• 締切済み
  • 困ってます

昼休み時間の会議

会社で昼休み時間に上司が「部内会議」と称してまるまる1時間を仕事の会議に当てました。これは労働基準法違反ではないでしょうか。労使協定で昼休みに仕事をさせてもよいという特約などは結んでいません。労働基準法では、9時始業17時終業の労働者には最低45分以上の休憩を与えなくてはいけないと規定されています。1回でもこういう昼休み会議があれば違反だと思いますがいかがでしょう。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1783
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • hisa34
  • ベストアンサー率58% (710/1205)

9時始業ならば6時間を超えて、言い換えれば13時を超えて(17時まで)仕事をさせる場合には会社は少なくとも45分の休憩時間を仕事の途中に与えなければいけません。即ち法律上は昼休み時間でなくても良いのですが、普通は就業規則等で休憩時間が決まっている筈です。こうした「部内会議」は「社内ルール違反」で拒否することもできますし、休憩時間がなければ当然労働基準法第34条(休憩)違反です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。休憩時間はないのでやはり違法でしたね。

関連するQ&A

  • 労働基準法について。

    申し訳ありません、労使協定について質問です。 労働基準法の32条の一ヶ月の変形労働時間制と36条の協定は、どちらも結ばなければならないものでしょうか? どちらか片方でよいのでは無いかと思うのですが? 特に、32条の一ヶ月変形労働時間制、もしくは一年変形労働時間制の労使協定を結んだ場合。 36条の労使協定は特に必要が無い様に思えるのですが。

  • 労働基準法の出社時間と労使協定

    私の会社は8時半始業で8時半から朝会が始まります。 今年の新人で毎日、朝会に遅刻してくるものがいて、業務に支障をきたしております。 新人に注意しますが、労働基準法では入門からが労働時間なので、朝会を8時半からやることがまちがっているといって出社時間を早める様子はありません。 入門からが労働時間という労働基準法の解釈およびこのような件で裁判も起きていることは私の知っております。 やっかいなのが私の会社では始業時間には机につきましょうという労使協定がかなり長い間むすばれていることです。 基準法だけ考えれば、新人は遅刻になりませんが、労使協定からすると新人は毎日遅刻していることになります。 この場合、どちらが優先され、どのように考えればよいでしょうか。

  • 労働基準法第32条で1日の労働時間は「休憩時間を除

    労働基準法第32条で1日の労働時間は「休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならい」、休憩時間は労働基準法34条で「労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に一斉に与えなければならない(ただし労使協定がある場合は、この限りではない)。とあることから、労働組合がない会社の残業時間は基本労働時間8時間と休憩時間1時間分の残業しか認められていないように思えるのですが、始業時間が9時で8時間労働で17時まで残業しても最高で18時までしか認められていないと法律で書いているのに、労働組合がなさそうな会社が2時間残業とかしているのはなぜですか? 時間外労働は労働基準法第37条で2時間までとされていますが、時間外労働が許されているのは労使協定がある会社で労働組合が必要です。労働組合がない会社が時間外労働が出来るのも謎です。

  • 回答No.1
  • unakowa
  • ベストアンサー率38% (53/138)

一応確認なのですが、その会議以外の勤務時間内に休憩時間が与えられていないのですか? (例えば、会議終了後に昼食をとるなど) 勤務時間内に45分間の休憩時間が与えられていないのならば違反の可能性があります。 補足をいただければもうすこし詳しく分かるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

会議以外勤務時間内に休憩時間は与えられていません。ただ、会議中、10分程度弁当を食べることはできます。仕事の話をしながらですが。

関連するQ&A

  • 労使協定の効力発生時期について

    今年1月より、会社で1年間の変動労働時間制に移行し、一日の労働時間が延長されました。 この変更については、労働基準法32条4項に基づいた労使協定が必要とされています。 しかし、弊社では労働時間のカレンダーの作成に意見を求めに使用者代表が意見を求めに来たのが昨年末で、労働者代表の同意は1月中旬に得たと聞いています。 この労働条件の変更は協定書の締結の前になされたため、所轄の労働基準監督署への申請も事後に行われたと思われます。 また、労働時間の規定について就業規則への記載もなされていません。 このような、労使協定の事後申請は法律上有効なのでしょうか? 申請前になされた協定について、労働者側への拘束力はあるのでしょうか? 事後ではあれ、労働者代表が同意をした以上、この変更には従わざるを得ないと考えております。 しかし、今後このような形で不透明な労使協定の締結がなされないよう、会社側への質問を行おうと考えております。(もちろん、労働者代表への説明も求めております。) みなさまのお知恵をお貸しください。 よろしくお願いします。

  • 労使協定と労働協約について

    労使協定について教えて下さい。 労使協定は過半数の労働組合もしくは労働者の過半数の代表者と使用者で協定を結ぶものだと思いますが、 過半数の労働組合と使用者で協定を結んだ場合、労働協定の意味も兼ねるのでしょうか?。 労使協定が形式的に労働協約ともなる場合、労使協定は免罰的効力しか持たなく労働協定は拘束力を持つと思うのですが、 このような労使協定は拘束力を持つという事になるのでしょうか?。

  • 天引きする場合の労使協定

    慶弔費を毎月決まった額天引きします。 労使協定を結べば(労働者代表)良いようです。 しかし出したくない方は当然居るわけで、その場合は労使協定に 例えば”同意した者”みたいな言葉を書いておけばよいのでしょうか? もちろん労使協定は社員に公開します。

  • 労使協定

    労使協定が必要な事項は、17種類あるそうです。 全て労働基準法に記載されているようですが、その17種類をまとめて知りたいです。 一つ一つの内容は簡単で結構です。

  • 労働者代表の委任状について

    労働者代表の委任状について 労働者代表を選出したときに、社員からの委任状を取っておこうと考えていますが、 36協定、フレックス協定、育児協定、休業協定などの労使協定を結ぶ際に、 各労使協定書全てに労働者代表がサインをすると思いますが、 委任状についても36協定、フレックス協定、育児協定、休業協定ごとに 社員にサインしてもらう必要があるのでしょうか? (何の協定についての労働者代表なのかを委任状に明記する?)

  • 変形労働時間制の採用について

    はじめまして。皆様よろしくお願いいたします。 さっそくですが、ご質問です。 変形労働時間制の採用は労使協定、または就業規則ならびにそれに準じるもののいずれによるものかは使用者が最終的にきめることができます。 しかし、労使協定は免罰的なものであり、労働者に義務が発生するのは就業規則等によるものであるという通達があるかとおもいます。 この通達を見ると、労使協定による採用はできないように思えます。 質問1 なぜ労使協定、もしくは就業規則等の何れかを根拠にするということができるのでしょうか。労使協定では義務が発生しないので、これによる採用はできなく思います。 質問2 就業規則により変形労働時間制を採用すれば、上のような疑問もないのですが、労使協定により採用する理由はなにかあるのでしょうか。

  • 賃金全額払いの原則

    (1)社員全員が近日中にある資格を受験するため、その受験料を給与から控除すること (2)「研修」と称して、観劇をし、その観劇料を給与から控除すること 労使協定がなかった場合、これは労働基準法違反となりますでしょうか。

  • 東電社員の給料2割カットについて

    実際行われたかどうかよくわかりませんが、それは置いといて。 労働基準法による減給の規定は適用できないようですが、 労使協定で合意したとして、どのような法的根拠で可能となるのでしょうか? お教えください。 実質的に賞与を削減するということでしょうか?

  • 労働基準法39条にわからないところがあり困っています

    労働基準法39条にわからないところがあり困っています。 「労使協定を締結すれば5日を越える部分については計画的付与とすることができる」とありますが、ここでの計画的付与とはどういうものなのですか。 宜しくお願いします。

  • 労使協定の代理手続き

    労使協定の意味はわかるのですが、 いざ手続きをするとなるとさっぱりわかりません。 労働組合がない場合、労働者の代表者の決め方や、 その証明になる書類作成など必要なのでしょうか? 労使協定を締結した場合、どのような書類が必要で、 どういうふうな手順(同意を証明するものが必要であれば、 どうすればいいのか?など)で手続きを行えばいいのか おしえていただけませんか? よろしくおねがいします!!!