• ベストアンサー
  • 困ってます

兄弟姉妹に相続分がいく場合で、一人家督相続人がいた場合について

A子さんという方がいて、その方は平成になって亡くなりました。 A子さんの夫は先に死亡しており、子供はいません。 また、A子さんを出生から調べても先夫(戦死)との間にも子供はありませんでした。 こういう場合、法定相続人は、A子さんの両親と兄弟姉妹になり、 さらに両親もすでに亡くなっているので、結局相続人は兄弟姉妹って ことになりますよね。 A子さんには、ほかに5名の兄弟姉妹がいて、うち3人が新民法施行以降かつA子さんが死亡する前になくなったので、その子供たちにいくと思いますが、(A子さんからみると甥や姪) 兄がひとり、旧法時になくなっており、戸籍上家督相続人が選任されていて、その家督相続人が戸主の戸籍もできています。 その場合は、その家督相続人だけに該当の相続分がいくと考えればいいんですよね? ちなみに、その家督相続人は現在も健在です。 ほかの兄弟姉妹みたいに甥姪をしらべる必要はないんですよね? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1501
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • utama
  • ベストアンサー率59% (977/1638)

>ちなみにその兄の妻及び子は全員健在なので、その分が法定相続分均等割りでいくんですね。 兄弟姉妹の配偶者は代襲相続しませんから、兄の子だけです。 >もともとの被相続人の死亡時期(相続が開始した時期)によって、兄弟姉妹の再代襲相続を認めるか認めないかを決めますよね。 元々の相続人というのは、土地の登記簿上の名義人のことですか? この場合は関係ありません。 今回のケースだと、 元の名義人→A子さんの旦那さん→A子さん という2段階の相続が確定的に生じて、A子さんが、元の名義人の財産の一部を取得しています。 A子さんが生前相続によって取得した財産が誰に相続されるかというのは、あくまでもA子さんの財産についての相続問題なので、A子さんの死亡時点を基準に誰が相続人となるかを考えます。 念のためですが、代襲相続と、数次相続(相続の相続)は違いますよ。 甲(親)-乙(子)-丙(孫) のケースで、甲、乙の順番で死亡した場合は、甲が死亡した時点で、乙に所有権が移り、乙が死亡した時点で乙の財産として丙に相続されます。これは、代襲相続ではなく、単に相続が2回あっただけで、数次相続といわれるものです。 代襲相続は、乙、甲の順番で死亡した場合に生じます。甲が死亡した時点で、甲の本来の相続人であるべき乙が既に死亡しているので、その時点で乙の子の丙が乙に代わって甲の直接の相続人になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

兄弟姉妹の配偶者は代襲相続相続が認められないので、兄の子だけに行くんですね。 しかしながら、ややこしいですね。 この土地は20名近くの共有名義なんですが、全員が、相続が発生していて (それも、子なしでたいていは親の代までさかのぼるんですが、それも戸籍の廃棄済みとかで、兄弟姉妹のうちで記載がなく不明というものありのごちゃごちゃ案件です) 単に単有で数次相続が発生している場合は、まとめて現在の相続人に相続登記をしてもらえるんですが、 共有で各々数次相続が発生しているといったん第1次の相続人で登記してまたさらに・・・としないといけないようで、(書士さんの話によると) いつになったら終わるのかな?って感じです。 数次相続と代襲相続があるのは存じ上げていますが、 S56.1.1以降では、兄弟姉妹の代襲相続は甥姪までで、 S23.1.1からS55.12.31は兄弟姉妹の代襲相続は制限なし S22.5.3からS22.12.31は兄弟姉妹の代襲相続は不可 とあるのは、いずれも兄弟姉妹の配偶者は含まれないと解釈していいんですね。

関連するQ&A

  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合の相続

    ネットで調べると、被相続人に子も直系尊属もいない場合の法定相続人の範囲についての説明では、概ね「子も直系尊属もいない場合、被相続人の配偶者と第3順位である兄弟姉妹またはその代襲相続人(甥・姪)が相続人になります。」という説明がされています。 この場合についてもう少し具体的に知りたいのですが。 複数の兄弟姉妹がいて、そのうちの一部は既に亡くなっているが一部はまだ生存しているという場合、亡くなっている兄弟姉妹の子供(甥、姪)は、代襲相続人として法定相続人に含まれるのでしょうか? つまりこの場合、法定相続人は、生存している兄弟姉妹および亡くなっている兄弟姉妹の子供(甥、姪)の両方である ということになるのでしょうか? それとも、法定相続人は生存している兄弟姉妹のみとなるのでしょうか?

  • 兄弟姉妹の相続人及び法定相続分について

    被相続人は、幼少のとき実父が死亡したため、実母の再婚相手との間で養子縁組をしました。被相続人には配偶者、子供ともいないため、兄弟姉妹が相続人(実父との兄弟姉妹と養父との兄弟姉妹)となりますが、養父には離婚した前妻との間に子供が居ました。その子供は離婚の際に前妻が引き取り、戸籍も前妻の父の戸籍に入ったようです。この場合、その子供も相続人となるのでしょうか。また、この場合の法定相続分についても教えてください。

  • 兄弟姉妹の相続人範囲について

    下記のような場合、(6)は相続人になるのでしょうか? 亡くなったのは伯母((1))で、(6)は、父((2))と前妻との間の子供の子(孫)になります。 相続範囲の概略を以下に示します。 ================================================================================== 【祖父(死亡)/祖母(死亡)】 (1)伯母(被相続人)→ (未婚、子なし) (2)父(伯母の弟。死亡)   +母-----------(4)子(甥)   +前妻(離婚)----(5)子((3)の養女になる。死亡)---(6)子 (3)伯母(姉妹、死亡) →子供なし。(5)を養女にする。 ・伯母は未婚で子供がいません。 ・伯母の両親も既に他界しています。 ================================================================================ 上記の場合、伯母の兄弟姉妹が法定相続人になりますが、兄弟姉妹が 死亡しているため(4)、(5)が代襲相続((5)は既に亡くなっているので(4)のみ が法定相続人((6)は再代襲できない))になると、私は思っていました。 ところが、先日司法書士の先生に話を聞くと、(5)は被相続人が亡くなる 前に既に亡くなっているため、(6)も相続人になるといわれました。 その時に直系卑属の場合とか、(5)や(3)が亡くなったのが被相続人が亡く なった日よりも前であるとか、いろいろ説明を聞いたのですが、いまひとつ 理解に苦しんでいます。 このようなケースの相続について、どなたか解りやすくご説明いただければと思います。 よろしくお願いいたしいます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • utama
  • ベストアンサー率59% (977/1638)

新民法施行後の相続ですから家督相続の影響は受けません。 相続人が死亡している場合は相続人の相続人が代襲相続人となります。 このとき、本来の相続人たる被代襲者の相続人がだれになるかは、被代襲者の死亡当時ではなく、被相続人死亡のときの民法によって判断されるべきであるとの裁判例があります。(東京高決昭和33年6月24日下民集9巻6号1181頁) したがって、A子さんの兄(仮にCとします)が旧法時代になくなって家督相続がされていたとしても、A子さんがなくなった時点の現行民法に従い、Cの全ての子が平等にCの代襲相続人として、Aの相続人になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございました。 とすると、かなり膨大な量を調べないといけなくなるんですね。 ちなみにその兄の妻及び子は全員健在なので、その分が法定相続分均等割りでいくんですね。 もし、今回の兄弟姉妹ではなく被相続人(地権者)がちょくで家督相続人を選任している場合は、家督相続たることが記載されている戸籍でことたるとあったんですが、健在であればそれ以上調べなくていいんですよね。 この案件はもともと地権者が昭和50年代になくなって、その妻は先になくなっているため、子供たちに相続がいくんですが、 その子供たちもほとんどが代襲相続になっていました。 唯一子供のいなかったA子さんだけが、(実はもともとの地権者の一番したの子の妻)相続人の夫の分をうけかつ平成になってなくなったので、A子さんの実家の兄弟姉妹を調査した次第です。 そうしたら、甥姪までは代襲相続がみとめられているのでどんどん増えていきました。 ふと思ったのですが、もともとの被相続人の死亡時期(相続が開始した時期)によって、兄弟姉妹の再代襲相続を認めるか認めないかを決めますよね。 それでも、家督相続制度の影響はうけないんでしょうか? 質問ばかりですみません

関連するQ&A

  • 家督相続人

     家督相続についてご指導ください。 1 女戸主の1人娘が嫁に行き、転籍しました。 2 その娘に子が2人(AとB)できました。 3 Aを養子としました。 4 女戸主が死亡(大正7年)しました。 5 女戸主の除籍謄本には家督相続についての記載はありません。  以上のような場合、相続人はAのみでしょうか、それともBも相続人となるのでしょうか。私は、家督相続の記載がない以上、遺産相続によりAとBが均分に相続していると考えているのですが、全く自信がありません。  どなたかアドバイスをお願いします。

  • 兄弟姉妹の代襲相続

    被相続人の兄弟姉妹が相続する場合、代襲相続は甥・姪までとされていますが、兄に認知した非嫡出子がいる場合はこの子は相続人となりうるのでしょうか?

  • 兄弟姉妹の配偶者の相続権について

    被相続人の兄弟(姉妹)の妻(夫)が相続人となりうるケースはありますか? 例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

  • 兄弟姉妹が相続する場合

    以前 下記のような相続案件で質問させてもらいました。 ある土地を3兄弟でもっていました。 持分は各々1/3づつです。 長男A(M26.2.6生 S37.3.7亡)妻子なし 二男B(M29.2.9生 S27.2.7亡)妻先に亡 子5名 三男C(M40.9.19生 H4.4.4亡)妻あり 子2名 この3兄弟の両親は、すでに父はs10年に死亡母は昭和28年に死亡しています。 なので、妻子がいなくかつ亡くなったときにすでに両親も先に死亡していたので長男Aの分については 二男Bの分はその子が代襲相続し三男Cはその時健在なので相続するという回答でOKでしたが。 後日相続登記を申請した際に、妻子なく死亡した長男Aの分は、本来第2順位である両親に相続がいくので 長男Aより先に死亡したか後に死亡したか関係なく母である(仮に母あとします)『あ』に他に子供がいなかったかどうかを示す従前戸籍が必要だといわれました。(もちろんその戸籍は廃棄済みなので、今現在いる最終相続人から他に相続人がいないことの証明書と長男Aほか2名での公課証明を添付することになるんですが) いままで兄弟姉妹が相続人になる相続登記を何件か取り扱ったことはありますが、このようなことを言われたのは初めてでいまいち納得というか理解できていません。 根拠法令や相続の仕方など教えてください。 長男Aが妻子なくなくなったときに、その両親(養親含む)が健在で 後日その親が亡くなったときは、その親の従前(出生から)の戸籍を調査して他に相続人がいないかどうかを確定することは分かっています。 長男Aについては19歳からの戸籍 母あについては24歳から 父については28歳くらいからの戸籍はあります。 以上 よろしくお願いします。

  • 相続 兄弟姉妹について

    相続 兄弟姉妹について 分からないことがありますので お願いします。 甲は先日死亡した。 甲には配偶者乙と 乙との間にいる子A、Bがいたが 共に甲の死亡前に亡くなっている。 甲の親C、Dも甲の死亡前に亡くなっている。 今の所甲の相続人は、甲の弟であるEだけであるが 甲とEは、生前からも性格的に合わなかったので 甲は、自分の財産である1000万円の建物を 福祉施設柄に譲渡した という事案ですが 1、Eは法定相続人となりますが 甲の配偶者が死亡している場合 甲が福祉施設に建物を譲渡しなかった場合 Eの相続分はいくつになるのでしょうか? 2、ネットで見ると兄弟姉妹には遺留分がないので eに遺産をあげたくなければ 遺言を残せばいいとあったのですが これがいまいち分かりません。 例えば甲が遺言で福祉施設に建物を譲渡すると 残し死亡した場合ですが 兄弟姉妹は、遺留分がないので 遺贈ないし贈与に対して遺留分減殺請求は行使できないことになりますが Eは、甲の唯一の相続人ですが 相続分としての返還請求はできるのでしょうか? 例えば兄弟姉妹は、配偶者がいれば4分の1となっていますが 配偶者がいない場合での相続分はいくらになるのでしょうか?

  • 相続登記で配偶者と兄弟姉妹が相続人になるとき

    ある方がなくなり(Aさんとします)、子はおらず両親もすでに亡くなっている場合に、 配偶者とAさんの兄弟姉妹が法定相続人になると思います。 また、兄弟姉妹もいない場合は配偶者がすべて相続するはずですが、 ここで、Aさん自身の従前戸籍が廃棄済みのため兄弟姉妹の名前や生死すら分からないときは配偶者のみがすべてをもらうことは不可能ですが? また、後年その配偶者すら亡くなってしまった時その人は夫Aの死後養子をむかえておりその養子を財産管理人として その人に相続分をすべて移行することはできますか?

  • 兄弟姉妹が法定相続人となる場合

    弟姉妹には遺留分は無いので兄弟姉妹に遺したくない場合は遺言で一筆しておくと有効らしいことは調べて分かりましたが この場合、兄弟姉妹の直系卑属である子である甥や姪は代襲相続はされるのでしょうか? 平たく言うと、「兄弟姉妹に遺産を残しません」という内容の遺言を書いた場合、自動的に甥と姪の代襲相続も防げるのかという事です それとも代襲相続を防ぐためには遺言に「甥と姪の代襲相続も認めません」と明記するひつようがあるのでしょうか?

  • 兄弟姉妹間の相続について教えてください。

    兄弟姉妹間の相続について教えてください。 被相続人には配偶者も子供もいません。 父親・母親共に死亡しています。 被相続人は非摘出子で同じく非摘出子(母親一緒)の姉一人と 父親の摘出子(母親別)の妹弟が一人ずついます。 この場合の相続権はどうなりますか? また、姉が先に死亡した場合 姉の子供(姪・甥)に相続権はありますか? 妹弟が先に死亡した場合にも 妹弟の子供に相続権はありますか? どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

  • 相続放棄の第三順位の相続人について

    被相続人の子と配偶者が相続放棄の手続きをしました。被相続人の父母、兄弟姉妹は一人を除いて被相続人の死亡以前に死亡しております。既に死亡した兄弟姉妹の子(被相続人の甥、姪)は相続放棄をする予定です。存命中の被相続人の姉も相続放棄の手続きをしますがその子(甥、姪)は相続人にはならないということでよろしいでしょうか。

  • 半血兄弟姉妹の相続について

    相続に関していろいろネット検索して勉強しています。 「半血兄弟姉妹とは、父母の一方が同じ兄弟姉妹で、相続分は全血兄弟姉妹の2分の1となる。」とありましたが、 "半血兄弟姉妹"とは、どのようなケースを指すのでしょうか? Q1 母が死亡し父が再婚した場合は、母が異なる場合も半血兄弟姉妹といえるのか?    この場合、兄弟姉妹は同じ嫡出子なので同等ではないのか? ●先妻の子と後妻の子が相続する場合 http://blog.mag2.com/m/log/0000131627/90521572?page=3 ↑↓どっちも正しい? http://www.ginken.jp/denshi/sheet/houmu/images/003_08.gif Q2 兄弟姉妹で認知子がいる場合を半血兄弟姉妹というのか?    この場合は全血兄弟姉妹の2分の1となるのか?