• ベストアンサー
  • 困ってます

被告の答弁書の後

民事裁判の原告です。損害賠償の訴訟を起こし、被告から嘘ばかりの答弁書が送られてきました。 準備書面1でスクリーンショットを元に嘘を論破した次第です。 被告は期日となる日に準備書面の提出もせず、出廷もなく、今度は私、原告の準備書面を 提出することになります。 私の弁護士曰く、裁判官からこれまでの主張の中から不法行為を特定するように指示を受けているようです。 このまま、被告の嘘は被告側からの弁護士に 責められて、負けと見越して出さないのでしょうか? この後の展開がどのようになるのか不安でもあります。 もしよろしければ、回答を頂ければ嬉しくおもいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数206
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

 昨日付の補足質問を拝見しました。 > ただ、第二回の、準備書面を提出しました。 > この後、被告の反論がない場合、どうなりますか⁉️  日付が変わって昨日になりますが、別質問に回答した通り、被告がまったく反論しない場合、あと1回か2回で結審となり、質問者さんが主張したことをそのまま認める判決が出るものと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。その回答が欲しかったのです。

質問者からの補足

また、被告からの反論がないなか、準備書面2にて、裁判所の指示のまま、不定行為を書いた次第です。 更に、被告の関係者から私が助けを求めた内容を連続LINEを11枚送られてきたのです。 裁判係争中に明らかに嫌がらせと脅しと考えられるLINEもメールが原告は,著しく恐怖且つ嫌悪しているので,裁判所には早く適切に解決して頂くことを希望すると書きました。

関連するQ&A

  • 準備書面、答弁書、上申書などの違いは?

    控訴審で控訴理由書を提出したら、相手の弁護士が答弁書として、請求の趣旨を書いた1枚の答弁書と準備書面を出してきました。準備書面とは、原告または控訴人が書くものと思っていましたが、準備書面に対する回答が答弁書なのでしょうか?原告、被告とも準備書面、答弁書という表題で書いてもいいのですか?とまた、準備書面や答弁書の中に、こちらの主張や相手の書面に対する回答が混在しててもかまわないのでしょうか? ついでに、回答書や上申書などの表題もありますが、明確な使い分けはあるのでしょうか?それとも表題には慣習や規定があまりないのでしょうか?

  • 答弁書が届かないまま、一回目の出頭の前日になりました。

    答弁書が届かないまま、一回目の出頭の前日になりました。 民事訴訟(離婚慰謝料)の原告側です。 諸事情で今は弁護士はいませんが、今回のが終わった後に弁護士がつきます。 明日早めに行って、担当書記官に色々聞こうとは思っていますが、なんだか今日は気になって眠れなさそうなので、質問させて下さい。 明日のだいたいの流れは、請求する理由を述べて、次回に反論する書面を出すよう言われ、終わりでしょうか? 請求する理由は、準備書面通り陳述します、でいいのでしょうか? それとも、やはり準備書面を読み上げた方がいいのでしょうか? 何回くらいで、判決はでますか? 答弁書を読んでから、次回に証拠等を入れたものを提出しようと思っていたのですが、答弁書がこなかったので…明日提出した方がいいでしょうか? (証拠などは司法書士が作成済) 弁護士がまだついていないので、とても心細いです。 明日被告がこなければ万々歳なんですが、答弁書を提出しないで出頭するケースも多いんですよね? こうしたらいいよ、などあったら教えて下さい。 励ましも貰えたら嬉しいです。

  • 被告から答弁書(準備書面?)が届かない

    お世話になります。 こちらは原告(損害賠償請求)です。 被告から一回目は『認否については追って陳述する』という答弁でした。 二回目の裁判の直前においても、相手から答弁書(準備書面?)が届かないです。 こちらは、被告の認否がないと何も言えないのですが…いつまで被告は認否の先伸ばしが可能なのでしょうか。 被告が事前に書面で提出してくれないと、反論がまた次回裁判になり、裁判が長引いてしまうので嫌だなと、感じています。 被告ついても、素人ながら答弁書の提出をしないというのは、あまりメリットを感じませんが、何があるのでしょうか。 (お互い弁護士をたててます。) 分かりにくい質問になっていると存じますが、この質問から読み取れる範囲内で回答を頂ければ幸いです。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

 1番回答者です。 > 裁判官から私の弁護士にこれまでの主張の中から不法行為を特定するように > 指示されたようです。  そうですよね。裁判官から原告である質問者さん側への指示ですよね。納得しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

質問者からの補足

ただ、第二回の、準備書面を提出しました。 この後、被告の反論がない場合、どうなりますか⁉️

  • 回答No.4
  • NOMED
  • ベストアンサー率30% (347/1155)

>スクショは手を加えていないものです ですから、その証明をあなたがしないのであれば、相手するしかないのです 例えば、原告が2ヶ月分のスクショしか出さない場合、相手が過去半年分のスクショを用意する場合もありますし、相手がスマホのLINEアプリを入れ替えていたら、過去のやり取りが消えていますので、LINE株式会社(日本東京支社新宿オフィス)に過去の履歴を開示請求するしか無いのです ・・・ちなみに、まぁ弁護士に聞けばわかりますが、損害賠償訴訟なんて普通に1~2年かかる裁判ですから、裁判所も相手もぜんぜん急ぐ理由はありません また、気になる点として、論破?できたのかなんて判断は、裁判所がするものであって、原告が判断するもの・できるものでは決して無いことは、覚えておきましょう 相手が出す → 一ヶ月 → 反論する → 一ヶ月 → それにまた反論する → 一ヶ月 → 新しい証拠を提示する → 一ヶ月 → 反論する → 一ヶ月 → それにまた反論する → 一ヶ月 → 新しい証拠を提示する → 一ヶ月 → 反論する 損害賠償訴訟裁判とは・・・そういうものですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私は原告なのですが、被告の答弁書には 私とLINEアプリの通信はしておらず、主に電話であったと書いていたのです。 多分に私が消していると思ったのでしょう。 そして、最初にコンタクトを取ってきたのは被告 でして、その後のLINEのスクショを証拠にあげました。

  • 回答No.3
  • stss08n
  • ベストアンサー率16% (449/2747)

●冷静になられたら、多分、被告側は”有耶無耶にしようと、考えていられるのでしょう。・・・”所謂、逃げ得を被告サイドは、考えていますでしょう。! ●そりゃぁ、原告が言う事を、認めたら、裁判訴訟費用含めて”負けた方が、全て 訴訟費用を、全部負担しなければ、ならないでしょうから。 ※ 裁判官は、”中立の立場です。※ ●原告が、提訴・訴訟した 次に、被告サイドが”公判前・準備書類を出す・出さないで、曖昧にしている(裁判作戦とか戦略)場合は、結局は”言った、聞いてない 覚えてないを”しつこく、繰り返す事は、必然的な成りいきでしょう。 ●被告曰く、”何も公的に”状況説明をしないまま、”知らんぷりを、何が何でも ➡”被告側が、有利になる様に持っていこうと、”決め込んで、いるのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうこざいます。

  • 回答No.2
  • NOMED
  • ベストアンサー率30% (347/1155)

簡単に説明します スクショなんて今の時代、誰でも画像処理できますね 例えば(あくまでも例)スマホの場合、こちらの発信した書き込みを消すことができますので、一度相手を怒らせてから、暴言を引き出したあと、こちらの書き込みを消せば、一方的に暴言を書き込まれたというスクショが完成します つまり、そのスクショが本物なのかどうか?相手側が調べる時間が必要です また、そのスクショが本物であるのか?本人同士のやり取りであるのか?についても、そのスクショの元となるアプリ会社に情報の照会申請を行う時間も必要です つまりつまり、準備書面で論破?したスクショに怪しい操作(画像処理・情報処理)などが合った場合、証拠としての価値がなくなり、逆に偽証行為であることがわかれば、被告側が有利になりますから、その証拠(スクショ画面)が本物であるのか?を調べる作業と時間が必要です その証拠が本物であるのか?裁判所は調べることではありませんから、被告側が時間と関係機関に協力を仰ぎ、次回の反駁準備を進めていると思います また、連休も続いていますから、早急に関係会社などの開示請求に時間がかかることも見込まれますし、数ヶ月相手がなにもしてこないことは・・ザラです >責められて、負けと見越して出さないのでしょうか? 勘違いされているかもですが、損害賠償請求訴訟は最初から、勝つか負けるか・・という裁判の進行は基本ありません 裁判官は双方の意見を聞いて、互いに妥協できる落とし所を探ることをまず奨めます ので、おそらく、勝ち負けを意識しているのは原告だけかも知れないことに気づかれても良いでしょうね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうこざいます。 Lineのスクショは手を加えていないものです。 それでも、、証拠とならないのですか? 理不尽な気がします。

  • 回答No.1

 意味不明な行もあるので、これからの展開を予想するうえでも、まず時系列的に並べてみましょう。 (1)A(質問者さん)がBを提訴 (2)Bから、裁判所とAに対し、ウソだらけの答弁書が届く (3)準備書面1でAがBの答弁書のウソを論破 (4)第1回目の開廷期日。 被告Bは欠席 (5)法定外で「裁判官からこれまでの主張の中から不法行為を特定するように指示を受けているようです」とAの弁護士が言った。  という順番だという理解でいいですか?(3と4の順番が入れ替わっても同じ)  だとすると、Bは答弁書を出して初回期日に欠席しただけなので、問題はありません。  「原告と被告が、交互に準備書面を出さなければならない」なんて義務はないのです。  まだ2回目の期日までに間があるようですので、被告Bが2度目の準備書面を出す必要はありません。忙しい時などは、準備書面など一切出さず、2度目の法廷で意見などをしゃべる(「陳述する」という)のでもOKなのです。  負けると見越して準備書面を出さない可能性もありますが、ただ忙しいダケかもしれません。  どこにも、「被告Bにも弁護士がいる」とも「Bに弁護士はいない」とも書いて無いので、『被告側からの弁護士に責められて』なのかどうかは、全くわかりません。  (5)については、何をおっしゃりたいのかわかりません。「これまでの主張の中から不法行為を特定」して損賠賠償を請求するのは「原告のA」の役割であって、被告ではないはずなので、なんでAの代理人弁護士が「・・・ ようです」みたいな他人事(ひとごと)のように言うのか、理解できません。  とりあえず、答弁書は出ていますので、被告が初回の法廷に欠席するのは問題ないです、おとがめはありません。初回を欠席したとしても、負けを覚悟したからだ、とは言えません。  もう1回待ちましょう。問題は、2度目の法廷に出席するか欠席するか、です。欠席してくれれば、(答弁書のウソは論破されているので)その場で結審して質問者さんに有利な判決が出る可能性が高くなります。  出席した場合、何を陳述するか、です。出席すれば、その場で結審することはないでしょうが、裁判所から双方に「次回までに・・・ してほしい」的な具体的な指示があるでしょう。  その指示に従ったところで、「次は?」とか質問してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうこざいます。

質問者からの補足

補足します。被告の陳述、出頭がないないなか、裁判官から私の弁護士にこれまでの主張の中から不法行為を特定するように指示されたようです。 これらを作成してくれています。 もちろん、私へ書面確認を提示してくれるので 待っています。

関連するQ&A

  • 被告の準備書面1

    原告です。 提訴してから答弁書では争うとありました。 原告は準備書面1を出して反論しています。 次は被告の準備書面なのですが、提出もなく 出廷もしていません。 これで被告は逃げることができるのですか?

  • 答弁書の書き方について

    奨学金返還の請求訴訟の被告となってしまいました。 「口頭弁論期日呼出及び答弁書催告状」という書面が届き答弁書の提出を求められているのですが、 原告側とは先に分割払いでの話し合いがついており私の手元には和解条項案も送られてきています。 しかし、催告状に同封されてきた「訴状に代わる準備書面」というものには分割払いのことは 一切触れられていません。 この場合、どのように答弁書を書けばよいのか教えてください。 また分かりやすい雛型などあればそちらもお願いします。

  • 答弁書や準備書面。裁判所の発送時期等について!

    1 被告ら裁判所に答弁書や準備書面が1日に到着した場合、裁判所が原告に発送する日は何日位になるのでしょうか? 当然、裁判官の決済が必要じゃないですかね? 2 もし原告に期日の3日前に答弁書等が届いて準備書面が間に合わない場合。原告は裁判所に対しファックス等で[答弁書に対する反論は第2回期日までに書面で提出します。]ですか? それとも期日にその旨を伝えるほうがいいのですか?どちらが妥当でしょうか? 宜しくお願いします。

  • 二審で被控訴人は答弁書を出さず欠席 擬制自白に該当しませんか?

    本人訴訟で現在は控訴判決待ちです。 所在不明の被告とは、過去4回の民事裁判を経て、常に被告は代理人委任をして、被告の現住は知ることができないものの問題はありません。 しかし被告は、今回は代理人を付けず、訴状送達先は以前の代理人弁護士事務所宛となっています 原審では本人訴訟で答弁書を提出して欠席しました、全三回期を通して出廷はせず、これで原告敗訴でした。 不審なのは・・ もし訴状等の書面が被告に送達されず 他者が答弁書を提出していたら 裁判は構成されないのではないでしょうか。 原審で被告は欠席して この答弁書はFAX で受理した 答弁書の副本は渡されていない 答弁書には「請求が余事記載」など この文面は法律の関係者に拠る作成と思われます。 控訴審、当日の未明に準備書面を裁判所・相手側(弁護士事務所)にFax送信した 当然に被控訴人は出席をする ここで受理は確認できる ところが被控訴人は不出廷 裁判長はこの準備書面を不陳述とした、理由を訊いたところ、被控訴人が受理した確認がされていない。 二審では答弁書の提出もせず出席もしない これで結審ですが、二審では「擬制自白」となるのではないでしょうか。 一審の答弁書の印章は100均にある 自筆署名はない 本人は全4回の口頭弁論に一度も出廷をしていない。 ・・となると原審の答弁書は、被告本人ではなく何者かの偽造、つまり“成りすまし本人訴訟”ではないかと妄想してしまいます。 控訴棄却となれば上告しますが、先週には被告の公示送達で原告敗訴が最高裁の決定で確定しました、これも偏頗と思います。 ご教示戴きたいのは、二審で擬制自白が成立するか、否か、また被告が一審で答弁書のみを提出、以後の控訴審まで一度も出廷せずに、被告勝訴となる場合はありますか? 宜しくお願いします。

  • 民事訴訟における答弁書と準備書面

    民事訴訟では訴状に対して被告が答弁書、また原告が準備書面を提出しますが、被告が提出する答弁書に訴えに関する以外のことを書いても良いのでしょうか? たとえば、こちらが、サービス残業請求で訴えを起こした場合、被告である会社の答弁書で仕事でミスがあったからとか、サービス残業に関係ないことなど書いても良いのでしょうか?

  • 答弁書が期日を過ぎても送られてこない。

    本人訴訟で民事裁判を起こしております。 第1回口頭弁論がまもなくあります。 被告側には弁護士がいるみたいなのですが、答弁書が期日を過ぎてもいまだに送られてきません。 答弁書を期日までに提出しなくても特に問題はないのでしょうか?このまま答弁書が来ない場合、原告が何か有利になる事はありますか?? あと、気にしているのは口頭弁論期日の直前に被告が答弁書を送ってくるのではないかと考えています。 そうなると答弁書に対する反論が整理する暇がないまま口頭弁論になって原告が不利になると思いますが、こういうことってありますか?

  • 答弁書の書き間違い

    先日、損害賠償の訴状が届きました。 裁判所からの郵便に、答弁書を返送するように書かれていたので、 答弁書を記載して送り返したのですが、一部 事実と違うことを 書いてしまい、その結果 原告から準備書面にてその間違いを 指摘されてしまいました。 12月に口頭弁論が開かれるのですが、書き間違えた部分を 訂正することは可能でしょうか。 よろしくお願いします。

  • 裁判の今後の流れ

    すみません、ご質問があります。 民事裁判の原告です。6月に提訴しまして、被告からは7月に答弁書争うとありました。その答弁書の嘘に対して、ラインアプリなどの証拠を提示して、8月の原告準備 を提出いたしました。9月、出廷当日、期日日になっても何ら反論はなかったようです。そこで裁判所からは原告に対して、これまでの主張の中から不法行為を特定するように提示されまいた。10月、原告は裁判官指示の元、準備書面2を提出いたしました。この後、被告が出廷しなかった場合はどのような進展となるのでしょうか? ある意味、この後の被告の期日に出廷するのかもわかりません よろしくお願いいたします。

  • 被告の準備書面

    お世話になっております。 民事裁判の原告です。 被告側からの準備書面は提出日には何も出されておらず、まだ待っている状態と弁護士さんに聞きました。 何か策略があるのでしょうか? まだこちらには証拠となるスクリーンショットもあります。被告の準備書面を催促できないのでしょうか? また、被告がそのまま、回答しない時はどうしたらよいのでしょうか?

  • 第1回目の原告準備書面は、答弁書を見てからでよい?

    第1回目の原告準備書面は、答弁書を見てから、作成、提出してよいのでしょうか? 証拠方法の提出についても、答弁書を見てから、どれを出すかを決めて、提出するということでよいのでしょうか?