• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

真空場

電磁場を量子化したときの、真空場(光子数0)のゆらぎは、調和振動子のハミルトニアンの零点振動と解釈してよいのでしょうか?解説お願いします。

noname#70507
noname#70507

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • nomercy
  • ベストアンサー率66% (12/18)

電磁場に限らず一般に量子論では古典論には無い、量子的な効果による揺らぎが諸々の面白い現象を生み出しますが、これは元を辿れば全て物理量の間の交換関係に起因します。 交換関係 → 不確定性(量子的な揺らぎ) 本題の基底状態(真空)における揺らぎですが、 零点振動という解釈で良いのではないかと思います。 零点エネルギーはやはり交換関係から生じますので。 交換関係 → 零点エネルギー 「量子場は量子力学的調和振動子の集まりに過ぎない」 と思ってしまっても良いかも知れません。 そうすれば量子場の基底状態の揺らぎ~調和振動子の零点振動というのも素直に頷けますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。交換関係とはつまり不確定性のことだということは知りませんでした。たいへんいい勉強になりました。

関連するQ&A

  • 電磁場と調和振動子

    電磁場を量子化する途中に、まず電磁場のハミルトニアンを求めたら調和振動子の形になっておどろきました。電磁場と調和振動子が同じ形の式で記述されるということは、両者の間になにか類似点があるからだと思います。両者に共通の性質とはなんでしょうか。解説をよろしくお願いします。

  • 電磁場の量子化

    電磁場を量子化すると、光子数演算子が出てきます。たとえば調和振動子の場合なら、生成演算子は波動関数がひとつエネルギーが上の軌道に移った、と考えられるのですが、量子化された電磁場の場合はエネルギーがhwの光子がひとつ増えたた考えます。ここで疑問なのですが、その増えた光子はそこからくるのでしょうか。また光子が増えた分どこかの光子がなくなるのですか?

  • 電磁場の量子化

    (1)電磁場を量子化するさいに、電磁場を波束の集まりに分解してエネルギーを2次形式で表現します。このさいの数学的な変形は理解できるのですが、これの物理的な意味がよくわかりません。このハミルトニアンの表現は電磁場を無数の光子の集まりと考えているのでしょうか、それとも波束ベクトルの集まりとかんがえているのでしょうか。 (2)電磁場を量子化するさいに、ハミルトニアンを用います。このとき、運動量と位置の演算子が定義されますが、この量子化された運動量や位置は電磁場を構成する光子のものですか、それとも電磁場のものなのですか。 どちらかだけでもよいので、解説どうかお願いします。

  • 物理学的真空について知りたい

    私が学んだところによりますと、真空とは完全な無ではなく、ゆらぎの場であるとのこと。 それは、極ミクロな世界かつプランク時間(?)より短い時間の中では「エネルギー保存の法則」が破れ、無から粒子が現れることが予想されるため。その根拠は原子同士が結合する力を説明するには、そのような粒子が存在すると考えなければ辻褄が合わないから。 さらになぜ原子がくっつくのに粒子が必要かというと、力は全て「粒子の交換」であると物理では考えるから。粒子の交換という概念は「場の量子論」から生まれた。さらに「場の量子論」は「一般相対性理論」から物理量として扱われるようになった「場」を量子化することで生まれた。(粒子の対称性を予言) この計算法は成功していると考えられる。 つまり「相対性理論」と「量子論」が正しければ、必然的に真空とはゆらぎの場であるという結論に達する? ここまであってますか?

  • 真空No3

    真空中に、真空のゆがみとして光子や電子が生じると、今までの真空に対する疑問から思えるようになりました。 真空のゆがみとして生じる光子や電子は、すべて質量を持たないエネルギーとしての量子と考えて良いのですか? 無から生じるのだから質量を持たない形態の量子でないとおかしい様な感じがします。 誰か教えてください。 関連URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=159847

  • 光子気体

    熱力学の復習で参考書を読んでいると、(空洞放射において)電磁場は真空中であれば光子同士の相互作用は無視できるとありますが、狭い範囲に十分な光子があれば現実の気体のように衝突をするのではないでしょうか。 また光子気体で総光子数は保存量ではなく物質量は平衡状態でU、Vで定まる従属変数、とのことですが光子は数えられるので物質量も保存するとおもいますがどうなのでしょうか。それとも電磁場と容器のあわせた系を考えなくてはならないということでしょうか。 どんな物質であれ電磁場を放出するとのことですがそのとき、エネルギー保存則はどう満たされるのでしょうか。 どなたか解説おねがいします。

  • 光子のゆらぎ

    検出器の量子効率について教えてください。 例えば、量子効率が40%と80%の光検出器を考えた場合、100個の 光子が入射すると、それぞれ単純に考えれば40個と80個とカウント されますよね。そこで、40%の方にさらに100個(時間が2倍という 意味で)の光子を入射させると、合計で80個となります。ただし、この 場合、光子のゆらぎがポワソン分布として平方根できいてくるので、 それぞれゆらぎは√100(10)個、√200(10√2)個となり、 やはり量子効率の大きい検出器の方がよいということになる。 これってあってますか? もしそうだとすると、検出器の量子効率の高さの利点は  ・積算時間  ・光子のゆらぎ  ・ノイズ ということになりますか?

  • 電磁場と調和振動子

    電磁場と調和振動子 基本的な質問ですが,電磁場が調和振動子の集まりであることを示すときに,ある直方体領域をとって境界条件を課すと思いますが,この操作はどのような物理的意味があるのでしょうか?空間中を伝搬する電磁波に対して,勝手な領域をとって境界条件をとってもいいのでしょうか?

  • 光子の確率波と電磁波の関係は?

    光は光子の存在確率の波、電磁波は電場と磁場が相互作用しながら進む波というイメージなのですが、これら2つの波にどういう関係があって「光=電磁波」と考えられるのでしょうか。 また、ラジオなどの電磁波の振動数と、それに含まれる光子の存在確率の波の振動数は一致するのでしょうか。 お時間のある時にでも、ご解答いただけると助かります。

  • 統計力学の問題

    以下の問題で1番を解く際に、ボース分布を使って説くべきなのでしょうか。ギブス因子を考えて解くべきなのでしょうか。頭が混乱しています。それとNは変化するのでしょうか。回答よろしくお願いします。 一辺L の立方体の空洞が温度T の熱浴と接触している場合を考える.熱放射により空洞内で定常振動の電磁波が形 成される.電磁波は2つの偏りがある横波として光速c で伝わる.壁での電磁波の振幅が0 となる境界条件のもとで は,空洞内の電磁波の固有振動の振動数は ν = c2L√(nx^2 + ny^2 + nz^2) , (nx, ny, nz = 1, 2, 3, 4,,,,, ) で与えられる.この条件を満たす固有振動数を小さいものから順番に ν1,ν2,ν3,,,,,νj,,,, (4-1) とする.空洞内の粒子系全体の量子状態を各固有振動ごとの光子数N1, N2, N3,,,,,Nj,,,,,, で表す.この時,零点エ ネルギーを無視して,空洞内のエネルギーは次式で表されるものとする. E =ΣhνjNj  h はプランク(Planck) 定数である.また,ボルツマン(Boltzmann) 定数はk を用いよ. 以下の問いに答えよ. 1. 光子は化学ポテンシャルがゼロのボーズ(Bose) 粒子として振舞う.この系のカノニカル分布と分配関数を求めよ. 2. 1より,特定の偏りにおける振動数νj の固有振動の平均光子数と平均エネルギーを計算せよ.