定な登記や取引の安全を害するおそれのある登記は、できるだけ防止すべきである➔適切である。 (エ)登記官の形式的審査権の下では、第三者の許可等を要する場合であるか否かを知ることができないことがある➔適切でない (オ)権利の取得者は、仮登記をすることによって、その権利を保全することができる➔適切である。 この問題に関する私の認識は・・・ 農地法3条の許可は、第三者の許可がなければ登記原因の効力が生じない。 未成年者が同意を得ずにした法律行為は、取り消すことができる法律行為であるので、取り消すまでは有効である。 第三者の同意等がないことによって、その法律行為が取り消すことができるにすぎない場合は、その法律行為を取り消すときも第三者の同意等が必要である。 全く支離滅裂で理解不能です。

  • 地上権の一部の売買後の登記

    質問させていただきます。 地上権者が地上権の一部を売った場合、土地の分筆登記をしなければ その一部に地上権を設定できないとこちらで拝見しました。 ではその地上権の一部を買った者から分筆登記などできるのでしょうか? こういった登記は土地の所有者からしか登記できないと聞いたことがありますが・・・。 よろしくお願いいたします。

  • 土地の分筆登記

    土地の分筆登記はその土地を自分で測り登記できないものでしょうか? 一つの土地はすべて一人の所有者で2分した時に厳密な権利関係は生じません。親の土地に子の住宅を建てる場合です。

  • 不動産登記法 権利消滅の定め について

    不動産登記法の権利消滅の定めに関する、同じ問題集で類似問題が二つあり 問題文は同じ事を言ってると思いますが、解答を見ると二つの問題で結論が異なります。 二つの問題は、どこが違うのでしょうか? 【一問目】 登記した権利が、ある人の死亡によって消滅する旨の登記がされている場合において、当該権利がその死亡によって消滅したときの登記の抹消申請は、登記権利者が申請情報と併せて人の死亡を証する市町村長、登記官その他の公務員が職務上作成した書面を添付して、単独で申請することができる。 解答 正しい 【二問目】 Bが死亡した時は所有権移転が失効する旨の付記登記があるAからBへの所有権移転登記がされている場合において、Bが死亡したとの死亡をきは、Aは、Bの死亡を証する戸籍の謄本を添付して、単独で当該所有権移転登記の抹消を申請することができる。 解答 誤り(抹消登記ではなく所有権移転登記をなすべき) 上記のように類似問題ですが、結論が異なっています。 同じ問題集なため作者も同じです。 二問目の誤りの結論の理由として、抹消登記ではなく所有権移転登記によるべきとありますが、一問目は抹消登記でされているにも関わらず、正しいとの結論になっています。 何故結論が異なるのでしょうか?