• 締切済み
  • 困ってます

被告から答弁書(準備書面?)が届かない

お世話になります。 こちらは原告(損害賠償請求)です。 被告から一回目は『認否については追って陳述する』という答弁でした。 二回目の裁判の直前においても、相手から答弁書(準備書面?)が届かないです。 こちらは、被告の認否がないと何も言えないのですが…いつまで被告は認否の先伸ばしが可能なのでしょうか。 被告が事前に書面で提出してくれないと、反論がまた次回裁判になり、裁判が長引いてしまうので嫌だなと、感じています。 被告ついても、素人ながら答弁書の提出をしないというのは、あまりメリットを感じませんが、何があるのでしょうか。 (お互い弁護士をたててます。) 分かりにくい質問になっていると存じますが、この質問から読み取れる範囲内で回答を頂ければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1975
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

>被告から一回目は『認否については追って陳述する』という答弁でした。 と言うことで、第二回目の口頭弁論期日が近日なのに認否がないと言うことですね。 そのようなことは実務ではよくあることです。 双方代理人と言うことですから、「法廷戦術」です。 しかし、3回目も、4回目も認否がなければ「明らかに争わない。」として終結します。 その前に、裁判所から打診があります。 なお、損害賠償請求ですから、その種の事件は弁護士でも難しい部類に入ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 被告の準備書面1

    原告です。 提訴してから答弁書では争うとありました。 原告は準備書面1を出して反論しています。 次は被告の準備書面なのですが、提出もなく 出廷もしていません。 これで被告は逃げることができるのですか?

  • 被告の答弁書の後

    民事裁判の原告です。損害賠償の訴訟を起こし、被告から嘘ばかりの答弁書が送られてきました。 準備書面1でスクリーンショットを元に嘘を論破した次第です。 被告は期日となる日に準備書面の提出もせず、出廷もなく、今度は私、原告の準備書面を 提出することになります。 私の弁護士曰く、裁判官からこれまでの主張の中から不法行為を特定するように指示を受けているようです。 このまま、被告の嘘は被告側からの弁護士に 責められて、負けと見越して出さないのでしょうか? この後の展開がどのようになるのか不安でもあります。 もしよろしければ、回答を頂ければ嬉しくおもいます。

  • 準備書面、答弁書、上申書などの違いは?

    控訴審で控訴理由書を提出したら、相手の弁護士が答弁書として、請求の趣旨を書いた1枚の答弁書と準備書面を出してきました。準備書面とは、原告または控訴人が書くものと思っていましたが、準備書面に対する回答が答弁書なのでしょうか?原告、被告とも準備書面、答弁書という表題で書いてもいいのですか?とまた、準備書面や答弁書の中に、こちらの主張や相手の書面に対する回答が混在しててもかまわないのでしょうか? ついでに、回答書や上申書などの表題もありますが、明確な使い分けはあるのでしょうか?それとも表題には慣習や規定があまりないのでしょうか?

  • 回答No.2

答弁書・準備書面は、開廷当日ということもよくあります。 損害賠償請求の場合だけではなく、原告には「原告立証責任」というのがあり、訴えた内容に関する証明責任がありますから、相手に惑わされることなく淡々と証明をしてください。 いつ、否認するかは相手の自由ですから・・・ 訴訟は、平均して1年近くかかりますから、気長に構えるしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

 相手にも弁護士がついているなら、当日法廷に出てきて陳述するのでしょう。  準備書面を出していれば、「準備書面の通り陳述します」となりますが、準備書面が提出されていないのなら、実際に陳述することになります。  たぶん「否認します」でオワリではないでしょうか。  それなら、事前に通告しておく必要もない事だと考えても不思議はありません。  もともと主張、立証責任は原告の質問者さん側にありますので、そう来るものとして(質問者さんの代理人は)次々回用の準備をしてるんじゃないでしょうか。  質問者さんにも弁護士が代理人としてついているようですから、お任せになり、イライラしないほうがよいと思いますよ。   > 裁判が長引いてしまうので嫌だなと、  それも被告側の作戦かもしれません。  散々困らせておいて、原告がウンザリしたところで和解を提案するとかは、よくある手です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 答弁書や準備書面。裁判所の発送時期等について!

    1 被告ら裁判所に答弁書や準備書面が1日に到着した場合、裁判所が原告に発送する日は何日位になるのでしょうか? 当然、裁判官の決済が必要じゃないですかね? 2 もし原告に期日の3日前に答弁書等が届いて準備書面が間に合わない場合。原告は裁判所に対しファックス等で[答弁書に対する反論は第2回期日までに書面で提出します。]ですか? それとも期日にその旨を伝えるほうがいいのですか?どちらが妥当でしょうか? 宜しくお願いします。

  • 答弁書や準備書面を出すタイミング

    普通、攻撃ないし防御方法は、適切な時期に提出しないと受理されないこともあるようですが、裁判官は一応はそれを読むのですか?また、先日私が原告として申し立てした裁判において、被告が第1回期日、当日必着で答弁書を裁判所に送ってきたのですが、裁判官はそれを読んだようです。こういうウラワザ?を使われてちょっとムカッとしたのですが。それはどういうメリットがあって被告はそうしたのですか? また、被告の答弁書に対する原告の準備書面を、期日の前日または前々日などギリギリで提出した場合、裁判官はそれを被告に「速達」で送付したりするものなのですか?

  • 民事訴訟における答弁書と準備書面

    民事訴訟では訴状に対して被告が答弁書、また原告が準備書面を提出しますが、被告が提出する答弁書に訴えに関する以外のことを書いても良いのでしょうか? たとえば、こちらが、サービス残業請求で訴えを起こした場合、被告である会社の答弁書で仕事でミスがあったからとか、サービス残業に関係ないことなど書いても良いのでしょうか?

  • 準備書面1

    お尋ねしたいことがあります。 民事裁判中の原告です。 訴状を出し、被告からの答弁書には争うと ありました。私、原告も準備書面1を提出し 今は被告の提出の期日となっています。 ただ、届かないのです。 この被告の提出がない場合どうなるので しょうか? いつまで待って判決と至るのかわかりません もし、宜しければお教え下さい。

  • 準備書面について

    民事訴訟で反訴した場合、第一回で訴状、答弁書、反訴状の陳述が行われる場合があります。 第二回で結審したい場合、被告(反訴原告)は準備書面に対する準備書面と反訴答弁書に対する準備書面を提出することになりますが、この場合の準備書面というのは、必ず2通に分けて(それを正本と副本で計4通)必要なものですか? 例えば、1通にして、本訴と反訴の主張を兼ねて提出する、ということは可能ですか?(それを正本と副本計2通提出すると言う事です。)

  • 第1回目の原告準備書面は、答弁書を見てからでよい?

    第1回目の原告準備書面は、答弁書を見てから、作成、提出してよいのでしょうか? 証拠方法の提出についても、答弁書を見てから、どれを出すかを決めて、提出するということでよいのでしょうか?

  • 準備書面の書き方

    弁護士さんどなたも受任してくれないので、本人訴訟を提起しました。(被告が弁護士) 被告から答弁書が提出され、答弁書には『不知』『認める』『争う』と記載され、反論して来ています。 準備書面には、『争う』部分に対して、証拠を添えて、主張すれば良いのでしょうか? 『不知』の部分については、何も主張しなくても良いのですか?  答弁書には、次回期日までに準備書面にて、反論すると書かれてあります。答弁書には反論せず、被告準備書面が提出されるまで、待って、反論した方が良いのでしょうか? 教えて下さい。 教えて下さい。宜しくお願い致します。

  • 被告2人が各自答弁書を出したら、被告1人ずつ準備書面で反論するか教えてください。

    簡易訴訟(損害賠償事件)で、本人訴訟をしているものです。 第1回の答弁期日は終了したので、今度は私が準備書面を出す番なのですが、被告がA氏B氏と2人おり、答弁書の記名が1枚はA氏だけ、もう1枚はA氏B氏と連名で書かれており、それぞれの答弁書に準備書面も2枚用意しなくてはならないのですか? また答弁書2枚とも、似通った文章なのですが、ところどころ話がずれているので、どちらの言い分なのかがはっきりせず困っています。

  • 小額訴訟の答弁書・準備書面について教えてください。

     昨年8月に車を停車中に某大手タクシー会社にオカマをほられました。怪我もしてこちらは自賠責保険で補償されていますので問題ないのですが、自車の物損損害修理額42万に対して相手は放置プレーで取り合いません、「賠償して欲しければ訴訟を起こしてくれ」と言ってる次第です。  一度は諦めかけましたが友人の助言で損害賠償の小額訴訟を6月30日に提起して口頭弁論期日は7月5日です。そして6月27日に相手被告から答弁書が郵送され内容は言いがかりもいいような「過失割合当方3割。被告7割である」旨の答弁です。当然、当方は過失無しを確信しています。因みに当方原告は証拠として実況見分調書、東京地検の相手被告の「業務上過失傷害」という通知書、詳細な事故状況説明書事故当時写真付き、を提出していて過失が無いことは証明できると思っています。  そこでご質問ですが被告答弁書内容に異議がある場合、原告はそれに対して反論書面の準備書面を簡易裁判所に口頭弁論までに提出したほうがよいのでしょうか、それとも上記証拠をたてに口頭弁論日に主張でも宜しいでしょうか?  口頭弁論までの行う必要があること、準備必要なこと何でもご教授頂ければ幸いです。期日も迫っていますので宜しくお願いいたします。

  • 答弁書の書き間違い

    先日、損害賠償の訴状が届きました。 裁判所からの郵便に、答弁書を返送するように書かれていたので、 答弁書を記載して送り返したのですが、一部 事実と違うことを 書いてしまい、その結果 原告から準備書面にてその間違いを 指摘されてしまいました。 12月に口頭弁論が開かれるのですが、書き間違えた部分を 訂正することは可能でしょうか。 よろしくお願いします。