• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ニトリルオキシドとアルケンの環状付加反応について

『ベンゾ塩化ヒドロキシモイル(1ミリモル)に2mlのジエチルエーテルと15mlのn-ヘキサンを加え、氷水浴で撹拌しながら2ミリモルのアクリル酸メチル、1.5ミリモルのトリエチルアミンを加えた。3分後に室温で撹拌しTLCで定期的に反応の進行具合を調べた。反応の終了を確認したら反応溶液をろ過し、ろ液をエバポレーターにて濃縮し粗生成物を得た。』という実験をしました。 私は大学生で、この実験のレポートで『塩化ヒドロキシモイルからニトリルオキシドの発生メカニズムを述べよ』という問題が出題されているのですが、解くことができないでいます。 この設問を解ける方がいたら、教えてもらいたいです。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1164
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#62864

塩基が入っているので、それが基質からH+を奪うところから始めるのが妥当でしょうね。O-H結合の電子対がN-O間に移動し、C=N結合がC-Nに変化すると考えれば、この時点で、炭素上に負電荷が来るはずです。Clがその負電荷をもって去って行くという感じでしょうか。終盤の電子の流れがイレギュラーでしっくり来ませんが、大筋としては上記のようになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • アルケンの付加反応

    ある炭化水素CmH2nのm=3であると分かっており、そこに 標準状態で3Lの水素を付加させると その炭化水素に二重結合があると分かるのは何故ですか?

  • アルドール縮合反応実験について

    大学で行ったアルドール縮合反応の実験でわからないことがあったのでご教授いただきたいと思います。 実験の内容はアセトフェノンとp-クロロベンズアルデヒドを加え、次にメタノールを加え撹拌し、その後、水酸化ナトリウムを加え再び撹拌しました。 TLC(薄層クロマトグラフィー)でチェックを行いました。(1枚のシリカゲル板でアセトフェノン、p-クロロベンズアルデヒド、アセトフェノン+p-クロロベンズアルデヒド+反応液、反応液の4点で測定) その後溶液を一晩撹拌しました。 一晩撹拌した物にメタノールを少量加え、再びTLCでチェックしました。(アセトフェノン、p-クロロベンズアルデヒド、アセトフェノン+p-クロロベンズアルデヒド+反応液、反応液の4点で 測定) 最後に氷冷したメタノールを用いて、吸引ろ過によって生成物を得ました。 反応開始直後のTLCでのチェックと一晩撹拌後のチェックでは、アセトフェノン+p-クロロベンズアルデヒド+反応液と反応液のスポットの数がそれぞれ2つずつあったのですが1つずつに減っていました。 この理由について構造式、と次の語句、(出発物)、(生成物)、(極性)を使って説明せよという課題を出されたのですが理由がわかりません。 どうかわかる方がいましたら教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • サイリウム合成の失敗

    サイリウムを実際に合成するという授業を行ったのですが 薬品の量も手順も概ね教科書通り行いましたが結晶が取れず、失敗した要因がさっぱりです… (反応が不十分で結晶が分解したというような事は小耳に挟みましたがどこでミスがあったのか分からず) ()内に素人考えですが個人的にひょっとしたらと思う要素も書き入れてみます 教科書にある大体の手順は 2,4,6-トリクロロフェノールにトルエンを加えてしばらく撹拌 トリエチルアミンを滴下(滴下ではなく注ぐ勢いが強かったのかもしれない) 撹拌しながら氷水で冷却して、そこに塩化オキサリルを滴下し5分間撹拌(撹拌が不十分?) 氷水から取り出してマントルヒーターで溶液が沸騰してきたら10分間加熱還流 マントルヒーターから出して、素手でも触れられる程度に自然冷却 氷水で冷却し結晶を出現させる(5分~10分ぐらい放置してたが出しきれていなかった?) 結晶の入った溶液をろ過して残った結晶にヘキサンをかけて洗浄 ろ紙上で薬さじにて結晶を砕く(水分がしっかり抜けていなかった?) 砕いた結晶を容器に入れて水10mlを加えて振り混ぜる(ここで本来なら溶けないはずだった、水を入れすぎた?) もう一度ろ過して結晶をアセトンで洗浄、ろ紙に取り出す 長くなりましたがこんな感じです もう一度器具に水気が入らないように念入りに乾燥させたり 点検もしたのですがまた失敗してしまい皆目検討もつきません(汗)

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#36462

No4ですが、 -C=N-OHを「hydroxymoyl」基とも言うのですね。 命名勉強になりました(命名法を疎かにしていた報いです)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#36462

>塩化ヒドロキシモイルからニトリルオキシドの発生メカニズムを述べよ: 「塩化ヒドロキシモイル」で合っていますか(構造式がどうも頭に浮かんできません)。 一般的な合成法で説明します。 Ph-CHO + NH2OH → Ph-CH=N-OH Ph-CH=N-OH + NaOCl (or Cl2) → [Ph-CH(Cl)-N=O] → Ph-C(Cl)=N-OH Ph-C(Cl)=N-OH + Et3N → [Ph-C(Cl)=N-O^-]→ Ph-C≡N^+-O^-

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。ベンゾ塩化ヒドロキシモイルであってます。 構造式はPh-C(Cl)=N-OHとなってます。

  • 回答No.2

続き書かずに送信していた。申し訳ないです。 塩基でヒドロキシ基のプロトンを抜いた後の電子の流れを描いてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

ただの脱塩化水素ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 炭化水素の性質の実験より

    学校の実験で メタンCH4の発生とアセチレンC2H2の発生とヘキサンC6H14の性質の実験をしました。 私の班は実験に少し失敗をしてしまったので、実験の結果で分からないところや結果の 化学反応式がわからないところがあります。教科書や参考書を見たのですが、よくわかりませんでした・・。 ・メタンCH4に臭素水を加えたときの色の変化とその化学反応式 ・アセチレンC2H2に臭素水を加えた時の色の変化とその化学反応式 ・ヘキサンC6H14に臭素水を加えた時の色の変化とその化学反応式 というか・・そもそもヘキサンは置換反応するんですか? ・ヘキサンC6H14に水を加えた時に起こることと化学反応式 ・ヘキサンC6H14にジエチルエーテルを加えた時に起こることと化学反応式 ・水にジエチルエーテルを加えた時に起こることと化学反応式 全部出なくてもいいので、ひとつでもわかる人は教えてください。

  • ベンズヒドロールの合成について

    ベンゾフェノンをメタノールに溶かして、水素化ホウ素ナトリウムを入れて撹拌して、減圧濃縮後、飽和食塩水とジエチルエーテルを入れ抽出してベンズヒドロールを合成したんですが反応機構が書けません。教えてください。

  • シクロヘキサンのラジカル連鎖反応について

    炭化水素に関する実験のレポートで質問があります。 シクロヘキサン2mLに臭素四塩化炭素溶液2mLを加え、これを日光に当てたとき、臭素四塩化炭素溶液の色が薄くなり、気体発生を伴いました。 このとき、シクロヘキサンのラジカル連鎖反応が起きていると思うのですが、その連鎖開始、連鎖成長、連鎖停止の各段階を示せなくて困っています。

  • wittig反応

    witiig反応の時に生じるトリフェニルホスフィンオキシドの除去の問題について困っています。 実験ではトルエン溶媒のもとでベンズアルデヒドとリンイリドを反応させて桂皮酸エチルを作ってそれを水酸化カリウムメタノール液で加水分解してまず桂皮酸の塩をつくりその溶液に水を加えて分液しました。その次に水層をトルエンで洗浄、その後ジエチルエーテルを加えて分液して有機層をとりました。 このとき副生成物としてトリフェニルホスフィンオキシドがあるはずなんですが、どの段階で除去されているのですか?もしくは除去できないのでしょうか? トリフェニルホスフィンオキシドの性質を調べたところ、熱水、ジエチルエーテルに難溶でエタノールには可溶でした、極性物質だからトルエンやヘキサンに溶けないと思っています。

  • 付加反応

    アルケンに次亜塩素酸が付加するとクロロヒドリン体が得られます。 R2C=CR2 + HClO  →  R2C(Cl)-(HO)CR2           Acetone/H2O 次亜塩素酸は水中で HClO ⇔ H+ + -OCl と解離するらしい ですが、なぜH+ がアルケンに求電子付加して、-OClがアニオンとして 攻撃しないのでしょうか? つまり、R2C(H)-(OCl)CR2 とならないのはなぜでしょう??       

  • アルケンへの付加反応の立体選択性について

    立体選択性について、アルケンに水素を付加するときはシン付加であり、また、臭素の場合はアンチ付加するみたいですが、なぜなのでしょうか?ボランの場合は協奏反応なのでシン付加であるみたいですが、どのような物質が協奏反応を起こすのかもよくわかりません。詳しい方回答お願いします。

  • ニトロベンゼンについて

    この間にニトロベンゼンを生成する実験を したのですがニトロベンゼンはどうして 冷却すると玉のようになるのですか? 実験の手順 1 濃HNO3・2mlに濃H2SO4・2mlを加えて  よく混合する。 2 1の試験管にベンゼン2mlを入れ氷水で  冷やしながら加えて振り混ぜる。 3 2の試験管を50~60℃の湯浴中で振り混ぜながら  10分間反応させる。 4 3の試験管の溶液を100mlの水が入ったビーカーに  あけ、ガラス棒で上のほうをかき混ぜて静置する。 この実験の3では只層を作っていただけなのに 4をすると玉になりました。 知っていらっしゃる方は是非教えてください。 よろしくお願いします。

  • 純度の高い安息香酸エチルを得るには

    Fischerエステル合成法で安息香酸エチルを精製する実験を行ったのですが 純度の高い安息香酸エチルを得るにはどのように精製を行えばよいのでしょうか 実験方法 100ml丸底フラスコに安息香酸2.0g、メタノール20mlを入れ撹拌を始めた。 そこに濃硫酸1mlをゆっくり加えた後、TLCを確認した。展開溶媒はヘキサン:酢酸エチル=5:1を 使用した。フラスコにリービッヒ冷却管(還流冷却管の代わり)を取り付け、油浴を80℃ に加熱し、還流を行った。約2時間加熱還流を続けた後、TLCにより反応の終了を確認した。 反応が終了を確認したら、反応装置を組み替え、反応液に含まれる過剰のメタノールを蒸留により除去した。  メタノールを除去したフラスコを氷浴につけ、撹拌しながらヘキサン30ml、次いで、水20mlを注意深く加えた後、フラスコの中身を分液漏斗に移し、振らずに静置し2層に分かれるのを待った。2層に分かれたら、下層を捨て(この水槽は指定されたビーカーに捨てること)、10%炭酸水素ナトリウム水溶液30mlをゆっくりと加えた。この時、一度に気体が発生しすぎないように気を付けた。気体が発生しなくなったことを確認したら、分液漏斗をよく振って、抽出を2回行った。さらに有機層に飽和食塩水50mlを加えて2回洗浄した。有機層を三角フラスコに回収し、無水硫酸ナトリウム(薬さじ2杯程度)を加え乾燥した。硫酸ナトリウムをろ過により除き、ろ液を100ml丸底フラスコに移す。蒸留によりヘキサンを除去し、安息香酸メチルの収量を求めた。

  • 付加反応についての質問

    CH2=CHーCH=CHーCH3にHClの付加反応の問題についての質問があります(シスートランス異性体は無視してよい)。 まず、Hを末端の炭素に付加させて CH3ーC(+)HーCH=CHーCH3←→CH3-CH=CH-C(+)H-CH3 次に、Cl-を正電荷を帯びたところに付加させるのが通常ですが、以下の反応(内側の炭素に水素が付加する反応)が起こらないのはなぜですか CH2=CH-C(+)H-CH2ーCH3←→C(+)H2-CH=CH-CH2-CH3

  • ポリブタジエンへの付加反応

    ポリブタジエンについて研究しているものですが、ポリブタジエンの二重結合の部分にベンゼンぐらいの大きさの分子を付加させたいと思っています。 何か、ベンゼンあるいはキシレンぐらいの大きさの分子を付加反応させることができる反応をしっていらっしゃったら教えてください? できれば固相で反応するようなものが一番よいのですが。