• 締切済み
  • すぐに回答を!

民事訴訟の書面による準備手続きについて

簡易裁判所で少額訴訟(損害賠償請求事件)を起こされています。 原告の管轄裁判所で裁判が行われることになり、第1回口頭弁論はまだ開かれていません。 原告被告共に本人訴訟です。 訴状に対して答弁書を提出するときに、電話で担当書記官から、 「民事訴訟は、出廷せずに書面のやり取りで手続きすることができる。 またこの案件は損害賠償請求なので、 仮にあなたが出廷せず答弁書も出さなくても、 原告の要求通りの判決が出るとは限らない」と言われました。 その後別の書記官からも、 「遠方に住んでいることと、 損害賠償請求で原告の訴えをあなたが否認していることから、 この案件は通常訴訟のほうがよいと思う。 そうすれば裁判官が被告を尋問すると言わない限り、 書面を提出するだけで、出廷する必要がないから」と言われました。 ところがその後担当書記官が代わり、新しい担当書記官に、 以前上記のように聞いたので、通常訴訟にしたい旨問い合わせた ところ、「必ず出廷しなければダメです。負けますよ」と言われました。 民事訴訟法175条で、「書面による準備手続き」が 認められているのですが、これは裁判官がそのように指示(判断)したときだけ認められる手続きで、 被告から申し出ることはできないのでしょうか? 毎回必ず出廷しなければいけないものなのでしょうか? お教えください。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数734
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#36947

>>「父親が間にたって和解調停をしろ。和解金は140万円」と言ってきました。「自分が勝ったら娘(私)は犯罪者になり、 犯罪人名簿に記載される、それでもいいのか、 和解に応じなかったら、父も告訴する」等 脅迫ですね。 メール類はすべて保存しておき、念のため警察にも相談しておきましょう。 法的な根拠がないような訴えでしたら、移送(裁判所の変更)の申し立てをし、それが認められれば、あなたの住所地で裁判ができます。 法的根拠を欠くような訴えで訴権を乱用し、さらには脅迫じみたメールを送ってくるのなら、こちらからの損害賠償請求も可能です。 きちんと代理人を立てて対処したほうがいいと思います。 大変かもしれませんが、負けないで下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答を、どうもありがとうございました。 突然言いがかりのような内容で提訴され、 両親を脅され、 腹立たしいやら心細いやらで困っておりましたので、 ご親切に教えていただいて、本当に助かりました。 移送の申立もやってみます。 両親は「警察に言っても取り合ってもらえないのではないか」と申しておりますが、できることは何でもやって、相談もしてみます。 >大変かもしれませんが、負けないで下さい。 温かい励ましのお言葉、とっても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 民事訴訟における答弁書と準備書面

    民事訴訟では訴状に対して被告が答弁書、また原告が準備書面を提出しますが、被告が提出する答弁書に訴えに関する以外のことを書いても良いのでしょうか? たとえば、こちらが、サービス残業請求で訴えを起こした場合、被告である会社の答弁書で仕事でミスがあったからとか、サービス残業に関係ないことなど書いても良いのでしょうか?

  • 少額訴訟でも準備書面って出したほうがいいの?

    少額訴訟でも準備書面って出したほうがいいの? こっちが原告で、相手が被告で、 簡裁の少額訴訟で、敷金返還訴訟なんだけど、 こっちが相手に訴状を送って、 相手が答弁書を出してきたんだけど、 その答弁書に対して、こっちも 準備書面を書いて出したほうがいいの? で、それって裁判所の担当の書記官に渡すの?

  • 民事訴訟の答弁書の提出が間に合いません、どうすれば

    民事訴訟中で当方原告です。 次回 第3回口頭弁論が11月20日です。 答弁書を作成していますが調査することが多く、まだしばらく答弁書が完成しません。 前回の第2回口頭弁論時には裁判官から特に次回期日までに提出するよう指示は受けていません。 この場合の対処としては (1)「調査が多く答弁書作成にまだ時間を要するので提出は今しばらく時間を頂きたい」との答弁書を提出するべきでしょうか?  その場合どのような内容を記載すれば宜しいでしょうか?上記のような内容で宜しいでしょうか?  上記のような簡単な1文でよいでしょうか?  参考の文章やURLがありましたら、ご教示頂けますでしょうか? (2)書記官に答弁書が未完成で次回口頭弁論までに提出出来ない旨、電話連絡で宜しいでしょうか? (3)何も事前に伝えず、次回口頭弁論時に「まだ答弁書が出来ていないので、もう1ヶ月位時間が欲しい旨、裁判官に伝えれば問題無いででしょうか?(多少怒られますか?) (4)その他、よく使う手法はありますでしょうか? (5)このような事は珍しくないケースでしょうか? (6)もし裁判官に答弁書の提出期日が指定されていた場合に提出しないと、どうなりますでしょうか? (7)また、別件ですが正式名称は裁判官でしょうか裁判長でしょうか?(判事は1人で書記官1人です) その他、何でもご教示お願い致します。 宜しくお願い致します。

  • 回答No.1
noname#36947

>民事訴訟法175条で、「書面による準備手続き」が認められているのですが、これは裁判官がそのように指示(判断)したときだけ認められる手続き・・・ 書面による準備手続きは争点の整理のための制度ですので、質問の件とは関係のない制度です。 あなたが言いたいのは、書面による準備手続きの話ではなく、陳述擬制のことではないでしょうか? 陳述擬制とは、欠席した期日に準備書面の内容を陳述したものとみなされる制度です。 これにより、欠席しても一定の範囲で出廷したのと同様の効力が生じます。 ですので、相手の主張次第ですが、毎回必ず出廷しなければいけないものではないです。 出廷しても負けることもあれば、出廷しなくても勝つこともあります。 具体的な内容がわからないとなんとも言えないので、訴状をもって弁護士会か、司法書士会か、どこかに相談にいった方がいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、どうもありがとうございました。 「陳述擬制」というのですね。 >毎回必ず出廷しなければいけないものではないです。 とのこと、少し安心しました。書記官の方の言う事が、人によって違ったので、混乱して困っておりました。 法律相談で、弁護士さんには「相手方には法的な根拠もなく、訴訟を起こすほどのことではないと思う」と言われました。 私に対する嫌がらせで提訴したのではないか・・・と思っておりましたが、 私が答弁書を提出した後、原告は私の両親に 「父親が間にたって和解調停をしろ。和解金は140万円」と言ってきました。「自分が勝ったら娘(私)は犯罪者になり、 犯罪人名簿に記載される、それでもいいのか、 和解に応じなかったら、父も告訴する」等、 毎日のように両親のところに脅しのようなメールが来るそうで、 どう対処したらいいのか、苦慮しております。 両親とは離れて暮らしておりますので心配で・・・ 両親への脅しについても、弁護士さんに相談に行くつもりですが、 自分が提訴しておきながら、私が応訴したら、 関係ない田舎の両親に和解をしろと迫るのは許せない気持ちでいっぱいです。

関連するQ&A

  • 民事訴訟での答弁の内容について

    民事訴訟を起こした場合、被告から答弁書が提出されると思いますが、 答弁書の内容は原告の請求の趣旨の内容以外のことを書いても良いのでしょうか? たとえば、未払い賃金訴訟を起こした場合ですが、 被告(会社)の答弁の内容が未払い賃金以外でもかまわないのでしょうか。

  • 民事訴訟で被告から答弁書が届かない

    民事訴訟(本人訴訟)を地方裁判所に提訴しました。内容は、貸金請求事件で、証拠書類等は、全て訴状に添付してます。 間もなく第1回目の期日を迎えようとしているのに、被告から答弁書が届きません。管轄裁判所が原告(私)の住所地から遠方にあるため、第1回期日には出廷しないつもりです。 1 原告(私)が第1回期日に出廷せず、被告が答弁書の提出をせず、出廷もしなかった場合には、その後の裁判はどのような展開になることが予想されるのでしょうか? 2 訴状提出後、裁判所からは補正命令などの通知がなかったので、被告に訴状が届いていると思いますが、原告に何ら連絡なしに公示送達の手続きが行われることがあるのでしょうか? 以上不勉強で要領を得ないとは思いますが、ご教示いただけますようお願いします。

  • 民事訴訟で被告が欠席した場合?

    民事の損害賠償請求事件で 被告が答弁書も出さない、 第1回口頭弁論にも欠席した場合、 裁判長によっては欠席裁判で第1回目の口頭弁論であっても欠席裁判で原告の全面勝訴の判決を言い渡すことはありますか?

  • 民事訴訟の和解について

    損害賠償請求訴訟で訴える側(原告)となり裁判所から和解提案が出されるということはある程度原告の訴えが認められるたと判断して良いのでしょうか? それと被告側が和解提案を拒否してきた場合は、判決に影響はあるのでしょうか? また同じ様に原告側は拒否してきた場合はどうなのでしょうか?

  • ★被告代理人は何者なのでしょうか?

     本人訴訟で、国会賠償の訴訟を提起しました。理由は、地方裁判所の民事裁判官の裁判上に対する損害賠償です。本人訴訟で、相手は国=裁判所ですから、相手も馬鹿にしたのでしょうか、答弁書には、送達先も、電話をファクシミリも記載されてはおりませんでした。被告代理人ということで、男女2名の名前が載ってました。実際、口頭弁論が先日ありましたが、合議で3人裁判官が出席、原告の私と、被告代理人の若い男女が2人、書記官1人。傍聴人は0と侘しいものでした。  私は、裁判官と被告代理人に「準備書面の副本を被告側に送付もしくはファクシミリで送信したいので、送達先、電話番号、ファクシミリを提示してください」と話すと、裁判長裁判官は、「裁判所の住所とファクシミリ知ってるでしょ、書記官に正本、副本一緒に提出してください。」とのことでした。  被告代理人はいったい何者なのでしょうか?当初、法務省の役人かなと思ってましたが、答弁書には、法務省訟務課とか、東京法務局○○課とか書かれていないし、裁判所の担当書記官に正副直送というので、裁判所の職員かなとも思うのですが、どんなものでしょうか?予測というか推測でもいいので教えていただけませんか?

  • 民事訴訟での手続きの方法

    ご相談させて頂きます。 婚約不履行による慰謝料請求の訴状を提出し、第一回出廷の日にちが決まりました。それに伴い、以下の質問をお願い致します。 (1)訴状には交際経緯等の詳細は書かなかったので、それらを時系列に纏めたものとその根拠となる私が綴ったダイアリーを提出しようと思っていますが、出廷日の何日ぐらい前までに提出すればいいのでしょうか。 (2)また、それ以外で第一回の出廷日に備えて、どのようなものを提出すればよいのでしょう。 (3)当日は、相手(被告)は出廷しなくても代理人の弁護士が出廷、または答弁書の提出だけで構わないと聞きましたが、私(原告)はどうなのでしょう? (4)具体的に第一回目は、どのようなことをするのでしょう?私から被告に質問、または被告から私への質問などのやり取りが発生するのでしょうか? (5)相手は以前にも同じケースようなケースで長期にわたり裁判をおこなったことがあるようなのですが、その時の資料を原告側の資料として入手し提出したいのですが、裁判記録の開示請求は具体的にどのよう行えば良いのでしょうか。ちなみにそのとき提訴された裁判所の地域も具体的な年月日もわかりません。 以上宜しくお願い致します。

  • 被告から答弁書(準備書面?)が届かない

    お世話になります。 こちらは原告(損害賠償請求)です。 被告から一回目は『認否については追って陳述する』という答弁でした。 二回目の裁判の直前においても、相手から答弁書(準備書面?)が届かないです。 こちらは、被告の認否がないと何も言えないのですが…いつまで被告は認否の先伸ばしが可能なのでしょうか。 被告が事前に書面で提出してくれないと、反論がまた次回裁判になり、裁判が長引いてしまうので嫌だなと、感じています。 被告ついても、素人ながら答弁書の提出をしないというのは、あまりメリットを感じませんが、何があるのでしょうか。 (お互い弁護士をたててます。) 分かりにくい質問になっていると存じますが、この質問から読み取れる範囲内で回答を頂ければ幸いです。

  • 少額訴訟の流れについて教えてください。

     交通事故の物損、損害賠償請求で6/2に原告として少額訴訟を提起し、7/5が口頭弁論日となりました。  ここでは、被告が通常訴訟に移行しないことと和解は無いことを前提としてお伺いしたいのですが。  少額訴訟ということで1回の審議で判決が下るので証拠の準備は事前に十分にしておかなければならないと思うのですが、そこでご質問です。  (1)追加で証拠を裁判所に提出したいのですが早めの方がよいでしょうがいつ頃まででしょうか?  (2)被告より答弁書が原告に郵送されると思いますが、いつ頃でしょうか?  (3)その答弁書に対して原告は準備書面として反論文を提出しなければならないと不利になるのでしょうか?  その他、少額訴訟の流れをご教授頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

  • こちらが原告の民事訴訟で被告からの妨害行為

    損害賠償請求訴訟の原告で被告側から迷惑電話等の行為があった場合、法廷で陳述できるのでしょうか? またやめさせるにはどこに言えば良いのでしょうか?

  • 民事訴訟の「請求の趣旨」につきまして。

    民事訴訟の「請求の趣旨」につきまして。 損害賠償事件にて よく「請求の趣旨」に記載する (1) 1、被告は原告に対し、金○円及びこれに対する平成○年○月○日から支払い済みまで年5分による金員を支払え。 という記載がありますが、 年5分以上は請求できないのでしょうか? 例えば、年1割とか? 原告が支払いを頂ける損害賠償を被告が払わないので、「年5分」では納得いきません。 特段、被告とは遅延損害金の利率の定めはしていません、そうすると 民事で年率5%、商事で年率6%になってしまうのでしょうか? 原告は年1割は請求したいのですが、無理でしょうか。 (2) 「支払い済みまで年5分による金員を支払え。」と記載しますが、 これは、 A.よくいう、「訴状到達日から」というのがありますが、 原告が被告に支払いの請求をした時点から請求することができるのでしょうか? だとしたら、訴状到達日より、随分前になるので、「年5分」の請求が長くなるので、その分、請求できる金額が多くなります。 (3) 「2、訴訟費用は被告の負担とする。」という記載はしますが、これは「予納郵便切手」も請求することができるのでしょうか? 宜しくお願いいたします。